スパムメール

2013.05.30

スパムメールの撃退に成功!

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまた通勤途中の話で恐縮です。(苦笑)朝、満員電車に乗っていると、豪快ないびきが聞こえて来ました。どう考えても、座席シートからではなく、私が立っている周辺から聞こえて来るのです。見ると、私のすぐ近くに立っている男性が、吊革を持ったまま眠っていました。こんなこともできるんですね。とにかく、驚きました。

 少し前に、スパムメールとの戦いという記事を書かせていただいた。あの記事を書いてからも、私は届いたスパムメールのドメインをせっせと分析し、同じドメインから複数のスパムメールが届く度にそのドメインをブロックしていた。

 しかし、何とかしてこの非効率な作業に終止符を打ちたいと思い、あることを実践してみた。あることというのは、PCから届くメールをすべてブロックする設定に変えてしまうことである。なかなか勇気の要る作業だったが、思い切って設定を変更してみると、あれだけ届いていたスパムメールがピタリと止んだのだ。なるほど、スパムメールを送りつけて来る人たちは、携帯電話やスマートフォンからは発信してはいないことがわかった。

 とは言え、この設定のままではまずいので、私はPCから送信されて来る友人や知人、各種サービスなどのドメインやアカウントを個々に受信許可に設定して行った。既に、一部のドメインやアドレスは受信許可の設定をしてあったので、あとは厳密に、メールを受信したいドメインやアカウントだけを、受信を許可するドメインまたはアドレスに追加して行くだけだった。

 もともと私は、ほとんどのメールをPCで受信しているため、多くの友人や知人も、私のPCのアドレスにメールを送ってくれている。私の場合、PCに届いたメールは、すべてgmailアカウントにコピー転送しているのに加え、gmailの機能を使って、ほぼリアルタイムで読みたいメールだけを携帯電話にまたまたコピー転送している。すなわち、友人や知人にはPCのアドレスにメールを送ってもらっていたとしても、リアルタイムで読みたいメールについては、携帯電話にも届くようになっているのだ。そのほうが、私にとっては、届いたメールを管理し易いからだ。

 PCに届いたメール → gmailアカウントにコピー転送 → リアルタイムに読みたいメールだけを携帯電話のメールアドレスにコピー転送

 しばらくは、この設定で煩わしいスパムメールから解放されていたのだが、あるとき、スパムメールが一通だけ届いた。それは、@gmailドメインからのスパムメールだった。私は、受信を許可するドメインとして、@gmailドメインを丸ごと受信可能にしてしまっていたのだ。このスパムメールが届いたことにより、gmailアカウントを持つ友人や知人のすべてを、個別に受信許可アドレスに追加することで対応したのだった。それからは、スパムメールは一通も届いていない。

 まさか、こんな方法であっさりスパムメールから解放されるとは思っていなかった。届いたスパムメールのドメインを一つ一つブロックして行くよりも、受信したいメールのドメインやアドレスを受信可能に設定にするほうが、はるかに楽だったのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何でもかんでも受け入れようとして受信範囲を幅を広げていたのですが、その状態では、不要なものがたくさん入って来ることがわかりました。何でもかんでも受け入れようとせずに、必要なものだけを受け入れる方法に切り替えたらうまく行きました。これからの教訓にしたいと思います。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]にPCに届いたメールは、すべてgmailアカウントにコピー転送していて、更にgmailの機能を使って、ほぼリアルタイムで読みたいメールだけを携帯電話にまたまたコピー転送している。すなわち、友人や知人にはPCのアドレスにメールを送ってもらっていたとしても、リアルタイムで読みたいメールは、携帯電話に届くようになっているのだ。そのほうが、私にとってはメールを管理し易い。

 PCに届いたメール → gmailアカウントにコピー転送 → リアルタイムに読みたいメールだけを携帯電話のメールアドレスに転送

 しばらくは、この設定で煩わしいスパムメールから解放されていたのだが、あるとき、スパムメールが一通だけ届いた。それは、@gmailドメインからのメールだった。私は、受信を許可するドメインとして、@gmailドメインを丸ごと受信可能にしてしまっていたのだ。このスパムメールが届いたことにより、gmailアカウントを持つ友人や知人のすべてを個別に受信許可アドレスに追加することで対応したのだった。それからは、スパムメールは届いていない。

 まさか、こんな方法であっさりスパムメールから解放されるとは思っていなかった。届いたスパムメールのドメインを一つ一つブロックして行くよりも、受信したいメールのドメインやアドレスを受信設定にするほうが、はるかに楽だったのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何でも受け入れようとして幅を広げていたのですが、その状態では、不要なものがたくさん入って来ることがわかりました。何でも受け入れようとせずに、必要なものだけを受け入れる方法に切り替えたらうまく行きました。これからの教訓にしたいと思います。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]にアドレスにメールを送ってくれている。私の場合、PCに届いたメールは、すべてgmailアカウントにコピー転送していて、更にgmailの機能を使って、ほぼリアルタイムで読みたいメールだけを携帯電話にまたまたコピー転送している。すなわち、友人や知人にはPCのアドレスにメールを送ってもらっていたとしても、リアルタイムで読みたいメールは、携帯電話に届くようになっているのだ。そのほうが、私にとってはメールを管理し易い。

 PCに届いたメール → gmailアカウントにコピー転送 → リアルタイムに読みたいメールだけを携帯電話のメールアドレスに転送

 しばらくは、この設定で煩わしいスパムメールから解放されていたのだが、あるとき、スパムメールが一通だけ届いた。それは、@gmailドメインからのメールだった。私は、受信を許可するドメインとして、@gmailドメインを丸ごと受信可能にしてしまっていたのだ。このスパムメールが届いたことにより、gmailアカウントを持つ友人や知人のすべてを個別に受信許可アドレスに追加することで対応したのだった。それからは、スパムメールは届いていない。

 まさか、こんな方法であっさりスパムメールから解放されるとは思っていなかった。届いたスパムメールのドメインを一つ一つブロックして行くよりも、受信したいメールのドメインやアドレスを受信設定にするほうが、はるかに楽だったのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何でも受け入れようとして幅を広げていたのですが、その状態では、不要なものがたくさん入って来ることがわかりました。何でも受け入れようとせずに、必要なものだけを受け入れる方法に切り替えたらうまく行きました。これからの教訓にしたいと思います。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまた通勤途中の話で恐縮です。(苦笑)朝、満員電車に乗っていると、豪快ないびきが聞こえて来ました。どう考えても、座席シートからではなく、私が立っている周辺から聞こえて来るのです。見ると、私のすぐ近くの男性が、吊革を持ったまま寝ていました。こんなこともできるんですね。驚きました。

 少し前に、スパムメールとの戦いという記事を書かせていただいた。あの記事を書いてからも、私はせっせと届いたスパムメールのドメインを分析し、同じドメインから複数のスパムメールが届く度にそのドメインをブロックしていた。

 しかし、何とかしてこの非効率な作業に終止符を打ちたいと思い、あることを実践してみた。あることというのは、PCから届くメールをすべてブロックする設定に変えてしまうことである。なかなか勇気の要る作業だったが、思い切って設定を変更してみると、あれだけ届いていたスパムメールがピタリと止んだのだ。なるほど、スパムメールを送りつけて来る人たちは、携帯電話やスマートフォンからは発信してはいないことがわかった。

 とは言え、この設定のままではまずいので、私はPCから送信されて来る友人や知人、各種サービスなどのドメインやアカウントを個別に受信許可に設定して行った。既に、一部のドメインやアドレスは受信許可の設定をしてあったので、あとは厳密に、メールを受信したいドメインやアカウントを、受信を許可するドメインまたは受信を許可するアドレスに追加して行くだけだった。

 もともと私は、ほとんどのメールをPCで受信しているため、ほとんどの友人や知人も、私のPCアドレスにメールを送ってくれている。私の場合、PCに届いたメールは、すべてgmailアカウントにコピー転送していて、更にgmailの機能を使って、ほぼリアルタイムで読みたいメールだけを携帯電話にまたまたコピー転送している。すなわち、友人や知人にはPCのアドレスにメールを送ってもらっていたとしても、リアルタイムで読みたいメールは、携帯電話に届くようになっているのだ。そのほうが、私にとってはメールを管理し易い。

 PCに届いたメール → gmailアカウントにコピー転送 → リアルタイムに読みたいメールだけを携帯電話のメールアドレスに転送

 しばらくは、この設定で煩わしいスパムメールから解放されていたのだが、あるとき、スパムメールが一通だけ届いた。それは、@gmailドメインからのメールだった。私は、受信を許可するドメインとして、@gmailドメインを丸ごと受信可能にしてしまっていたのだ。このスパムメールが届いたことにより、gmailアカウントを持つ友人や知人のすべてを個別に受信許可アドレスに追加することで対応したのだった。それからは、スパムメールは届いていない。

 まさか、こんな方法であっさりスパムメールから解放されるとは思っていなかった。届いたスパムメールのドメインを一つ一つブロックして行くよりも、受信したいメールのドメインやアドレスを受信設定にするほうが、はるかに楽だったのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何でも受け入れようとして幅を広げていたのですが、その状態では、不要なものがたくさん入って来ることがわかりました。何でも受け入れようとせずに、必要なものだけを受け入れる方法に切り替えたらうまく行きました。これからの教訓にしたいと思います。(苦笑)

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2013.05.13

スパムメールとの戦い

ホットヨガ(三三一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m あまりにも暑いので、自宅でも扇風機を回し始めました。自宅で使っているのは、USB扇風機ではなく、古くからあるタイプの扇風機であります。いやあ、扇風機は涼しいですね。ガンモが出張している鳥取では、最高気温が三十度を越えたとか。五月だというのに、もはや真夏日ですね。

 最近、携帯電話のメールアドレスに届くスパムメールの数が増えて来た。意味のないドメイン名からのスパムメールが大量に届いている。いっそのことメールアドレスを変更してしまいたい衝動に駆られるのだが、登録している様々なサイトに対し、新しいメールアドレスの更新作業を行うのも面倒なので、変更はしていない。それに、これほどのスパムメールが届くというのは、登録しているどこかのサイトから私の個人情報が漏れてしまっているに違いないので、メールアドレスを変更したとしても、再び同じ状況に陥る可能性が大である。それならば、愛着のあるメールアドレスを使い続け、スパムメールをこまめにブロックし続けるほうが良い。

 一つだけ効果があったと思われるのは、携帯電話のスパムメールに対する設定のページで、「他のアドレスになりすましたメール」についての設定を、「全て拒否する」から「存在するドメインからのみ受信」に切り変えたことだ。この設定に変更したことにより、意味のない長いドメイン名からのスパムメールが激減したのだ。

 普通に考えると、「全て拒否する」設定にしておいたほうが、スパムメールを広範囲でブロックできると思うのだが、どういうわけか、「全て拒否する」設定のときには、意味のない長いドメイン名からのスパムメールが大量に届いていたのである。

 とは言え、実際に存在しているのか、意味不明の短いドメイン名からのスパムメールは相変わらず続いている。これらのドメイン名に共通しているのは、四文字くらいの英字を並べ替えた複数のドメイン名であるということである。今は、同じドメイン名からのスパムメールが届く度にブロックしているのだが、そろそろ疲れて来た。何か規則性を見出すことができれば、スパムメールをもっと効率良くブロックすることができるのにと思いながら、試行錯誤を繰り返す毎日なのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m どうもこの手のスパムメールは、人間がわざわざ送信しているように思います。まさか、スパムメールを送りつける仕事があるのでしょうか。まったく迷惑な仕事ですね。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2011.08.28

海外パケ・ホーダイ初体験

映画『ザ・ファイター』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いったん涼しくなったかのように思えましたが、また暑さがぶり返したようですね。このまま秋に向かってまっしぐらだろうと期待していたのに、期待が外れてがっかりです。まだまだ「むわーん」としたほてりと付き合うことになりそうです。(苦笑)

 シドニー滞在中も、日本に向けて一日二回、電話を掛けていた。夏の海外旅行をためらっていた理由と関係するのだが、ここ三ヶ月ほどの間に芽生えた愛情ある日課を継続するためである。日本にいるのと同じような感覚で、あまり気にもとめずに通話をしていたところ、およそ一週間の滞在で、WORLD_WING通信料(発信分)に九千百八十円の請求が来ていた。ちなみに、シドニー滞在中にガンモと連絡を取り合うのも国際電話になってしまうため、このWORLD_WING通信料(発信分)の中には、シドニーでガンモと通話した料金も含まれている。これに加え、WORLD_WING通信料(着信分)として八十円の請求が来ていた。これは、シドニー滞在中にガンモからの電話を受けたときの通話料である。日本とは違い、海外では、電話を着信した側にも課金される仕組みになっているのである。

 そして、良くわからないのが、WORLD_WING・iモード通信料として二百二十八円、WWGiモード通信料(海外パケホ)として、およそ一週間の滞在で一万千八百八十円の請求が来ていたことだ。これは、一体何なのだろうか? docomoのサイトで調べてみると、WWGiモード通信料(海外パケホ)とは、「海外パケ・ホーダイのiモード通信料」との説明がある。 海外でのパケット通信料が高額なので、海外パケ・ホーダイなるものが登場したのは知っているが、私はそれを申し込んではいなかったはずである。海外パケ・ホーダイの申し込みをせずにiモードを利用したので、iモードの利用料金が割高になり、自動的に海外パケ・ホーダイに切り替えられたのだろうか?

 そう言えば、シドニー滞在中に、以下のようなSNSメールが度々届いていた。

海外パケホーダイ事業者Optusに接続。事業者手動選択をお勧めします。
スマートホンのパケット通信設定の問合せ先:+81XXXXXXXXX

 上記は、海外パケ・ホーダイの対象サービスに接続中であることを知らせるメールである。これに対し、海外パケ・ホーダイ対象ではないサービスに接続中のときは、以下のようなメールが届いていた。

海外パケホーダイ対象ではない通信事業者に接続されました。手動で対象事業者【Optus】に接続することをお勧めします。

 ちなみに、一週間の滞在中に使用したiモードは、一日一回程度のmixiへのアクセス他である。時間にしても、一日わずか五分以内だったと思う。たったそれだけの利用で、一万円以上の請求が来るのだから、やはり海外でiモードを使用するのは相変わらず割高だと言える。

 iモードメールについては、「メール選択受信」の設定を有効にしてから日本を離れた。そのため、私のiモードメールアドレスに届いたメールはすぐには配信されず、メールが届いたという情報だけが端末に通知された。そして、必要であればiモードに接続してメールの選択受信画面にアクセスし、届いたメールの一覧情報を確認しながら、必要なメールだけを受信していた。私の場合、普段からiモードメールで交流している友人たちとは、パソコンのメールアドレスでも交流しているので、どうしてもシドニーで読まなければならないようなiモードメールはほとんどなかった。

 そのため、iモードメールが届いたという知らせを受けると、最初のうちはiモードメールの選択受信画面にアクセスして、届いたiモードメールをチェックしていたものの、次第に億劫になり、iモードメールが届いたという知らせを受けても確認することなく放置していた。そして、帰国してからiモードメールを一気に受信してみると、およそ一週間のうちに二百五十通以上ものiモードメールが溜まっていた。帰国すれば、私の契約はパケホーダイなので、どんなに長いメールであっても、何通でも受信し放題である。

 届いたiモードメールの送信元を確認してみると、数多くのスパムメールが配信されていたことがわかった。私は、iモードメールが届いたという知らせを受ける度に、iモードメールの選択受信画面にアクセスしなくて良かったと思った。iモードメールの選択画面にアクセスするだけでも、iモードの接続料金が発生するはずなので、割高なiモード使用料金を使ってまでスパムメールをブロックするのも馬鹿らしい気がしたのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 帰国してからのiモードメールの処理は、それなりに大変でした。いつもは、スパムメールが届く度に、ただちにそのドメインからのメールをブロックしてしまうのですが、その動作をしていなかったため、複数のドメインからのスパムメールが延々と配信され続けていました。帰国後でなくても、このようなスパムメールを読むのは、何だか興ざめしてしまいますね。海外パケ・ホーダイなるものが登場して、実際にお得になったのかどうかは、私には良くわかりません。(苦笑)ただ、一つだけ言えることは、海外でのiモード使用料はまだまだ割高だということです。皆さんもどうかお気を付けください。

人気blogランキングには、もともとブログの書籍化を夢見て参加させていただきました。まだまだほど遠いですが、私の夢を応援してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2010.10.11

旅行中に不便を感じたこと

マンションの大規模修繕(1)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 私たちのマンションからそれほど遠くない場所にあるマンションにも、最近、足場が組まれました。おそらく、私たちのマンションとほぼ同時期に建設されたのでしょうね。これまでは、そんな足場を見ても、気にも留めずにさっさと素通りしていたのですが、私たちのマンションに足場が組まれると、ついつい足場を観察してしまいますね。そして、私たちのマンションで組まれている足場のほうがしっかりしているように感じると、妙な優越感を覚えたりしています。(苦笑)

 夏休みに出掛けたフランクフルトとアムステルダムの旅行中に最も不便を感じていたのは、実はメールの処理だった。私の場合、メールというと、携帯電話に届くメールとパソコンに届くメールがある。今回の旅行でも、携帯電話とノートパソコンの両方を持参していたので、私はどちらのメールも利用できる状態にあった。ただ、ご存知のように、どちらに届くメールもスパムメールがつきものである。

 特に携帯電話に関しては、日本にいるときはどんなに多くのスパムメールを受信しようとも、定額のパケット通信料でまかなっていたのだが、海外に出掛けると、メールを受信するにも従量制のひどく割高な通信サービスに切り替えられてしまう。そのため、できるだけパケット通信料を節約するための工夫を見出したのが、今年の香港旅行で実践した「メールの選択受信」である。

 「メールの選択受信」とは、携帯電話にメールが届くと、メールの送信者名とメールのタイトルのみを一覧で知らせてくれるサービスである。利用者はそれらの情報を見て、メールを受信するかどうかを決める。急ぎではないメールであれば、メールを受信せずに、センタに預けたままにしておくことができる。表示されるメールの一覧には、メールの本文が含まれないので、スパムメールや、きせかえツールを取得するために加入している様々なサービスから届くメールを受信するために、高額なパケット通信料を支払わなくて済むのである。

 しかし、一覧の中にスパムメールと思われるメールが含まれているときは、例えパケット通信料が高額であってもすぐに携帯電話のメール管理画面にアクセスして、そのアドレスからのメールをブロックしてしまわなければならない。そうしなければ、同じアドレスからのスパムメールが次々に届いてしまうからだ。メールの一覧情報を取得するにも高額なパケット通信料が掛かってしまうので、スパムメールをブロックせずに受信し続けるのは大変馬鹿らしいのである。

 今年の夏休みに出掛けた旅行でも、「メールの選択受信」を実践したおかげで、九日間の旅行でWORLD_WING・iモード通信料をわずか四千百六十四円に抑えることができた。去年のブリュッセル、パリ旅行では、今年とほぼ同じ旅行期間だったにもかかわらず、こうした節約をしなかったために、二万円以上ものWORLD_WING・iモード通信料を支払うことになってしまった。それを思うと、今年はかなり節約できたことになる。

 とは言え、不便に感じたこともある。日本にいるときは、パケット通信料が定額なので、いわば接続し放題である。パソコンに届くメールは、パソコンのWebメール画面にアクセスすることで、携帯電話からも読むことができるので、私はことあるごとにアクセスしている。そうしなければ、毎日のメールの処理ができないからだ。ただし、読むことができるのは、テキストメールのみで、HTMLメールや添付メールは読むことができない。携帯電話からパソコンのWebメール画面にアクセスしたときに、スパムメールが届いていると、私はWebメールの管理画面から、パソコンに届いたスパムメールをさっさと削除してしまう。しかし、前述したように、海外ではパケット通信料がひどく割高なので、パソコンに届いたメールをこまめにチェックする作業を見送っていた。

 旅行中、パソコンに届いたメールをチェックするのは、朝起きてから出掛けるまでの間か、夜、ホテルに帰ってからと決まっていた。しかし、ホテルのインターネットもまた有料だったため、インターネットの接続料金をできるだけ節約しようと、フランクフルトではガンモと私で代わる代わる、自分のノートパソコンをインターネットに接続して使用していた。また、アムステルダムではガンモのノートパソコンだけをインターネットに接続し、私はオフライン状態にある自分のノートパソコンで「ガンまる日記」の下書きを書いたあと、インターネットに接続されているガンモのノートパソコンにデータを持って行き、そこからせっせとアップしていた。

 このように、アムステルダムではガンモのノートパソコンを借りてインターネットに接続していたため、私はガンモのノートパソコンからWebメールにアクセスしてパソコンに届いたメールを読んでいた。皆さんにもご経験がおありだと思うが、Webメールに大量のメールが届くと、メールを読むのにひどく時間が掛かってしまう。パソコンにインストールしたメールソフトでメールを読むときは、オフライン状態でもメールを読み書きできるように、パソコンの中にメールを取り込むので、メールを表示する速度がすこぶる速い。しかし、Webメールは常にオンラインの状態で参照することになるため、メールのタイトルをクリックしてメールの中身を読むときも、インターネットに接続されていなければならず、そのために処理がひどく遅いのだ。しかも、日本にいるときは、携帯電話を使ってパソコンのメールアドレスに届いたスパムメールをこまめに削除していたので、自分のノートパソコンにメールを取り込むときは、ほとんどスパムメールのない状態だった。しかし、携帯電話のパケット通信料を節約するため、スパムメールを削除できていないので、Webメールでメールを読むのに更に時間が掛かってしまったのである。実際、これにはかなり四苦八苦してしまった。

 やはり、海外に出掛けると、通信面においての不便さを感じずにはいられない。一番いいのは、日本で受けているサービスを海外でもそのまま利用できることだろう。そうなれば、私たちは普段から持ち歩いているモバイルカードを使ってインターネットに接続できるだけでなく、パソコンに届くスパムメールも、パケット通信料を気にすることなく携帯電話を使ってこまめに削除できたはずなのである。実は、「世界を一つにする」方法は、意外なところに転がっていたりするのではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 携帯電話に届いたメールは、緊急のもの以外はすべて帰国してから受信しました。そうした努力(?)の甲斐もあって、WORLD_WING・iモード通信料をずいぶん節約することができたわけですが、節約できたとは言うものの、四千百六十四円という金額は、私が毎月支払っている定額のパケット通信料よりも高額なんですよね。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (0)

2010.05.20

筋腫改善メール

夫婦でプチFXの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。両替後もユーロの交換レートが気になって、携帯電話で外国為替のページをしょっちゅう開いて確認しています。(苦笑)私の個人的な感覚としては、ユーロよりもポンドのほうが変動の幅が大きいように思います。何故なら、二〇〇八年にロンドンに行ったときは、一ポンド二百五十円くらいで両替していたのが、今は何と、一ポンド百三十円未満です。もしも外貨預金を始めるならば、私はポンドを選びたいですね。(笑)

 少し前に、私のところに「わずか2週間で子宮筋腫を治すその秘密の方法とは!?もう今日から悩む必要はなくなります!」というタイトルのメールが届いた。メールを送信して来た人は、私に子宮筋腫があることをご存知だったわけではなく、おそらくスパムメールの類だと思われる。目を通してみると、いろいろな意味で皆さんにご紹介したくなるような内容だったので、URLと個人名およびメールアドレスを伏せた上でご紹介させていただこうと思う。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

解除は以下からお願いします
http://○○○○/

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2週間あればアレほどの痛みを伴う
子宮筋腫も自宅で治すことができます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 子宮筋腫でお悩みのあなたに朗報です

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ● 生理の経血量が多くなってきた
 ● レバーのような塊状の血がでる
 ● 生理のたび、痛みが増してくる
 ● 生理痛がひどく、薬が効きにくい
 ● 生理後も出血がだらだら続く
 ● 不正出血がある
 ● 下腹部が張った感じがする
 ● 性交痛がある
 ● 排尿や排便時に痛みがある
 ● 下腹部にしこりがある
 ● 最近トイレが近い
 ● おりものが増えたり、茶褐色の
   おりものがある

あなたは、上記のような子宮筋腫が
大きくなったことが原因で、
『手術』をしようか、『ホルモン療法』を
しようか迷っていませんか?

もしあなたが、子宮筋腫が原因で、

 「10日以上だらだら続く生理をなんとかしたい。」

 「毎月の洪水のような生理で体を動かすこともできない。」

 「排便時の便秘や痔のような痛みをなんとかしたい。」

 「妊娠したいけど、なかなかできない。」

 「排便時に痔のような痛みをなんとかしたい。」

と悩んでいらっしゃるのでしたら、
私はあなたのお役にたてます!!

⇒ http://○○○○/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 このようなことが可能になります!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ●毎月だらだらと続き、何度も来る生理が
  規則正しくなる。

 ●生理痛の痛みで仕事を休むことがなくなる。

 ●のたうちまわるほどの痔や便秘で
  悩むことがなくなる。

 ●生理中でもアクティブに行動
  できるようになる。

しかも・・・

自宅で時間と多額なお金を掛ける事なく
あなた自身の力でです。

 「そんな方法はあるはずがない!」

と思うかもしれません。

しかし・・・

私からすれば、特に不思議なことでは
ありません。

では、彼女たちはいったい
どういったことを実践したのか?

その秘密をここでお話しています!!

⇒ http://○○○○/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ホルモン治療は最善の策ではない

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

子宮筋腫の治療としてホルモン治療が
あげられます。

その主流となっているGnRHアゴニストと
ダナゾールは、いずれも6ヶ月が投与の
限度とされています。

また、これらの薬によって、筋腫は
小さくなるものの、完全に消すことは
できません。

したがって・・・

投与をやめると、月経が再開され、
子宮筋腫もまた発育を再開してしまいます。

ホルモン療法というのは、子宮筋腫で
問題となる貧血を一時的に抑えたり、
筋腫を小さくしておいて、その小さい
筋腫を手術で取り除く、といった目的で
おこなうのが普通です。

あくまでも一時的な対症療法で、
最後には、必ず手術を行う必要があります。

抜本的に問題が解決したわけではないのです

小手先の治療ではなく、
根本から改善してください!!

⇒ http://○○○○/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 手術をすれば治るは幻想である

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

薬物療法(ホルモン療法)では症状を
抑えきれない場合、一般の病院や
クリニックでは、手術療法を勧められます。

 ●子宮筋腫だけを切り取る手術

 ●子宮を全摘出する手術

子宮筋腫の手術療法には、子宮をすべて
摘出する子宮全摘術と、筋腫のみを摘出し
その他の器官(卵巣など)は残す
子宮筋腫核出術があります。

子宮全摘術は、筋腫の症状が完全に治りますが、
手術後はもちろん妊娠・出産ができなくなります。

子宮筋腫核出術は、手術後にも妊娠・出産が
可能というメリットがありますが、
再発の可能性が高いというデメリットもあります。

どちらも、手術も根本療法ではありません。
筋腫だけ切り取ったとしても、
また筋腫は再発しますし、

子宮をとってしまえば、更年期障害が
急激に現れます。

手術であなたは救えません。

私の方法ならこれらすべてを解決できます!!

⇒ http://○○○○/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 マニュアルの内容を一部ご紹介!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

マニュアルの内容の一部を紹介すると・・・

●ホルモン療法なし、手術なしで
 子宮筋腫が改善する方法

子宮筋腫の治療にはホルモン療法も
手術もいりません。

あなたの子宮筋腫を自宅で改善させる
方法をお伝えします。

●婦人科系の病気が及ぼす悪い影響とは?

代表的な婦人科系の病気(子宮筋腫、
子宮内膜症、子宮腺筋症など)の子宮、
卵巣以外に影響を及ぼす障害を
知っておきましょう。

●最短12日で子宮筋腫が縮小した方法とは?

あなたの子宮筋腫が改善していく方法が
あります。

この方法を使えば、あなたの子宮筋腫も
短期間で改善していきます。

●二度と再発しない子宮筋腫を
 根本的に改善する3つのコツ!

短期的に子宮筋腫を改善した後は、
それも再発させないようにすれば
良いだけです。この3つのコツを実践すれば、
一生、子宮筋腫で悩むことはなくなるでしょう。

●子宮筋腫が最も早く改善する
 食物の組み合わせとは?

食物の組み合わせにより、子宮筋腫はどんどん
改善させることができます。

これを知っているだけであなたの子宮筋腫が
改善していきます。

もう副作用のある治療も、手術も必要ありません。

子宮筋腫に苦しむ人とそうでない人。

その違いは、このマニュアルでお伝えする方法を
知っているか、知らないか・・・

それだけの違いだったのです!

自然とそういう生活習慣をしている人は、
子宮筋腫にはならないのです。

つまり・・・知識さえあれば、子宮筋腫は
防ぐことができるのです。

あなたも1週間後、2週間後と実践していくうちに、
自然と「あれっ、子宮筋腫が改善している・・・」
と驚かれると思います。

子宮筋腫で悩む必要がなくなると、
あなたの生活は大きく変わります!!

⇒ http://○○○○/

■□----------------------------------□■

この無料メルマガは、無料レポートのご請求、
懸賞への参加、協賛登録、e-book及びアフィリ
サイト等で登録された方に配信しております。

覚えがない方は、第三者による間違いか、
いたずらの可能性がありますので、ご面倒を
おかけしますが以下から解除頂けますよう
宜しくお願い申し上げます。

http://○○○○/

■□----------------------------------□■

《病気は自宅で治せる!
    病種別完全マニュアル!!》

発行者:XXXX
メール:XXX@XXXX.XXX

------------------------------------------

送信させていただいたメール内容は情報提供
企業の広告情報です。 
当情報は全ての読者に結果を保証するものでは
ありません購入でのトラブル・E-BOOKS 内容に
ついてのサポートは致しかねますので
ご了承願います。

-------------------------------------------

 ずいぶん長い引用になってしまったが、まず、私はこのメールを読んで驚いた。何故なら、私にも子宮筋腫があるとは言え、ここに書かれている症状は、私にはあまり当てはまらなかったからだ。

 ● 生理の経血量が多くなってきた
 ● レバーのような塊状の血がでる
 ● 生理のたび、痛みが増してくる
 ● 生理痛がひどく、薬が効きにくい
 ● 生理後も出血がだらだら続く
 ● 不正出血がある
 ★ 下腹部が張った感じがする
 ● 性交痛がある
 ● 排尿や排便時に痛みがある
 ★ 下腹部にしこりがある
 ★ 最近トイレが近い
 ● おりものが増えたり、茶褐色の
   おりものがある

 子宮筋腫の症状として挙げられている上記の症状のうち、私自身に当てはまるのは、★印を施した「下腹部が張った感じがする」、「下腹部にしこりがある」、「最近トイレが近い」の三つくらいである。子宮内膜症ならともかく、子宮筋腫で大きな痛みを感じるというのは初めて知った。確かに筋腫があると、歩行時に痛みを感じるのは事実だが、どんどん増してくるほどの痛みではない。私の場合、現在は生理の出血量も少ない上に、生理痛もほとんどなく、生理は五日目にはほとんど終わり、不正出血も性交痛もない。もしもここに書かれていることが子宮筋腫の症状として一般的なものであるならば、私は子宮筋腫の大きさでは他の人たちに負けないが、優等生だったりするのだろうか。

 ご紹介させていただいたメールの最後にも書かれているように、

送信させていただいたメール内容は情報提供
企業の広告情報です。

とあることから、これは広告メールである。内容が子宮筋腫のことだったので、思わず真面目にメールを読んでしまったが、別の内容ならば、スパムメールとしてさっさとゴミ箱行きである。途中、より詳しいことが書かれているであろうURLへのクリックを促す表現がいくつもあったのだが、私はクリックせずにすべて無視した。というのも、実際にメールに記載されていたURLが?XXXXXといったクエスチョンマーク付きのURLだったからだ。URLの中にクエスチョンマークが含まれている場合、そのクエスチョンマーク以降の文字がCGIやPHPなどのパラメータの役割をしている。その場合、そのURLをクリックすると、クリックされたという情報がサーバ側に記録される仕組みになっているようだ。良く、何らかの宣伝用のチラシを配って入る人が、自分が配ったチラシであることを主張するために、チラシの片隅に自分のはんこを押していたりする。クエスチョンマーク以降に指定されているパラメータは、そういう役割を果たしている。相手のサーバ側にそうした情報を与えてしまうと、スパムメールの送信者に、「このメールアドレスは有効なメールアドレスである」と判断され、次々に別のスパムメールを送信される羽目になってしまうのだ。だから、スパムメールに書かれているURLはクリックしないほうがいい。

 同様に、HTMLメールのスパムメールが届いた場合も、HTMLメールに貼り付けられている画像をむやみに表示させないほうがいい。何故なら、HTMLメールに貼り付けられている画像は、さきほどのクエスチョンマーク以降に指定されているパラメータと同様、スパムメールを送り付けて来た人にとって、メール受信者がそのメールを参照したかどうかを知る手掛かりとなっているからだ。もしもスパムメールのHTMLメールの画像をプレビューさせて、そこに貼り付けられている画像を表示させてしまったとしたら、スパムメールの送信者は、HTMLメールに貼り付けた画像ファイルのアクセスログを解析することで、そのメールが参照されたことがわかってしまい、今後も次々に別のスパムメールが届くことになってしまうのだ。

 それはともかく、おそらくこのメールは、子宮筋腫の悩みを改善する方法が記載された有料マニュアルを販売するための宣伝メールだと思われる。あくまで想像に過ぎないが、紹介されているURLにアクセスすると、クレジットカードや銀行振り込みなどの方法でお金を支払うことで、子宮筋腫の悩みを改善するための有料マニュアルをダウンロードできる仕組みになっているのだろう。こうして何となく想像が付くのは、実は、私も過去に似たような有料マニュアルをインターネットで購入したことがあるからだ。ただ、私にとってのそれは、とてもしっかりとした良い情報だったと思う。

 しかし、私が過去にそうした有料マニュアルを購入して感じたのは、自分自身が辛い思いを経験して得た知識を丁寧なPDFファイルにまとめたとしても、それをインターネット上で有料情報として販売し、ビジネスとして利用するのはひどく抵抗があるということだった。例えば現在のように大きな子宮筋腫を抱えている私が、いきなり子宮筋腫を小さくする方法に出会うことができたとしよう。私はそれを丁寧なPDFファイルにまとめて、インターネット上で有料情報として販売しようとは思わない。自分が辛い思いをしてようやく辿り着いた有効な方法ならば、同じように辛い思いをしている人たちに向けて、「ガンまる日記」なり参加しているMLなりで情報を発信して行くと思う。しかし、そうではなく、こうしたスパムメールのような形でURLのクリックを促すようなメールが届くのは、本当にその苦しみを体験して来た人の意志なのだろうかと疑問に思ってしまうのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ご紹介したメールの中にも少し書かれていますが、このURLをクリックした先に有料マニュアルを販売するページがあったとして、そのマニュアルに書かれていることは、主に食生活を改善する指導なのでしょうね。おそらく、身体の中に不要なものを溜め込まない食生活を促す有料マニュアルなのではないかと、密かに想像しています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (2)

2010.02.10

携帯電話のスパムメール激減

ご厚意で差し出された切符が役に立たなかった話の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。こうした企画切符は、むしろ私たちが普段から良く利用している切符でもあります。確かに、こうした企画切符を使って小旅行を終えたあとは、切符を購入するために自動券売機に並んでいる人に声を掛けたくなりますね。しかし、実際はなかなか声を掛けられないのが実情でした。ガンモに声を掛けてくださった男性は、私たちが躊躇して実践できなかったことを実践してくださったんですね。

 「きせかえツール」が欲しかっただけ(4)という記事にも書いたように、私のところには、パソコンのメールアドレスだけでなく、携帯電話のメールアドレスにもスパムメールがたくさん届いていた。パソコンのメールアドレスに毎日届いている二百通ほどのスパムメールは、加入しているプロバイダのスパムメールのブロック機能により、ある程度の振り分けが行われているものの、携帯電話のメールアドレスに届くメールにはスパムメールのブロック機能はないため、スパムメールを受信する度に、そのドメインからのメールを受信拒否するという設定を毎回行っていた。しかし、これがなかなかやっかいな作業だった。

 指定ドメインから届くメールの受信拒否を行うと、スパムメールを送信しているほとんどの相手は、私のメールアドレスへの送信を控えるようになる。そのため、既にスパムメールが届かなくなったドメインの情報を上書きしながら受信拒否の設定を行っていた。そうしなければ、携帯電話で受信拒否できるドメイン数には限りがあるからだ。

 スパムメールが届く度に、そうした方法でスパムメールを受信拒否していたのだが、ある時期から、@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpなどの通常の携帯電話のアドレスからスパムメールが届くようになってしまった。おそらく、相手はこうしたスパムメールを効率良く発信するために、受信拒否対象に設定されないドメインに偽装してスパムメールを発信しているはずである。

 これまでの方法ならば、スパムメールが届いたドメインをまるごと受信拒否に設定してしまえばスパムメールをブロックできたのだが、友人たちとメールのやりとりもあるので、@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpのドメインを受信拒否に設定してしまうわけには行かない。しかし、スパムメールを送信して来る相手は、次々にメールアドレスを変えながら、@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpなどの携帯電話のメールアドレスからスパムメールを送り付けて来る。これは困った。

 そこで私は思い切って、携帯電話に届くメールの受信方法を変えてみた。docomoユーザ限定の設定方法ではあるが、私が実践した方法とは、以下の通りである。ちなみに、●と○はラジオボタンを意味し、●がラジオボタンを選択した状態で、○がラジオボタンの選択を解除した状態である。

迷惑メール対策

▼URL付きメール
○設定
●設定解除

▼受信/拒否設定
●設定
○設定解除

「次へ」ボタン → 以下の内容は、「次へ」ボタンを選択したあとの画面である。

▼ステップ1
受信したいメールをチェックしてください。

▽ドコモ(iモード)
▽ドコモ(mopera U)
▽au(EZweb)
▽ソフトバンク
▽イー・モバイル
▽ウィルコム
▽その他携帯など
※ディズニー・モバイルは、ソフトバンクに含まれます。

上記ドメインになりすましたメールを
●拒否する
○拒否しない
※ステップ2で受信するにチェックした場合に有効です。

▼ステップ2
ステップ1以外の携帯・PHSやパソコンからのメールを受信したい場合はチェックしてください。
▽受信する

他のアドレスになりすましたメールは
●全て拒否する
○存在するドメインからのみ受信
○拒否しない
※"全て拒否する"に設定した場合は、ステップ1のドメインになりすましたメールも拒否されます。

▼ステップ3
ステップ1、ステップ2の「なりすましメール設定」で拒否設定した場合でも、パソコンの転送元アドレスやメーリングリストのアドレスを指定することで、これらのメールを受信できます。

「宛先指定受信」ボタン → 「宛先指定受信」ボタンを選択して、携帯電話にメールを転送するときなどに使用するパソコンのメールアドレスを設定しておく。私の場合、親しい友人から届いたメールを携帯電話のメールアドレスに転送しているので、パソコンで使用しているメールアドレスを設定している。

▼ステップ4
ステップ1、2でチェックを外した場合でも、個別にドメインまたはアドレスを指定して受信することができます。

「受信設定」ボタン → 「受信設定」ボタンを選択して、例えば購読しているメルマガやきせかえツールから届くメールアドレスなど、大量に発信されているメールで、スパムメールではないメールアドレスを指定しておく。ここに記載したメールアドレスからのメールは、他の設定で受信拒否の要素があったとしても確実に届く。

▼ステップ5
ステップ1、2でチェックをした場合でも、個別にドメインまたはアドレスを指定して拒否することができます。

「ドメイン拒否設定」ボタン → 「ドメイン拒否設定」ボタンを選択して、受信拒否したいスパムメールの発信元ドメインを指定している。
いま「アドレス拒否設定」ボタン → 「アドレス拒否設定」ボタンを選択して、受信拒否したいスパムメールのメールアドレスを個別に指定している。

 このような設定に変更したところ、これまで一日に何通も届いていたスパムメールが激減した。今ではむしろ、スパムメールが届くことのほうが珍しいくらいである。それでもスパムメールが届いた場合は、これまで通り、▼ステップ5の「ドメイン拒否設定」で受信拒否したいドメインを一つ一つ指定しているのだが、スパムメールそのものの数が極端に減ったので、これまでほどやっかいな作業ではない。

 ちなみに、私は、

▼iモード大量メール送信者からのメール受信制限

についても、以下のように設定している。

iモードメール大量送信者からの500通目以降のメールを
●拒否する
○拒否しない

 この設定が効いているからなのか、以前は山のように届いていた楽天ショップからのメルマガが届かなくなった。楽天ショップからパソコンのメールアドレスに届くメールは一括解除することが可能なのでそれほど煩わしくはなかったのだが、携帯電話に届く楽天ショップからのメルマガは、ショップごとに一つ一つ解除しなければならなかったので、毎回、手間が掛かっていた。何故なら、メルマガを解除するためにわざわざショップごとに個別のURLにアクセスして、自分のメールアドレスを入力した上で解除ボタンを押す必要があったからだ。この作業がなくなったことだけでもずいぶん楽になった。

 ただ、上記の設定で必ずしも問題がないわけではない。携帯電話から楽天ショップを利用したときに、▼ステップ3で楽天のドメインを指定受信に設定しているため、楽天からのオーダー完了メールは届くのだが、ショップからのオーダー完了メールが届かないことが多い。何故なら、メールを指定受信するには、ショップのドメインを知っておく必要があるからだ。とは言え、楽天にいくつもあるショップで、商品を注文する度にそのドメインを追加するのも面倒である。そこで、ショップごとのドメインはわざわざ追加しないようにしているのだが、それが原因なのか、ショップからのオーダー完了メールは私の携帯電話には届かないのである。それでも、注文した商品はちゃんと届いているので、今のところ問題はないと思っている。どうやら、携帯電話に届くメールの門を狭めすぎてしまったようである。

 門を広げるには、▼ステップ4の「受信設定」で、受信したいメールアドレスを登録しておけばいいだけの話なので、もう少し調整が必要かもしれない。とは言え、私と同じように、携帯電話のスパムメールに悩まされている方がいらっしゃるならば、ご参考になれば幸いである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この設定に変えてからは、携帯電話に届くスパムメールに悩まされることもなく、ずいぶん快適になりました。おそらく、もう少し微調整をすれば、更に快適な受信環境が整うことでしょう。docomoの設定メニューを例に挙げましたが、他のキャリアの方も同じようなメニューがあるはずなので、スパムメールに悩まされている方は是非トライしてみてください。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (0)

2009.12.12

「きせかえツール」が欲しかっただけ(4)

ソウルメイトの超能力の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 超能力の中の「透視」については、妊娠している女性のお腹の中にいるのが男の子の場合、ほぼ確実に当てることができます。うむ、調子に乗って、超能力カテゴリを作ったほうがいいでしょうか。(笑)

 一年ほど前に、「きせかえツール」が欲しかっただけ(1)「きせかえツール」が欲しかっただけ(2)「きせかえツール」が欲しかっただけ(3)という記事を書いた。今回の記事は、その続編である。

 相変わらず私は「きせかえツール」の魅力に取り付かれ、せっせとポイントを貯めては新しい「きせかえツール」を取得している。とは言え、個人情報が漏れ易いことから、最近はポイントを貯めるのも、新たなサイトに登録するのではなく、地道に広告をクリックすることでポイントを稼いで来た。しかし、中にはどうしても早く取得したいかわいらしい「きせかえツール」もあり、そういうときは、広告のクリックだけでポイントが貯まるのを待ち切れず、安全そうなサイトを厳選して新規登録することで、一度にたくさんのポイントを稼いでいた。

 ところがあるとき、こんなメールが私の携帯電話に届いた。

※重要※
----------------------
現在お客様ID:XXXXXXXXX ゲスト様はキャッシュバックメンバーサービス(以下CBMS)加入料金\8,000円が未清算となっております。
----------------------
現在の状態のままにされますと有料会員変更手続き手数料393,000円が加算され総額\401,000円を正式にご請求させて頂く場合があります。
----------------------
※有料会員へご希望されない場合
下記URLより即時スピード退会をご利用ください。

もちろん退会手続きは完全無料です。
《いますぐ退会する》
http://XXXXXXXXXXXXX

↑ご変更されない場合はCBMS加入料金\8,000円を正式に請求させていただきます。
上記URLより即時退会を希望されない場合は8千円を本日中にお支払いください。

退会はお客様ご自身でしていただく義務がございます。
また翌日以降手数料金が発生いたしますと40万1千円の清算完了まで退会、配信停止を含む一切の変更が行えませんのでご了承下さい。
----------------------
最終期限:【本日23:59】をもちまして無料会員変更手続きを終了いたします。
以降は上記のとおり加入料金、手数料を含め【\401,000円】をご請求いたします。

▼即時退会▼
http://XXXXXXXXXXXXX

※退会に関して手数料等、不当なご請求は一切いたしません。尚、既に後払いサービスにてポイント購入されている会員様は利用料金のご清算後に退会処理を行います。
----------------------
不明な点、または手違いなどございましたら至急ご連絡ください。

※以下URLは利用規約をご覧の上、了承いただいた方のみご利用いただけます。
また一度でも以下URLのサービスをご利用になられた場合、規約を読む読まないに関わらず全て承諾されたものとして受理いたしますのでご賢察の上ご利用ください。
~~~~~~~~~~
!即日退会!
http://XXXXXXXXXXXXX

********************

⇒メインメニュー
http://XXXXXXXXXXXXX

⇒インフォ
XXXXXXXX@XXXXXXXX.jp

⇒身に覚えがない
※完全削除依頼※
http://XXXXXXXXXXXXX

⇒配信停止
http://XXXXXXXXXXXXX

XXXXXX運営事務局

 何だか良くわからないが、またしても勝手に出会い系サイトに私のメールアドレスで登録が行われ、しかも、利用料金が未納との催促メールのようだ。もちろん、私は出会い系サイトなどに登録した覚えはまったくないので、指定されたURLにアクセスして退会の申請をしたところ、結局、退会するのに何十万円ものお金が掛かるとのメッセージが携帯電話の画面に表示された。そのお金を指定された期間内に支払わなければ、私の個人情報が他の出会い系サイトに譲渡されるらしい。しかし私は、自分にまったく身に覚えのない登録に対し、お金を支払う義務はないと思っていたので、その警告を無視して放置した。

 すると、それからしばらく経って、他の出会い系サイトから、メールがひっきりなしに届くようになってしまった。警告通り、私がお金を支払わなかったので、私の携帯電話の個人情報が他の出会い系サイトに譲渡されたらしい。いくつもの出会い系サイトに勝手に登録されてしまった私は、その登録完了メールが届く度に携帯電話の迷惑メール対策サービスを利用して、出会い系サイトからのメールの受信をブロックしているという状態である。

 更に、こんなメールも届いた。

ニックネーム様
---------------
ご利用有り難うございます。
【ニックネーム】様は以前ご利用されたWEBサイトでの放置により違約金50万円が発生しておりました。
しかし、本日、男性会員【司】様が代わりに【ニックネーム】様の違約金50万円をお支払いされましたのでこの問題は解決致しました。
【ニックネーム】様は最低限のマナーとして【司】様へお礼をお願い致します。
▼こちらから【司】様へ直接メッセージを連絡できます↓
http://XXXXXXXXXXXXX
▽配信停止の場合はコチラ↓
http://XXXXXXXXXXXXX
※【ニックネーム】様は現在【300ポイント】をお持ちですのでお礼のメールをされましても費用が発生したりする事はありません。
あくまで最低限のマナーとしてお願い致します。

---------------

▽ポイント購入方法はコチラ
http://XXXXXXXXXXXXX

 これは、なかなか手の込んだアプローチである。出会い系サイトは、何が何でもサイトにアクセスさせて、利用料金を稼ぎたいのだろう。配信停止のリンクが記載されていたが、結局、こんなメールが届いても、退会手続きは取ってもらえないことがわかったので、このメールも無視している。

 現在、私が使っている携帯電話のメールアドレスを変えてしまえば、このような煩わしいメールからは解放されるのだろうが、単なる思い付きではなく、こだわりを持って取得したメールアドレスなので、どうしても変えたくはない。だから、まるで狐と狸の化かし合いみたいに、新たな出会い系サイトからメールが届く度にブロックしているわけだ。

 実は、携帯電話に届くメールを、登録されたアドレス以外からは受信しないように指定受信する方法もあるのだが、私の場合、携帯電話を使ってショッピングをすることもあり、その機能は利用できない。それにしても、パソコンのメールアドレスにも毎日二百通ほど(いや、それ以上かもしれない)のスパムメールが届いているが、携帯電話もパソコンも、とうとうゴミだらけの時代になってしまったようだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今の時代、誰しも顧客を獲得することに躍起になっているのでしょうかね。インターネットや携帯電話の活動範囲を広げれば広げるほど、受信するスパムメールの数は増えて行きます。スパムメールを受信しないための鉄則は、活動範囲を広げないことですね。(苦笑)皆さんもどうか、くれぐれもお気をつけください。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (1)

2007.11.02

免許証作成します

 私がメインで使用しているメールアドレスは、一九九四年からずっと使用し続けているものである。メールアドレスは、長く使えば使うほど、スパムメールが増えて来る。現在、私のメインアドレスには、一日およそ二百通程度のスパムメールが届いているが、そのほとんどは、プロバイダの提供する強力で優秀なスパムフィルタによってWebメールの迷惑メール専用フォルダに振り分けられ、私がメーラーを使ってメールを受信するときには、受信フォルダには入って来ない設定になっている。つまり、例え一日におよそ二百通程度のスパムメールが私のメインアドレスに届いていたとしても、わざわざWebメールにログインして、迷惑メール専用フォルダを参照しない限り、スパムメールには出会えないということである。今回は、そうした強力で優秀なスパムフィルタを掻い潜って、私の手元に届いたスパムメールを皆さんにご紹介しよう。

------------------------------------------------------------------------------------

Subject:免許証作成します

------------------------------------------------------------------------------------

■免許証作成■《年中無休》★完璧な仕上がりでスピード納品★

★最新版2007年6月より中型自動車免許の表記に対応★
★最新版2007年1月よりICタイプはIC無しで今までと同価格★
★業界最速納品※1日で完成、翌日お渡し★リピーター多数★
透かし有り、ブラックライト対応、チェックデジット対応。
お客様の希望の住所、氏名、生年月日で作成できます。
顔写真は画像をメールで送信してください。翌日完成します。
都内手渡し現金取引です。地方の場合は郵送納品可能です。
ご注文お待ちしています。

本名で生きていけなくなった方、何か黒い物から追われている方、
住所や年齢を変更して夜の仕事をしたい方など、相談多数。
ただし未成年者はお断りします。
■関連商品■印鑑証明、住民票、保険証、プリペイドケイタイ、
IC付パスポート(本物)←大特価大幅値下げ、卒業証明書、
給料明細、印鑑複製(印影から印鑑本体製作可能)、etc...
探し物ご相談ください。

▼△▼注文専用連絡先▼△▼
ほにゃらら@yahoo.co.jp

証明屋

----------------------------------------------------------
【メール送信代理】送信屋
★広告メール配信します★あなたのホームページを宣伝しませんか?
どのような内容でも『匿名』で配信可能。1通1円で3万通(3万円)
以上から受付。5万通配信で5万円、10万通配信で10万円。
1日最大100万通まで配信可能。配信先はPCアドレスのみ。
携帯アドレスには配信できません。常時1000万通のアドレス保持。
■注文連絡先■【送信屋】 ほにゃらら@yahoo.co.jp

------------------------------------------------------------------------------------

 何だかもう、見るからに怪しいメールである。私は免許証を持っていないので良くわからないのだが、ガンモの話では、「透かし有り、ブラックライト対応、チェックデジット対応」というのは、それなりの技術が必要らしい。そうした技術が横流しされ、このような商売が成り立っているのだろうか。仮にそうだとしても、こうした特殊な技術を持っているというだけで、人物が特定されることはないのだろうか。都内ならば、手渡しも可能ということなので、警察の誰かがおとり捜査で申し込んで、手渡しを希望すれば、すぐに御用となってしまうのではないだろうか。

 しかし、このメールの発信者は、免許証の他にも、パスポートなど、様々な証明書を偽造しているようである。最初からいくつもの技術が同時に完成して行くわけではないので、少なくともこのメールの発信者は、警察に御用になることもなく、ある程度、場数を踏んで来たと想像する。

 私はこのメールを読んで、少し前にDVDで鑑賞した映画『堕天使のパスポート』を思い出した。ロンドンに不法に移住した外国人たちが、偽のパスポートを手に入れるために、闇取引を行うというものだ。ロンドンの闇を描いた作品として話題になった映画である。

 私たちは、アイデンティティを証明するのに、何らかの証明書に頼ろうとする。つまり、個人と何らかの証明書を関連付けることによって、個人を特定しようとしている。もともと、同じ人間は二人といないはずなのに、個人の見せ掛けの特徴だけでは個人を特定することができないものだから、何らかの証明書に頼ってしまうのだろう。しかし実際は、このメールのように、個人を識別するための証明書が偽造される世の中になってしまった。

 それにしても、私たちは本当に、何らかの証明書に頼らなければ個人を特定することができないのだろうか。もともとそうした証明書でさえ、自己申告により作成されているものである。私の感覚からすれば、私たちがもともと生まれ持ったユニークなものと、後付の証明書が関連付けられるのは、実に不思議な気がするものである。

 私たちはしばしば夢の中で、現実とは異なる顔つきをした知人・友人が出て来たとしても、的確に識別していることに気付いているだろうか。一方、夢の中にまったく知らない人が登場すると、知らない人(まだ現世では出会っていない人)として、夢の中でちゃんと認識している。すなわち、これらの現象は、もともと私たちには、顔ではない何かで識別できる能力が備わっていることを証明していると思う。それは、魂を識別する能力かもしれない。しかし、今は、そのその識別能力が的確に使われていないために、何らかの証明書に頼ることになってしまっているようにも思える。

 もしも知人や友人に対する識別能力を多くの人たちで共有できるならば、更に、共有されるアイデンティティには偽りがないという約束のもとで共有が行われるのであれば、アイデンティティを証明するのに、何らかの証明書に頼る必要はなくなるだろう。

 信頼に値するのは、証明書ではなく、私たちがもともと持っている力だと私は考える。もともと持っている力を使わないから、このような偽物の証明書が出回ることになってしまっていると言えるのではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m おそらく、このような偽物が広く出回ってしまえば、世の中は混乱するでしょうね。そうした事態を想定し、私たちは一体、何を信頼すべきなのかという観点でこの記事を書いてみました。人間がもともと持っている力に、人工的なものは叶わないと、私は考えます。デジタルなものは次々に繋ぐことが実現されている現代ですが、人間がもともと持っているアナログの力も繋ぎ合わせられる世の中になればいいですね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

2007.09.06

イーバンク銀行からのお知らせ[ご本人確認のお願い]

 「イーバンク銀行からのお知らせ[ご本人確認のお願い]」というタイトルの怪しいメールがYahoo! JAPAN ID@yahoo.co.jp宛に届いた。Yahoo! JAPAN IDのメールアドレスに届くメールは、すべてメインアドレスに転送しているので、私はこのメールをいつも使っているメールソフトで受信することになった。

 このメールに書かれている内容は、どうやら悪質なフィッシング詐欺のようなので、「ガンまる日記」を読んでくださっている皆さんに注意を促すためにも、一部のURLを伏せた状態で、以下にメールの全文を掲載させていただくことにしよう。

----------------------------------------------------------------------------

イーバンク銀行をご利用いただきありがとうございます。

近日、イーバンク口座による被害が確認されております。
被害防止の為、ご利用頂いておりますユーザーIDにてログイン確認(口座状況確認)
をお願いします。

2006年7月10日以降に初めてログインを行なわれる方は、「初期ユーザID※」とログイン
パスワードを入力し、画面の説明にしたがって「ユーザID」、「ログインパスワード」、
「暗証番号」の設定を行なってください。

一週間以内に確認頂けなかった場合、お客様のご利用口座を一時的にご利用停止と
させて頂きます。

安全の為下記セキュリティサイトからログイン確認をお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
URL http://xxx.xxx.com/index.html
↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ユーザIDを失念した場合は、イーバンク銀行ホームページ右上の「ログイン」ボ
タンからログイン画面を開いてください。「ユーザIDを忘れた場合はこちら」リンク
からユーザIDの初期化が行なえます。

**********************************************************************
イーバンクのサービス内容に関するご質問は、イーバンク銀行ホームページ
より、E-Mailでお問い合わせください。

イーバンク銀行
http://www.ebank.co.jp
**********************************************************************


--------

----------------------------------------------------------------------------

 イーバンク銀行からのメールなのに、送信元アドレスは、何故かxxxx@goo.jpとなっている。イーバンク銀行の人が、gooのメールアドレスを使って送信して来たのだろうか? 仮にそうだとしても、gooのフリーメールアドレスならば、xxxx@goo.jpではなく、xxxx@mail.goo.ne.jpではないだろうか。そんなことを思いながら、メールのヘッダ情報を確認してみると、確かに途中でmail.goo.ne.jpアドレスを介しているにもかかわらず、

X-Mailer: Microsoft Outlook Express 6.00.2800.1506

のヘッダ情報があった。つまり、このメールはWebメールであるmail.goo.ne.jpのアドレスを経由しながらも、Outlook Expressを使って送信されているということである。ますますわけがわからない。メールヘッダも偽装することができるらしいので、確実とは言えないが、mail.goo.ne.jpの送信サーバを踏み台にして送信されただけかもしれない。

 それはさておき、見るからに怪しい内容ではないか。そもそも私は、イーバンク銀行を開設してはいないし、仮に開設するとしても、Yahoo! JAPAN ID@yahoo.co.jpのアドレスを連絡用アドレスに使用したりはしない。その時点で既に十分怪しいわけである。おそらく、オークションの入札情報やYahoo! ブログなどの情報からYahoo! JAPAN ID@yahoo.co.jpアドレスを生成し、無差別に送付しているのではないだろうか。

 イーバンク銀行のような企業が顧客に向けてメールを発信するときは、これこれこのような文面のメールを顧客に向けて発信するが、文面におかしな表現は含まれていないかと、社内でレビューを重ねるものである。しかし、送信されたメールを拝見する限り、レビューを重ねて洗練された文章とはとても思えないところがある。

 まず、このメールの送り手がイーバンク銀行ならば、顧客に向けて発信されるメールは、敬語の使い方が徹底されていなければならないだろう。しかし、このメールの文面は、敬語の使い方が中途半端だ。例えば、

ご利用頂いておりますユーザーIDにてログイン確認(口座状況確認)をお願いします。

とある。顧客に送付するなら、「お願いします」ではなく、「お願い申し上げます」とするだろう。また、

一週間以内に確認頂けなかった場合、

とあるが、後続の文章に、

お客様のご利用口座を一時的にご利用停止とさせて頂きます。

とあり、「ご利用口座」、「ご利用停止」と、「ご」という丁寧語が使われているので、「確認」の前にも「ご」を付けて、

一週間以内にご確認頂けなかった場合、

とすべきだろう。

 更に細かいことを言えば、「頂く」という表現は、自分がへりくだるために、自分自身の行為に対して使う謙譲語であるため、相手の行為に対しては付けないことが大原則となっている。となると、

一週間以内にご確認くださらなかった場合、

と表現するのが望ましい。その原則に従えば、

イーバンク銀行をご利用いただきありがとうございます。

ではなく、

イーバンク銀行をご利用くださいまして、まことにありがとうございます。

と表現すべきだと思う。ただ、この「いただく」に関しては、「本日は、○○線にご乗車いただきまして、まことにありがとうございます」などと、世間でも相手の行為に対して広く一般的に使われてしまっているため、人々の感覚が既に麻痺してしまっている。「ご利用停止とさせて頂きます」の「頂く」については、自分の行為に付けているので使い方は正しい。

 他にも細かいことを言えば、もっといろいろ出て来る。

被害防止の為、

とあるが、「ため」という言葉は、漢字では表記しないことが望ましいと決められている日本語の一つである。多くの顧客に対して情報を発信する立場にあるイーバンク銀行が、そのことを知らないはずがない。

 また、全体的に、顧客のメリットを提示することよりも、メールの送信者側のメリットを強く意識した文章になっている。そのため、文章全体を通して、顧客に対してへりくだる気持ちが薄く感じられ、メール送信者の要望を強く押し付けて来るような印象を与えている。

 これらのことからも想像できるように、このメールは、イーバンク銀行へのIDとパスワードを盗むために、矢印で囲まれたURLへのアクセスを促す目的で送信されたものだ。だから、これと同様のメールが届いた場合、メールの中で指示されたURLには絶対にアクセスしてはいけない。何故なら、イーバンク銀行にアクセスするためのユーザIDとパスワードが、指定されたサーバからログオンすることで記録され、盗まれてしまうからだ。

 怪しいと思って調べてみると、イーバンク銀行の本家サイトに、こうした悪質なメールに注意を呼び掛けているページがあった。

フィッシング詐欺に関するご注意 イーバンク銀行|インターネットバンキング

 今回の場合は、テキストメールなので、誘導されているURLがイーバンク銀行のアドレスではないことがすぐにわかるのだが、もっと悪質なメールになると、こうした情報がHTMLメールで送られて来て、表示内容は正規のアドレスだが、実際にはHTMLタグ内に偽のアドレスが埋め込まれていることもあると言う。つまり、正規のURLをテキストで表記しておいて、そのテキストへのリンク先に偽のアドレスを埋め込み、そこをクリックしてアクセスした人の個人情報を盗むという仕掛けである。

 私は、もともとパソコン通信畑の人間なので、普段からHTMLメールを書いたり読んだりする習慣はない。HTMLメールが送られて来ても、発信元が不明のメールは読まない。例え友人や知人からのHTMLメールであっても、HTMLをプレビューさせず、テキストの部分だけを読んでいる。また、ごく稀に、お誕生日をお祝いするときなどに私からHTMLメールを送信することがあるが、そのようなときは、テキスト部分に「HTMLメールで送信してるよ」と一言注意書きを入れておく。そうすることによって、HTMLメールを受信する人の警戒が解ける。基本的には、HTMLメールは送信しない。また、受け取ってもプレビューしない。普段から、こうした注意は必要だと思う。

 今回のようなケースは、たまたま私がイーバンク銀行に口座を開設していなかったことや、Yahoo! JAPAN IDのメールをメインアドレスでは使用していなかったことなどから、メールの文面を冷静に判断することができた。しかし、ロンドン旅行のときに聞き取れなかった英語の意味を勝手に穴埋めしてしまったように、既に自分の中にイーバンク銀行に関連する何かがあった場合は、このメールの情報と勝手に結び付けて内容を埋め合わせ、URLにアクセスしてしまうかもしれない。そのようにならないためにも、ものごとを冷静に、多角的に判断することが望ましいと改めて実感したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m メールソフトのHTMLプレビュー機能を生かしている方は、画像の表示をOFFに設定しておくのがよろしいかと思います。スパムメールの送信者は、HTMLメールからリンクされている画像が実際に参照されたかどうか、サーバ側のアクセスログを見てチェックしているそうです。メールソフトのHTMLメールのプレビュー機能が生かされている場合、HTMLメール内に埋め込まれた画像が表示されると、そのメールアドレスは有効なアドレスだと判断され、次々にスパムメールが届いてしまうようです。

ところで、皆さんのお住まいの地域では、台風の影響は大丈夫でしたか? 普段から、ニュースに疎い生活をしているもので、台風が大変だったことに気が付くのが遅れてしまい、申し訳ありません。新幹線などの運休により、東京では、地方からやって来た人たちがホテルを求めて右往左往されていたようですね。皆さんの無事をお祈りしています。さて、ここのところ、更新が遅れてしまい、申し訳ありません。毎晩、二十三時過ぎから「ガンまる日記」を書き始めて、一時半過ぎまで書いていたため、寝不足が続いていたようです。週末に、この寝不足を何とかしなければなりません。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

2006.05.09

続・手の込んだスパムメール

 先日、手の込んだスパムメールでご紹介したスパムメールがまたまた届いた。これからまだ続編があるかもしれないが、とりあえず、前回の続編となる二通だけをご紹介させていただくことにしよう。

私の家にはパソコンが無いので、漫画喫茶からメールしているんです。
仕事の都合もあって、不定期なお返事でごめんなさい。
本当はじっくりと色んなお話しがしたのですが。
なので、私の事をまとめて詳しく書きます。

年齢は、33歳。
派遣の仕事をしています。
8年前まではモデル、コンパニオン、少しだけタレント活動もしていました。
25歳の時に、交通事故で足を怪我してしまい、後遺症が出てしまって…。
デスクワーク以外できなくなってしまいました。
そこまで支障をきたす程では無いので、日常生活は問題ありませんが
走ったり等、激しい運動はできないんです。

独り身で唯一困るとしたら、お風呂やトイレです。
人に支えてもらえたら簡単なんですが、独りなので家の各所に手摺りを設置してなんとかしてます。

暗い話でごめんなさいね。
話しは変わりますけど、写真を送りたかったのですが、漫画喫茶から送れなかったので
まぁ、想像してください(笑)

よく言われるのは伊藤美咲です。
でも、雰囲気だけで似ている訳ではありませんよ。
デスクワークだと下半身が太ってしまうと聞いて、トレーニングは欠かしていないので
当時のプロポーションは保っています。
身長は162cm、B89、W55、H88です。
8年前と変わっていないのが自慢です。

誘惑している訳ではありませんよ。
受け取り方はおまかせしますが…。

また時間が出来たらメールしますね。

 漫画喫茶という表現も、少々古い。おそらく、今で言うところのインターネットカフェのことだろう。漫画喫茶から送信されているはずのメールなのに、相変わらず、

X-Mail-Agent: BSMTP DLL Feb 11 2003 by Tatsuo Baba

ヘッダが付加されている。インターネットカフェから送信できるのは、せいぜいWebメールなのではないだろうか。しかし、メールヘッダを穴の空くほど眺めてみても、Webメールから送信されている形跡はない。

 交通事故で足を怪我してしまい、お風呂やトイレに手助けが必要であることを匂わせている。何とかしてあげたいと思う男心をくすぐっているつもりなのだろうか。

 翌日になると、またまたメールが届いていた。実にまめな人である。彼女は毎日のように、漫画喫茶に通っているのだろうか。しかも、送信されているのは平日の昼間である。派遣の仕事はどうなっているのだろう。しかし、続きがあるスパムメールもなかなか楽しいので、まあよしとするか。

唐突にごめんなさい。
何となく気になって…。
昔は沢山友達がいたんですけど、今は女友達が数人です。
今思えば、よくあれだけ遊ぶ元気があったなと…(笑)
怪我をしてからはそれを気にして消極的になってしまい、友達も急に減りました。
今の私に足りないのは活発さですね。

それで、早いかもしれないんですけど…会えませんか?
今の消極的な私から変わりたいんですよ。
まぁ…理由の半分以上は漫画喫茶に通うのが大変だと言うのもあるんですけどね(笑)

私の一方的な思いだと嫌なので、ずばり聞きます!!

私の事を興味持ってくれてますか?
私の事を異性として意識してますか?
私に会いたいと少しでも思えますか?

私は、素直に、会いたいです。
好きとか、愛とかそういうのではまだ無いのですが
私がメールをしているあなたに興味があります。

ただ、どんな相手か顔も分からないのに判断しずらいと思うので
写真をなんとか見せれるように頑張ってみますね!
パャRンはどうも苦手で…(笑)

 いやあ、恐れ入った。とうとう彼女(?)が本性を現したようだ。単に自分からメールを発信しているというだけで、こちらが返事を書いてもいないのに、恋心にも似た感情を抱き始めている。彼女(?)の頭の中は、一体どのような構造になっているのだろう。

 最後の「パャRンはどうも苦手で…(笑)」が、またまた文字化けしている。おそらく、「パソコンはどうも苦手で…(笑)」と書きたかったのだろう。このような文字化けの仕方は、メールの送信にPerlを介していると思われる。私の運営しているサイトでは、「ソウルメイト」という言葉をCGIスクリプトの中に盛り込むことが多いのだが、「ソウルメイト」という言葉をそのままCGIスクリプトの中に盛り込もうとすると、このメールのように文字化けしてしまうのだ。これは、CGIスクリプトの中では、文字コードの関係で、カタカナの「ソ」が文字化けしてしまうためである。文字化けの起こる文字は決まっているので、文字化けしないような細工をしなければならないのだ。このことからも、このメールが、通常のメールソフトから送信されたメールではないことは明らかだ。

 ネットを検索してみると、このシリーズのメールを受け取られた方がわんさといる。やはり、スパムメールに間違いないようである。

Google検索:洋子 8年 雄二

 これらの中でも最も興味深かったのが、以下のサイトだ。男性にとっても、この手のスパムメールは、ありがたいものではないらしい。

連続小説スパム「洋子さん」シリーズ

※愛ちゃん、急に予定を変更してごめんね。また日を改めて書かせてもらうね。

※いつも応援クリックしてくださっている皆さん、どうもありがとうございます。連載もののスパムメールが面白くて、ついついご紹介させていただきました。スパムメールをブログで紹介している人がたくさんいらっしゃることにも驚きました。

|

より以前の記事一覧