ホットヨガ

2018.04.19

ホットヨガ(六二八回目)

会話が面白くなる瞬間の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 鹿児島で噴火があったというニュースが飛び込んで来ました。噴火した場所の近くにお住まいの方もいらっしゃるかもしれませんが、どうか気を付けてくださいね。大きな地震に噴火と、日本はなかなか厳しい状況にありますね。それでも私たちは、自然の美しさや自然から与えてもらったものを忘れることはできないでしょう。それでは、ホットヨガ(六二七回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けたのは、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンである。以前は、リラックスコースのレッスンのあとにライトコースのレッスンというレッスンスケジュールだったのだが、最近はライトコースのレッスンが肩凝り解消ヨガのレッスンに変わっている。そのため、私にとって、二本目のレッスンとして受けるのは少々きつい。しかし、週末にまとめてレッスンを受けている私としては、この時間帯の組み合わせでレッスンを受けるのが最も都合がいいのだ。

 さて、今回のレッスンの参加者は九名で、レッスンを担当してくださったのは、発声方法のきれいなインストラクターだった。

 この日の私は、更年期障害の症状が少しあったので、途中でレッスンについて行けなくなり、ヨガマットの上でしばらく休むことになった。一日にレッスンを連続で二本も受けるのは、そろそろ体力的にきつくなって来ている。しかし不思議なことに、以前ほど暑さは感じなくなっていた。おそらく漢方医が処方してくださっている漢方薬が良く効いていることに加え、スタジオ内の温度が高くならないようにインストラクターが気遣ってくださったのと、GABAのおかげで自律神経が整って来ているからではないかと思っている。

 とは言え、私にとっては、肩凝りは解消したいものの、取れないポーズの多いレッスンであることには変わりがない。逆にこのレッスンで取るポーズが本当に肩凝りを解消してくれるのであれば、いつま経っても私の肩凝りがひどいままであるということは、肩凝りが解消されるようなポーズをちゃんと取れていないということでもあるわけだ。

 何とか最後までレッスンを受けて、シャワーを浴びた。受付で、久し振りにお目に掛かった懐かしいお二人と話をした。リラックスコースのレッスンを担当してくださったインストラクターには、イグアナのポーズのときに胸がつぶれそうになって痛かったので、以前、相談させていただいたことがあった。今回のレッスンのとき、私もそのことを思い出していたのだが、インストラクターもそのことを思い出してくださっていたようだった。

 翌日もレッスンにお誘いくださったのだが、その日はガンモと一緒に過ごす日と決めていたので、レッスンには参加できないとお伝えした。とにかく、久し振りにお二人にお会いできてうれしい一日だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 肩凝りを解消したいのに、肩凝り解消ヨガのコースは私の宿敵なのです。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.04.08

ホットヨガ(六二七回目)

海外ドラマ『THE BRIDGE/ブリッジ シーズン3』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m この週末は、またまた急に冷え込みましたね。昨日はホットヨガのレッスンを受けたのですが、その帰り道、手袋が必要だと思うくらいに寒かったです。毎年、春先はこんな状態ではありますが、気まぐれな気温の変化に注意しながら、寒くなりそうな日は薄着で出掛けたりしないように注意したいものですね。


 二月三日土曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。

 レッスンに参加するために自宅の最寄駅からJR線に乗り込んだところ、電車が発車した途端、これまで聞いたことのないようなアラーム音が聞こえて来た。ひょっとして、ホームにいた誰かを電車がはねてしまったのだろうかと心配になっていたところ、
「車内で緊急停止ボタンが押されたため、確認しています」
というアナウンスが流れた。

 一体何事だろうと思いながら、様子を見守っていると、車掌さんと乗客の会話がスピーカーから流れて来た。まさかと思ったが、私が乗っていた車両で急病人が発生したらしい。そのため、近くにいた人が電車の緊急停止ボタンを押したようだ。

 車掌さんは、その方に、
「お連れの方でしょうか?」
と確認されていたが、緊急停止ボタンを押した人は、連れの方ではなかったようだ。車掌さんは、
「次の駅で救護を依頼しますので、恐れ入りますが、お付き添いをお願い致します」
と言った。

 乗客としては、車掌さんにすぐにでも駆けつけて欲しかったようだが、車掌さんは次の駅への連絡に忙しかったようだ。そのため、緊急ボタンを押したと思われる乗客が車掌さんのところまで行き、状況を説明されていた。車掌さんは、ひとまず次の駅まで電車を走らせたかったようだった。

 電車が発車して、次の駅に着くと、車掌さんが私たちのいる車両まで来られた。間もなく、次の駅の女性駅員さんが駆けつけて、車掌さんと二人で急病人の方を運び出した。急病人の方は自分では歩けない様子だったが、酔って寝ているようにも見えた。

 電車から下ろされた急病人は、三十代くらいの男性だった。最初はホームに座らされ、その後、女性駅員さんが運んで来た車イスに乗って下まで降ろされるはずだったが、どういうわけか急病人はそれを拒んだようで、自分の足で歩き始めたようだ。しかし、足元がふらついていたのか、ホームに転落しそうになり、乗客が息をのむシーンがあった。結局、何だったのかはわからないが、その方の救護が行われたために電車は予定よりも七分遅れ、私もホットヨガのレッスンに遅刻してしまった。

 S店のスタジオに着くと、懐かしい方が二人もいらっしゃった。一人は大阪のU店の現在の店長さんで、もう一人は、大阪のM店の店長さんだった。お二人とも、お目に掛かるのは二年振りくらいではないだろうか。お二人とも口を揃えて、私に、
「痩せましたね」
と言ってくださった。最も太っていた時期からすると、現在の私の体重はマイナス六キロくらいだと思う。これもカウンセリングの成果である。

 リラックスコースのレッスンの参加者は九名で、レッスンを担当してくださったのは、大阪のU店の店長さんだった。私がまちのオフィスに通っていた頃、大阪のU店やM店のスタジオでレッスンを担当してくださっていたので、今回、レッスンを受けながら、その頃の雰囲気が甦って来て、とても懐かしかった。

 レッスンはとても良かった。私はレッスン中に、今度は太ももがサイズダウンしていると感じた。身体の余分な水分が排出されているのかもしれない。

 二年振りくらいにお目に掛かったお二人に痩せたと言ってもらえたので、体重計に乗ってみようと、いつもの場所に足を運んだのだが、何と、体重計がなくなっていた。以前から、電池のキャップが外れてしまっていて、ときどき電源が入らないこともあったのだが、ついに壊れてしまったのだろうか。とても残念である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この日はとにかく懐かしかったですね。まちのオフィスからいなかのオフィスに戻ってからは、大阪のU店やM店のスタジオをほとんど利用していません。まちのオフィスに通っていた頃に利用していた英会話カフェにも久し振りに顔を出してみたいと思いますし、健康診断も控えていますので、そのときに利用したいと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.04.02

ホットヨガ(六二六回目)

摂津市にある新幹線公園でお花見の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日、仕事帰りに勤務先の最寄駅から地下鉄に乗ろうとしたところ、何と何と、ホットヨガのインストラクターに会いました。長年、ホットヨガのレッスンを受けていますが、プライベートで偶然お目に掛かったのは初めてです。途中の駅まで楽しくおしゃべりをしながら過ごしました。


 一月二十八日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。前日の土曜日は、ガンモの仕事が休みだったため、二人で大阪に出掛け、父の携帯電話をスマートフォンに機種変更した。

 実は前日の土曜日も、せっかく大阪まで出掛けるのだから、ガンモよりも先に家を出て、大阪のU店のスタジオでレッスンを受けようと思い、レッスンを予約していた。しかし、朝、起きてみると、更年期障害の症状が思いのほか重く、思うように身体を動かすことができなかったため、やむなくレッスンをキャンセルした。そのレッスンを受けていれば、一月の月五回のレッスンが達成できるはずだったのだが、そうはならなかった。

 しかも、その翌日となるこの日の朝もやはり身体が重かったため、予約していたレッスンを二本ともキャンセルしてしまおうかとも思った。そうなると、一月は二本しかレッスンを受けられないことになってしまう。平日はレッスンを受けられないからだ。

 レッスンをキャンセルしてもしなくても、結果は同じだということがわかったので(すなわち、もう月末に近く、残りは平日だけしかないので、もはやリカバリはできないと判断した)、早い時間のレッスンだけをキャンセルして、二本目の別のレッスンを予約して、あと一眠りした。

 そして、次に目覚めたとき、何とか動けそうな状況だったので、老体に鞭を打って、支度を整えてから家を出た。ところが、やはりレッスン中に身体が思うように動かず、ヨガマットの上で休憩することが多くなってしまった。更年期障害がこんなにもひどい状況になるとは思いもしなかった。もはや暑いことが苦痛ではなく、身体が思うように動かないのだった。(思えば、この頃はまだGABAのサプリメントを飲んでいなかったからだと思う。これのおかげで救われた)

 月末だったので、レッスンの参加者は十九名と多かった。私は休憩しながらも、最後まで何とか残っていたが、他の参加者たちの中には、途中で退出された方もいらっしゃった。その方たちも、体調が良くなかったのかもしれない。

 何はともあれ、こうして何とか一本こなした。あと残り一本を無事にこなせるかどうか、あまり自信がないのだが、無理のない程度に頑張ってみようと思う。

 ところで、レッスン前に体重計に乗ってみたところ、お昼御飯を食べたばかりだったというのに痩せていた。「あれ? どこが痩せたのだろう?」と思っていたのだが、レッスン中にスタジオの鏡に写った自分の姿を見て、がっしりとした肩が少し小さくなっているのを感じた。なるほど、年末に東京のカリスマインストラクターのカウンセリングを受けたときに教わった、肩を動かす方法を実践していたからか、肩の回りにあった贅肉が落ちたようだった。素晴らしいことである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今はGABAのサプリメントを飲んでいるので大丈夫ですが、この頃は本当に更年期障害が辛かったようです。あの倦怠感から解放されていることを思うと、GABAのサプリメントの効果は本当に素晴らしいと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.03.26

ホットヨガ(六二五回目)

春のお彼岸明けの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ゆうべ、再び高速バスに乗って帰って来ました。久し振りにガンモと再会し、お互いに寂しい想いをしていたことを伝え合いました。ガンモが自宅にいないときに思ったのは、「ガンモは不在でも、生きている限り、いずれ帰って来る。しかし、父が感じている母の不在はもっと深い悲しみを伴うものだ」ということでした。それを考えると、父の寂しさが計り知れないものだとわかりました。だからと言って、こうした寂しさを感じないようにするために、誰も愛さないというのはどこか違うような気がします。それでは、ホットヨガ(六二四回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けた二本目のレッスンは、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンだった。レッスンを担当してくださったのはいつもお話をさせていただくインストラクターで、レッスンの参加者は十一名だった。広いほうのスタジオだったので、広々とレッスンを受けることができた。

 レッスン中の温度や湿度が適切にコントロールされていたからか、二本目のレッスンだったというのにそれほど暑くなることもなく、外的要因としては快適にレッスンを受けることができた。とは言え、久し振りのレッスンだったからか、肉体的には疲労感が激しかった。

 レッスン中、一度だけスタジオの外に出て休んだ。私が休んでいると、レッスンを担当してくださっているインストラクターが水素水サーバの近くに来られたのでごあいさつさせていただいた。インストラクターがここにいらっしゃるということは、今は一体どのポーズなのだろうと思い、尋ねてみると、正座で座った状態から、片側の頭をヨガマットに着けて、両手を前後に開いて行くポーズだった。お腹に贅肉のある私はこのポーズが苦手だったので、
「そのポーズ苦手なんです」
とインストラクターに言った。するとインストラクターは、
「両足を開いていただいてかまいませんよ」
と言ってくださった。その後、スタジオに戻り、インストラクターの言葉通りにポーズを取ってみると、有り難いことに苦手なポーズを取ることができた。

 暑さのせいではないと思うのだが、同じレッスンを受けていた方の中で、ヨガマットに横になって休んでいらっしゃる方もいた。みんなそれぞれ、ご自身の体調に合わせてレッスンを受けていらっしゃるのだと思った。

 シャワーを浴びて受付に行くと、私の会員証入れだけが何故かピンク色だった。
「あれ? 私、何か払っていないものありますかね?」
と尋ねてみたところ、どうやらVIP会員費を払っていなかったようだった。VIP会員費を払うと、他の人たちと同じ緑色のケースに入れてくださった。

 受付ではちょうど、他の会員さんがプライベートレッスンの説明を受けていたので、私もその会話に参加して、プライベートレッスンを受けてみたところ、ものすごく良かったとお勧めしておいた。ただし、一回分のレッスン料金は、計算するのをやめたくなくなるほど高いのだが・・・・・・。

 暖房が効いていてとても暑かったので、いつものように服を一枚だけ着て一階まで降りた。一緒にエレベータに乗っていた方が、
「今日は寒いですよ」
と声を掛けてくださった。確かにここのところ、ひどく寒いのだが、レッスン直後はいつも暑い。案の定、一階に降りてみるとすこぶる寒かったので、すぐにセーターやショール、ジャケットを着込んで防備した。

 そしてその後、父のために購入するらくらくスマートフォンを下見するため、docomoショップへと向かったのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m レッスンを終えて着替えをすると、暖房が効いているので暑いのですが、それでも皆さん、ちゃんとコートを着てから出て行かれます。自律神経がしっかり機能している方たちは、ちゃんと体温調節できるのでしょうね。うらやましい限りです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.03.17

ホットヨガ(六二四回目)

映画『15時17分、パリ行き』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 春物のコートに衣替えをした途端、またまた冬物のコートや首巻が必要になりました。毎年、春先はこんなふうに気温が上がったり下がったりで不安定ですね。それに加え、これまで花粉症ではなかった私も、何だか鼻がむずむずしてくしゃみをしたり、目が痒いと感じたりしています。これまで花粉症の辛さを理解していなかった私ですが、ようやく花粉症の仲間入りができたかもしれません(症状は軽く、まだまだひよっこですが)。とは言え、最近はすぐに気候が変わってしまうので、とにかく今の気候を楽しむということに専念したいと思っています。このままでは、お花見シーズンさえも、またたく間に過ぎ去ってしまいそうですから。何はともあれ、季節の変わり目です。どうか皆さん、ご自愛くださいね。


 一月十四日日曜日、今年最初のレッスンをホットヨガのS店のスタジオで受けた。今回受けたのも、まとめて二本のレッスンである。

 最初に受けたのは、六十分のリラックスコースのレッスンである。受付にいらっしゃったインストラクターが、
「一緒にレッスンを受けるの、初めてですよね?」
と声を描けてくださったのだが、過去に一度だけレッスンを担当してくださったことがあったので、
「いえ、一度だけ担当してくださったことがありますよ」
と答えた。何故、はっきりと覚えていたかというと、そのとき、スタジオ内がとても暑くなったレッスンだったからだ。しかも、今回のレッスンは満員だという。私は、またまたスタジオ内が暑くなってしまうのではないかと心配になっていた。

 着替えを済ませて体重計に乗ってみたところ、年末年始にカウンセリングで教わったポーズをサボり、しかもお昼ご飯をお腹いっぱい食べていたというのに、体重は変わっていなかった。私は、しめしめ、と思った。

 レッスンの参加者は十四名だった。狭いほうのスタジオだったので、左右のスペースには余裕がなかった。

 年末年始にカウンセリングで教わったポーズをサボっていたので、レッスン前にヨガマットの上でまとめてポーズを取っておいた。以前は、レッスン前にヨガマットの上でじっと寝ている人たちが多かったのだが、カウンセリングが浸透して来ているからか、最近はカウンセリングで教わったポーズを取っている人が多い。

 レッスンが始まると、予想通り、スタジオ内が暑くなった。他の方たちも暑かったようで、お水を飲むタイミングのときにスタジオの外に出て行く人が多かった。

 私も、二回ほどスタジオの外に出て涼んだ。二回とも、私と同じタイミングでスタジオの外に出られた方に、受付のスタッフが、
「あれ? 脂肪燃焼ではなくリラックスですよね?(リラックスコースのレッスンは緩いレッスンなので、レッスン中にスタジオの外に出て休む人は少ない)」
と声を掛けていらっしゃったので、
「(スタジオの中が)暑いんです」
と私が補足した。一緒に休んでいた方も同意してくださったので、やはり暑かったようだ。結局その方は、レッスンの途中で退出されてしまった。

 久し振りのレッスンだったからか、このあともう一本のレッスンが控えていることを思うと、ゆっくり休みたい気持ちでいっぱいだったが、そろそろ次のレッスンが始まるので、スタジオに向かうことにしよう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この日は予想通り、スタジオ内が暑くなるレッスンになってしまいました。スタジオ内の温度や湿度の保ち方は、インストラクターによって違いますね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.03.05

ホットヨガ(六二三回目)

海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 仕事帰りにお届けしています。週末はいいお天気に恵まれましたが、今日はあいにくの雨でしたね。あまりにも暖かかったので、薄着で家を出て来てしまったのですが、帰りはさすがに寒いです。皆さんも、この時期の気温の変化に注意して、体調を崩さないよう気を付けてくださいね。それでは、ホットヨガ(六二二回目)の続きをお届けしたいと思います。


 カリスマ性のあるトップインストラクターのレッスンを受けたあと、ほわーんとしながらロッカールームでくつろいでいると、京都のK店のインストラクターがトライアルレッスンの方を連れてロッカールームに入って来られた。ご案内が終わったようなので、
「K店の方ですよね?」
と話し掛けてみると、
「覚えてくださってました?」
と会話が始まった。そう、十月に東京から別のトップインストラクターが来られたときに、興業主のように働いていらっしゃった京都のK店の店長さんだった。このあとのレッスンを担当してくださるというので、
「お願いします」
と言った。

 続いて受けたレッスンは六十分のスタンダードコースのレッスンで、レッスンの参加者は九名だった。何と、先ほどのカリスマインストラクターの半分である。レッスンを担当してくださるインストラクターのことを思うと、何だか複雑な気持ちだった。

 一本目のレッスンのときも、二本目のレッスンのときも、レッスン中に一度もスタジオの外に出ることなくレッスンを続けることができた。ただ、漢方薬が効いて、暑さはそれほど感じなくなって来てはいるものの、途中で身体が思うように動かなくなってしまった。更年期のだるさが出てしまったのである。そのため、レッスンが終わる少し前には、ヨガマットの上に横になっていただけだった。

 レッスンを終えたあと、大阪のM店のトップインストラクターから三本目のレッスンをお誘いいただいていたのだが、とても参加は無理だと思った。

 そのあと二時間後にカウンセリングの予約を入れていたので、いったんスタジオを出て、どこかで時間を潰してまたS店のスタジオに戻って来るか、それともロッカールームで記事の下書きをしながら静かに待つかを決めなければならなかった。しかし、思うように頭が回らず、決断を下すことができなかった。もう、なるようになれと思いながら、ロッカールームに戻り、まずは扇風機の風に当たって、身体を冷やしながら記事の下書きをした。

 その後、シャワーを浴びて体重計に乗ってみたところ、カウンセリングを受け始めてから、これまでで一番痩せていた。もちろん、人生で一番痩せていたというわけではない。最近、カウンセリングで教わったポーズを取るのをサボっていたのに不思議である。

 シャワーを浴びると、カウンセリングの時間まであと一時間だったので、カウンセリングの時間まで、そのままロッカールームで待つことにした。しかし、ありがたいことに、カウンセリングの時間が繰り上がったと連絡を受けたのだ。私は踊る心で、カウンセリングが行われる受付前に足を運んだ。

 私のカウンセリングシートはS店のスタジオに保管されていたので、まずはそれらを確認してからのカウンセリングとなった。その中には、そのトップインストラクターのカウンセリングを東京のK楽坂店で受けたときのものも含まれていた。

 東京のトップインストラクターは、手が上がらないという私の悩みに応えてくださった。トップインストラクターの言う通りに両手を上げてみると、何と、私の両手がきちんと上に上がったではないか。これは驚くべきことだった。私のリアクションが面白かったらしく、トップインストラクターや受付のスタッフが笑っていた。

 トップインストラクター曰く、私は自分の肩の一部しか使っていないらしい。そのため、肩の老廃物が流れていないそうだ。

 私はいろいろ考えた。精神世界に目覚めた人がいるように、ヨガの世界にも目覚めた人がいるのだ。そういう人たちがトップインストラクターになっている。

 トップインストラクターのカウンセリングはとても贅沢な時間だった。カウンセリングを終えて、スタッフ全員に見守られながらS店をあとにした。私が持っているものが珍しかったらしく、S店のスタッフの間で、蛇の指輪やカメのピアス、カメのマスコットなどに話題が及んでいた。

 既にその日のレッスンはすべて終了していた。そのため、私が早めに帰宅すればスタッフも帰宅できるのかと思い、
「じゃあ、皆さんもお仕事を上がってください」
などと言うと、
「まだこれからお客さんが来るんですよ」
と言われた。なるほど、東京から来られたトップインストラクターなので、予約が取れずに遅い時間にカウンセリングの予約をしている人もいらっしゃるのだろうと思った。

 クリスマスの前だったからなのか、年賀状を書くのに忙しかったからなのかわからないが、いつもの土曜日よりもレッスンを受ける人たちの数が少ない気がした。そんな谷間の時期にじっくりカウンセリングを受けることができて良かったと思う。私はトップインストラクターに、
「またK楽坂店にも行きたいです」
と言った。そして、多くのスタッフに見送られる中、S店のスタジオをあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何だかとても贅沢な時間でした。このあと、トップインストラクターの言う通りに肩を動かしていたところ、肩の老廃物が少し流れたように思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.02.23

ホットヨガ(六二二回目)

イギリス人男性はソウルメイトへの憧れが強いのか?の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 関西地方は暖かく、つい先日までコートの下に着ていたパーカーをショールに変えて出勤しています。寒さが厳しかった分、春が待ち遠しいですね。


 十二月二十三日土曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。

 この日は、東京からトップインストラクターが来店されるというので、レッスンとカウンセリングを予約していた。東京から来られるトップインストラクターは、一昨年の夏に、東京のK坂店のスタジオでカウンセリングを担当してくださったカリスマ性のあるトップインストラクターである。

 着替えを済ませて水素水を補給していると、「こんにちは~」と声を掛けてくださったのがそのトップインストラクターだった。私は、「こんにちは~」と返したものの、「あっ、髪の毛が・・・・・・」と言いながら固まってしまった。一昨年、お目に掛かったときには髪の毛が長かったのに、ばっさりと短く切られていたからだ。いやはや、驚いた。

 最初に受けたのは、そのトップインストラクターが担当してくださる肩凝り解消ヨガのレッスンである。

 レッスンの参加者は十八名と多かった。カリスマインストラクターのレッスンを受けるのは、今回で二回目である。初回は二年前に東京のK坂店のスタジオで受けている。

 髪の毛の長さが違っていたので、まるで別人のように感じてしまったのだが、わかりやすく身体の仕組みを説明してくださり、とても素晴らしいレッスンだった。

 カリスマ性のあるトップインストラクターからは、ヨガへの熱い情熱を感じた。ゆっくりとポーズを取ることで、身体がほぐれて行くことを教えてくださった。このようにトップインストラクターは、ご自身が学んで来たことを他の人たちに的確に伝える役割を担っているのだと思った。ヨガではないにしても、私にも何かそれに相当するものがあるとしたら、それは何なのだろうと考えていた。それを見付けることが、生きて行く上での目的となるのかもしれない。

 トップインストラクターからは、自分の苦手なところ、硬いところにも目を向けて行くように言われた。硬いところが硬いままだと、状況がなかなか改善されないそうだ。「なるほど」と、大きくうなずきながら六十分のレッスンを終えたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 最近は、東京からいろいろなインストラクターが関西に来られています。反対に、関西のインストラクターも、関東地方のスタジオに足を運んでいらっしゃるようです。数年前までは考えられなかったことですね。私も負けずに、いろいろなスタジオに遠征しなければと思っています。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.02.14

ホットヨガ(六二一回目)

映画『バンデットQ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日はバレンタインデーですね。今朝、出勤前にガンモにチョコレートを渡してから家を出ました。そして、明日は英会話のレッスンの日なので、帰りにデパートに寄ってチョコレートを買いました。かわいらしいチョコレートがたくさんありました。男性たちには、チョコレートをもらう楽しみがあるのでしょうが、女性たちには、チョコレートを贈る楽しみがありますね。それでは、ホットヨガ(六二〇回目)の続きをお届けしたいと思います。


 二本目に受けたのは、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンだった。しかし、あれ? 確か、大阪のU店のトップインストラクターがレッスンを担当してくださると知って、いち早くレッスンを予約したはずなのだが、レッスンを担当してくださったのは、先ほどのレッスンを担当してくださったインストラクターだった。あれ、おかしいな、おかしいな。そう思いながら、レッスンを受けた。

 レッスンの参加者は十名だった。大阪のU店のトップインストラクターのレッスンだとあらかじめわかっていれば、おそらく満員になるはずなので、もしかすると変更になったのかもしれない。

 二本目のレッスンだったからか、すぐに暑くなった。暑さのためにスタジオを飛び出して涼んでいたところ、大阪のU店のトップインストラクターが受付にいらっしゃったので少しお話させていただいた。「今日のこのレッスン、ご担当じゃなかったでしたっけ?」と尋ねてみたところ、ご本人も認識されていないようだった。しかし、資料を調べてくださり、やはり大阪のU店のトップインストラクターがレッスンを担当するとメールで案内した痕跡があるとのことだった。

 大阪のU店のトップインストラクターは私に、
「痩せました?」
と言ってくださった。そう言われて、レッスンを終えたあとに体重計に乗ってみると、確かに痩せていた。

 その後、おそらく冗談だと思うのだが、突拍子もないお誘いを受けた。その時間が、みんなが寝静まっているような時間帯だったので、やはりお忙しいのだなと思った。

 シャワーを浴びて帰り支度を整えていたところ、あろうことか、ロッカーに入れていた水素水の入ったボトルを床に落としてキャップが割れてしまい、ロッカールームが水びたしになってしまった。私は慌てて足拭きマットを取りに行き、濡れたところを急いで拭いた。近くにいた会員さんが気にかけてくださり、有りがたかった。

 濡れたところをきれいに拭いて、ロッカールームをあとにすると、受付のスタッフが、東京のトップインストラクターが平日に来店されるとお誘いくださった。私は、平日にレッスンに来られるかどうかは不確かだったので、残念だがお断りさせていただいた。カウンセリングのことでお誘いいただいたのだが、私はむしろプライベートレッスンのほうがありがたいと思った。

 この時期はルミナリエ開催中で、三宮界隈はひどく混雑していた。私は仕事に出掛けたガンモと合流して映画を観たいと思っていたのだが、ガンモの仕事の都合でダメになってしまった。そのため、少し買い物をしてから帰宅したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この頃は、まだ十二月でしたね。この間、年が明けたばかりだと思っていたのに、あれからもう二ヵ月半も経ってしまいました。のんびりしている場合じゃありませんね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.02.08

ホットヨガ(六二〇回目)

映画『パディントン2』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m あれから父に何度か電話していますが、やはりスマートフォンは難しいと嘆いていました。意図しないタイミングに電話を掛けてしまったりしているそうです。近くのdocomoショップでいろいろ教えてもらっていると言っていました。


 十二月九日土曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。

 レッスン前に体重計に乗ってみたところ、ヨガウェアを着たままで、以前よりも五百グラム痩せていた。前日の夜に飲み会だったのだが、身体にむくみはなかった。アルコールを飲むと、利尿作用が働くからかもしれない。

 最初に受けたのは、六十分のリラックスコースのレッスンである。寒い日だったので、S店のスタジオに着いた直後は「暖かい」と思ったのだが、レッスンを受けるためにスタジオに入ってしばらくすると、あの拷問のような暑さを感じることになった。

 ホットヨガは身体を暖めることで、身体が動かしやすくなる効果を期待していると思うのだが、やはり暑いのは苦手だとつくづく感じた。しかも、暑くても、ほとんどの汗は顔から出て来るのである。漢方医が処方してくださった漢方薬のおかげで、以前よりはずっとましにはなって来ているものの、レッスン中はまだまだ暑いと感じてしまう。

 さて、今回のレッスンの参加者は五名だけで、レッスンを担当してくださったのは、S店のインストラクターだった。最近、インストラクターのヨガウェアが一新され、以前よりもぐっとセクシーになった。胸のところでクロスしている、まるで水着のようなヨガウェアなのである。私自身は、あの手の服はこれまで着たことがないと思う。

 レッスンを終えて、ようやく拷問のような暑さから解放され、ソファに座って扇風機の風に当たりながら、こうして記事の下書きをしているというわけだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 新しくなったインストラクターのヨガウェアは、ちょっぴりセクシーです。男性会員がいらっしゃるスタジオでは、喜ばれているかもしれませんね。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.01.30

ホットヨガ(六一九回目)

最近の英語学習事情の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今夜も残業して帰宅しました。この時間、テントのあるルーフバルコニーは、月明かりがとてもきれいです。テントに入る前に、ルーフバルコニーで少し身体を動かしました。ホットヨガのカリスマインストラクターに教わったポーズを取りました。月明かりに照らされ、とても気持ち良かったです。


 十一月二十八日火曜日の仕事帰り、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分のベーシックコースのレッスンを受けた。とても暑いレッスンだったので、涼みがてら、自宅の最寄駅のベンチでこの記事の下書きをした。

 レッスンを担当してくださったのは、いつも受付ではお話をさせていただいている比較的新しいインストラクターである。レッスンが始まる前にそのことがわかり、「一緒にレッスンをするのは初めてですね」という話をした。この日は月末だったため、月会費の予定回数を達成していない人たちが集まっていたようで、スタジオは満員になるという。私は更年期障害を抱えているので、
「スタジオが暑くなるのが心配です」
とインストラクターに言った。するとインストラクターは、
「こまめに換気しますね」
と言ってくださった。

 レッスンの参加者は十四名だった。インストラクターの導きは良かった。いつもならば、私はここまでしないと思いながら、積極的にポーズを取っていたと思う。

 しかし、満員だったせいか、スタジオ内はすぐに暑くなった。ああ、スタジオの換気をして欲しいと切望していたのだが、残念ながら換気は行われず、代わりにファンヒーターのスイッチが入る音がした。ファンヒーターを入れなくても、スタジオ内は十分暑いのにと思いながら、まるで我慢比べのような気持ちでレッスンを受けていた。

 他の方たちも、何度もスタジオの外に出たりしていたので、やはり暑かったのだと思う。後半になると、もはやレッスンを放棄してシャワーを浴びたい衝動に駆られたが、何とか踏ん張って最後までレッスンを受けた。

 シャワーを浴びて着替えを済ませて受付に行くと、その日の翌日に、東京からトップインストラクターが来られるとのことで、レッスンにお誘いいただいた。しかし、私は翌日は仕事があり、夜はSkypeセッションの予定が入っていたので見送った。プライベートレッスンを担当してくださったインストラクターなのでお会いしたい気持ちはあったのだが、仕方がない。

 今回の私は、身体がひどくむくんでいて、汗もあまり掻かなかった。きっと、身体が水分を溜め込む時期に来ていたのだと思う。と思い、月齢を調べてみたが、上弦の月の時期だった。単に私の身体がむくんでいただけのようだった。しかし、体重はいつもと変わらなかった。それならばよしとしよう。

 さて、そろそろホットヨガの暑さも冷めて来たので、自転車に乗って帰宅することにしよう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この日のレッスンは本当に暑かったですね。暑いと感じているのにファンヒーターのスイッチが入ると、正直、「うわあ、勘弁してぇ!」という気持ちになりました。(苦笑)暑さを感じる温度は人それぞれのようです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧