冷え取り

2011.02.21

快適エスキモー生活

映画『ヤコブへの手紙』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m どうして手紙が届かなくなったかについては、いろいろな方たちがレビューに書かれていましたが、郵便配達夫が牧師館から過去に届いた古い手紙を盗み出して新しい封筒に入れ替えた上で宛名を書き換え、切手を貼り、配達していたのではないかというご意見が多かったですね。実際、郵便配達夫は、牧師館に忍び込んでいるところをレイラに取り押さえられます。郵便配達夫は、ヤコブ牧師の命が心配だったようですが、ひょっとすると、既に届けられた手紙を盗み出すためだったのかもしれません。レイラが牧師館に住み込むことによって、それが叶わなくなってしまい、手紙が途絶えてしまったと解釈する人が多かったようです。そうだとすると、郵便配達夫は、ヤコブ牧師が手紙により生かされていたことを知っていたことになりますね。

 寒かった冬も峠を越えて、暖かい春がすぐそこまで来ている。そこで、この冬、お世話になったアイテムを皆さんにご紹介したいと思う。私は、下半身は冷えるものの上半身はほてりがちなので、普段から足を暖めることを心掛けている。そのための手段として、この冬、最初に購入したのが、マジックテープ式のファーレッグウォーマーだった。

 この商品は、ファーレッグウォーマーを平面に伸ばして足に巻き付け、足を一周したファーレッグウォーマーをマジックテープで固定できるようになっていた。私は、冬はムートンブーツで過ごすことにしているので、ムートンブーツの上からファーレッグウォーマーを巻き付けることがきれば、最強になれると思ったのだ。ところが、届いたファーレッグウォーマーは、マジックテープ式ではあるものの、私の足が太いために足を一周せず、付属のマジックテープで固定させることができなかった。すなわち、スカートのホックが届かないのと同じように、マジックテープが届かなかったのだ。そこで私は仕方なく、同時に購入していた別の柄(がら)のファーレッグウォーマーのマジックテープ部分を二枚繋ぎ合わせて使用することにした。ただ、単に二枚繋ぎ合わせただけでは足に固定させることができないため、別のマジックテープを使って上から軽く縛るようにして固定させた。

ファーレッグウォーマーを二枚繋ぎ合わせてムートンブーツの上にかぶせ、別のマジックテープで軽く縛るように固定させた。別の柄のものを二枚繋ぎ合わせているため、どことなく不自然である

 ご覧のように、異なる柄のファーレッグウォーマーを二枚繋ぎ合わせたために、どことなく不自然であるのに加え、私の足は二枚のファーレッグウォーマーの厚みでもっこりと盛り上がった。人々は私のそんな足元を見て、
「まるでエスキモーみたい」
と言った。

 ただ、このエスキモー仕様のファーレッグウォーマーは、上から軽く縛って固定させているマジックテープがときどき外れてしまい、歩くときに注意を払わなければならなかった。そんなとき、最初に購入したファーレッグウォーマーよりも価格の安い同等品を見付けたので、今度は同じ種類のファーレッグウォーマーを二枚繋ぎ合せようと、注文してみた。これで、柄(がら)違いのファーレッグウォーマーを二枚繋ぎ合せることによって生じた不自然さを解消できると思っていた。

 さて、注文した商品が手元に届いたので早速開封してみたところ、私は驚きのあまり、あんぐりと開いた口がなかなか塞がらなかった。新しく手元に届いたファーレッグウォーマーもマジックテープ式だと思い込んでいたのだが、そうではなく、丈夫なゴム製の筒状タイプのものだったのだ。すなわち、通常のレッグウォーマーのように、筒に足を通して使用するタイプのものだったのである。恐る恐る、そのゴム製の筒を私の太い足に突っ込んでみると、ちゃんと入るではないか。私は自分の足が受け入れられたことがとてもうれしくなり、その日以来、どこへ行くにもこの筒状のファーレッグウォーマーを付けて出掛けて行くようになった。それだけではない。その暖かさを手放すことができず、夜、寝るときにまで愛用するようになった。

 このゴム製の筒状タイプのファーレッグウォーマーのおかげで、この冬はずっと足元が暖かかった。しかしこの先、もっと気温が高くなれば、これほどお気に入りのファーレッグウォーマーともお別れをしなければならない。常に足を暖めておきたい私としては、その別れがとても辛いのである。

 春になっても、こんなエスキモー仕様のファーレッグウォーマーをムートンブーツの上から履いているのはおかしいだろうか。しかも、今よりも気温が高くなれば、私は皆さんよりも一足早く半袖で過ごし始めることだろう。私の身体がおかしいのか、それとも宇宙人だから仕方がないのかわからないが、上半身は半袖なのに、下半身はエスキモー仕様のファーレッグウォーマーを手放せないという変なおばさんになってしまいそうである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 最初に届いたマジックテープ式のファーレッグウォーマーが私の太い足には入らないことがわかったとき、私はそれを職場に持って行って、足の細い派遣仲間に履いてもらいました。すると、悔しいことに、彼女の足はファーレッグウォーマーが一周し、付属のマジックテープできちんと固定させることができたのです。派遣仲間は苦笑いしていましたが、あとから注文したファーレッグウォーマーがゴム製の筒状タイプのもので、私の足にもちゃんと入ってくれたので、救われました。あまりいらっしゃらないとは思いますが、私のように足の細さに自信がないという方は、伸縮性のないマジックテープ式よりも、柔軟性のあるゴム製の筒状タイプのファーレッグウォーマーを強くお勧めします。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (0)

2009.10.29

よもぎ温座パット

映画『幸せはシャンソニア劇場から』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ドゥース役を演じていたノラ・アルネゼデールは、新人女優さんだそうです。彼女のように美しければ、私もいろいろな男性たちの人生を変えていたかもしれません。(笑)それと、更新が遅くなってしまったのは、平日はどうしても睡眠時間を確保することができず(一日五時間ほど)、夜のうちに下準備をすることができなかったからであります。もうすぐ週末を迎えますので、平日に不足しがちな睡眠時間をとことん補いたいと思っています。

 楽天市場に、よもぎ温座パットなるものが販売されていることを知った。韓国で行われているよもぎ蒸しを生理用ナプキンのようなもので実現させるものだ。女性特有の冷えの改善に良いとされているよもぎ蒸しには興味があり、私もかつて、すずらんの湯でよもぎ蒸しを体験したことがある

 生理ナプキンのようなものを使用した携帯用のよもぎ蒸しとはどのようなものなのかとても気になったので、早速注文してみた。日本語版のパッケージのものと韓国語版のパッケージのものがあったので、使用感を比べるために、二種類購入した。

よもぎ温座パット(日本語版パッケージ)

よもぎ温座パット(韓国語版パッケージ)

 届いたパッケージとその中身を見比べてみると、単にパッケージが異なるだけで、中身はほぼ同じだった。気になるお値段だが、日本語版パッケージが一つ三百十五円、韓国語版パッケージが一つ百七十五円程度といったところだ。中身はほぼ同じなので、リピートする場合は、割安な韓国語版パッケージを購入したほうがお得かもしれない。

よもぎ温座パットの中身(日本語版パッケージ)

よもぎ温座パットの中身(韓国語版パッケージ)

 パッケージの中には、生理用ナプキンにそっくりの薄い紙ナプキンと、発熱体と呼ばれる小さな使い捨てカイロが入っていた。薄い紙ナプキンからは、よもぎの香りが漂っている。羽付きの薄い紙ナプキンの羽の部分で付属の使い捨てカイロを包み込んで、生理用ナプキンのように使用するらしい。

中を開けてみると・・・・・・

 商品に付属の使用方法は、以下の通りである。まずは小さな袋に入っている発熱体の小さな使い捨てカイロを開けて、カイロを四、五回振る。そして、紙ナプキンのシールを剥がして、紙ナプキンの羽の部分でカイロを包み込みながら下着に装着する。

よもぎ温座パットの使い方

 私は、主に仕事中に使っている。使用感は、実際のよもぎ蒸しが身体中に汗を掻くほど熱くなるのに対し、このよもぎ温座パットは子宮周りをじわじわと温めてくれる。また、トイレに立つ度に、紙ナプキンからよもぎの香りが漂う。冷えが原因の婦人病に対し、何か良い働きをもたらしてくれそうである。ちなみに、よもぎ温座パットの効果として、以下のように書かれている。

よもぎ温座パットの効果

 ただ、やはり気になるのは、紙ナプキンを使用しているという点である。ケミカルナプキンが嫌でわざわざ布ナプキンを愛用しているというのに、よもぎ温座パットに付属のナプキンが紙ナプキンであることに躊躇してしまう。

 実は先日、よもぎ温座パットを使い始めてから初めての生理を迎えた。一日目の夜に、布ナプキンに変えてからはしばらくお目に掛かっていなかったレバーのような血の固まりが大量に出て来て驚いた。やはり、よもぎ温座パットで使われている紙ナプキンは、ケミカルナプキンなのだろうか。ケミカルナプキンでありさえしなければ、よもぎ温座パットは、仕事中に子宮周りをじんわりと温めてくれて、とても快適なのだが・・・・・・。

 よもぎ温座パットのパッケージに入っているのが、よもぎの匂いのする紙ナプキンと小さな使い捨てカイロならば、もしかすると、私にも手作りできるかもしれない。道端に咲いているよもぎを採取し、市販の小さな使い捨てカイロと一緒に布の中に包み込んでみようか。例えよもぎが手に入らなくても、小さな使い捨てカイロを布で包み込んで使用するというだけでも、子宮周りをじんわりと温める効果は現れそうである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私は知らなかったのですが、雑誌などでは、既に話題になっている商品のようですね。付属のナプキンが紙ナプキンであること以外は、とても快適であります。日本語版と韓国語版でお値段の差はありますが、韓国語版を購入すれば、一回わずか百七十五円でよもぎ蒸しを体験できるのは大変お得だと思います。しばらく使い続けてみて、何か変化があれば、また経過をご報告させていただきたいと思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (0)

2009.09.28

元気な子

子育てのコツを掴んだ母親の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m どういうわけか、母ちゃんよりも父ちゃんのほうが食欲旺盛です。もしかすると、母ちゃんのお腹の中には、また新たな命が宿っているのかもしれません。(笑)

 子供の頃、夏が過ぎて多くの人たちが長袖を着始めても、いつまでも半袖で過ごしている元気な子がいた。すっかり涼しくなっているというのに、半袖なんかで寒くないのだろうかと、いつも不思議に思っていたことを思い出す。そんな元気な子が、今、私の周りにもいる。何を隠そう、私自身だ。

 シルバーウィークの九連休中、確かに残暑が厳しかった。とは言え、その少し前にはいったん寒くなったので、そろそろ長袖を身に着けようと思い、衣服の山の中から長袖のTシャツを引っ張り出して仕事に着て行ったこともある。ところが、長袖を着ると暑いのだ。暑くて腕まくりをしてしまうくらいなら、最初から半袖を着て行こうと思い、私は今でも半袖Tシャツを二枚重ねて過ごしている。

 夜、仕事を終えて帰宅すると、自宅の寝室の窓辺から注ぎ込んで来る風がとても心地いい。私が寝室の窓を網戸にして夜風を楽しんでいると、ガンモは、
「寒いから窓をもう少し閉めてよ。俺、風邪、引くから」
と言う。もともと風邪を引き易いガンモは、夜風に当たっているうちに早くも風邪の症状が出始めてしまったらしく、早めに風邪薬を飲んで風邪の症状を抑えようとしている。ガンモが風邪を引いてしまうものだから、私はまだまだ涼しい夜風に当たっていたいというのに、寝室の窓を少し閉めなければならない。とは言え、窓を閉めると暑いので、扇風機を掛けていると、就寝するためにベッドにやって来たガンモが、
「扇風機、寒いよ。まるみ、おかしいんじゃないの?」
などと言う。

 確かにおかしいのかもしれない。私自身もそう思う。そして、私の身体がこのように変化した原因は、冷え取り健康法を始めて、絹と綿の靴下を四枚重ね履きしているせいだろうと思う。足下を温めると本当に気持ちがいい。身体が温まって来るのだ。それに加え、ほんの少し、更年期障害のホットフラッシュも加わっているのかもしれない。

 ホットフラッシュの症状は、特に仕事中に顕著である。職場では、熱を帯びたたくさんのパソコンが稼動しているため、九月下旬といえども冷房が入っている。冷房は足元を冷やすため、私はオフィスでは長靴を履いて過ごしている。そうすると、もっと身体が足下から温まって来て更に気持ち良くなる。そして、顔だけがほてって来るのだ。仕事中の私は、冷房避けのために頭には帽子をかぶり、首にはスカーフを巻いているというのに、顔だけは熱く、団扇でパタパタと扇いでいるのだ。

 私が拝読している整体師の古久澤さんのメルマガによれば、

足首は骨盤と関連して、特に女性の場合は内踝が「子宮」、外踝が「卵巣」につながっています。
なので、秋口の女性特有の不調などは朝の起きがけに「足湯」をするといいです!

だそうだ。ということは、子宮を元気にするには、足を温めるといいということである。私がオフィスの冷房対策のために長靴を履いて、足を冷えから守っているのは正解だったというわけだ。実際のところ、オフィスの冷房で足を冷やしてしまったときもそうだが、夏用の少し丈の短いズボンを履いているときも、足首が冷えて調子が悪くなる。そのため、夏用の少し丈の短いズボンを履くときは、レッグウォーマーで丈の短い部分を覆うととても気持ちがいい。

 冷え取り健康法を始めてから数ヶ月経過し、今や私の筋腫の成長は止まっている。筋腫のある人が冷え取り健康法を始めると、あるとき大量に出血したかと思うと、筋腫がなくなってしまっていたという手記を読んだことがあるが、私はそこまでは行っていない。とは言え、冷え取り健康法が私にとっていかに必要であるかは、シャワーを浴びたあと、靴下を履くまでのほんのわずかの時間が待ち遠しくてたまらないことからもわかる。靴下を四枚も重ね履きするのは、時間も掛かる上に靴のサイズも異なって来ることから、確かに大変なことには違いないのだが、それだけの効果はあると言える。

 子供の頃、みんなが長袖を着ていても半袖を着て元気にはしゃぎ回っていた子供は、もしかすると、子供の頃から冷え取り健康法を実践していたのかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m インターネットで偶然見付けた冷え取り健康法ですが、子宮の悪い人は足首を温めると良いという法則にも則っているようですね。洗濯担当のガンモには、「我が家には足が十本もある人がいる」などと言われていますが、始めてみると、じわじわとその効果を実感することになるでしょう。あれこれいろいろな健康法を試したくもなりますが、一つの健康法をとことん続けてみるのもいいかもしれません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (0)

2009.05.24

世間話もせずに

ホットヨガ(一五一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 神戸店に複数の新しいスタッフが入って来たのは、退職された方が何人もいらっしゃるからのようです。お話を聞かせてくださったスタッフ曰く、退職されたスタッフとも、同窓会のようにときどき顔を合わせているそうです。私もその同窓会に呼んで欲しいものです。(笑)

 神戸店でホットヨガのレッスンを受けたあとは、I医師の診察の予約を入れていたため、I医師のいる病院へと向かった。家を出て行くとき、仕事が休みのガンモに、
「お年寄りと同じで、世間話をしに行くだけなんだろ?」
などと冗談っぽく言われた。

 確かに最近の私は、筋腫に対してまったく危機感がない。だから、二ヶ月ごとに受けているI医師の診察も、手術に向けた話ではなく、他の婦人病や健康管理についてのアドバイスを求める形に変わりつつある。I医師にはまだはっきりと伝えてはいないが、少なくとも冷え取り健康法を始めてからは、筋腫が大きくなっているという実感はない。むしろ、縮小傾向にあるのではないかと自負しているほどだ。以前は確かに、数ヶ月単位で筋腫が大きくなっている実感があったので、冷え取り健康法は、ほぼ間違いなく筋腫に良い影響を与えてくれていると判断して良さそうだ。

 「世間話をするために診察に行く」とガンモに指摘されたものの、今回はI医師とあまり話をすることがないと思っていた。以前の診察のときにご相談させていただいた顔のほてりはいつの間にか収まっていたし、生理の出血量もそれほど多くはなかった。診察室に呼ばれ、I医師に調子はどうかと尋ねられたので、私は顔のほてりが治まったことと、ここ二ヶ月の生理も比較的軽かったと答えた。

 するとI医師は、
「今は二ヶ月単位でお薬を出していますが、今後は三ヶ月単位で出しましょうか? 他のお薬の場合は何ヶ月か以上、処方してはいけないという規制があるんですが、漢方薬の場合は何ヶ月出してもいいので、三ヶ月単位にできますよ」
と言ってくださった。私は、そのほうがありがたいので、
「じゃあ、三ヶ月単位でお願いします」
と答えた。I医師は、
「それでは、三ヶ月分のお薬を出しておきますが、その間に何かあれば来てください」
と言って、三ヶ月分の桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を処方してくださった。

 私は、せっかくI医師の診察を受けているのだから、少しでも気になることを尋ねておこうと思い、健康診断で受けた子宮がん検診のことを持ち出した。今月の初めに健康診断を受けたばかりの私は、健康診断では子宮頸がんの検査しか行わなかったことが気になっていた。
「健康診断では、子宮頸がんの検査だけを行っているのですが、子宮体がんの検査は、どのようなタイミングで行えばいいでしょうか?」
私がI医師にこの質問をしたのは、以前、お世話になっていた病院では、一年に一回の割合で、子宮頸がんと子宮体がんの検査をしてくださっていたからだ。ところが、I医師の診察を受けるようになってからは、健康診断で子宮頸がんの検査しか行っていなかった。

 するとI医師は、
「不正出血がある人と、子宮が大きい人は受けておいたほうがいいですね」
とアドバイスしてくださった。もちろん、私にはいくつもの大きな筋腫があり、子宮が大きいので、検査を受けておいたほうがいいそうだ。ところが、私がこうして土曜日の午後にI医師の診察を受けている病院では、子宮体がんの検査を行う設備が整っていない。普段のI医師は、私の勤務先近くにある同じ系列の別病院に勤務されているので、いよいよそちらにうかがうことになるのだろうかと思っていた。

 しかしI医師は、私の住所を確認し、考慮してくださったのだろう。私がI医師のいる病院まで検査を受けに行くのは遠いと判断されたのか、私の自宅近くの女医さんに紹介状を書いてくださったのである。紹介状を書いてくださるからかどうかはわからないが、子宮体がんの検査を保険適用金額で受けられるそうだ。

 私はI医師にお礼を言って診察室を出た。診察室の外に出ると、数名の女性たちが婦人科の待合室のソファに座って診察待ちをしていた。現在、私がお世話になっている病院は完全予約制なので、これまで他の患者さんと待合室で一緒になることはあまりなかった。しかし、こうして待合室に数名の患者さんがいらっしゃるということは、予約が混雑している状況にあるということだ。

 なるほど、私が今回はあまりI医師と世間話をする気持ちになれなかったのは、他の患者さんの予約がたくさん入っていたことが原因だったのかもかしれない。私が名前を呼ばれるときも、他の患者さんがいらっしゃったので、この日、I医師はとてもお忙しかったはずだ。私は診察を受ける前から、このような展開を予想し、いつもの世間話を控えようと思っていたのかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m I医師が紹介状を書いてくださったので、自宅近くの女医さんのところで子宮体がんの検査を受けようと思っています。ありがたいことに、土曜日の午前中も診察を受け付けている病院なのですが、実は、大型映画館から近いところにあるのです。映画を千円で鑑賞できる日に有給休暇を取って子宮体がんの検査を受けたあと、映画館にこもり切りの一日を過ごしたいところですが、新型インフルエンザの騒ぎがまだ落ち着かないので、どうしたものか迷っています。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

2009.03.18

冷えのぼせ

ホットヨガ(一四三回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m インドの神様Tシャツは、レッスン前にトイレにこもって撮影しているものですから、トイレの明かりの関係で、携帯電話の影が写り込んでしまっています。意外にも肉付きのいいシヴァ神のお腹と同じくらい、かっこ悪いかもしれません。(苦笑)

 最近、仕事中に顔がひどくほてるようになってしまった。他の人たちも暑いのかと思い、周りの人たちの様子をうかがってみたのだが、仕事中に暑いと感じているのは、どうやら私だけのようだった。トイレに立ったときに、鏡に映った自分の顔を見てみると、ほっぺたがひどく赤くなっている。つまり、顔だけが熱くなっているのである。

 やがて私は、仕事中に団扇(うちわ)でパタパタと顔を扇ぐようになった。しかし、それではなかなか仕事に集中することができない。困ったものである。もしかすると、更年期障害のホットフラッシュが始まったのかとも思ったのだが、確かホットフラッシュは、暑い状態と寒い状態が交互にやって来て、汗をたくさん掻くらしい。しかし、私の場合、顔がほてるだけで、寒さはやって来ない上に汗もかかない。インターネットでいろいろ調べてみたところ、どうやら私の症状は、下半身あるいは内臓が冷えているために、冷えているところを一生懸命温めようとして心臓が血液を送り込もうとした結果、熱が上半身に上がって来てしまう「冷えのぼせ」というものらしい。

 冷えには大きく分けて二種類のタイプがあるようだ。一つは、手先や足先が冷えて、身体に冷えがあるとはっきり認識できるタイプ。もう一つは、手先や足先は冷えないが、下半身あるいは内臓の冷えにより、冷えているところを温めようとする作用が上半身に作用してしまうタイプ。どうやら私は、後者の冷えのタイプのようだ。ちなみに私は、手先や足先に冷えを感じることはほとんどない。

 「冷えのぼせ」は、高血圧やホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れなどと関係しているらしいのだが、それらのうち、どれが原因で、どれが結果なのか、私には良くわからない。高血圧もホルモンバランスンの崩れも、自律神経の乱れも、私にはすべて思いあたるフシがあるのだ。

 私が自分の身体で冷えを感じている部分は、やはり大きな筋腫のあるお腹回りである。身体の前面ではバストのすぐ下の辺りからお腹の辺りまでの体温が低く、身体の背面では腰回りの体温が低い。それらの冷えているところを温めようとして心臓が頑張り、血液を一生懸命送り込もうとするものの、内臓には熱がこもりにくいことから、その熱が顔に出ているということらしい。つまり、私が冷えを感じれば感じるほど、私の心臓は頑張ることになり、その頑張った結果が顔に現れるというわけなのだ。最近、血圧が少し高くなって来ているのは、心臓が頑張り過ぎているからかもしれない。そのためには、冷えを感じているところの冷えを改善する必要があるようだ。

 それにしても、冷え取り健康法を始めたことで、これまでよりも冷えは改善されつつあると思っていたのに、おかしなものである。現在、私は冷え取り健康法の靴下を三枚重ね履きしているが、仕事中に顔のほてりを感じるようになるのと同期して、足元に冷えを感じるようになってしまった。以前よりも足を温めているはずなのに、冷えを感じてしまうとはどういうことなのだろう。足が、もっともっと温められることを期待しているということなのだろうか。とは言え、現在、私が履いている靴は、冷え取り健康法の靴下を三枚重ね履きするのにちょうどいいサイズなので、靴下を四枚重ね履きするとなると、より大きいサイズの靴を購入しなければならない。そのため、靴下を四枚履きするのは、自宅で過ごす休日しか実践することができないでいる。確かに、靴下を四枚履くと温かい。

 すぐには冷えを改善できないので、私はひとまず仕事中の対策として、顔のほてりを治めることから始めた。何故なら、ほてった顔を団扇で扇ぎ続けると、仕事に集中できないからだ。そこで、ティッシュを水で濡らし、両側の頬に貼り付けてみたところ、とても気持ちが良かった。恥も外聞もなく仕事を続けるならば、これでいいのかもしれない。しかし、トイレに立ってみると、ティッシュの切れ端が顔にくっついていたりして、ちょっと情けなかった。

 そこで、困ったときの百円ショップ頼みということで、またしても百円ショップに足を運び、面白いグッズを発掘して来た。それは、風水のフェイスマスクである。百円ショップには、様々なフェイスマスクが売られているのだが、それらのほとんどが紙製の使い捨てタイプのものである。しかし私が見付けたのは、繰り返し使えるタオル地のフェイスマスクである。しかも、風水のフェイスマスクとかで、何故かラベンダー色をしている。ラベンダー色は集中力を高めてくれるらしい。

風水のフェイスマスク。
耳に掛けられるように、ゴムが付いているのがうれしい。

 このフェイスマスクを水で濡らし、顔の下半分だけを覆うようにして半分に折り、ゴムを耳に掛ける。すると、瞬く間に怪しい人が出来上がる。もしもこのフェイスマスクを着けたままで銀行に出掛けて行こうものなら、間違いなく銀行強盗がやって来たと人々に恐れられてしまうことだろう。

 怪しいことはさておいて、水で濡らしたタオル地のフェイスマスクは、確実に顔のほてりを治めてくれた。トイレに立ったときに、鏡に映った自分の顔を眺めても、ほっぺたが赤くなっていなかった。それだけではない。オフィスはとても乾燥しているので、水を含んだフェイスタオルが口元にあると、喉にも優しいのだ。フェイスマスクの水分が乾いて来ると、私は霧吹きを使ってフェイスマスクに水を噴き掛け、再びフェイスマスクを耳に掛ける。以前は、団扇でパタパタ扇いでいたのに、両手が使えるようになって、仕事にも集中できるようになった。集中力を高めてくれるというラベンダー色の効果が出ているのかもしれない。

 仕事仲間たちは、ラベンダーのフェイスマスクを着けて仕事をしている私のことを不思議そうに見ている。花粉症や風邪などの理由で白いマスクを着けて仕事をしている人はいるが、私が着けているのは、顔のほてりを治めるためのラベンダー色の濡れたフェイスマスクなのだから無理もない。仕事仲間に尋ねられる度に事情を説明してはいるものの、例え私の仕事中の態度が銀行強盗犯のように怪しくても、周りが寛大であることに感謝している。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 同じオフィスで働いていても、私は他の人たちと身体の作りが違うのでしょうか。またまた怪しい人になっています。(苦笑)それでも、団扇でパタパタ扇ぎ続けるよりは仕事に集中することができます。熱を出したときに取り替える濡らしタオルのように、フェイスタオルに水を噴き掛けると、とても気持ちがいいのです。しばらく手放せそうにありません。と同時に、根本原因となっている冷えを取り除く方法を模索しているところです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (4)

2009.02.24

憐れな靴底

映画『dot the i ドット・ジ・アイ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 「ドット・ジ・アイ」とうタイトルですが、"dot the i's and cross the t's"「iとtを混同しないように、iには点を打ち、tには線を引かなければならない」という意味の慣用句から来ているようです。すなわち、「細かいところまで注意を払う」という意味らしいです。映画のタイトルに慣用句が使われていると、記憶に残り易いですね。

 冷え取り健康法を実践するにあたり、靴下を重ね履きした足にフィットするように、少し大きめのサイズの靴を楽天市場で注文した。その靴が届くまでの間、下駄箱の奥にしまっていた古い靴を何足か取り出して履いてみることにした。以前も書いたが、我が家には、履いているうちにサイズが大きくなってしまい、下駄箱の奥のほうにしまい込んでおいた靴がたくさんあるのだ。

 下駄箱の奥から取り出した靴のサイズは確か、二十二.五センチだったはずだ。二十二.五センチの靴を靴下一枚で履くと、履いているうちにどんどんサイズが大きくなり、やがてぶかぶかになってしまうため、新しい靴を買っては下駄箱の奥にしまい混み、また新しい靴を買っては下駄箱の奥にしまいこむといったことを繰り返して来た。冷え取り健康法を始めてからというもの、それらの靴を取り出しては履いていたのだが、何足もあるので、この際、思う存分懐かしい気分を味わってみようと思ったのである。

 少々大袈裟かもしれないが、私は靴下を重ね履きすることで、サイズが大きくなって履けなくなってしまった靴を再利用できる喜びに打ち震えていた。靴下を重ね履きすると、サイズの大きくなってしまった二十二.五センチの靴でもやや小さいと感じることがあったが、楽天市場で注文した新しい靴は、思い切って二十三センチの靴を選んでおいたので、例え今は少々窮屈に感じられても、注文した靴が届くまでの辛抱だと思っていた。

 ところが、職場に着いてしばらく仕事をこなしていると、何もないはずの足元で何かが当たるのである。私はすぐには確認せずに、しばらく自分の足を使って足元にあるものを確認しようと試みた。すると、何やらゴム草履のようなものが足元に転がっているのである。はて? そう言えば、私はクロックスもどきのゴム草履を一足、職場に持ち込んではいるのだが、それは足元ではなく足元の左側に避けて置いているはずだった。ということは、誰か別の人のゴム草履が私の足元まで転がって来たのだろうか? 私はそう思い、ひょいと自分の机の下を覗いてみると、驚くべきことが起こっていた。驚きのあまり、私は一瞬、自分の目を疑ったものだ。何故ならそこには、右足の靴の憐れな靴底が転がっていたからである。

 いやいや、驚いた。おそらく、長いこと履いていなかった靴を下駄箱の奥から取り出して復活させた上に、靴下を重ね履きしたことで靴に負荷が掛かり過ぎてしまい、靴と靴底が耐え切れずに分離してしまったものと思われる。私の右足には、靴底を失った靴が何ごともなかったように収まっていた。私は、この状況を誰かに伝えて一緒に笑うべきかどうか迷ったが、他の人たちの仕事の邪魔をしてはいけないと思い直し、別の場所に保管しているクロックスもどきのゴム草履を静かに足元に引き寄せ、こっそり履き替えた。そして、憐れな靴底と靴底のない靴は、持ち歩いているエコバックの中に静かに収め、何食わぬ顔で仕事を続けた。

憐れな靴底と靴底が取れてしまった靴

 履いているうちにサイズが大きくなり、履けなくなってしまった靴を再利用できることを喜んでいたのも束の間、このような事態に発展してしまった。皆さんも、しばらく履いていなかった靴を下駄箱の奥から取り出して履くときは、しばらく休んでいた靴にできるだけ負荷が掛からないように、充分気を付けよう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m たいていの場合、古いものを再利用することは、プラスに転ぶものだと思い込んでいました。しかし私は、古い靴にトドメをさしてしまいました。(苦笑)ガンモにこの話をすると、「それで、その靴はちゃんと持って帰ったんだろうね?」と尋ねられました。私は、「もちろん、持って帰ったよ」と答えました。ガンモが強力なボンドでくっつけてくれるのでしょうか。(苦笑)憐れな靴底は、適当なボンドが見付からないため、今も靴本体と分離したまま静かに復活の日を待っています。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

2009.02.12

五本指の靴下との友好条約と半身浴

映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。記事公開直後に、怪人二十面相を怪人二十八面相と記述していることに気付いてしまいました。何を思って怪人二十八面相などと書いたのでしょうね。もしかすると、かい人二十一面相の影響でしょうか。ちなみに以下の写真は、兵庫県西宮警察署前に掲げられていたグリコ・森永事件の容疑者の似顔絵です。時効になってしまったので、今はもうありません。

グリコ・森永事件の容疑者の似顔絵

 冷え取り健康法を始めてそろそろ一ヶ月経つので、その後の経過をご報告しておこう。

 まず、冷え取り健康法を始めてから間もなくして、鼻の下ににきびが出始めた。特ににきびが出るような食生活は送っていなかったので、おそらく毒出しが始まったものと思われる。

 二年半ほど前に、フローエッセンスというデトックス効果の高い健康食品を販売している会社が主催したセミナーに参加した。そのとき、デトックスで有名な大森隆史先生、作家の桐島洋子さん、作家の横森理香らの講演に耳を傾けた。その会社が販売しているフローエッセンスはひどく高価なものだったため、私はインターネットを検索し、フローエッセンスを格安で販売している海外サイトを見付けて、しばらくの間、そこから個人輸入して飲用していた。

 フローエッセンスの液体製品はそのまま蓋を開ければ飲用できるのだが、液体製品はひどく値が張ることから、私は粉末のフローエッセンスを購入し、作り方の手引きに従って煮出しして飲用していた。しかし、この煮出しは非常に手間が掛かった。煮出しそのものは何とかできるのだが、煮出ししたあと十~十二時間ほど放置しなければならず、十時間後に確実に自宅にいるわけではない生活を送っている私には、生活スタイルに合わない健康法だったのである。

 ただ、フローエッセンスを飲み始たとき、毒出しが始まると、その毒は一番近い穴から出て来るという話を聞いていた。フローエッセンスを飲み始めたときも、私は鼻の下ににきびを作った。その上、ひどく眠くなった。現在、フローエッセンスを通して体験したのと同じようなことが、冷え取り健康法においても起こり始めているのである。「これはいい兆候だ」と私は思った。靴下を重ね履きするだけで毒出しが行われるなら、私の生活スタイルにも合っていると思ったのである。

 ただ、いくつかの小さな問題点があった。それは、以前も書いたように、重ね履きをすればするほど、これまで履いていた靴が使用できなくなってしまったことである。私は、履き慣れてぶかぶかになってしまった靴を引っ張り出して履いてみたが、サイズの大きくなった靴がピッタリ合うのは靴下を三枚履きしたときまでで、四枚履きすると、更に大きなサイズの靴に取り替えなければ足先が窮屈に感じるようになってしまった。

 更に、実に些細なことではあるのだが、冷え取り健康法を実践していると、爪を切る時間がない。というのも、就寝中も靴下を履くことが推奨されているため、靴下を取り替えるのは、夜、お風呂から上がったときである。そして、靴下を重ね履きしたまま布団に入って眠り、朝はその靴下を履いたまま仕事に出掛けて行く。次に靴下を脱ぐのは、仕事から帰宅して、お風呂に入る前である。ということは、夜に爪を切らなければならない。笑われるかもしれないが、田舎育ちの私は、夜に爪を切ることに対し、ひどく抵抗があるのだ。そこで私は、ホットヨガのレッスンのときに爪切りを持参して足の爪を切ろうと思っている。

 ホットヨガと言えば、レッスン中は裸足である。裸足になってみて気が付いたのだが、足の爪の付け根部分の皮に黒い点のようなものが付いていた。左右、複数の足の指で同じ現象が見られたので、穴というわけではないが、爪の付け根の部分からデトックスが行われているのかもしれない。

 さて、当初は五本指の靴下を履くのにひどく時間が掛かっていた私だが、以前よりも靴下を履く時間が確実にスピードアップした。五本指の靴下を素早く履くコツは、履いたあとに足の指を広げて上から引っ張ることである。すると、指の間にすっぽり収まり易いのだ。

 ただ、靴下の買い置きがまだそれほど多くないため、せっせと洗濯をしなければ洗い替えが間に合わない。間に合わないときは、干したばかりの生乾きの靴下をそのまま手に取り、冷たさを感じながらも思い切って履いたことが何度もある。特に、冬場は乾きが悪い上に、仕事が忙しくなると洗濯物を干す時間も限られてしまうので、生乾きの靴下を覚悟しなければならない。

 また、たまたま取った五本指の靴下が、左右セットではなく、左だけもしくは右だけのセットのときもある。実際、購入した新品の中にもそのような商品があり、商品の交換を申し出ようかとも思ったのだが、私は踵(かかと)の部分が上に来るように上下をひっくり返して、指の形を優先させて何とか足の指に納めた。五本指の靴下を履くにも、それなりの苦労があるようだ。

 ところで、冷え取り健康法と合わせて、私は半身浴を始めた。問題は、仕事が忙しく、深夜の帰宅になってしまっていることだが、それでも私は時間を割いて半身浴を続けた。ぬるめのお風呂に二十分浸かり、身体を洗い流している。湯船の中で何をしているかと言うと、漫画を読んでいる。これがなかなか快適だ。その快適さがわかったのか、これまで私よりも早くお風呂を上がっていたガンモが長いこと湯船に浸かるようになった。

 あるとき私がホットヨガのレッスンを受けた日、仕事の疲れが溜まっていたので、
「今夜はお風呂に入らずに眠る」
とガンモに宣言した。ホットヨガでシャワーを浴びていたので、少しでも身体を休ませたいと思ったのだ。ガンモは一人でお風呂に入ったのだが、いつもは十分程度で出て来るのに、なかなか出て来ない。ようやく出て来たガンモに、
「どうしたの? お風呂の中で倒れてるのかと思ったよ」
と言うと、
「半身浴してたから」
と言う。しかも、私の真似をして、湯船の中で漫画を読んでいたというのだ。何とも私と同化したがるガンモである。長い時間、お風呂に浸かれば、身体の芯から温まるということが、ガンモにもわかったようだ。

 これまでの不健康な生活を矯正するかのように、私たちの生活は少しずつ変化している。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 靴下の重ね履きをしていると、足がじんじんと温かいのです。これは確かに手放せませんね。身体を急速に温めるのではなく、じわじわと温めることによって、少しずつ身体に変化が起こっているのでしょうね。わずかながらも変化は起こって来ているので、これからの変化が楽しみです。毒が溜まっている最も近い穴からデトックスが行われるということは・・・・・・。そちらも期待しているのですが、まだのようです。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

2009.01.19

冷え取り健康法

ホットヨガ(一三六回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ビギナーコースのレッスンはとても新鮮なエネルギーを吹き込んでくれました。思えば、私にもこんなふうに初々しい時期があったんですよね。(苦笑)また、ビギナーコースでは、それぞれのポーズが何に効果があるのかをちゃんと説明してくださっているので、改めて参考になりました。

 酵素について調べて行くうちに、「冷え取り」なるものを実践すれば、筋腫の縮小が見られるという記事を見付けた。その記事によれば、筋腫は食べ過ぎによって、消化し切れずに体内に溜まってしまった毒素から形成されるものらしい。そこで、身体に溜まった毒素を取り除く工夫をすれば、筋腫も小さくなるという。その方法とは何と、靴下の重ね履きをするというものだった。

 ただ、靴下の重ね履きと言っても、化学繊維の靴下を重ね履きしてもあまり意味がないらしい。肌に触れる部分には絹の五本指靴下を履き、その上に綿の五本指靴下を履き、三枚目には絹の通常型の靴下を履き、四枚目は綿の通常型靴下を履き、五枚目以降は絹と綿の靴下を交互に重ねて行くというお作法があるらしい。そうして足を暖めることで、身体の中に溜まっている毒素が取り除かれて行くのだそうだ。

 私は、ものは試しにと思い、自宅にある靴下で絹か綿の靴下を探し出して五枚重ね履きしてみた。確かに暖かい。しばらくすると、足がじんじんして来た。しかも、一日履いているうちに、膝の関節が痛み始めた。毒だしが始まると痛みを感じるらしい。早くも毒だしが始まったのだろうか? それにしても、我が家には化学繊維の靴下の多いこと! 素肌に直接触れる部分であるだけに、これからは靴下の素材にも気を遣いたいものである。

 私は、本格的な毒だしを試みるために、重ね履きするのに最適な靴下をインターネットの通販で購入した。ご紹介したサイトからリンクされているサイトでも、冷え取り用の靴下の通販が行われているようだが、私は同じような効果が期待できるそうなものを楽天市場で検索して購入した。絹と木綿から出来ているその靴下は、私が普段、履いている靴下よりもずっと割高だったので、洗い替えを何足も注文すると、かなりの金額になってしまった。届いた靴下は、以下のような感じである。

冷え取り健康法ソックス
足に触れる部分が絹、靴に接する部分が綿で出来ている

 早速重ね履きしてみたのだが、意外にも五本指の靴下は履き辛いということがわかった。これまでにも、五本指の靴下を履いたことはある。しかし、私の足の指はあまり開きたがらないせいか、五本指の靴下を履くのはダブルの掛け布団の六箇所を紐で結ぶくらい難しい。だから、五本指の靴下を重ね履きするのはもっと大変である。特に、薬指と小指がなかなか開かず、私はしばらくの間、五本指の靴下と格闘していた。さすがに五枚も重ね履きすることはできず、とうとう三枚で挫折してしまった。五本指の靴下を二枚と、先丸の靴下を一枚である。

 ところで、この状態で靴を履いて外に出掛けることはできるのだろうかと不安になった。靴下を重ね履きすると、足のサイズが大きくなり、普段、履いている靴は合わなくなってしまうのではないだろうか。一瞬、そう思ったが、途中ではたと気が付いた。そう言えば、かつて靴の魔法という記事を書いた。そうだ、我が家の下駄箱には、履き続けることですっかりサイズが大きくなってしまった靴が何足もあるはずだ。それらの靴を復活させることにしよう。私は下駄箱の中から、ぶかぶかになって履けなくなってしまった靴を取り出して履いてみた。靴下の重ね履きをしていると、これまでぶかぶかだった靴がちょうどいい! 冷え取りのために、こうして靴下を重ねて履けば、資源の再利用にも繋がるわけだ。

 思えば、私は足の冷えに関してはずっと無頓着だった。夏のオフィスで冷たいクーラーにさらされたときは、夜、眠れなくなってしまうほど足が冷えたため、ぽかぽか足湯なるものを購入して対処した。しかし、夏の足の冷えを克服してからは、むしろ裸足で過ごすことに意義を感じていた。実際、冬の今でも、冷え取りを実践するようになるまでは、帰宅するや否や、玄関ですぐに靴下を脱いで裸足になっていた。真冬に裸足で過ごすことこそ健康法だと思っていたのだ。しかし、夏のオフィスの冷房で足を冷やしたことが私の身体に良くない影響をもたらしたのだとすれば、真冬に裸足で過ごすことも身体に良くない影響をもたらすと考えてもおかしくはない。

 まだ冷え取り靴下を履き始めたばかりなので、実際にどのような効果が現れるかについてはご報告することができない。筋腫を抱えている人が冷え取り健康法を実践した結果、毒だしのために大量に出血して一時的に苦しみ、苦しんだあとは不思議と身体が楽になり、筋腫が縮小した例があるそうだ。もうすぐMRIの検査を受け、私の今後の予定が決まる。I医師の予定が向こう半年間も詰まっているならば、その間に何か大きな変化をもたらしたいものだ。

※2012.06.16追記

冷え取り健康法を実践し始めてからおよそ三年後、私は歩行時に足の踵の痛みを感じるようになりました。どうやら、四枚の靴下を重ね履きした靴が自分の足にフィットしていなかったことが原因のようです。これから冷え取り健康法を実践される方は、四枚の靴下を重ね履きした足が、履いている靴にフィットしているかどうかをきちんとチェックされたほうがよろしいかと思います。そうでなければ、いつの間にか足がストレスを抱えるようになってしまい、ストレスを抱えた足で歩行を続けると痛いところをかばうようになるため、更に身体を悪化させることになってしまうと思います。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m また新しい健康法を始めて、ガンモに呆れられています。(苦笑)ガンモ曰く、私は次々にいろいろなことを始めるけれど、どれも長続きしないとか。そんなガンモは、ホットヨガだけは続いていると感心してくれています。(苦笑)本格的な毒だしが始まると、歩行も困難になってしまうというのが少し心配ではありますが、逆に、そこまでなればしめたもの。歩行困難になったとしても、筋腫が小さくなるなら、乗り越えてみせます!

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

| | トラックバック (1)