« Clipbookを注文してみた | トップページ | Junk Journalにも心惹かれる »

2020.09.03

HOBONICHI TECHO COUSIN 2021を注文してみた

Clipbookを注文してみたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ようやく猛暑が去りつつあると思っていたら、特別警戒級の超大型台風10号が接近していますね。台風の進路に近い地域にお住まいの皆さん、どうかくれぐれも気を付けてください。いつだったか、大きな台風が来ると報道されていて構えていたのに、実際にはそれほど大きくない台風だったということがありましたが、今回もそんな台風であることを願っています。どうか空振り台風でありますように。(^^♪


 手帳熱が暴走して止まらない。Clipbookは無事に届き、自分用のセットアップもほぼ完了した。セットアップしていて気付いたことは、私は極度の貧乏性だということだった。というのも、まだA5のリフィルが充実していないため、過去に購入していて、最後まで使い切れなかったA5ノートの背表紙を外してばらし、6穴パンチで穴を空けてClipbookのリフィルとして活用しているからだ。当然、最後まで使い切れなかったA5ノートの中身なので、かなりよれよれである。新品のClipbookによれよれのノートを挟むと、少しテンションが下がってしまうのだが、それでも紙を有効活用できるので、まあ、よしとしている。

 それだけではない。多くの方たちがかわいらしいディバイダーを自作しているというのに、私は、過去に街角などでもらった無料のポストカード二枚をカラフルなマスキングテープで繋げてA5サイズにして、それにシールを貼ってディバイダー代わりにしている。何という貧乏性なのだろう。それでも、そうして自作したディバイダーは、ちょっぴり愛着が沸く。

 ところで、そろそろ来年のスケジュール帳を購入する時期なのだが、どんなスケジュール帳を買うべきか少し悩んだ。Clipbookでは、自分の好きな世界を作り上げる予定なので、スケジュール帳とは別物になる。すなわち、スケジュール帳は別に購入したほうがいい。そこで、今年も使用しているMARKSの一日一ページを来年度用に購入しようかと思ったのだが、以前から気になっていたほぼ日手帳にカズンという種類が出ており、しかもA5サイズもあることがわかった。ほぼ日手帳の存在は、以前から知っていたのだが、私が使うにはサイズが小さかったので、これまで購入したことはなかった。しかし、A5サイズのものが出ているなら、買わない手はない。

 ほぼ日手帳のオリジナルサイトで購入しようと思ったが、送料がかかることがわかったので、送料無料で配達してくれるAmazonで購入した。ほぼ日手帳を初めて購入して驚いたのだが、何と、専用の手帳カバーが非常に高額なのだ。しかも、種類も豊富である。しかし貧乏性の私は、手帳カバーは自分で用意できると思い、中身だけを購入したのだった。

 ほぼ日手帳カズンを使っている人の動画をYouTubeで探していたところ、何と数多くの海外の人たち(主にアメリカ人)がほぼ日手帳を愛用していることがわかった。日付欄に月や日などの漢字が書かれているというのに、実に楽しそうに使っている。しかも、手帳のデコレーションがプロ並みである。私もこんなふうに手帳を使えたら、手帳ライフをもっと楽しめるのにと思う。こういう動画は、実に刺激的である。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m マスキングテープ、6穴パンチ、シール、バインダーなど、手帳グッズが充実して来ました。それにしても、マスキングテープやシールは購入し始めると切りがないですね。しかも、たくさん持っていても、私の場合、なかなかうまく使いこなせません。ご紹介した動画のように、かわいらしい手帳にするのが夢ですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« Clipbookを注文してみた | トップページ | Junk Journalにも心惹かれる »