« 2020年8月 | トップページ

2020年9月

2020.09.19

海外ドラマ『秘密情報部 トーチウッド シーズン1~シーズン4』

ホットヨガ(六七九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日から四連休です。天候に恵まれて、さわやかな秋空が広がっています。ただ、朝晩はかなり冷え込むようになって来たので、気温差に気を付けて過ごしたいものですね。


 今回、ご紹介する海外ドラマ『秘密情報部 トーチウッド』は、実は私が海外ドラマ『ドクター・フー』にどっぷりとはまっていた時期に、ほんの少し鑑賞して、すぐに鑑賞するのをやめてしまっていた作品である。

 本作は、海外ドラマ『ドクター・フー』に登場するキャプテン・ジャック・ハークネスが率いる「トーチウッド」というエイリアン専門の秘密戦闘部隊の物語となっている。もともと、海外ドラマ『ドクター・フー』が大好きだったので、そこに登場するキャプテン・ジャック・ハークネスが活躍する作品ということで鑑賞を始めたのだが、海外ドラマ『ドクター・フー』ほど、作品の世界に引きずり込まれなかったというのが、鑑賞するのをやめてしまった原因だった。

 しかし、それから数年経ち、もう一度、本作を最初から鑑賞し直してみたところ、これがまたどっぷりはまってしまうほど面白かった。本作は、海外ドラマ『ドクター・フー』では謎の存在だったキャプテン・ジャック・ハークネスの長い長い人生を、見る人が躊躇してしまうほど赤裸々に描き出している作品だったのだ。

 ちなみに、私が本作を鑑賞したのはU-NEXTだが、記事を書くにあたり、huluの『秘密情報部 トーチウッド』サイトを参照したところ、以下のように書かれていた。

トーチウッドは伝説のSFテレビシリーズ「ドクター・フー」のスピンオフで、「Torchwood」は「Doctor Who」のダイアグラム

 なるほど、「DOCTOR WHO」を並び替えて、「TORCHWOOD」という新語を生み出したというわけだ。「ドクター・フー」のスピンオフということで、実際、「ドクター・フー」のコンパニオンの一人であったマーサ・ジョーンズもゲスト的な存在として本作に登場している。マーサ・ジョーンズとキャプテン・ジャック・ハークネスは、「ドクター・フー」の中で、ドクターを通じて知り合っているのだ。更に、「ドクター・フー」の十二代目ドクターを演じていたピーター・カパルディがドクター以外の役で登場するのもなかなか興味深い。

 本作の舞台は、イギリスのカーディフである。ご存じの通り、カーディフはイギリス連合王国の中のウェールズの首都である。イギリス英語が好きな方なら、本作で話されているウエールズ語に興味を示すことだろう。本作のメインキャラクターであるグウェンとその恋人(のちに夫となる)リースの会話をご紹介したい。

 イギリス英語が好きな私も、ウエールズ語にはあまり馴染みがなかった。二年前にガンモとイギリスを旅行したとき、ウエールズに着いたフェリーを降りたあと、リバプールまで電車で移動したのだが、電車の中で聞こえて来る言葉をほとんど理解できなかった記憶がある。とは言え、私が移動した場所は、同じウエールズと言っても、本作の舞台となっているカーディフからは遠かった。

 アクセントというのは、時にはお笑いネタにされることもある。イギリスのコメディアンであるジミー・カーがウエールズ語や他のアクセントをネタにしている動画をご紹介しておきたい。

 ジミー・カーのアクセントに関する動画は非常に面白くて、私も良く見ている。彼は何と、あの名門ケンブリッジ大学出身のコメディアンなのだ。

 それはさておき、本題に戻ろう。本作は、シーズン3までがイギリスを舞台にした作品で、シーズン4が、主にアメリカを舞台にした作品となる。次第にキャストも変わって来るのだが、個人的にはイギリスを舞台にしたシーズン3までのキャラクターで構成される物語のほうが好みだ。

 とは言え、彼らはエイリアン退治を専門として、イギリスの平和を守ろうとしている有難い存在ではあるのだが、中には色欲の深さゆえに、人の道を踏み外してしまう(いわゆる、裏切り)キャラクターもいる。そのため、キャラクターに反感を覚えるシーンも多かった。

 日本人の女優さんもトーチウッドのメンバーの一人(トシコ)だった。そのため、ところどころ日本語で会話するシーンも含まれていた。彼女はパソコンやデータを適切に扱うことのできる優秀な人材だったのだが、トーチウッドの中ではどこか報われないところがあったように思う。

 シーズン4が始まって、舞台がアメリカに移ったとき、私はやはりイギリス英語が恋しくなった。そのため、シーズン4の鑑賞中はかなりテンションが下がっていたのだが、シーズン4の後半になって、ようやく面白さを実感して来た。シーズン4は、不死身で同性愛者でもあるキャプテン・ジャック・ハークネスの愛の物語でもあったのだ。ちなみに、色合いの異なるシーズン4は、アメリカのテレビ会社との合作なのだそうだ。

 何人かのトーチウッドのメンバーが殉職してしまう本作だが、もしもシーズン5が制作されるのだとしたら、グウェンの夫であるリースがトーチウッドのメンバーに加わるのではないだろうか。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 鑑賞中、こんなことがあっていいのだろうかと、何度も理不尽な想いを抱きました。きっと、トーチウッドの世界にどっぷりと浸かってしまっていたのでしょうね。舞台となったカーディフは、やはり本作のファンに人気の街となっているようです。私もいつか訪れてみたいですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.09.17

ホットヨガ(六七九回目)

Junk Journalにも心惹かれるの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ここのところ、ずいぶん過ごしやすくなっていましたが、今日は暑かったですね。私は数日前にテント生活に戻り、青空テレワークも復活させました。しかし、雨が降ると、テントの入り口を閉めなければなりません(暑い時期は、テントの入り口を開けたままにして過ごしています)。テントの入り口を閉めると非常に暑いので、またまたテントを這い出して、寝室でこれを書いています。青空テレワークも、雨が降ると、テントの中か室内に逃げ込む羽目になります。天候に左右されがちな毎日ですが、久し振りに青空テレワークに戻ってみて、いつの間にか夏のじりじりとした日差しが去って行き、太陽の軌道も変わっていたので、秋を感じました。それでは、久し振りにホットヨガの記事をお届けしたいと思います。ホットヨガ(六七八回目)の続きです。


 続いて受けた二本目のレッスンは、肩こり解消ヨガのレッスンである。レッスンの参加者は十二名で、レッスンを担当してくださったのは、受付ではよくお話しさせていただくインストラクターである。

 肩こり解消ヨガのレッスンは、私にとっては最も必要なレッスンではあるのだが、取れないポーズが多いことがネックになっている。一番苦手なのは、座った状態からヨガマットの端に沿って上下に両手を広げて、身体を前に倒して行くポーズである。私の場合、お腹がつかえて、うまくポーズが取れないのだ。

 インストラクターによっては、このポーズを取るときに、そっとヨガブロックを差し出してくださったりもする。今回は、私自身はポーズを取らずに、他の方たちがポーズを取っているのを冷静に眺めていた。そしてわかったことは、このポーズを取るときに、私のようにお腹がつかえて困っている人は誰もいないということだった。ああ、やはり私は、ホットヨガのスタジオでずっと落ちこぼれ続けているのだなあと思った。

 しかし、今の生活のままでは、私が劇的に変わることはないだろう。若い頃よりも確実に代謝率が落ちているというのに、しっかりと食べ続けているからだ。

 トライアルレッスンを受けられた方が、スタッフと話をしているのが聞こえた。どこかで既にホットヨガのレッスンを受けていらっしゃった方らしく、
「最初からここでレッスンを受けていたら、変わっていたかも」
と言っていた。実際に、その方が入会を決めたかどうかはわからない。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今は、新型コロナウイルスの感染を恐れて休会中です。しかし、休会期間が過ぎたとしても、本当にレッスンに復帰するのかどうか、自分の未来の姿がイメージできません。可能であるならば、引き続き休会の状態を延長することになるかもしれません。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2020.09.12

Junk Journalにも心惹かれる

HOBONICHI TECHO COUSIN 2021を注文してみたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 先日の台風10号は、特別警戒級の台風にまで発達しなくて本当に良かったです。避難所での新型コロナウイルスの感染を恐れて、ホテルに宿泊された方もいらっしゃったようですね。年々台風の被害は大きくなるばかりで、おまけに新型コロナウイルスの感染もまだ収まっていない状況ですが、私たちにはこのように、工夫をしながら苦難を乗り越えて行く知恵があるのだと思いました。ただ、海水の温度が高くなっていることから、今後も油断はできません。事前に情報をキャッチしながら警戒を続けて行きたいですね。


 ほぼ日手帳カズン 2021(HOBONICHI TECHO COUSIN 2021)が届き、すっかりテンションが上がっている。実際に手にしてみると、海外に住んでいる方たちが、わざわざ日本からこの手帳を取り寄せて使用している理由が良くわかった。マンスリー、ウィークリー、デイリー(一日一ページ)と、書くことや描くことが大好きな人たちの気持ちを充分にくすぐる構成になっているのだ。

 またまたYouTubeで、HOBONICHI TECHO COUSINを活用されている方の動画を拝見した。この方は絵を描くのが大好きらしい。描かれている絵も大変素晴らしい。私は絵心がまったくないので、こんなふうに絵を描いて自分なりの手帳を作り上げているのを見ると、本当にうらやましい。

 来年の手帳を購入して、実際に使い始めるまでの今のような期間は、心理的には微妙な期間となる。気持ちはもう、来年度の手帳に向いてしまっているのに、来年度の手帳にはまだ書けない。今年度の手帳がまだ残っているので、ひとまず今年度の手帳を使い続けるしかない。特に、今年度の手帳よりも、よりパワーアップした手帳を来年度の手帳として購入した場合は、更なる我慢が必要だ。早く、ほぼ日手帳カズン 2021(HOBONICHI TECHO COUSIN 2021)を使いたいと切に願う。

 使い古しのノートから作ったよれよれのリフィルを入れてすっかり貧乏臭くなってしまったClipbookだが、中身をいったん別のバインダーに移動させて、新品のリフィルに入れ替えた。これで、Clipbook、中身を移動させた別のバインダー、ほぼ日手帳カズン 2021(HOBONICHI TECHO COUSIN 2021)と、三冊のA5ノートが勢ぞろいした。

 ところで、YouTubeで手帳関連の動画を見ていたら、Junk Journalという世界があることを知った。自分の好きなものをあちらこちらから寄せ集めて、一冊の本に仕上げるというものだ。このJunk Journalの作成動画を見ていると、またわくわくして来た。今回、ご紹介する動画は私の大好きなイギリス英語のアクセントで話されている。この方は、チャリティショップなどで古本を購入して、その古本を大胆に解体して本格的なJunk Journalの表紙を作ったり、古い百科事典などから好みの挿絵を切り取って、Junk Journalに加えたりしている。また、Junk Journalのあちらこちらにかわいらしいポケットを作ったり、古本から切り取ったページの上に水彩画を描いたりしている。

 私には、Junk Journalを作ることが、まるでセラピーであるかのように思えてしまう。ストレスが多い人には、大きな救いになるのではないだろうか。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m こうした動画を見ていると、とても刺激を受けますね。手帳作りやJunk Journal作りは、自分を表現するための手段であったり、自分と向き合う大切な時間だと思います。動画を見ているだけでも、とても癒されます。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.09.03

HOBONICHI TECHO COUSIN 2021を注文してみた

Clipbookを注文してみたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ようやく猛暑が去りつつあると思っていたら、特別警戒級の超大型台風10号が接近していますね。台風の進路に近い地域にお住まいの皆さん、どうかくれぐれも気を付けてください。いつだったか、大きな台風が来ると報道されていて構えていたのに、実際にはそれほど大きくない台風だったということがありましたが、今回もそんな台風であることを願っています。どうか空振り台風でありますように。(^^♪


 手帳熱が暴走して止まらない。Clipbookは無事に届き、自分用のセットアップもほぼ完了した。セットアップしていて気付いたことは、私は極度の貧乏性だということだった。というのも、まだA5のリフィルが充実していないため、過去に購入していて、最後まで使い切れなかったA5ノートの背表紙を外してばらし、6穴パンチで穴を空けてClipbookのリフィルとして活用しているからだ。当然、最後まで使い切れなかったA5ノートの中身なので、かなりよれよれである。新品のClipbookによれよれのノートを挟むと、少しテンションが下がってしまうのだが、それでも紙を有効活用できるので、まあ、よしとしている。

 それだけではない。多くの方たちがかわいらしいディバイダーを自作しているというのに、私は、過去に街角などでもらった無料のポストカード二枚をカラフルなマスキングテープで繋げてA5サイズにして、それにシールを貼ってディバイダー代わりにしている。何という貧乏性なのだろう。それでも、そうして自作したディバイダーは、ちょっぴり愛着が沸く。

 ところで、そろそろ来年のスケジュール帳を購入する時期なのだが、どんなスケジュール帳を買うべきか少し悩んだ。Clipbookでは、自分の好きな世界を作り上げる予定なので、スケジュール帳とは別物になる。すなわち、スケジュール帳は別に購入したほうがいい。そこで、今年も使用しているMARKSの一日一ページを来年度用に購入しようかと思ったのだが、以前から気になっていたほぼ日手帳にカズンという種類が出ており、しかもA5サイズもあることがわかった。ほぼ日手帳の存在は、以前から知っていたのだが、私が使うにはサイズが小さかったので、これまで購入したことはなかった。しかし、A5サイズのものが出ているなら、買わない手はない。

 ほぼ日手帳のオリジナルサイトで購入しようと思ったが、送料がかかることがわかったので、送料無料で配達してくれるAmazonで購入した。ほぼ日手帳を初めて購入して驚いたのだが、何と、専用の手帳カバーが非常に高額なのだ。しかも、種類も豊富である。しかし貧乏性の私は、手帳カバーは自分で用意できると思い、中身だけを購入したのだった。

 ほぼ日手帳カズンを使っている人の動画をYouTubeで探していたところ、何と数多くの海外の人たち(主にアメリカ人)がほぼ日手帳を愛用していることがわかった。日付欄に月や日などの漢字が書かれているというのに、実に楽しそうに使っている。しかも、手帳のデコレーションがプロ並みである。私もこんなふうに手帳を使えたら、手帳ライフをもっと楽しめるのにと思う。こういう動画は、実に刺激的である。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m マスキングテープ、6穴パンチ、シール、バインダーなど、手帳グッズが充実して来ました。それにしても、マスキングテープやシールは購入し始めると切りがないですね。しかも、たくさん持っていても、私の場合、なかなかうまく使いこなせません。ご紹介した動画のように、かわいらしい手帳にするのが夢ですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 2020年8月 | トップページ