« 言語学習あれこれ | トップページ | HOBONICHI TECHO COUSIN 2021を注文してみた »

2020.08.28

Clipbookを注文してみた

言語学習あれこれの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 八月も終わりに近づいていますが、まだまだ残暑が厳しいですね。九月になっても、しばらくは暑さが続くのだとか。エアコンとの付き合いが長くなりそうです。引き続き、三密を避けて過ごして行きたいものですね。


 文月のふみの日に生まれ、書くことが大好きだった私が、ここ数年はほとんどと言っていいくらい書けなくなってしまった。この「ガンまる日記」も、以前は毎日欠かさず更新していたのが、まるで嘘のようだ。人気YouTuberのマナブさんが、ブログを千日書き続けたとおっしゃっていたが、私は確か二〇〇四年二月にこの「ガンまる日記」を書き始めてから、おそらく十年近くもの間、毎日書き続けたはずだ。

 二〇一三年に母が他界したとき、私の価値観が大きく変わった。「ガンまる日記」を毎日更新することよりも大切なことに目を向けるようになった。同時に、ソウルメイトやツインソウルについての興味も一気に薄れた。

 ただ、私は元来、書くことが大好きだったはずで、書きたい気持ちは失われてはいないはずだった。それなのに、更年期障害の時期とも重なって、書くことが難しくなってしまったのだ。

 そんな私に刺激を与えてくれたのが、バレットジャーナルやシステム手帳などを自分なりにカスタマイズしている人たちが公開しているYouTubeの動画だった。書くことが好きだった私は、かつては何冊もの手帳を持ち歩く、大変な手帳好きでもあった。しかし最近は、更年期障害によるエネルギー不足のせいで、手帳を買ってもほとんど書くことができていなかったのだ。たっぷり書きたい欲求に駆られて購入した一日一ページ仕様の手帳(マンスリー手帳やウィークリー手帳では満足できなかった)も、今、めくってみると真っ白なページが多い。手帳に書くことが少なくなってしまったため、自分自身を見失っているようにも感じる。手帳に何か書くことは、自分自身と向き合うことだとも思う。何とか書くことで、自分自身を取り戻せないだろうか。

 幸い、なかなか書けなくても、手帳への情熱はまだ失われていないようで、YouTubeの動画を見ていると、とてもわくわくした。若かりし頃の私は、リング内経の大きいシステム手帳をわざわざ探して使っていたものだった。再びシステム手帳を使ってみようかなどと思い始めたとき、Clipbookという手帳の存在を知った。おおお! これだ! と私は思った。バイブルサイズのシステム手帳では、本当に書きたいことが見つかったときに、書き切れないと思っていた。ClipbookはA5サイズのシステム手帳で、しかも、自分の好きなようにどんどんカスタマイズできるらしい。


 

 既にClipbookを愛用されている方の動画も紹介しておきたい。

 自分の好きなものをパウチしてパンチを開けて、どんどんClipbookに挟んで行く。ここしばらくは、差し替えの効かない手帳を使っていたので、自由に取り外したり、中身を増やしたりできるリング付きのシステム手帳には心が躍る。しかも、私のように頭の中にいろいろなものがごちゃごちゃとたくさん詰まっているタイプの人には、頭の中を整理するのにもってこいの手帳だ。

 早速注文してみた。マスキングテープも、つい最近までは、「一体何に使うのだろう?」などと思っていて、一度も購入したこともなかったが、こんなふうに自分の手帳を飾ることができるのだとわかったので、いくつか購入してみた。もちろん、シールもたっぷり購入し、いろいろなものを手帳に挟むために使用するA5サイズ用の六穴パンチも購入した。おそらく、手帳を自分用にカスタマイズして行く時間は、自分自身とじっくり向き合う貴重な時間にもなることだろう。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今の私は、書くことからすっかり遠ざかり、自分をあまり表現できていない時期にあると思います。Clipbookで書きたい自分を取り戻せたらいいなと思っています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 言語学習あれこれ | トップページ | HOBONICHI TECHO COUSIN 2021を注文してみた »