« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020.07.28

ホットヨガ(六七八回目)

海外ドラマ『アウトブレイク-感染拡大-』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日からテレワークに戻りました。足の筋肉を劣化させないために、仕事が終わってからルーフバルコニーを歩き回りました。しかし、やはり外に出て歩いたほうがいい気がします。西日本はそろそろ梅雨明けですが、東日本はまだ雨の地域が残るようですね。私たちの住んでいる地域は、今は雨上がりでとても涼しいです。夜にこれくらいの気温になるなら、まだ過ごしやすいのですが・・・・・・。さて今回は、久し振りにホットヨガの記事をお届けしたいと思います。現在、ホットヨガは感染予防のために休会中ですが、これまで受けたレッスンの記事がかなり溜まっていますので、少しずつお届けして行きます。


 去年の二月十七日日曜日(一年以上前に下書きをした記事です)、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。二月後半だというのに、この日のレッスンが、私にとって二月初めてのレッスンとなった。

 日曜日には出掛けたくなかったのだが、ガンモが前日の土曜日に休みだったことと、トップインストラクターの特別レッスンが行われるというので、レッスンを予約していたのだ。ところが、トップインストラクターの予定が変わり、そのレッスンが次の週に持ち越しになってしまった。とは言え、私としては月五回分のレッスン代金が毎月銀行から引き落とされているので、レッスンに出掛けるしかなかった。本当は、自宅でのんびり過ごしたかったのだが、支払っている月会費のことを考えると、それもままならない。

 レッスン前に体重計に乗ってみたところ、ここ最近の食べ過ぎで一キロ太っていた。思えば、ここのところ三週続きでキャンプや旅行に出掛けていた。旅行に出掛けると、ついつい食べ過ぎてしまうのである。

 レッスンを担当してくださったのは、大阪のM店のトップインストラクターで、レッスンの参加者は十四名だった。いろいろな意味で熱い(暑い)レッスンとなった。

 東京からもトップインストラクターが来られているようで、にぎやかにカウンセリングが開催されていた。それにしても、皆さん、良く続くなあと思う。私はそろそろカウンセリングも脱落気味である。というのも、せっかくカウンセリングを受けても、それを実践する時間がなかなか取れないからだ。学んだことを自分の中に取り込んで行くには、自分の意志で実践しないと意味がないとも思う。

 レッスン中、やはり暑くなってしまったので、しばらくロッカールームでくつろいだ。S店のスタジオは、参加者がが多いなあと思いながら・・・・・・。もう少しゆったりとレッスンを受けられるスタジオだといいのにと思うのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 一年以上も経つと、記事を下書きしたときの状況をすっかり忘れてしまっています。この頃は、今のように新型コロナウイルスの感染が広がるなど、考えてもいなかった時期でしたね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2020.07.26

海外ドラマ『アウトブレイク-感染拡大-』

エナジードリンクが必要な理由の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今年の梅雨は、大雨の影響で、非常に大きな被害が出ました。新型コロナウイルスの感染者の数も、東京や大阪を中心に急激に増えてしまっています。以前と比べて大変過ごしにくい時代ではありますが、何とか踏ん張って、生き抜いて行きましょうね。私の足ですが、今月はほぼ出勤となってしまったことにより、これまで使っていなかった筋肉が発達して来たようです。痛みもかなり収まって来ました。もう少し出勤が続きますが、この先、テレワークに戻っても、歩くことを怠らないようにしたいと思います。


Outbreak

 新型コロナウイルスの感染が世界的に広がる直前に制作されていたというカナダのドラマを観た。通常ならば、こうしたドラマを観ても、「現実離れした、造られたものである」というイメージを持つことが多いのだが、「まさしく今、私たちはこの新型コロナウイルスと戦っており、ここに描かれている内容がそのまま私たちの現実なのだ」という感想を抱いたのは、今回が初めてであるように思う。

 現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況をもとに作られたドラマではないので、細かい点においては、現状と異なっている部分は多い。例えば、感染が世界的に広がっているわけではなく、比較的少数の国に留まっていること、それだけに、感染が収束する時期も早かったことなどである。むしろ私たちが現在、置かれている状況のほうが、より深刻であると言える。

 加えて、違和感を覚えたのは、マスクを着用することの大切さが、それほど浸透していないところである。現在は、これまでマスクを着用する習慣のなかった国でさえ、多くの人たちが感染予防のためにもマスクを着用している。しかし本作では、感染を疑われる患者が病院でマスクを支給されても、自分にフィットしないからという理由で外してしまったり、患者と同居する人がマスクを着けていなかったりもする。もともとマスクを着用する習慣のない国で制作されたドラマなので、そのあたりは仕方がないのかもしれない。

 ただ、伏線として描かれている人間ドラマが非常に素晴らしい。本作には、人間のエゴが数多く描き出されている。例えば不倫であったり、脱税であったり、盗んだものを高値で売ろうとする行為であったり、治療に有効な特効薬を適用する患者の対象を操作することであったり・・・・・・。

 また、感染の専門家と政府の間に立ちはだかる温度差も描かれている。感染拡大を防ぐために、素早く行動しようとする感染の専門家と、のんびりした政府とのやりとりを見た私は、「知らないということは罪なのではないか」とさえ思ったほどだ。指揮を取る人と専門家がイコールではない場合、どのような分野においても、こうしたことは起こり得る。その場合、指揮を取る人は、専門家を信頼する必要があると私は思う。

 本作から学べることは、感染の専門医が手を念入りに洗っていたことだろうか。職場でも、自宅でも、彼らは念入りに手を洗っている。その習慣は、同居する家族にも浸透している。しかもカナダだというのに、感染の専門医は、自宅の玄関で靴を脱いで家の中に入っている。こうした描写は、自宅の玄関で靴を脱ぐ習慣のない国の人たちにとっては、感染を予防するために、重要なヒントになるのではないかと思う。

 このドラマで新型コロナウイルスが収束したように、私たちのいる現実社会においても、収束して欲しいと願うばかりである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「これをしないほうがいいだろう」ということを、既に経験から知っている私たちにとっては、少し違和感を覚えるシーンもあるかもしれません。しかし、やはり西洋の社会は、日本よりもスキンシップが多い気がします。感染者の数が異なるのも、そういうところに原因があるのかもしれませんね。何はともあれ、一日も早い収束を強く願います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.07.09

エナジードリンクが必要な理由

雀に癒される日々の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 大雨の被害が大きい地域にお住まいの皆さん、心よりお見舞い申し上げます。大雨、大型台風、規模の大きな地震と、年々自然災害の被害が大きくなっている気がします。しかも、新型コロナウイルスの感染者の数が再び増えている中での自然災害は、私たちにとって、二重の打撃ですね。これからもまだ雨は降るとのことですので、土砂災害や河川の氾濫など、くれぐれも気を付けてください。とにかく命を守ることを優先して行動して行きたいものです。


 四月下旬にテレワークを始めてから、およそ二か月半が過ぎた。しかしこの度、仕事の都合で職場の機材を使うことになり、今週の火曜日から出勤している。少なくとも来週いっぱいくらいまでは、通勤することになりそうだ。

 通勤を再開してみて驚いたことがある。それは、私自身の体力が衰えてしまっていることだ。職場に出勤する以外では、ときどきガンモと一緒に買い物に出掛けたり、漢方医を受診したりしていたのだが、そのときに何となく感じていたのは、やはり歩くのが困難になりつつあるということだった。テレワークが始まる少し前から膝の痛みを感じるようになっていたのだが、テレワークを始めてからは歩くことが極端に少なくなったため、足の筋肉がすっかり衰えてしまったようだ。

 そのことをはっきりと実感するようになったのは、漢方医を受診するために自転車に乗ったときのことだった。これまで楽とは言えないまでも、ちゃんと自転車で昇ることができていた緩めの坂道を昇れなくなってしまったのだ。仕方がないので、私は自転車を降りて、大きな息をしながら、自転車を手押しして何とか坂道を昇った。しかも、平らな道を走るときでも、ペダルを踏み出す力が圧倒的に足りず、のろのろ運転になってしまうのだった。

 職場に出勤するときも、自宅の最寄駅までは自転車を利用しているのだが、これまでは十分足らずで移動できていたというのに、何と二十五分も掛かるようになってしまった。私はこの事実を受け入れることができず、ひどく衝撃を受けている。

 また、これまで通勤に利用していた電車に乗ったとき、電車が混雑していることにも驚いた。私がテレワークをしている間も、以前の八割くらいの人たちがこれまで通り通勤されていたのだと思うと、頭が下がる想いだった。

 職場の最寄駅から職場までは、これまで徒歩で八分ほどで着いていたのだが、こちらも十五分ほど掛かるようになってしまった。やはり歩くと膝が痛むので、痛みをかばいながらゆっくり歩いてしまうようだ。通勤と職場での移動(トイレやマシン室など)で体力を使い果たしてしまい、帰宅したときには倒れ込んでしまいそうなくらいの激しい疲労感を覚えた。もともと通勤に片道一時間四十五分ほど掛かっていたが、二時間ほど掛かってしまうのだった。そのためには更なる早起きが必要で、これでは身体が持たないのではないかと思った。

 そこで、思い切っていつもよりも一時間早く家を出てみた。睡眠時間を更に削ることになってしまったが、家を早く出てみると、快速列車ではなく普通列車に乗って座って通勤できるので楽ちんだった。普通列車のほうが快速列車よりも空いている上に、窓も開けられて空気の入れ替えも行えるので一石二鳥である。

 ただ、今日で三日目の出勤だが、今度は膝だけでなく、ふくらはぎも痛み始めてしまった。それでも、日を追うごとに、自転車での移動時間は短くなって来ている。足を使うと、衰えた筋肉が蘇って来ているように思える。ということは、足の痛みを取るためには、足の筋肉を使ったほうがいいということなのだろう。YouTubeで見付けた足の痛みを緩和する動画を見て、何とか痛みをしのいでいる。足の筋肉を鍛えるためには、このまましばらく出勤するのが望ましいと思われるのだが、以前よりも通勤に気合がいるので、何とも複雑な気持ちである。

 ちなみに、今日は面白いことがあった。顔なじみの警備員さんが、控室にいらっしゃったというのに、私を見つけるや控室から出て来られて、
「そんなに日焼けして、どこか行ったん?」
と聞いて来たのだ。私は屋外でテレワークをして日焼けしたのだと説明した。職場の同僚も、私のテレワーク焼けを楽しんでくれていた。

 ところで、テレワーク中に読んだニュース記事に、「出勤していた頃は、会社でエナジードリンクを飲むのが日常的だったが、テレワークを始めてからはエナジードリンクを飲まなくなった」と書かれていて、「まさしく、私もそうだ」とひどく納得したものだった。しかし、その理由はすぐにはわからなかった。自宅にはエナジードリンクを冷やしている自動販売機がないからだろうかなどと考えてもみたが、今ならはっきりと答えがわかる。それは、通勤にエネルギーを使い果たしてしまうからだ。他の人たちが私と同じ意見であるとは限らないが、出勤を始めてから再び職場の自動販売機でエナジードリンクを買って、エネルギーを補給したくなってしまうのは事実なのである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m このまましばらくテレワークが続けばいいと思っていたのですが、職場にある機材を使わなければ仕事が進まないため、出勤しています。出勤しても、九十六パーセントほどの人たちはテレワーク中なので、職場が密になることはありません。ただ、東京の感染者数が増えているので、今後、更なる警戒が必要だと思います。東京にお住まいの皆さん、どうかこれまで以上に気を付けてください。特に夏はエアコンを使うと部屋を換気することも少ないので、注意が必要ですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »