« イギリス英語とオーストラリア英語の違いが良くわからない | トップページ | 念願のテレワークが実現 »

2020.04.05

みんなと共有したいこと

イギリス英語とオーストラリア英語の違いが良くわからないの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 東京の感染者数が爆発的に増えて来ました。関西地方も大阪や兵庫で感染が更に広がりつつあります。今のこの状況を頭の中でイメージする度に、世界中の人たちがとてつもなく愛しいと感じます。何とかして生き延びて欲しいです。そこで今日は、今のこの時期に、自宅で過ごすことの大切さを説く動画を共有させていただきます。


 二週間ほど前だったか、私がサポートしているイギリス人Youtuberが動画の中で、「家にいることが他の人の命を救う」と表現していた。イギリスでも新型コロナウィルスの感染が爆発的に広がり、現在ロックダウン中だと思う。そんなイギリスでは、日本よりもずっと早い段階から、外出を控えて自宅で過ごそうという動きがあったようだ。BBC NEWS Japanが公開しているわかりやすい動画を見付けたので、共有させていただこうと思う。

 今の日本の状況は、感染爆発寸前かもしれないと思っている。私はまだ仕事には出掛けている状態なのだが、感染が更に広がっている状況なので、英会話のレッスンはいったん中止(今後はおそらくオンラインレッスンに切り替えることになるだろう)、ホットヨガのレッスンにも通っていない。正直言って、混雑した電車に乗って通勤するのが怖い状況ではある。しかし現実には納期が迫っている仕事があり、仕事を放り出せないのが現状だ。しかも、現在の仕事の内容からも、また仕事の環境面からも、私はまだテレワークができる状況ではない。今後、感染が更に広がり、職場で一斉にテレワークが命じられることになっても、私は何もできないので、断言はできないが、欠勤扱いになるのかもしれない。

 一方、ガンモはかなりの確率でテレワークをしている。私はテレワークが可能なガンモがとてもうらやましいが、やはり一日中家にいると、たまには外の空気も吸いたくなるらしい。しかし、それは贅沢な悩みだと私は思う。

 先日の金曜日に残業をしたあと帰宅している途中に、居酒屋帰りと思えるような集団に出会った。彼らはJR三宮駅前で、マスクも着けずに陽気に立ち話をしていた。今の日本のこの状況で、まったく危機感のない人たちだと感じた。

 そうした日本人の危機感のなさに強く警鐘を鳴らす動画が公開されている。動画をアップしたのは、ニューヨーク在住のシングルマザーだそうだ。ニュースで話題になっていたので、こちらの動画も共有させていただく。

 とにかく、外出を最小限に控える生活が今はとても重要であることが良くわかる。何故なら、BBC NEWS Japanの動画が説明しているように、一人の感染者が複数の人を感染させてしまうことがわかっているからだ。だから私は、私の今の職場が、勤務者全員をテレワークに切り替える決断を下すのを待っている。

 最後に、ポジティヴな感情を保つために、あるサイトで公開されていたカレンダーをご紹介したい。このカレンダーを見ながら過ごすと、滅入りがちな気持ちを上向きにできるかもしれない。


元の記事はこちら

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ここでご紹介した動画を身近な人たちに広めてくだされば幸いです。そうすることで、危機感を共有できると思います。どちらも、ダイレクトに伝わる動画だと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« イギリス英語とオーストラリア英語の違いが良くわからない | トップページ | 念願のテレワークが実現 »