« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020.03.28

イギリス英語とオーストラリア英語の違いが良くわからない

性格の異なる二つの病院の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m しばらくご無沙汰していました。新型コロナウィルスの感染が、国内外で更に広がり、非常に厳しい状況になって来ました。最近は、海外から帰国された方たちが感染してしまっているケースが非常に多いですね。やはり自粛が必要な時期なのだと改めて思います。重症化してしまった患者さんが、家族さえ立ち会えないまま、短期間のうちに亡くなってしまうのはとても悲しいことです。これまでに経験したことのない危機的な状況であると感じます。こんな中でも仕事が忙しい状況にあるのは、非常に馬鹿げていると思っています。私の仕事は、愛に向かう行為ではないのでしょうね。平日は仕事で外出している分、休日は自宅でゆっくり過ごしたいです。そのため、ホットヨガのレッスンにも一ヵ月通っていません。皆さんもどうか気を引き締めて、引き続き、手洗いとうがいを徹底して行きましょうね。ちなみに、私は緑茶を良く飲むようになりました。緑茶には、抗ウィルス作用があるそうですね。


 久し振りに英語に関する記事を書いてみようと思う。ちなみに、最近の英会話のレッスンは、イギリス人講師も私もマスクを着用し、レッスン前に手を消毒してから臨んでいる。イギリス人はマスクを着ける習慣がないので、やはりよほどの状況であると認識されているのだと思う。

 さて、先日、そのイギリス人講師が、A brief introduction to camping in Japan: save Yen and see Japan from a different perspectiveというキャンプに関する記事をメールで紹介してくれた。私がキャンプ好きなのを知っているのだ。

 早速読んで感想を書き、「これはイギリス英語で書かれた記事ですね」と添えてメールで送ったところ、「どうしてそう思ったのか、次のレッスンで教えて」という返事が届いた。

 次のレッスンで、「文章の持つリズムと、文章の中で:(コロン)と;(セミコロン)を使っているからイギリス英語です」と答えたところ、それで大正解だった。イギリス英語のリズムは、そのまま,(カンマ)に現れる。私は他国の英語をあまり良く知らないが、少なくともイギリス人が話をするときは、ところどころ、明らかにわかる区切りを入れる。その区切りが、文章になるとそのままカンマになるのではないかと私は思っているのだ。実は、講師はこの記事をイギリス英語で書かれているとは意識せずに読んでいたらしく、私からのメールを受け取って初めて意識したそうだ。私がこの文章をイギリス英語だと意識したのは、やはり普段からイギリス英語を好む傾向にあるからだと思う。むしろ、英語を自由に操ることのできるネイティヴのほうが、英語に対するこだわりがあまりないのかもしれない。

 ところで私は、オーストラリア英語について、かなり疎いことがわかってしまった。オーストラリア人が話す英語とイギリス英語の区別がつかないのだ。以前、旅先でオーストラリア人が話す英語を耳にしたときも、これはイギリスのどこかの訛りではないかと思ってしまったくらいだ。というのも、イギリスはそれほど大きい国ではないはずなのに、非常に多くのアクセントがあるからだ。もともとオーストラリア英語の始まりは、イギリスで罪を犯した人がオーストラリアに島流しにされたことから始まったと聞いているので、やはり両者は似ているのだと思う。

 実は最近、Canguro Englishというオーストラリア人のYoutubeチャンネルがとても気に入り、度々視聴するようになった。Youtubeで英語を教えている人はたくさんいるのだが、視聴していて、この人は英語を教えるのがとても上手だなと感じる人はそれほど多くはない。しかし、Canguro Englishのクリスチャンは言語ツールとしての英語を教えるのがとても上手であると強く感じる。彼の話し方はとてもゆっくりなので、スピーキング力をアップさせるためにも役立つと思っている。というのも、クリスチャンの話す言葉が、しばらく私の耳に残っているからだ。私は普段、通勤途中にかなり速いスピードのイギリス英語を聴いているのだが、そのスピードだとスピーキング力アップにはまったく役に立たないことがわかってしまった。

 さて、このCanguro Englishだが、恥ずかしながら、私にはクリスチャンのアクセントが完璧なイギリス英語に聞こえてしまう。そこで、英会話のレッスンのときに、イギリス人英会話講師にCanguro Englishを視聴してもらったところ、ものの一秒ほどで「あ、オーストラリア人だ」と言われてしまった。「一体どこが違うの?」と尋ねてみたところと、以下の動画を紹介してくれた。

 説明されても、やはり違いがよくわからない。(苦笑)ただ、イギリス人講師自身が、スコットランドでオーストラリア人に間違えられたことがあるとのことなので、やはりイギリス英語のアクセントとオーストラリア英語のアクセントは似ているのだと思う。これらの違いを聞き分けられるようになることが、私の次なる目標である。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m Canguro Englishはとても良いチャンネルだと思います。英語を教えようとする情熱を感じますね。皆さんも、自宅で過ごす時間が長いと思いますので、Youtubeでお気に入りの動画を探してみるのもいいかもしれませんね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.03.09

性格の異なる二つの病院

今が踏ん張りどころの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。皆さん、元気にお過ごしでしょうか。新型コロナウィルスの感染が百カ国以上に広がっており、ニュースを見る度に国内外の感染者の数が増えていますね。果たしてこの先、一体どうなるのでしょう。今、夏を迎えている南半球でも感染が広がっていることから、日本においても夏が来ればこのやっかいなウィルスが落ち着くといったものではなさそうです。実は、こんな時期に風邪を引いてしまいました。今日は、その経験を通して感じたことを書いてみようと思います。


 普段、風邪など滅多に引かないというのに、よりにもよってこんな時期に風邪を引いてしまった。ここのところ残業続きで睡眠不足だった状態で、ガンモが先に引いた風邪を受け継ぐ形となったのだ。ガンモはほとんど熱が出なかったが、よく咳込んでいた。しかし、今の時期、症状がそれほど重くない場合には、むしろ病院に行かないほうが賢明だという考える人も多い。病院に行けば、別のウィルスに感染する可能性もあるからだ。ガンモも病院に行くべきかどうか迷っていたようだが、熱もなく、次第に回復して来たので、結局は病院に行かず、とうとう市販の薬で風邪を治した。

 私が風邪を引いたのは、ちょうどガンモの風邪が治りかけた頃だった。最初は喉の痛みから始まり、次第に咳、鼻水の症状へと変わって行った。風邪の症状が出たときは出勤してはいけないというルールがあるため、私は職場にメールで連絡をして仕事を休んだ。私も最初は病院に行かずに自宅療養しようと思っていたのだが、やはり普段からほとんど風邪を引かない私は不安になり、自宅近くの病院で診てもらうことにした。ガンモも私も、何かあると、二~三年に一度の割合で受診している病院である。

 私はあらかじめ病院に電話を入れて、自分の病状を伝えた上で、受診してもよいかどうかを確認した。もし私がインフルエンザだったり、新型コロナウィルスに感染していたりしたら、病院のスタッフや他の患者さんにうつしてしまう可能性があるからだ。

 電話口で確認されたのは、今の体温と、新型コロナウィルスの感染が確認されている国への渡航歴だった。私の体温は、その時点では三十六.五度だったので、そのことを伝えた上で、渡航歴もないと答えた。私に熱が出ていないことがわかると、
「では受診してください。もしお持ちでしたら、マスクを着けてお越しください」
と言われた。

 病院に着くやいなや、受付を済ませて体温を測り、問診表を作成した。このとき測った体温は、自宅で計ったのと同じ三十六.五度だった。自宅の体温計は信頼していいのだと安心した。

 診察の結果、私は風邪だと診断された。その時点では熱が出ていなかったためだと思われる。私は心配になり、インフルエンザや新型コロナウィルスの感染は大丈夫かと医師に尋ねてみた。しかし医師は、熱が出ていないので検査はしなくて大丈夫でしょうと言ってくれた。具体的にどのくらいの熱が検査の対象になるのかと尋ねてみると、三十八度からだとその医師は言った。ニュースで報道されているように、三十七.五度の熱が四日以上続いたらという判断基準ではなかったので、少しおかしいと思いながらも、処方された風邪薬をもらって帰宅した。

 職場には、風邪と診断されたことを伝え、熱もないので翌日から出勤すると言ったのだが、あろうことか、その夜に発熱してしまった。幸い三十八度までは上がらなかったのだが、何と三十七.九度まで上がった。これだけの熱が四日間も続けば恐ろしいことになる。私は熱よ下がれ、熱よ下がれと強く願いながら、およそ数十分ごとに体温を測っていた。

 しかし、翌朝になっても熱は下がらなかった。そこで私は、熱が出たのでもう一日休暇を取ると職場にメールで伝えた。体温を測り続けてわかったことだが、体温は一日を通して一定ではなく、夜になると上昇する傾向にあるということだった。そこで私は考えた。三十七.五度の熱が四日以上続くという基準は、夜に計った体温のことを言っているのか、それとも、体温がそれほど高くない朝や昼間に計った体温のことを言っているのだろうかと。インターネットを検索してみたが、良くわからなかった。

 私は手帳に体温を記録して行った。文字だけで記録しても、良くわからなかったので、私はとうとうExcelの機能を使って、自分の体温をグラフ化してみた。すると、前日よりは少し下がっていることがわかった。それでも夜になると体温はまた上昇し、憎らしいことに三十七.五度まで上がった。

 職場の上司は、熱が出ているなら、インフルの検査を受けて欲しいと言って来た。この冬に、職場でインフルにかかった人がそれほど高熱ではなかったという報告を受けていたので、私がそれほど高熱でなくてもインフルの可能性もあると思ったようだ。そして、インフルでない場合は、新型コロナウィルスの検査が不要であるかどうかも医師に判断してもらうように言われた。上司としては、どちらも人にうつる病気なので、私が出勤するなら、「そうでないこと」の確証が欲しかったようだった。

 休暇を取って三日目の朝、私は近所の別の病院に電話を入れた。最初に受診した病院では、三十八度の熱がないとインフルを疑わないとのことだったので、三十七度少しでもインフルの検査をしてくれる病院を探したのだ。その結果、いつもTOEICの検査を受けている大学の近くにある病院で検査を受けられることがわかった。

 その病院に電話を掛けてみると、外来受付は十四時からだと言われた。私はお昼ご飯を食べたあと、その病院へと向かった。インターネット上の評価が高い病院だけあって、とても感じのいい病院だった。

 予定よりも早めに病院に着いたのだが、すぐに受付をしてくださり、早速診察もしてくださった。何と私が受診したのは、「発熱外来」だった。診察の内容もとても丁寧で、最初の病院では受けられなかった触診をしてくださった。私は涙が出そうになった。もしかすると私は新型コロナウィルスに感染しているかもしれないのに、目の色や喉の腫れ具合なども確認してくださり、聴診器も当ててくださった。自分ではあまり意識していなかったが、喉が腫れていたようだった。

 インフルの検査もしてくださり、すぐに結果が出た。ABともに陰性だった。そして新型コロナウィルスについても確認したところ、現時点では検査が必要な状態ではないとのことだった。新型コロナウィルスの検査は、数多くの感染が確認されている国への渡航歴や、それらの地域から来た人と接触したか、三十七.五度以上の熱が四日以上続いているかなどの確認項目に該当している人が受けることになるのだが、私は該当していないと自分でもわかった。該当していなくても、医師が必要だと判断した場合は、検査を受けることも可能なのだが、私を診察してくださった医師は、現時点では検査は必要ないと判断してくださったのだった。

 この結果を職場にも報告し、私は週末も含めて五日間の休暇を取った。そして今日から仕事に復帰したのである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m あとから受診した病院がとても温かかったので、これから何かあったときには、こちらの病院でお世話になろうと思っています。もし、この時期、発熱などの症状で病院を受診される場合には、予め病院に電話を入れたほうがよいかと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.03.01

今が踏ん張りどころ

一人一人ができることの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日から三月に入りましたが、やはり新型コロナウィルス関連のニュースが多いですね。今回の記事も、新型コロナウィルスに関する内容に触れてみたいと思います。


 「新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、ここ一、二週間が勝負」との宣言を受け、世間では、外出を控えたり、時差通勤を実施したりして、人混みを避ける動きが始まった。コンサートなどの中止や延期も報告されている。また、三月から学校が休校になるとのことで、学校関係者や保護者の間では、急な決定に戸惑う人たちも多いようだ。旅行の予定をキャンセルする人たちも増え、旅館やホテルの経営などにも打撃を与えている。たくさんの人が集まる大型娯楽施設もしばらく休業するそうだ。

 私の職場でも、社員の方たちの間では本格的なテレワークが始まり、可能な限りテレワークで仕事をすることになった。テレワークとは、業務用のPCを自宅に持ち帰り、自宅からそのPCを操作して職場のネットワークに接続して仕事をするというものである。テレワークが実現されたとしても、会議や業務で使用するチャットツールが充実しているため、仕事に差し支えることはほとんどない。とは言え、私たち派遣社員は契約上の問題もあり、現時点ではテレワークは実施できないことになっている。そのため、私は今も電車通勤を続けている。

 私の職場では複数のプロジェクトが動いており、一つのプロジェクトの中でテレワークを実施できないスタッフがいると、何かあったときのために社員の方が出勤して対応することになっている。わかりやすく言えば、一つのプロジェクトの中で、派遣社員だけが出勤しているわけではないということだ。私としては、通勤時間が長いので、可能ならばテレワークに切り替えたいところだが、テレワークをするには業務上の様々な手続きが必要で、現在、職場で使っているような大きなディスプレイも足りない状態である。

 感染拡大という非常に大きな痛みを防ぐために、今、日本中のあちらこちらで別の痛みが走っている。特に経済面での打撃は大きい。しかし、感染拡大という非常に大きな痛みを防ぐためには、どの痛みも必要なことだと思っている。学校の休校が決まったとき、私は良くぞ決断してくれたと思った。正直なところ、これまで安倍内閣を支持して来たわけではなかったが、まずは子供たちを守るという決断を下したことに愛を感じた。

 マスク不足の問題も浮上しており、少量の在庫を求めてマスクが高額で売買されていたりする。かくいう私も、eBayでマスクを購入した。通常、薬局などで手に入るサージカルマスクは、手術を行う医師の体液が顔から落ちて手術中の患者に触れないようにするためのものらしい。要するに、マスクの外側から内側に入って来るものを防ぐためのものではなく、マスクの内側から外側に出て行かないように配慮されたものだということだ。それならば、今や高額となってしまったサージカルマスクを購入するよりも、マスクの外側から内側に入って来ないような配慮が施されたマスクを購入したほうが良いのではないかと思った次第である。参考までに、eBayでマスクを検索するためのリンクを貼っておくので、お役に立てば幸いである。私はここで、硬そうなマスクをいくつか購入した。ちなみに、eBayを利用するには、あらかじめPayPalとの契約があったほうがよいと思う。

face mask | eBay

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私には、「ここ一、二週間が勝負」の発言が効いているように感じられます。感染者の増加は抑えられているのではないかと思います。ただ、検査を受けたい人たちの検査が実施できていないという状況もあるので、実際の感染者の数はもっと多いのかもしれません。私も、毎日体温を測るようにしています。また、不必要な外出を避けるために、二月はホットヨガのレッスンを二回しか受けませんでした。とにかく今が踏ん張りどころです。引き続き、感染を抑えるための活動をして行きたいですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »