« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020.01.21

カングーの入院(4)

ホットヨガ(六七三回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は少し身体の調子がいいです。仕事もいつもよりはかどりました。帰宅しても割と元気なので、記事を更新したいと思います。長らくお待たせしてしまいましたが、カングーの入院(3)の続きをお届けします。


 長野で行われたフレンチブルーミーティングから三週間ほど経った、去年の十一月の初めのことである。私たちは三連休を利用して、香川にキャンプに出掛けた。ガンモが小学校の同窓会に参加するというので、私は夜のキャンプ場でお留守番をした。

 カングーの調子は、相変わらず良くはなかった。時々エンジンがかかりにくくなり、ひやっとしたが、何度かリトライするうちにエンジンがかかったので、ガンモは毎回、エンジンをかける前に祈りを捧げるようになった。

 香川でのキャンプのあと、私たちは愛媛にある私の実家へと向かった。そして、私の実家に一泊したあと、兵庫県にある我が家に帰る途中の洲本サービスエリアで休憩を取ったところ、あろうことか、カングーのエンジンがかからなくなってしまった。何度も何度も試してみたが、エンジンが空回りするだけでエンジンはかからなかった。

 ガンモは繰り返し祈りを捧げ、カングーのボンネットを開けてライトで照らしながら中を確認してみたり、しばらく休んだりしながらエンジンがかかるかどうか何度もチャレンジしてみたが、やはりカングーのエンジンはいっこうにかからなかった。

 カングーが動かなくなった洲本サービスエリアは兵庫県にあるのだが、私たちが住んでいるところからは、そのまま高速道路を走っても一時間くらいはかかるはずだ。自宅まであと一時間ほどだというのに、カングーが動かなくなってしまったのはとても残念だったが、あとになって考えてみると、自宅まであと一時間ほどで動かなくなったのだから、実に良いタイミングだったと思う。動かなくなったのは北海道でもなく、長野県でもなく、香川でも愛媛でもなかったからだ。

 私たちは考えた末に、JAFに助けを求めた。何とJAFは、一時間もしないうちに大きなトラックで応援に駆けつけてくれた。大きなトラックに乗っていたのは、私たちと同じ世代くらいのおじさんだった。JAFのおじさんは、本当にカングーのエンジンがかからないのかどうか、何度も確認してくださった。そして、カングーのエンジンがかからないことを確認すると、大きなトラックでカングーを運ぶための準備を始めた。大きなトラックには動かなくなった車を載せるための設備が整っており、初めて見る私は、電動で動くいろいろな仕掛けに感動した。

 JAFのおじさんにより、カングーは手際よくJAFの大きなトラックの上に載せられ、私たちはそのトラックの助手席に乗せてもらって移動した。大きなトラックの助手席はとても見通しが良く、前が良く見えた。おそらく会話に困らないようにするためだと思うのだが、JAFのおじさんはテレビをつけてくれた。

 およそ一時間くらいで自宅近くまで帰って来た。今後、カングーを修理に出すことを考えると、私たちがいつも利用しているマンションの立体駐車場の指定番号の区画の中にカングーを収めてもらったほうが都合がいい。JAFのおじさん自ら、そのことを提案してくださり、そのために、レッカー車の応援を呼んでくださった。というのも、洲本サービスエリアからカングーを運んでくださった大きなトラックはあまりにも大きすぎて、途中で曲がり角がある私たちのマンションの敷地内には入れないからだ。そこで、近くのコンビニの駐車場でレッカー車の運転手さんと待ち合わせをすることになった。

 私たちのほうがコンビニの駐車場に先に着いたので、そこでしばらくレッカー車の到着を待った。少し待つと、JAFのレッカー車が到着した。レッカー車を運転するのは、JAFのおじさんよりも少し若いお兄さんだった。JAFのおじさんが、大きなトラックからカングーを手際よく下ろすと、今度はJAFのレッカー車のお兄さんが、カングーをけん引するために、カングーのお腹の下あたりを引っ張るように手はずを整えた。

 マンションの立体駐車場では、エンジンのかからない状態のカングーを手で押して車庫入れする必要があった。そのため、大きなトラックに乗っていたJAFのおじさんもマンションまで来てくださることになった。

 ガンモはレッカー車に乗せてもらい、私は再びJAFのおじさんの運転する大きなトラックに乗せてもらって、コンビニの駐車場を出発して、私たちの住むマンションまで移動した。

 マンションに着くと、カングーをけん引するレッカー車だけがマンションの敷地内に入った。JAFのおじさんは大きなトラックをマンションの近くに停車させて、歩いてマンションの敷地内まで入って来てくださり、動かなくなったカングーを手で押して、マンションの立体駐車場の所定の場所に駐車してくださった。

 こうして、エンジンのかからなくなったカングーは、三人ががりでマンションの駐車場に収められた。私たちはJAFのおじさんとお兄さんに厚くお礼を言って自宅に戻った。時計を見ると、もうすぐ日付が変わろうとしている時間だった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私の実家から兵庫県の我が家に帰って来る途中で、とうとうカングーが動かなくなってしまったのでした。すべての目的を達成したあと、あと少しのところで動かなくなってしまったことから、カングーは力尽きるまで、ものすごく頑張ってくれていたのかなと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.01.20

ホットヨガ(六七三回目)

二〇二〇年のえべっさんの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 年が明けても、なかなか記事を更新できないでいます。(苦笑)暖冬のせいか、札幌にはあまり雪がありませんでした。札幌雪祭りは予定通り開催されるのか、少し心配になってしまうほどでした。さて、ホットヨガの記事がかなり貯まってしまっています。一年以上も書き溜めているので、少しでも更新して行きたいとは思っていますが、やはり更年期障害のせいでなかなか行動が伴いません。(苦笑)


 二〇一八年十二月二十三日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、カウンセリングと六十分のベーシックコースのレッスンを受けた。

 まずカウンセリングだが、この日は、かつて東京のG店のスタジオでカウンセリングを担当してくださったトップインストラクターが来店されていたので、まずはそのトップインストラクターのカウンセリングを受けた。

 東京のG店のトップインストラクターは、ざっくばらんな方だがとてもカリスマ的な存在で、大阪のU店のトップインストラクターと大の仲良しなのである。

 エレベータを降りると、どういうわけか、大阪のU店のトップインストラクターの姿が目に入った。「あれ? 今日は来店されるご予定ではなかったはずだが・・・・・・。さてはお休みの日なのに来られているのだな」と思い、ご確認させていただいたところ、やはりお休みなのにS店のスタジオに来られていたのである。以前からツーショットで拝見したいと思っていたので、ようやく願いが叶ってとてもうれしかった。

 私は大阪のU店のトップインストラクターに、私自身は仕事を通して、お二人ほど仲良くなれる人に出会っていないと言った。これは以前から思っていたことである。だからお二人は、ヨガをするために生まれて来た方たちなのだろうと思っている。

 さて、東京のG店のトップインストラクターの三十分枠のカウンセリングを受けた。

 私は肩凝りが人一倍、二倍? いや、三倍もひどい。そのことを知った東京のG店のトップイラクターが私の肩をほぐす方法を教えてくださるとのことで、思い切って、高額なチケットを購入したのである。しかしその後、東京のG店のトップインストラクターが何度もS店のスタジオに来られているというのに、私の予定が合わず、半年ほど先送りさせていただいていたのだ。そして、今回が初めてのカウンセリングとなったわけだ。

 カウンセリングの詳細についてはここに書けないが、どのトップインストラクターから手解きを受けても、毎回、目から鱗の連続である。通常のレッスンのときは、インストラクターたちが導く内容を自己流に解釈し、自己流のポーズを取ってしまいがちなのである。トップインストラクターから、このポーズは本当はこのように取るべきだと教わる度に、仰天するのである。

 あっという間に三十分のカウンセリング時間が過ぎた。私はトップインストラクターにお礼を言って、ロッカールームに戻った。そのあと六十分のベーシックコースのレッスンを受ける予定だったが、一時間ほど時間があったので、ロッカールームでくつろいでいた。

 そして、六十分のベーシックコースのレッスンを担当してくださったのは、受付などでしばしばお話させていただくインストラクターで、レッスンの参加者は十名だった。

 トライアルレッスンを受けられている方が私の隣のヨガマットにいらっしゃったのだが、どこか他のスタジオでヨガをされていたのか、ポーズがとても美しかった。

 三十分のカウンセリングを受けて肩ほぐしを行ったあとだったからか、いつもとは身体が違う気がした。しかし、私の肩凝りはまだまだ頑固なのである。

 ちなみに今回は、朝九時からレッスンが開催されていた。関東地方では、朝九時からレッスンが開催されていることがあるのだが、S店のスタジオで開催されるのは希である。朝のうちにヨガのレッスンを受けてすっきりしておいて、午後からは自分の予定をこなすことが可能なので、朝の早い時間のレッスンは大歓迎である。しかし、この日、私はこの時間帯にカウンセリングの予約をしていたので、残念ながら、そのレッスンは受けられなかったのが残念である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 一年以上も前のことですが、こうして下書きの記事を読み返してみると、当時のことが少しだけよみがえります。この頃から比べると、私の肩凝りは少しマシになっていると思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2020.01.12

二〇二〇年のえべっさん

ホットヨガ(六七二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまた更新期間が空いてしまいました。皆さん、遅ればせながら、新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。今年は二〇二〇年で、英語ではTwenty Twentyと言い、何となくゴロがいい感じです。東京オリンピックの年でもありますね。今年こそは、自然災害の少ない良い一年になるよう願っています。さて、三連休ですね。私たちは、三連休に有給を一日足し込んで、昨日からまたまた北海道に来ています。去年の夏は長距離フェリーに乗って、カングーで北海道を走り回りましたが、今回は飛行機を利用しました。さすがに三連休とあって、飛行機はほぼ満席の状態でした。今、札幌にいますが、やはり寒いです。皆さんも素敵な三連休をお過ごしくださいね。


 先週の金曜日、西宮神社の十日ゑびすに参拝して来た。十日ゑびす(通称、えべっさん)は、関西地方で行われている商売繁盛を祈る参拝の風習で、私も関西に移住してから初めて知ったものである。毎年たくさんの人たちが、ゑびす神社と名の付く神社に参拝する。最初のうちは慣れなかったが、最近ではえべっさんの時期になると、何故か心が躍るようになって来た。

 えべっさんでは、一年前に購入したお札や福笹を奉納して、新しいお札や福笹を購入することになるため、私は古い福笹を持参して出勤した。福笹には鈴が付いているので、私が歩くたびに鈴が鳴った。また、手提げカバンから福笹が少し顔を覗かせているのも心地よかった。一日の仕事を終えた私は、ガンモと西宮神社の近くで落ち合って、一緒に境内へと向かった。

 やはり金曜日の夜ということもあり、西宮神社はたくさんの参拝客で賑わっていた。毎年そうなのだが、えべっさんの最寄駅である阪神西宮駅前や西宮ゑびす神社の周辺で、どういうわけかキリスト教の教えを説く言葉が大きなスピーカーから流れている。複数の人たちがメッセージ性を含んだ大きな看板を持って立ち、スピーカーを使ってキリストの教えを説いている。まるで、演歌歌手のコンサートにやって来た人たちに、ロック歌手のコンサートのチラシを配ろうとしているかのようだ。

 西宮神社の境内に入るまでは、警察による入場規制が行われていた。境内に入場してからも、本殿まで百メートル以上も長い列に並ぶ。境内に入ってから私たちがすることと言えば、古い福笹を奉納して、本殿の前で手を合わせてお賽銭を投げて、おみくじを引くことだ。

 このおみくじが毎回不思議で、どういうわけかおみくじに書かれている通りの一年になる。大殺界の運気だった二年前に私は凶を引き当て、大殺界が終わった去年は末吉を引き当てた。そして今年出たのは半吉だった。

(撮影:ガンモ)

 悔しいことに、ガンモが引き当てたのは大吉だった。私が半吉でも、ガンモが大吉なので、きっといい一年になることと思う。

 ちなみに、あまりきれいな動画ではないのだが、実際に参拝したときの様子を撮影したものを編集してYouTubeにアップしたので、関西地方のえべっさんの雰囲気を感じてくだされば幸いである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 運気には波がありますよね。凶、末吉、半吉と続きましたので、来年は吉だろうと期待しています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »