« ホットヨガ(六七一回目) | トップページ | ホットヨガ(六七二回目) »

2019.12.22

カングーの入院(3)

ホットヨガ(六七一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 前回の記事を書いてから、ずいぶん時間が経ってしまいました。今月始めの週末は、ガンモと秋田に出掛けていました。なまはげの実演を見て、地方独特の文化の面白さを感じました。それでは、カングーの入院(2)の続きをお届けしたいと思います。


 ホテルに一泊して、チェックアウトしたとき、果たしてカングーのエンジンがかかるかどうか心配だったが、問題なくエンジンがかかったので、そのままフレンチブルーミーティングの会場へと向かった。そして、そこで二時間半ほど過ごしたあと、次なる目的地へと向かった。そのときも、カングーのエンジンがかかるかどうか不安だったが、もしもエンジンがかからなくなったとしても、そこはフランス車のオーナーたちが集う会場だったので、エンジンに詳しい人が助けてくれるのではないかと期待していた。しかし、そんな心配も不要なほど、カングーのエンジンは無事にかかり、私たちはフレンチブルーミーティングの会場をあとにした。

 少し観光して、途中で昼食も取った。カングーの調子が思いのほか良かったので、その後は当初予定していた通り、山道をくねくね登ったところにある無料のキャンプ場へと向かった。この記事を書くきっかけとなった出来事を思い返せば、このキャンプ場に向かったのはかなり無謀だったと思える。何故なら、キャンプ場に続く山道は対向車も受け付けないほど狭く、市街地からも離れていたからだ。

 そこは知る人ぞ知る景色の美しいキャンプ場で、日曜日であるにもかかわらず、数組の利用客がいた。私たちはそこに一泊した。翌日、荷物をまとめてキャンプ場を引き上げるときも、カングーのエンジンは無事にかかった。そして、日帰り温泉にも寄って、帰りの高速道路で休憩をしたあともカングーのエンジンはかかり、何とか無事に帰宅することができたのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 思い返してみると、かなり無謀なことをしたと思います。それでも無事に帰宅できたのは、奇跡と言えるかもしれません。(苦笑)記事はまだ続きます。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(六七一回目) | トップページ | ホットヨガ(六七二回目) »