« 映画『レジェンド 狂気の美学』 | トップページ | カングーの入院(3) »

2019.12.02

ホットヨガ(六七一回目)

映画『レジェンド 狂気の美学』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 早くも十二月ですね。この時期は非常に多忙な時期でもあります。そろそろ年賀状の準備もしなければならないのですが、まだ手付かずです。(苦笑)ひとまず、年末に帰省するための高速バスのチケットは確保しました。ガンモは仕事があるため、年末年始は別々に過ごすことになりそうです。


 去年の十二月八日土曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。

 ガンモが仕事に出掛けたので、私もホットヨガのレッスンを受けることにしたわけだが、この日は東京からカリスマインストラクターが来られて、レッスンの合間に身体をほぐすための極意を教えてくださることになっていた。たまたまインターネットでレッスンの予約をしたときにこのことに気づいた。無料と書かれていたので申し込んでおいた。

 そして、一本目のレッスンを受ける前にその手解きを受けた。もっと開脚できるようになるための極意だ。開脚し辛くなる原因とその対策をうかがって、とにかく驚いた。それを実践すると、実際に私の開脚率も広がった。

 その後、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンを受けた。ほぐしのレクチャーのあとだったので、何だか自分の骨盤の位置が変わっているのに気がついた。普段、私の骨盤はきれいに立ってはいないが、ほぐしのレクチャーを受けたことにより、立つようになったのだろうか。あるいは、ほぐしの効果が効いて、骨盤が柔らかくなったために骨盤が立っていることを実感できるのようになったのかもしれない。

 肩凝り解消ヨガのレッスンを担当してくださったのは、大阪のM店のトップインストラクターで、レッスンの参加者は十三名だった。スタジオ内はやはり暑くなっていたため、私は二回ほどスタジオの外に出て休んだ。

 東京から来られたカリスマインストラクターのことが気に入ったので、髪型を真似てみようかなどと思った。カリスマインストラクターみたいにかっこよくなれるかもしれない。とは言え、私の身体はあちこち硬い。今はそれを改善して行かなければならないと思った。

 レッスン中、私の隣のヨガマットでポーズを取っていた方が、いつの間にかいなくなっていた。ヨガマットの上にバスタオルを残したままで、しかもレッスンの早い時間だったので、そのうち帰って来られるだろうと思っていたのだが、とうとう帰って来なかった。体調が悪かったのかもしれない。

 さて、このあともう一本受ける予定だ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ホットヨガの記事が溜まり過ぎていて、ついに一年前の内容をお届けすることになってしまいました。自分の書いた下書きの記事を読みながら、このとき、東京から来られたトップインストラクターは誰だったのだろうと思い返しています。しかも、このとき受けた手解きが、その後の私のヨガライフにまったく活かせていないことに驚きました。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『レジェンド 狂気の美学』 | トップページ | カングーの入院(3) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六七一回目):

« 映画『レジェンド 狂気の美学』 | トップページ | カングーの入院(3) »