« 私たちの夏休み(後編) | トップページ | 修理のために、Gemini PDAをロンドンに送った(7) »

2019.10.22

修理のために、Gemini PDAをロンドンに送った(6)

私たちの夏休み(後編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 台風20号は温帯低気圧に変わりましたね。台風21号も、当初のルートからは外れて来ている気がします。この調子で、日本に影響を与えないで欲しいものです。さて、ロンドンに修理に出しているGemini PDAについて、動きがありましたので、修理のために、Gemini PDAをロンドンに送った(5)の続きをお届けしたいと思います。


 Planet Computersから指定された通りの内容を送付ラベルに記載してGemini PDAを再送付してからも、私は自分の荷物が無事にPlanet Computersに届けられるかどうかを追跡していた。すると、送付してからわずか五日で、いきなりステータスがDelivered(配達済)に変わった。

(イギリスのParcel Forceサイトでの追跡内容。下が古い情報)

 私はあまりもの速さに驚き、最初は何かの間違いではないかとさえ思った。Parcel Forceのサイトで詳細を確認してみると、以下のようなコメントを確認することができたので、確かに配達されていると確信することができた。

 日本郵便のサイトで、私の荷物の配達状況が確認できるまでに少し時間が掛かったのだが、のちに日本郵便のサイトでも、私が送った荷物が無事に先方に配達されたことが確認できた。

(日本郵便の追跡情報。上が古い情報)

 それにしても、十月三日の深夜に地元の郵便局で荷物の受付をしてもらい、十月八日の午後にはロンドンのPlanet Computersに配達されているのだから、素晴らしい速さだ。このことで、私は理解した。前回、送付したときと、今回、送付したときの違いは、国際EMSの「内容品の詳細な記載」の欄に、Planet Computersから指定された内容を正確に記載したことだけである。おそらくだが、荷物を受け取るのにお金が掛かるとなると、カスタマーサポートとのやりとりを通じて送付されたものしか受け取らない仕組みになっているのではないだろうか。すなわち、カスタマーサポートから示された内容が、送付側と受け取り側との暗号のような役割を果たしており、その暗号が書かれているもののみを受け取っているのではないかと思われる。という結果が出たので、今後、Planet Computersにスマートフォンの修理を依頼される方は、メールに書かれているIMPORTANT:で始まる内容をアレンジせずに指定された通りに記載したほうがよいだろう。

 私の荷物が届いてから数日経った頃、Planet Computersからメールで連絡が来た。
「あなたのデバイスのキーボードを見せてもらいましたが、修理はできないので、ユニットごと交換します。来週頭(すなわち今週のこと)には送付できると思います。」
と書かれていた。そして今朝、キーボードユニットの交換を終えて、私のGemini PDAがUPSで発送されたと新たな連絡が来ていた。今週中には、修理を終えたGemini PDAを受け取ることができそうだ。 

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今週中にはキーボードが使えるようになったGemini PDAが私の手元に届くことになりそうです。Cosmo Comunicator(Gemini PDAの後継機)の日本発売前で良かったと思います。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 私たちの夏休み(後編) | トップページ | 修理のために、Gemini PDAをロンドンに送った(7) »