« 私たちの夏休み(前編) | トップページ | ホットヨガ(六六八回目) »

2019.09.17

修理のために、Gemini PDAをロンドンに送った(4)

私たちの夏休み(前編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日、北海道からフェリーで無事に帰宅しました。楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまうもので、悲しいことに、今日から仕事でした。北海道で過ごした夏休みについて、いろいろ積もる話もありますが、それらについてはまた後日書きたいと思います。北海道で夏休みを過ごしている間に、修理を依頼しているGemini PDAのステータスが変化しました。そこで今回は、修理のために、Gemini PDAをロンドンに送った(3)の続きをお伝えしたいと思います。


 私は毎日のように、Parcel Forceの追跡サイトをチェックしていた。しかし待てど暮らせど、修理のために、Gemini PDAをロンドンに送った(3)の記事でお伝えしたときのステータスから、いっこうに変化する気配がなかった。荷物の受け取り部門に、私の送った荷物に対して関税を支払うように連絡してくれたPlanet Computersのカスタマーズサポートの方からも、また近いうちに連絡すると言われていたにも関わらず、一週間、音沙汰なしの状態だった。

 そろそろ気合を入れて、次のアクションを起こさなければならないと考えながら、いつものようにParcel Forceのサイトをチェックしていたところ、何とステータスが変わっていた。えっ??? そこには何と、「関税が支払わなかったため、送り主に返送しました」と書かれていたのだ。しかし、私はすぐに冷静になり、「やっぱりそう来たか」と思い直した。というのも、日本から送った荷物がなかなか配達されないので、同様のケースがないかインターネットで情報を集めていたところ、関税が支払わなければ、荷物は送り主に送り返されるという記事を読んでいたからだ。

こちらは、イギリス側の追跡情報(下が古い情報)

 試しに日本のサイトで確認してみると、やはり私が送った荷物は、送り主である私に返送されていた。

こちらは日本側の追跡情報(上が古い情報)

 修理のために、愛用していたGemini PDAをロンドンにあるPlanet Computersに送ってから早くも一ヵ月が経過した。関税の支払い待ちのステータスがまったく更新されなかったため、一体どうなっているのかわからない状態ではあった。しかし、こうして動きがあったことで、正直なところ、安心できた。私の送った荷物が紛失されたわけではなかったからだ。

 ところで、何故、私が送った荷物が関税の支払いが行われないまま私のところに返送されることになってしまったのか。その理由について、実は思い当たるフシがあった。

 最初にPlanet Computersに問い合わせをしたときに、「では、デバイスをこちらに送ってください」と案内されたメールの中に、梱包の仕方や送付時のラベルに記載する内容が注意事項として細かく書かれていた。しかし私は、その注意事項の一部を自己流に改造して、国際EMSのラベルに記載してしまったのだ。しかも、Planet Computersからは、荷物の中身の金額をUS $指定で書かれていたのでその通りに記載していたというのに、郵便局の方に日本円で記載するように言われたので、その場で日本円に書き換えてしまったのだ。おそらくだが、私が送った荷物がイギリスに着いたときに、ラベルに書いた日本円の単位がポンドとして扱われてしまい、ひどく高額のものを送付したことになり、関税が高額になってしまったのではないかと推測している。というのも、荷物の中身の値段を日本円で書いたのに、ポンドとして扱われたという記事をどこかで読んだからだ。

 もしそうだとすると、私のミスなので、Planet Computersに連絡を入れておいた。「私のデバイスは、私宛に返送されたようなので、届いたらもう一度送ります。私が荷物の中身を正しく指定しなかったからだと思います。お手数をおかけしてすみません」と・・・・・・。私の担当のPlanet Computersのカスタマーサポートの方からは、すぐに返事が返って来た。せっかく送ったデバイスが返送されてしまったことに対し、何だか気の毒がられてしまった。おそらくだが、こうして修理の受付をしてくれるということは、Planet Computersには修理を求めて世界中からデバイスが届く状況にあるわけで、関税もバカにならないので、ある一定額を超える関税は支払わないようにしているのではないだろうか。

 私のGemini PDAは、まだ私の手元には戻って来ていない状況だが、それも時間の問題である。そして、今度はPlanet Computersから指定された通りにラベルに記載し、やはり国際EMSで再送しようと思う。荷物の追跡ができるのは有難いし、おそらくDHLで送るよりも格安だからだ。これで無事に届けば、私のラベルの書き方がまずかったことが証明されることになる。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私のGemini PDAは長い旅をしています。持ち主が旅好きなので、きっと持ち主に似たのでしょう。それにしても、たった2400円の送料でロンドンまで行って戻って来るのでしょうか。それとも、返送料を請求されるのでしょうか。またご報告しますね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 私たちの夏休み(前編) | トップページ | ホットヨガ(六六八回目) »