« 映画『異人たちとの夏』(三回目?) | トップページ | ひたすらトイレに並んだ日 »

2019.08.21

ホットヨガ(六六五回目)

映画『異人たちとの夏』(三回目?)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は久し振りに、英会話のレッスン以外で仕事を定時に上がることができたので、仕事帰りにガンモと待ち合わせをして、回転寿司に寄って帰りました。やはり待ち合わせをして、一緒に晩御飯を食べて帰るのはいいですね。仕事はまだまだ忙しい状況ではありますが、ひとまず、私だけが深夜の帰宅、という状況からは脱することができそうです。それでは、ホットヨガ(六六四回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けたのは、六十分のベーシックコースのレッスンだった。レッスンを担当してくださったのは、京都のK店のスタジオの店長さんで、レッスンの参加者は十五名だった。レッスンの参加者がいつもよりも多かったのは、おそらく月末だからだと思う。

 レッスン中、やはり暑くてたまらなかった。そのため、いつもよりもスタジオの外に出て休む回数が多くなってしまった。今の私の身体には、本当にホットヨガのレッスンが役に立っているのだろうか。カウンセリングであれば役に立っていると言えるのだが、通常のレッスンはあまり役に立っていない気がしてならない。常温のレッスンでないと続かない気がするのだ。

 トイレに、ホットペッパーにクチコミを投稿すると、プレゼントがもらえるという企画の案内があった。スタジオの雰囲気などを投稿して、その画面をスタッフに見せると、プレゼントがもらえるらしい。それならば、この「ガンまる日記」そのものがクチコミで成り立っているのではないだろうかと密かに思った私である。ただし、私が書いていることは、決して良いことばかりではない。

 そう言えば、その昔、まだ神戸店のスタジオがあった頃、スタッフがこの「ガンまる日記」を読んでくださっていた。しかし、今はどうなのだろうか。「ガンまる日記」をスタッフにアピールしたこともないし、尋ねてみたこともない。

 レッスンのあと、東京から来られたトップインストラクターのカウンセリングを受けた。予定よりも十五分早い時間に、「今からだと二枠(要するに十五分ではなく三十分)のカウンセリングが受けられる」とご案内いただいたので、お願いした。私自身もなかなかカウンセリングを受けられない状態だからだ。

 カウンセリングでは、またしても驚くべきことを教わった。私には、普段の生活で使っていないところが確実にある。カウンセリングでは、そういう使っていないところを伸ばしたり、使ったりする方法を教わる。しかし普段、使っていないだけに、教わっても教わっても、すぐに忘れてしまう。特に、どこに力を入れるかということから始まって、普段とまったく違うところを動かすということは、思いもつかない動かし方になってしまうのだ。

 私はやはり、肩凝りが極端にひどいらしい。肩の周辺の骨が使われずに固まってしまっているのだ。トップインストラクターに言われてもなかなかできない動作が、「肩甲骨を広げる」と「あばらを閉める」である。言葉の意味はわかるのだが、具体的にどのようにしたらいいのか良くわからない。そのあたりが私の大きな弱点なのだ。

 そんな私の状況をご覧になり、トップインストラクターが関東では実践を始めているという新しいプログラムを私にご紹介くださった。しかし、現在、私が購入しているチケットとは別エントリーになるらしく、新たなチケットの購入を勧められた。私はこれ以上、高額チケットを購入すると、さすがにガンモに怒られるので断った。

 こうした高額のカウンセリングチケットについての問題点についても、トップインストラクターからうかがった。関東地区では、比較的近いところに他の支店があるので、いつもレッスンを受けている支店でカウンセリングを受けられなくても、別の支店に足を運んでカウンセリングを受けることが容易なのだそうだ。しかし、関西地方はそうは行かない。一日のうちにスタジオを梯子したことはないのでわからないが、S店のスタジオから大阪のU店のスタジオまで、徒歩も含めると一時間は掛かると思う。京都のK店までは一時間半くらいは掛かるだろう。そのため、自分の希望の日にカウンセリングが受けられなかった場合、そのトップインストラクターがまだ関西地方にいらっしゃるとしても、例えば普段、S店のスタジオに通っている人が京都のK店でレッスンを受けるのは、一大決心が要るのだ。

 それには、交通事情もあると思う。私自身も東京に住んでいたことがあるので良くわかるが、関東地方は私鉄線の駅とJR線の駅が徒歩圏内にあり、乗り換えが容易である。しかし、関西地方はそうではない。同じ名前の駅でも、徒歩では乗り換えできないところにあったりする。例えば、阪急御影と阪神御影、JR線の芦屋、阪神線の芦屋、阪急線の芦屋川など・・・・・・。そのため、どこかよその支店に出掛けて行くとなると、まずはバスなどの交通手段を使って、普段、利用している路線とは別の路線に乗車する必要があるのだ。

 そんな感じで充実したカウンセリングを受けたあと、近くのレストランでお昼御飯を食べたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私の住んでいるところから京都のK店のスタジオに行くには、やはり一時間半は掛かります。確かに関東地方だと、もう少し近いところに支店が散らばっているように思いますね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『異人たちとの夏』(三回目?) | トップページ | ひたすらトイレに並んだ日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六六五回目):

« 映画『異人たちとの夏』(三回目?) | トップページ | ひたすらトイレに並んだ日 »