« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019.05.20

ホットヨガ(六六一回目)

母の日に想うの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。m(__)m 仕事はとてつもなく忙しいのですが、今日は休暇を取り、先週末からガンモと一緒に山梨と静岡に出掛けていました。初日は山中湖畔でキャンプをして、翌日は山中湖畔で開催されたカングージャンボリーに参加し、そのあと、静岡県の伊東にあるハトヤホテルに宿泊しました。今の私には、ゆったりと過ごす時間が本当に必要な時期にあると強く感じました。また明日から、がむしゃらに働くことになりますが、今回の休暇が私を癒してくれたので、何とか乗り切りたいと思います。


 去年の九月二十八日金曜日の仕事帰り、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。

 レッスンを担当してくださったのは京都のK店のインストラクターで、レッスンの参加者は十三名だった。月末だからか、参加者が多かった。

 この日、レッスンを受けることにしたのは、カウンセリングを受けている東京のトップインストラクターがS店のスタジオに来られると連絡を受けたからである。そこでカウンセリングの予約を入れていただき、ついでにレッスンにも参加したというわけだ。

 今回のレッスンは、初心者の方が多かったのか、レッスン中にポーズをお休みされている方が多かった。私はというと、やはりスタジオの中が暑くてたまらず、レッスン中に二回ほどスタジオを飛び出して涼んだ。

 今回は、東京から来られたトップインストラクターとのお約束通り、カメのリュックを背負って行った。スタッフもトップインストラクターも喜んでくださった。

 カウンセリングの内容は目から鱗が落ちるものばかりで、私の足のむくみが一瞬にして解消し、ガチガチに硬かった肩も柔らかくなった。ものすごいインストラクターだと思った。私などは自分の身体でさえわからないというのに、トップインストラクターたちは他の人の身体のことが瞬時にわかってしまうのだ。

 そして、教わったポーズから、またしても私はレッスン中にまったく違うポーズを取っていたことに気が付いた。だから、そういうことを教わるために、やはりトップインストラクターが来られる日にはレッスンに来て、カウンセリングを受けなければならないらしい。そうでなければ、せっかく教わったポーズを忘れてしまうからだ。

 頑固な足のむくみが一瞬にして解消されたのだから、とにかく驚きである。みるみるうちに、足の色が変わったのだ。カウンセリングを受けた私は、軽やかな足取りでS店のスタジオをあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 身体の悩みを一瞬のうちに解決してくださる素晴らしいインストラクターだと思いました。最近は、なかなかタイミングが合わないため、またしてもカウンセリングを受けていません。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.05.15

母の日に想う

ホットヨガ(六六〇回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またしばらく更新できませんでした。仕事がとてつもなく忙しく、かなりのプレッシャーを感じてもいますが、Headspaceのおかげで何とか救われています。先日の母の日は、久し振りに休日出勤しました。そんな母の日について、今の私の想いを綴ってみたいと思います。


 母を亡くしてからは、毎年、母の日を迎えるのが辛かった。しかし、今は違う。以前、最愛のご主人さまを亡くされた方が、「夫が亡くなっても、夫が生きていたときと同じだ」と言っているインタビュー記事を読んだことがあったが、今の私ならその意味が良くわかる。何故なら、今の私も、「母が亡くなっても、母が生きていたときと同じだ」と言えるからだ。

 大切な人を亡くすと、深い悲しみとともに激しい喪失感を感じる。しかし、やがて、実際は故人の肉体が消えてしまっただけなのだと気付くことになる。それは、亡くなった人の魂を身近に感じるということではない。肉体は消滅してしまったが、肉体とは別の形で今も存在し続けていることがわかるという意味だ。深い悲しみの果てには、そうした気付きがある。肉体は消えてしまっても、肉体とは別の形で今も存在し続けているのだから、存在しているという意味では、故人が生きていたときと同じなのだ。

 二年ほど前にギフト用のハーバリウム(植物標本)の存在を知り、花が大好きだった母の仏壇に添えるようになった。美しいハーバリウムは、母の日のギフトにもぴったりだと思う。


 

 母の日の前に、お花屋さんが母の日のカーネーションを求める人たちで賑わっていても、寂しい想いをすることはない。母との付き合い方が変わっても、母に感謝の気持ちを届けることはできるのだから。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 母との付き合い方が変わっただけで、母はいなくなったわけではないと言えます。ただ、ここまで言えるまでに、六年ほど掛かりました。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2019.05.03

ホットヨガ(六六〇回目)

海外ドラマ『グリム シーズン3~6』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ゴールデンウィーク後半は、とてもお天気がいいですね。半袖でも大丈夫なくらいの陽気です。昨日、ホットヨガのレッスンに出掛けたのですが、電車がものすごく混んでいました。通勤電車もかなり混雑しますが、通勤電車の混雑ぶりとは違う雰囲気でした。電車に乗っている人たちの内面が、レジャーを楽しみたい気持ちで溢れているような雰囲気でした。それでは、ホットヨガ(六五九回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けた二本目のレッスンは、六十分のベーシックコースである。このレッスンは、以前はビギナーコースと呼ばれていたレッスンである。

 レッスンの参加者は十三名で、レッスンを担当してくださったのは、以前は受付でしかお話をしたことがなかったものの、最近はしばしばレッスンを担当してくださるインストラクターである。

 先ほどのカリスマインストラクターのレッスンを受けられた方たちがかなり参加されていたようで、レッスンの途中でスタジオを出てお休みされる方が多かった。

 かくいう私も、スタジオの外に出て休んでいると、背後に人の気配を感じて振り返った。すると、大阪のU店のカリスマインストラクターが私のすぐ後ろにいらっしゃったのでごあいさつさせていただいた。二本目のレッスンを受けたあと、そのインストラクターのカウンセリングを受けることになっていたのだ。私は、カウンセリングで教わった内容の復讐をさぼっていますとあらかじめお断りしておいた。

 その後、カリスマインストラクターはレッスンを担当されるために別のスタジオに入られた。私も自分のスタジオに戻った。

 レッスンを受けながら、最初に受けたウィメンズヨガのレッスンの余韻を引きずっていた。とにかく素晴らしいレッスンだった。その一言に尽きる。

 レッスンは最後まで受けたが、途中でもう一回、スタジオの外に出て休んだ。やはり暑かった。

 レッスンを終えてシャワーを浴びて、カウンセリングのスタンバイをした。カウンセリングの予約時間まで四十五分ほどあったのだが、キャンセルがあったのか、早めに案内してくださった。しかも、ここには書けない状況も加わり、気を遣ってくださっていると感じる。

 前回のカウンセリングの内容を活かせているかどうかは、カリスマインストラクターにすぐに見破られてしまった。最初のうちは教わった通りに練習をしていたのだが、次第に面倒臭くなり、日々のポーズを怠ってしまった。おそらく、教わった通りのポーズを取り続けていれば、私の身体は劇的に変わったのだろうと思う。

 今回は、土踏まずの形成方法について教わった。その結果、私には、使っていない筋肉があることに気が付いた。他の人たちは、ちゃんとその筋肉を使っているのだ。カウンセリングでは、そういうところを気付かせてくれる。自分の身体でさえ良くわかっていないのに、他の人の身体のことまでずばずば言い当てるカリスマインストラクターは素晴らしいと思う。高額ではあるが、やはりカウンセリングのチケットを購入して良かったと思えたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m グループレッスンを受けて学び取れるものはわずかですね。聞き漏らしていることがとても多く、理解できないことを自分なりにアレンジしていたりするので、カウンセリングで間違いを指摘してもらえるのは大変有難いと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.05.01

海外ドラマ『グリム シーズン3~6』

ホットヨガ(六五九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m キャンプのあとは、私の実家に一泊して、少し前に兵庫県の我が家に帰宅しました。高速道路はそれほど混雑していませんでした。おかげで大きな渋滞に巻き込まれることもなく、無事に帰宅することができました。とは言え、十一連休の休みが、もう半分以上終わってしまいました。(苦笑)残りは自宅で過ごします。


Grimm6

 一ヵ月ほど前に、これまではまりにはまっていた海外ドラマ「グリム」の最終章まですべて鑑賞し終わった。愛が憎しみになり、憎しみが愛へと変わって行くという、実に引き込まれるドラマだった。愛が憎しみになり、憎しみが愛へと変わるということは、同じ登場人物であっても、途中からキャラクターが百八十度変わってしまうということである。

 すべて鑑賞し終わったあとは、しばらく放心状態で、もう他のドラマなど受け入れられないと感じてしまうほどだった。実際、本作を鑑賞したあとに鑑賞したドラマもあるのだが、今一つ入り込むことができなかった。

 このように、海外ドラマ「グリム」を既に鑑賞し終わってしまったが、私の中で一つ救いだったのが、本作の中で恋人役だったニックとジュリエットが現実でもパートナーとなり、結婚していることだ。ああ、良かった。海外ドラマ「グリム」は終わってしまっても、彼らの中でまだ海外ドラマ「グリム」が続いているのだとわかり、安心することができた。

 全シーズンを通して、異色なのは、やはりファイナルシーズンとなるシーズン6だろう。シーズン6では、いわゆるラスボスとの戦いが待っている。このラスボスは果てしなく強い。彼らは本当に戦えるのだろうか。そして、ラストを観終わった今でも、果たしてどこまでが物語の中の真実だったのか、良くわからないでいる。これの続きがあるのかないのか、今はわからない状態だ。

 そして、夫婦を結び付けて行くものは、子供の存在なのだろうか。しかし、私には、子供がいない状態で深く愛し合っていたニックとジュリエットの存在が最後まで恋しくてたまらなかった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m とうとうお気に入りの海外ドラマを観終わってしまいました。なかなかこれだけの作品には出会えない気がします。何年か経って、もう一度鑑賞し直したい作品です。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »