« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019.02.23

映画『メリー・ポピンズ リターンズ』

ホットヨガ(六五四回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ずいぶん暖かくなりましたね。私は鈍感なのでわかりませんが、ガンモ曰く、花粉がもう来ているとのことです。今日は風が強かったので、花粉症の方たちには辛い一日になってしまったかもしれませんね。私のほうは、久し振りに自宅でゆっくり過ごすことができました。もう一日ゆっくりしたいところですが、明日は一日出掛ける予定です。


Marypoppingreturns

 先週の土曜日、ガンモと一緒に劇場まで出掛け、本作を鑑賞した。公開された頃から、是非とも観に行きたいと思っていたのだが、映画の上映時間と私たちの予定が合わず、しばらくおあずけ状態となっていた。字幕版で観たいのに、どういうわけか、吹き替え版のほうが圧倒的に多かったことも、なかなか鑑賞できなかった理由の一つである。しかし、実際に鑑賞してみて、吹き替え版のほうが多い理由がわかった。やはり、たくさんの子供さんたちに観て欲しかったからなのだろう。

 私が「メリー・ポピンズ」の本に出会ったのも、小学生の頃だったと思う。両親が買ってくれた本の中に「メリー・ポピンズ」の本があり、私はその本に夢中になった。そして、十二年前にロンドンに出掛けたときも、プリンス・エドワードシアターでミュージカル『メアリー・ポピンズ』を鑑賞した。今、思えば、この当時はあまり英語のリスニングができていなかったと思うのだが、大好きな「メリー・ポピンズ」のミュージカルをロンドンで鑑賞できたことのほうが私にとっては大きかった。

 本作はリメイクではなく、広く一般に知られている「メリー・ポピンズ」の続編となっている。大恐慌の中、バンクス家の双子の兄妹のマイケルは、結婚して三人の子供たちと一緒に暮らしている。しかし、マイケルの妻は若くして亡くなってしまっていた。そんなとき、銀行から借金の返済を命じられ、返済できなければ家を取り上げると言われてしまう。

 面白い物語には、正義の味方と悪役の両方が登場する。正義の味方の活躍だけでは、物語は決して面白くはならない。おそらくだが、それは現実の世界も同じだ。毎日、楽しいことばかりが続くと、本当の楽しさを味わえなくなってしまう。

 その悪役を演じているのが、何と、映画『キングス・マン』では正義の味方だったはずのコリン・ファースだ。彼が演じているのは、銀行に勤めるミスター・ウィルキンズである。立場は異なるものの、マイケルとミスター・ウィルキンズは同じ銀行で働いている。そして、その銀行こそが、バンクス家というだけに、去年の夏に私たちが旧ポンド紙幣を両替しに行ったイングランド銀行そのものなのである。イングランド銀行がスクリーンに映し出されたとき、私は内心、「おお!」と思った。そして本作の中では、ガンモが待つように言われた椅子に、マイケルの子供たちが座っていた。

 ガンモは、子供の頃に「メリー・ポピンズ」の本を読んでいたわけではなかったが、プリンス・エドワードシアターでミュージカル『メアリー・ポピンズ』を鑑賞したあと、やはり「メリー・ポピンズ」にはまり、DVDを借りて何度も観ていた。前作のDVDを何度も観ていたからこそ納得できるような結末が、本作にはあったのだ。

 それはさておき、前作と本作の大きな違いは、メリー・ポピンズの魔法を受け入れて、一緒にちょっとした旅をする男性の仕事が、煙突掃除ではなく、ランプライター(lamplighter;ガスライトをつける人)であるということだ。前作も煙突掃除の役割の人はコックニー(Cockney)のアクセントで話していたが、本作でもCockneyアクセントだった。ただ、それほどきついアクセントではなかった。

 子供たちにとって、メリー・ポピンズと過ごす時間は非常に貴重なものだが、やがて彼女との別れがやって来るとすれば、それは彼らがメリー・ポピンズの助けなしでもやって行ける時期が来たということなのだろうと思った。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ほとんどの俳優さんたちがイギリス英語で話していました。アメリカ人のメリル・ストリープも出演していましたが、彼女は以前、マーガレット・サッチャーの映画できれいなイギリス英語を話していましたね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.02.15

ホットヨガ(六五四回目)

海外ドラマ『グリム シーズン1』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ようやく週末を迎えました。今週は、火曜日まで旅行に出掛けていて、仕事は水曜日からだったので、三日間しか働いていないのですが、やはり頭をフル回転させなければならない仕事なので、とても疲れます。この週末はのんびりしたいところなのですが、今月になってからまだ一度もホットヨガのレッスンを受けていないので、レッスンを受けに行こうと思っています。その前に、書き溜めている記事をお届けしたいと思います。


 去年の七月二十二日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。前日の土曜日は、ガンモの仕事が休みだったので、自宅でまったりと一緒に過ごした。

 この日も暑い日だったので、レッスンを受けるのがとても億劫だった。わざわざレッスンを受けるために出掛けて行かなくても、十分汗を掻くことができるからだ。

 最初に受けたのは六十分のリラックスコースだった。レッスンの参加者は七名で、レッスンを担当してくださったのは、一週間前にもレッスンを担当してくださったインストラクターである。

 暑さに強いインストラクターだったようで、レッスン中、スタジオの中がひどく暑くなった。私自身もそうだったが、他の会員さんたちも、スタジオの暑さにすっかり参ってしまっているようだった。私はマイペースでちょこちょことスタジオの外に出たり、ロッカールームに戻ったりしながらレッスンを続けていた。

 スタジオ内の張り紙を見てみると、今年(この記事の下書きをしたのは去年)もインドからのインストラクターを招待するらしい。これまでは、大阪のU店だけだったと思うのだが、今年はS店にも来られるようだ。しかし、その時間帯は、漢方医の診察の予約が入っていて参加することができない。翌日の大阪のU店での開催なら参加できそうだ。さて、どうするか。

 インド人というと、かつて言語交換をしていたインド人の大学生のことを思い出す。彼も日常的にヨガをしていた。その彼は今、日本に来ている。ホットヨガは、インドの気温や湿度に合わせているのだろうか。それとも、身体を温めるのに良い温度と湿度なのだろうか。

 暑さと戦いながら、何とかレッスンを終えてロッカールームに戻った。ロッカールームは涼しい。次のレッスンが控えているが、暑いスタジオではなく、涼しいロッカールームでレッスンを受けたいくらいだ。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m レッスンに参加すると、他の会員さんたちが持っている水入れのボトルが気になってしまいます。どうも私はいろいろな入れ物を集めるのが好きなようで、水入れのボトルやお弁当箱など大量に持っています。そして、今、集めているのは、金属製の小さな缶ケースです。ピアスを入れたり、薬を入れたりしています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.02.11

海外ドラマ『グリム シーズン1』

そのセールストークに物申すの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は弘前まで出掛けて、弘南(こうなん)鉄道を乗り潰しました。「乗り潰す」とは、その鉄道会社、あるいは支線のすべてを乗車するという意味です。昔の東急車両が再利用されていたのですが、つり革まで当時のままで、私が東京に住んでいた頃に利用していた車両と似ていて懐かしかったです。


Grimm1

 またまたテレビドラマにはまっている。今度はヨーロッパ産ではなく、アメリカ産のテレビドラマだ。最近、まとまった時間が取れないので、ガンモが加入しているAmazonプライムのサービスを利用して、このテレビドラマをほぼ毎日のように観ている。残業をして遅い時間に帰宅しても、一話分を鑑賞するための四十数分なら何とか時間を確保することができるからだ。アメリカ英語のアクセントよりも、イギリス英語のアクセントを好む私だが、本作に登場するアメリカ人たちのアクセントは、イギリス英語のアクセント好きの私にも受け入れられる。

 物語の舞台となっているのは、アメリカのポートランドだ。確か、以前、言語交換をしていたアメリカに住む大学生の実家が、ポートランドにあったと思う。今はその大学生との言語交換をやめてしまったので、もはや話をする機会がなくなってしまったが、もし今も言語交換が続いていたら、絶対に本作のことを話題にしていたことだろう。

 本作は、一見、刑事もののクライムサスペンスのように見えるのだが、実際の中身は魔物狩りの要素を大いに含んでいる。人間たちに紛れて、何食わぬ顔で暮らしている魔物たちが数々の凶悪犯罪を引き起こしているのだが、人間と魔物を区別できる能力を持ったグリムという種族出身の刑事が次々に魔物に立ち向かい、事件を解決して行くというものだ。

 面白いのは、刑事として活躍しているグリムが、同じ刑事仲間の相棒のほかに、魔物の相棒を持っているところだ。刑事の相棒となるその魔物は、自ら訓練して、人間に協力的な魔物として生活している。実は、もともと二人の出会いは最悪で、ともすれば犬猿の仲になりかねないほどの状況だったのだが、魔物の相棒のほうがグリムの刑事に押されて捜査に協力するようになる。魔物の相棒がグリムの刑事にグイグイ押されているところが、このシーズン1の見どころだと言っても過言ではないだろう。

 物語全体としては、グリム童話をヒントに制作されたと言われているのだが、私にしてみれば、それ以上に面白いテレビドラマだと思う。そのため、あっという間にシリーズ1を鑑賞し終わったのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 昔から、私はおとぎ話が大好きで、自分もいつか大人向けの童話を書きたいと思っていたのです。本作は、私が書きたい童話とは違うのですが、もともとクライムサスペンスが好きなこともあり、私の好みにぴったりはまったようです。おかげで、かなり寝不足になっています。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.02.10

そのセールストークに物申す

ホットヨガ(六五三回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 皆さん、三連休をいかがお過ごしでしょうか。私たちは、この三連休に一日の有給休暇を足し込んで、青森県に来ています。昨日、伊丹空港から飛行機に乗って、ひとまず秋田まで飛んだのですが、搭乗する前から、「積雪のため、秋田空港に着陸できないときは、伊丹空港に引き返すことがあります」と言われていました。私たちが乗った飛行機が離陸し、秋田空港に着く少し前にアナウンスがあり、秋田空港で除雪作業を行うため、除雪が終わるまで上空で三十分待機することになりました。そのおかげで、伊丹空港に引き返すことなく、無事に秋田空港に着陸することができました。それからは、ひたすら鉄道の旅を続けています。昨日のうちに、鉄道で秋田県から青森県まで移動し、今日は、人生で二回目のストーブ列車(津軽鉄道)に乗車しました。


 二週間前は兵庫県内にある牡蠣の名産地でキャンプ、そして先週は、マンション型別荘の体験宿泊に参加し、この週末は秋田・青森旅行と慌ただしく動き回っている。今回は、先週末にマンション型別荘の説明を受けたときに感じたことをまとめてみたいと思う。

 体験宿泊先では、チェックイン後に、マンション型別荘についてわかりやすくまとめられたDVDを鑑賞することになっていた。そのDVDと、セールス担当の話の中に出て来た表現の中に、少し引っかかる言い回しがあった。それは、一般的に、女性のほうが男性よりも十年長生きするという統計結果をもとに話が進んでいたことである。

 その統計結果が事実だとしても、私はそのことを普段、意識しながら生きているわけではなかったので、まったく意識しないところから、いきなり意識するところへと引っ張り出された気がした。とは言え、そうした統計結果が出ているとしても、義母も私の母も、それぞれの配偶者よりも先に亡くなっているので、必ずしもすべての人に当てはまるわけではない。

 気になったのはその後のセールストークにおいて、女性のほうが男性よりも十年長生きするという統計結果が出ているので、その十年間を、マンション型別荘を利用しながら過ごすことで、女性一人の人生を充実させることができると提案されたことである。そのことに対し、私は疑問に思った。母を亡くした父の喪失感や、私自身がそのような立場に陥ってしまったことを仮に想像したとしても、マンション型別荘で過ごすことが、かけがえのない伴侶を亡くした喪失感を穴埋めできるようなものではないと感じていたからだ。むしろ、一緒に過ごした時間がかけがえのないものであればあるほど、独りで過ごすことが辛くて辛くてたまらない時期が必ずあるはずなのに、そうした喪失感を乗り越えて行く過程を一気に飛び越して、いきなり女性一人でも利用しやすいような体制を取っていると謳われていることに疑問を覚えたのである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m セールス担当の方は、私たちよりも二十歳以上は若い方でした。もしかしたら、まだ本格的な喪失感を感じたことがないのかもしれません。もし、本格的な喪失感を知っていれば、その喪失感が、マンション型別荘で過ごすことで癒されるはずがないと知っているはずだと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.02.05

ホットヨガ(六五三回目)

福亀がやって来たの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日は仕事で、かねてより折り合いの悪かった人と大喧嘩をしました。相手は大きな流れに沿うことなく、どんなときも自分の考えをはっきり述べる人で、私たちがどんなに忙しくても、これをするべきだと、次から次へと新たな提案をして来ます。しかし今回は、仕事に関係のないところで私の人間性に関わる部分まで強く否定するような言い方をしたので、「それは言い過ぎじゃないですか?」とはっきり言い返しました。すると、あとになって、彼は潔く謝って来ました。今の職場には、以前の職場にはいなかったタイプの人たちがいます。"Control yourself!"と言いたくなります。それでは、ホットヨガ(六五二回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けた二本目のレッスンは、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンである。

 リラックスコースのレッスンを一本受けただけで、私はもう疲れていた。それでも、何とか頑張ろうとレッスンに臨んだが、やはり暑さにやられて二回ほどスタジオの外に出て休んだ。暑い、暑い。とにかく暑い。

 レッスンの参加者は十名で、レッスンを担当してくださったのは、先程のリラックスコースのレッスンを担当してくださったインストラクターだった。何と、そのインストラクターはそのあとのレッスンも担当されるらしい。一日三本もレッスンを担当されると、ばてたりしないのだろうか。

 以前はリラックスコースのレッスンの人気が高かったように思うが、最近はリラックスコースのレッスンを受ける人は少なく、肩凝り解消ヨガのレッスンの人気が高いように思う。やはり、肩凝りの悩みを抱えている女性は多いのだろうか。あるいは、私のように、レッスンに参加できる時間帯がたまたまこの時間だからというのもあるのかもしれない。

 レッスンを終えてシャワーを浴びたあと、体重計に乗ってみたところ、カウンセリングを受け始めてから痩せたままで太っていなかった。食べる量を制限しているわけではない。だから、これ以上痩せようと思ったら、もっと食べる量を減らせば痩せられるのかもしれないとも思う。しかし、食べるのはやめられない。

 少し前から、ホットヨガのスタジオで、LINEのお友だち登録をすれば景品がもらえるというキャンペーンが行われていた。しかし、私はこの時点で、まだスマートフォンユーザではなかったので登録しなかった。ガラケー版LINEで使っていたアカウントをPC版LINEで使い続けてはいるものの、使用頻度はかなり低い。しかし、スタッフにお誘いいただいたので、何か景品がもらえるのならと、リュックの中からごそごそとミニノートPCを取り出して、LINEを立ち上げた。しかし、アカウントへのアクセス方法として、QRコードしか提示されていなかった。それは非常に困った。何故なら、この当時、私が持ち歩いていたミニノートPCは、QRコードを読み取ることができなかったからだ。単なるWindows 10マシンなので、カメラもなければ、そのようなアプリも入っていないのだ。

 せめてアカウント名がわかれば検索して登録できるのだが・・・・・・。と思い、S店の店長さんに相談すると、店長さんが、「このアカウントかしら」と、付箋紙に書かれたアカウントをチラリを見せてくださった。IDとパスワードがチラっと見えたのだが、私は、
「それは多分、S店のスタッフのグループアカウントだと思います」
と言った。以前、インストラクターからそのようなLINEアカウントがあると聞いたことがあったからだ。

 LINEアカウントがわからないので、結局、お友達登録することができなかった。そのため、せっか用意してくださったプレゼントを受け取ることなくS店のスタジオをあとにしたのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m お友達登録方法がQRコードだけだと、QRコードを読めない端末を使っている人はお友達登録できないですよね。あれ? 今の私のスマートフォンはQRコードを読めるのでしょうか。ガンモがアプリをインストールしてくれていたように思いますが、まだ使ったことがありません。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.02.02

福亀がやって来た

凶の日はさようならの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 年が明けたと思ったら、あっという間に二月になりましたね。兵庫県内にある牡蠣の名産地でキャンプをしてから、早くも一週間が経過しました。この週末、私たちがどこにいるかと言うと、実は滋賀県に来ています。今回の目的はキャンプではなく、ポイント制のホテル型別荘の体験宿泊です。二食付きで、一人一泊千五百円プラスαで豪華な部屋に宿泊することができます。もちろん、ポイント制のホテル型別荘の体験宿泊ですので、説明はしっかり聞くことになります。以前、ハワイに行ったときに、ヒルトン系の会社から同じような説明を受けたことがあります。そのときは、ちょっと押しが強いなと感じたのですが、今回はそれほど押しが強くなく、むしろ好印象でした。ただ、やはり週末を中心に活動している私たちにとっては、利用する機会が少なくなりそうなので、購入は見送ることになると思います。


 先週のキャンプのときに、現地に住む友人宅にお邪魔して、いろいろな話をしたり、友人が飼っている猫ちゃんたちと戯れながら、楽しい時間を過ごすことができた。その友人から、
「まるみちゃんたち、もう結婚二十何周年かなんでしょ。これ、お祝いに」
と言って渡してくれたのが、何と彼女の手作りの親ガメ・子ガメだった。

友人の手作りの親ガメ・子ガメ

 私のカメ好きは、とてもわかりやすいのか、あちらこちらでばれてしまっているようである。こうしてカメのグッズをいただくのは大変ありがたいことである。しかも、彼女の手作りで、いかにも縁起のよさそうな素材で作られていて、見るからに福亀である。ただ、親ガメ・子ガメと言っても、硬い素材でできているため、かろうじて子ガメを親ガメの上に乗せることはできるが、常に乗せて飾っておくものではなさそうだ。

 そんな大切な手作りの親ガメ・子ガメを、あろうことか、友人宅に忘れたままキャンプ場に戻ってしまった。彼女からその連絡を受けた私たちは、翌日、キャンプ場をチェックアウトしたあと、彼女の職場まで出向き、再び親ガメ・子ガメを彼女から受け取るという大変間抜けで失礼なことをしてしまったのだった。新しい何かが頭の中に入ると、直前の出来事を忘れてしまいがちな、更年期の物忘れには要注意である。

 いったん逃してしまった福をもう一度呼び寄せたような気持ちだが、今後は福を逃さないように、彼らと仲良くやって行きたいと思っている。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私自身、手芸というものが得意でないので、このようなものを手作りできる人を尊敬してしまいます。とても根気のいることだと思います。私も何か自分で手作りできるものがあるだろうかと考えてみたのですが、思い浮かびませんでした。Tさん、本当にありがとう。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »