« 新年にシェアしたい動画のご紹介 | トップページ | ホットヨガ(六五一回目) »

2019.01.05

お化けが怖い男の子

新年にシェアしたい動画のご紹介の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 無事にガンモとの合流を果たし、昨日は私の実家をあとにして、香川県にある義父と義母のお墓参りをしました。その後、同じく香川県にあるキャンプ場で、今年初めてのキャンプを楽しみました。そして、そのキャンプを終えて、さきほど、無事に兵庫県の我が家に帰宅したところです。有り難いことに、渋滞もなくスイスイ帰ることができました。今回は、昨日のキャンプのことを書いてみたいと思います。


 香川県のキャンプ場に張ったテントの中でガンモとくつろいでいると、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」という小学校低学年くらいの男の子の声とともに、隣のテントに急いで駆け込む足音が聞こえた。私は一瞬、何だろうと思ったのだが、なるほど、お化けが怖くてお経を唱えているのだと理解し、その子供らしい行動に感心した。

 言うまでもなく、夜のキャンプ場は暗い。中には街灯さえないキャンプ場もあるくらいだ。そんなキャンプ場は、テントの外に出てみると、当然、真っ暗である。今回、利用したキャンプ場には、街灯が設置されていたので、それほど暗くはなかったのだが、それでも小学校低学年の子供にしてみれば、テントの外にあるトイレまで独りで歩いて行くのは怖いだろう。だからと言って、もはや親について来てもらう年頃でもない。そこで彼は、自分自身の怖さを振り払うために、親から教わったのか、それとも自分自身で思い付いたのかわからないが、お経を唱えることにしたのだろう。

 「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と唱える行為から、彼の純真さが伝わって来る。トイレで用を足して、足早にテントに駆け込んでいることからも、彼は絶対にお化けには会いたくないわけである。

 もし、彼と話す機会があったなら、「お化けはいないわよ。おばさんは、この年になってもお化けを見ていないんだから」と言ってみたとしたらどうだろう。説得力があるだろうか。仮にそんな会話をしたとしても、私自身がこの年になっても、未だに夜のキャンプ場で独りでトイレに行くのは怖かったりするのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m かわいいですよね。この男の子が「南無阿弥陀仏」を必要としなくなる過程を見守ることができる親は、男の子が成長したときに、このことを話題にするのでしょうね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 新年にシェアしたい動画のご紹介 | トップページ | ホットヨガ(六五一回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/67560774

この記事へのトラックバック一覧です: お化けが怖い男の子:

« 新年にシェアしたい動画のご紹介 | トップページ | ホットヨガ(六五一回目) »