« ピンチの切り抜け方 | トップページ | 生きていることが大切だ »

2018.12.26

ホットヨガ(六四九回目)

ピンチの切り抜け方の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。遅ればせながら、皆さん、メリークリスマス! 今年はクリスマスイブが振り替え休日だったので、ご家族や大切な人と一緒に過ごされた方も多いのではないかと思います。今年もあと残すところ数日ですね。この時期、何かと忙しい時期ではありますが、年末年始にのんびりできるように、片付けられそうなことは、できるだけ今年のうちに片付けておきたいものですね。


 六月十七日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。土曜日にレッスンの予約をしていたのだが、ガンモが仕事の待機要員で、呼び出しが何もなければ自宅で過ごすことになるため、土曜日のレッスンの予約をキャンセルし、翌日のこの日に予約し直したのだった。

 この日は東京からまたまたトップインストラクターが来店されることになっていた。土曜日にS店の店長さんからお電話をいただき、東京から来られるトップインストラクターのカウンセリングを受けないかとお誘いくださったので、思い切って受けてみることにしたのだ。実は、私はそのトップインストラクターのカウンセリングチケットを購入しているわけではないのだが、カウンセリングを受けるにあたっては、他のトップインストラクターのカウンセリングチケットを充当してくださるという。

 さて、レッスンを担当してくださったのは、以前、仕事帰りに電車の中でお目に掛かったインストラクターである。レッスンの参加者は七名だった。

 私はレッスンのあと、トップインストラクターのカウンセリングを受けることになっていたので、自分の身体のどの悩みごとを相談しようかとレッスン中に考えていた。

 レッスンの途中で暑くなったので、スタジオの外に出て休んでいると、大阪のM店のトップインストラクターが話し掛けてくださった。トップインストラクターは、このあと私がカウンセリングを受けることをご存じだったようで、東京から来られたトップインストラクターがカウンセリングを通して改善できる項目として掲げている、「レッスン後に顔が赤くなる方、呼吸が苦しい方」と書かれているのを指差して、まさしく私のことだとおっしゃった。私自身も、本当にその通りだと思った。さすがトップインストラクター、普段の私をよくご存じである。そこで私は、そのことを東京から来られたトップインストラクターに相談しようと思ったのだ。

 リラックスコースのレッスンだというのに、今回は辛かった。更年期の症状はそれほど強くはなかったのだが、集中力が失われてしまっているようだった。

 そして、レッスンを終えてロッカールームで少し休み、次のレッスンに臨んだのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「レッスン後に顔が赤くなる方、呼吸が苦しい方」、はい、それはまさしく私のことです。両手を挙げて返事したいくらいです。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ピンチの切り抜け方 | トップページ | 生きていることが大切だ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六四九回目):

« ピンチの切り抜け方 | トップページ | 生きていることが大切だ »