« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018.12.30

ホットヨガ(六五〇回目)

生きていることが大切だの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 年末年始の休暇が始まりました。午前中、漢方医の診察を受け、帰宅してからは、帰省の準備を始めました。そして、夕方からは出掛けていましたので、何だか慌ただしい一日になりました。今日はとても寒かったです。漢方医が処方してくださる漢方薬のおかげで、私のほてりはかなり収まって来ているのですが、そのために、例年よりも寒さを感じているような気がします。今日はそのために厚着をして出掛けました。寒波がやって来ているようなので、皆さんも体調管理に気を付けてくださいね。それでは、ホットヨガ(六四九回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けたのは、六十分の肩凝り解消ヨガのコースである。レッスンの参加者は十三名で、レッスンを担当してくださったのは、先ほどのレッスンを担当してくださった、仕事帰りの電車の中でお目に掛かったインストラクターである。

 二本目のレッスンだったからか、顔が暑くなり、集中力も失われた。そのため、レッスン中に二回ほどスタジオの外に出て休んだ。

 スタジオの外では、東京から来られたカリスマインストラクターが休みなくカウンセリングを担当されていた。とにかく凄いインストラクターなのである。以前、東京のG店のスタジオに出掛けたときに、カウンセリングを担当してくださったことのあるインストラクターだ。私は、スタジオの外で休みながら、他の方たちがカウンセリングを受けている様子を見学していた。

 そして、レッスンを終えたあと、私自身もそのカリスマインストラクターのカウンセリングを受けた。私は、レッスンを受けたあとに顔が赤くなるとご相談させていただいた。すると、驚くべきアドバイスをいただいた。まさかそんなことだったとは・・・・・・!

 そしてその場で左半分だけ「こんなふうにすると肩凝りが解消される」という処置をしてくださったのだが、左半分だけ直ちに肩凝りが楽になった。カリスマインストラクターが何故、これほど凄い方なのか私にはわからない。カリスマインストラクタの身体ではなく、私の身体だというのに。

 カリスマインストラクターのカウンセリングを受けると、たいてい、高額チケットの購入を勧められるのだが、今回はその超多忙なカリスマンストラクターがプライベートレッスンを担当してくださるという。

 レッスンは、身体に負荷をかけなければならないらしく、楽なレッスンを受けているだけでは身体はちっとも変わらないらしい。正直言って、私はぎくっとした。カリスマインストラクター曰く、肩凝り解消ヨガのレッスンは、もっとも私に必要なレッスンらしい。

 カウンセリングを受けたあと、シャワーを浴びて着替えを済ませた。カウンセリングにお誘いくださったS店の店長さんがロッカールームまで来てくださり、
「プライベートで見てくださるのでどうですか?」
とお誘いくださった。しかし私は、他のカリスマインストラクターのカウンセリングチケットも複数購入していたので、どうしようかと悩んでいた。その後、受付で説明を受けて、結局購入することにした。前回購入したチケットよりも期間は短いので、ほぼ半額くらいである。またガンモに怒られそうだが、私自身も働いているので、きっと大丈夫だろう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 案の定、ガンモには怒られました。(苦笑)多分、カウンセリングで素晴らしい教えを受けても、私が自宅で実践できていないことが大きな問題だと思います。特にこのカウンセリングを受けた頃は、更年期の症状もひどかったので、身体を動かすのも億劫だったのを覚えています。今はそれほど億劫ではなく、このときのカリスマインストラクターから教わったことを毎日のように実践しています。おかげ様で、ひどい肩凝りが解消されつつあるのです。驚異的です。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.12.28

生きていることが大切だ

ホットヨガ(六四九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は関西地方も朝から雪がちらつき、夜になった今もかなり冷え込んでいます。テント内の温度は、暖房を使わない状態で六.二度です。帰宅したときはニ.七度だったので、それが本来のテント内の温度なのだと思います。私は、今日で仕事納めとなりました。私と同じように、そろそろ年末年始の休暇に入る方が多いのではないかと思います。今度の年末年始の休暇は、九連休なのでのんびりできそうです。私も帰省する予定です。年末年始にお出掛けされる方たちのご無事をお祈りしています。


 今年の始めに西宮えびす神社で引いたおみくじは、「凶」だった。私はそのことをすっかり忘れていたのだが、先日、ガンモに、
「そう言えば、まるみが引いたおみくじは『凶』だったよね」
と言われて思い出したのだ。しかもガンモは、「凶」のおみくじがよほど珍しかったらしく、スマートフォンで撮影までしていたようで、そのときの写真を探し当てて、そこに書かれていることをわざわざ読んで聞かせてくれた。何をするにも良くない年だと予言されていたのは言うまでもない。

 果たして、おみくじで「凶」と出るほどの一年が一体どんなものだったかと言うと、先日も書いたように、更年期障害と仕事に悩まされ続けた一年だった。それでも仕事面では、母に何度も何度も助けてもらった。母の助けがあったからこそ、何とか乗り越えられた。

 とは言え、おみくじの結果が「凶」でも、仕事面では時給が上がり、プライベートでは十万円の宝くじにも当選した。

 今日、この一年間の仕事を終えて思うことは、肉体的な辛さはいつかは緩和され、心に受けた痛みも、時間が経てば癒されるということだ。その瞬間に感じた辛さや痛みは、いつしか私たちの血となり肉となり、私たちを形成する何か味のあるものに変わって行く。だから、辛さや痛みを恐れる必要はなく、今、こうして生きていることこそが大切なのだ。生きて、喜怒哀楽を絶え間なく感じ続けることが何より大切なことなのだと思った。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「喉元過ぎれば熱さ忘れる」というのは言癒えて妙だなと思います。私たちは、自分で自分を癒せるようにできているような気がします。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.12.26

ホットヨガ(六四九回目)

ピンチの切り抜け方の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。遅ればせながら、皆さん、メリークリスマス! 今年はクリスマスイブが振り替え休日だったので、ご家族や大切な人と一緒に過ごされた方も多いのではないかと思います。今年もあと残すところ数日ですね。この時期、何かと忙しい時期ではありますが、年末年始にのんびりできるように、片付けられそうなことは、できるだけ今年のうちに片付けておきたいものですね。


 六月十七日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。土曜日にレッスンの予約をしていたのだが、ガンモが仕事の待機要員で、呼び出しが何もなければ自宅で過ごすことになるため、土曜日のレッスンの予約をキャンセルし、翌日のこの日に予約し直したのだった。

 この日は東京からまたまたトップインストラクターが来店されることになっていた。土曜日にS店の店長さんからお電話をいただき、東京から来られるトップインストラクターのカウンセリングを受けないかとお誘いくださったので、思い切って受けてみることにしたのだ。実は、私はそのトップインストラクターのカウンセリングチケットを購入しているわけではないのだが、カウンセリングを受けるにあたっては、他のトップインストラクターのカウンセリングチケットを充当してくださるという。

 さて、レッスンを担当してくださったのは、以前、仕事帰りに電車の中でお目に掛かったインストラクターである。レッスンの参加者は七名だった。

 私はレッスンのあと、トップインストラクターのカウンセリングを受けることになっていたので、自分の身体のどの悩みごとを相談しようかとレッスン中に考えていた。

 レッスンの途中で暑くなったので、スタジオの外に出て休んでいると、大阪のM店のトップインストラクターが話し掛けてくださった。トップインストラクターは、このあと私がカウンセリングを受けることをご存じだったようで、東京から来られたトップインストラクターがカウンセリングを通して改善できる項目として掲げている、「レッスン後に顔が赤くなる方、呼吸が苦しい方」と書かれているのを指差して、まさしく私のことだとおっしゃった。私自身も、本当にその通りだと思った。さすがトップインストラクター、普段の私をよくご存じである。そこで私は、そのことを東京から来られたトップインストラクターに相談しようと思ったのだ。

 リラックスコースのレッスンだというのに、今回は辛かった。更年期の症状はそれほど強くはなかったのだが、集中力が失われてしまっているようだった。

 そして、レッスンを終えてロッカールームで少し休み、次のレッスンに臨んだのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「レッスン後に顔が赤くなる方、呼吸が苦しい方」、はい、それはまさしく私のことです。両手を挙げて返事したいくらいです。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.12.23

ピンチの切り抜け方

ホットヨガ(六四八回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 皆さん、三連休をいかがお過ごしでしょうか。いつの間にか、今年もあと残すところ一週間ほどとなりました。仕事で辛いこともたくさんありましたが、あっという間の一年でもありました。毎年、こんな感じで一年が過ぎてしまったら、あっという間におばあちゃんになってしまいそうです。(苦笑)


 先週の金曜日に休暇を取り、ガンモと一緒に兵庫県の北のほうにある海沿いのキャンプ場に二泊する予定で出掛けた。そこは、夏場は海水浴場となっていて、冬場は無料で開放されているキャンプ場である。冬場といえども無料なので、私たちは場所取りのために金曜日に休暇を取ることにしたのだ。

 地元のお店で食料の買い出しをして、いざキャンプ場に足を運んでみると、車中泊の利用客は見受けられたものの、テントを張ろうとしているのは私たちだけだった。

 これほど利用客が少ないなら、わざわざ場所取りのために金曜日に休暇を取る必要もなかったかもしれないと思いつつも、テントは設営と片付けが大変なので、やはり二泊するほうが良いのだと思い直した。

 テントを設営し、日曜日まで過ごすための荷物をテントの中に運び込み、ガンモが作ってくれた夕食を食べてくつろいでいたところ、次第に風が強くなって来た。

 そのまま眠りに就いたが、これまで経験したことがないほどの強風でテントが揺れていることに気が付き、夜中に目が覚めた。幸い、テントを支えるポールが細かったので、テントは柳のように何度も何度も強くしなりながらも、何とか持ち堪えていた。それでも、ガンモは早朝にテントの外に出て、テントを固定させているところが外れていれば、直したりしていた。

 そのときに、テントが破れてしまっていることが判明した。ただ、強風で破れたというよりも、テントと椅子が接触していたために力がかかって破れてしまったようだった。破れたところは十センチ四方くらいの大きさの穴になっていた。

 風はお昼前になっても止まず、無料なのに利用客が少ないのはこの強風のせいだったのかとも思った。天気予報サイトにアクセスして、その地域の風速を確認したりもしていたが、風速一メートルか二メートル程度としか書かれていなかった。海が近いので、特殊な地域と言えるのかもしれないが、どう見積もっても、風速五メートルは軽く越えているように思えた。

 強風のために、サザエさんのエンディングに出て来る家のように大きく揺れるテントの中で、ガンモは、
「もう帰ろうか」
と私に言った。もともと二泊の予定だったが、これほどの強風の中、もう一泊するとなると、もはやテントも持ち堪えられないのではないかと思ったのだろう。

 しかし私は、キャンプのために準備をして家を出て来たのだから、家には帰りたくないと思っていた。そこでガンモに、
「いやだ。帰らない」
と言った。ガンモは私がそのように答えたことに驚いていたが、最終的には、もう一泊することに対し、しぶしぶ同意してくれた。

 それからしばらくして、何事もなかったかのように風がパタリと止んだ。とても穏やかな天候で、キャンプに来て本当に良かったと思った。

 もしかすると私たちは、「もうこれ以上はダメだ」というギリギリのところに立っていたのかもしれない。しかし、そこで自ら状況を変えずに留まり続けたことで、これまで見ることがなかった別の側面を見ることができた。あるときを境に、一気に状況が変わったのである。実はこれこそが、私がこれまで体験して来たピンチの切り抜け方でもあるのだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m このあと、城崎温泉の外湯に入って帰宅しました。翌日仕事だったので、できるだけ早めに帰宅したかったのですが、思い切って寄って良かったと思います。身体もポカポカして暖まりました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.12.10

ホットヨガ(六四八回目)

英会話のマラソンレッスンの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 風が止んだせいか、昨日よりは少し暖かいような気がしますが、やはり本格的な冬の到来ですね。何もかも、毎日少しずつ変化していて、一日たりとも同じ日はないことを実感してしまいます。それでは、ホットヨガ(六四七回目)の続きをお届けしたいと思います。


 大阪のU店のスタジオで、続いて受けた二本目のレッスンは、肩凝り解消ヨガのレッスンだった。レッスンを担当してくださったのは京都のK店のインストラクターで、レッスンの参加者は十二名だった。今回のレッスンにおいても、男性会員の参加者はゼロだった。他の場所でも見掛けなかったので、以前よりも男性会員の数は減っているのではないだろうか。

 レッスンの参加者が十二名でも、スタジオは十分に広く、とても快適だった。ただ、横に長いスタジオなので、スタジオの奥行き広く、外の涼しい空気は届きにくい。そのため、スタジオの空気の入れ換えが行われるときでも、スタジオの奥のほうにいると、涼しい風はあまり入って来ないのである。

 JR大阪駅からかなり歩かなければならないことと、建物に着いてから三階まで階段を昇らなければならないこと、そして、何を入れたらいいのかわからないような極細のロッカーに目を瞑れば、大阪のU店のスタジオでのびのびレッスンを受けるのも悪くないと感じた。それに、普段、受けないスタジオでレッスンを受けると、レッスン中の音楽も違っていて新鮮である。

 ただ、レッスン中は、やはり顔からタラタラ流れて来る大量の汗との戦いで、鏡を見ても私の顔だけが赤かった。体力がなく、いつもばて気味である。おまけに下半身もグラグラしている。目もしょぼしょぼしているし、自律神経が乱れているせいか、光を見るとひどくまぶしい。長く生きて行くのも楽じゃないなと思ってしまう。

 とにかく自分が許容できる範囲で何とかレッスンを受けた。顔から汗が吹き出していたせいか、顔はつるつるである。化粧水も乳液も、ここ十五年くらいは使用していない。

 シャワーを浴びるときに、足拭きマットが一人一枚ずつ使用できるようになっていることに気が付いた。以前は、足拭きマットを複数の人たちで共有していた。ようやくU店のスタジオでも、一人一枚使えるようになっていたのだ。また、U店のスタジオにはシャワーがたくさんあるので、待っている人のために急いでシャワーを浴びる必要もなく、マイペースでゆっくり浴びることができた。

 シャワーを浴びたあと、着替えを済ませて受付に行くと、リラックスコースを担当してくださった店長さんが暖かく送り出してくださった。

 そして帰りは、百円ループバスのUMEGURUに乗って、次なる目的地へと向かったのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m こんな記事を書いておきながら、あれからU店のスタジオには足を運んでいないと思います。半年も経っていますので、また大阪の景色も変わっていることでしょうね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.12.09

英会話のマラソンレッスン

ホットヨガ(六四七回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いつの間にか十二月になり、早くも上旬が過ぎようとしています。しばらく記事の更新ができませんでした。ゆうべから急に寒くなりましたね。現在のテント内の温度は一〇.五度です。真冬になると、これより更に一〇度近く温度が下がるだろうと思います。テントで迎える三回目の冬となりますが、果たしてこの冬も無事に越せるのでしょうか。(笑)どうか皆さんも、気温の変化にお気を付けくださいね。


 イギリス人講師による英会話のプライベートレッスンを受けるようになってから、早くも丸二年が経過した。五十分のレッスンだが、毎回、あっという間に時間が過ぎてしまい、後ろ髪を引かれる思いで「また来週」のあいさつをして帰宅している。

 あるとき、話がひどく盛り上がっているときにレッスンの終わりの時間が来てしまい、
「良かったら今度、一〇〇分レッスンを受けてみない?」
とイギリス人講師がお誘いくださった。要するに、二回分のレッスンを一度に受けるというものだ。そのため、レッスン料は普段の二倍になる。私は、北海道旅行のためにレッスンをお休みしたので、その埋め合わせのためにも、二回分のレッスンを受けられるのはちょうどいいと思っていた。そして、先日、そのマラソンレッスンの日がやって来た。

 いつもよりも長いレッスンなので、もしもレッスン中に、何も会話することがなくなってしまったらどうしようと思ったりもしていたのだが、いつものレッスンと変わらない感覚でレッスンを受けることができた。むしろ、毎回一〇〇分のレッスンでも大丈夫なくらいだと感じた。

 ただ、翌日の仕事中に、頭の中でたくさんの英語が浮かんで来ては消え、また浮かんで来ては消えるという状況がしばらく続いた。英語のシャワーを浴びると、ときどきこのような現象が発生する。普段、通勤の途中などに英語を聞いているだけではこのようなことはあまり起こらないのだが、実際に英語で会話をすると、頭の中に英語の回路がしばらく残るようだ。とは言え、それはとても心地のいいものである。

 マラソンレッスンを受けるには、一〇〇分という時間を無駄にしないようにするために、講師のほうにも、私にほうにも準備が必要になる。それでも、集中して受ける一〇〇分のレッスンは、とても貴重なものとなった。今後、通常のレッスンでは物足りないと感じてしまわないようにしたいものである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 月に一度くらいは一〇〇分のレッスンを受けるのは良いのではないかと感じました。そうすることで、次の週のレッスンを休みにすることもできるようです。エネルギー溜めて発散するといった感じでしょうか。話が合うイギリス人講師に出会えて本当に良かったと思っています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »