« 'The Who Shop'でDalekのTシャツを買う | トップページ | イギリス人は、雨の日でも本当に傘をささないのか? »

2018.09.04

ホットヨガ(六四〇回目)

'The Who Shop'でDalekのTシャツを買うの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 大型台風が大きな傷跡を残しながら去って行きました。皆さんのお住まいの地域の被害状況はいかがでしたでしょうか。今回の台風は、予報通り、かなり大型でした。出勤したとしても、電車の運休により帰宅できなくなる可能性が高いことから、休暇を取っても良いとお達しが出ていましたので、休暇を取りました。ガンモも自宅待機のお達しが出ていたのですが、緊急のユーザ対応のため、カングーで出掛けて行きました。私は、自宅待機で安泰に過ごせるだろうと思っていたのですが、甘かったです。もちろん、テントにいるのは危険なので、大事なものをテントから持ち出して、寝室にこもっていたのですが、ときどき電気が切れそうになり、停電になったらどうしようと不安に思いました。テントの様子を窓越しに見ていましたが、激しい暴風雨のため、サザエさんのエンディングテーマ曲の家のように、テントが左右に揺れていました。幸い、ガンモがテントの上にブルーシートをしっかりと固定させてくれていたので、テントもブルーシートも飛ばずに済みましたが、大型台風の日に自宅で独りで過ごすのはとても心細いと感じました。大型台風が過ぎ去って、涼しくなりました。今度こそ秋の気配を感じます。台風で被害に遭われた方がいらっしゃいましたら、心よりお見舞い申し上げます。どうか一日も早く日常を取り戻すことができますように。


 四月十四日土曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。久し振りの骨盤コースのレッスンとなったわけだが、この日は東京から、私がカウンセリングを受けているトップインストラクターが来られるというので、予約したカウンセリングの時間に合わせてレッスンを受けたというわけだ。

 エレベータを降りて最初に目が合ったのが、そのトップインストラクターだった。トップインストラクターは私に、
「カメのリュックで来られました?」
と聞いてくださった。私がカメのリュックを持っていることで、トップインストラクターが興味を示してくださり、「今度見せてくださいね」
と何度も言われていたにもかかわらず、またしても、カメのリュックを背負って来るのを忘れてしまったことに気付き、私はトップインストラクターに謝った。何度も忘れてしまうのは、本当に困ったものだ。トップインストラクターは、
「何のために(神戸に)来たのかわからない」
などとおっしゃり、またまた笑わせてくださった。

 「明日、大阪のU店にいますので、カメのリュックを背負って、U店にカウンセリングを受けに来てください」
などとも言われた。なかなかユーモアのセンスのあるインストラクターである。

 さて、今回のレッスンの参加者は五名と少なかった。月の半ばくらいでかつ、その日の最終レッスンだったので、参加者が少なかったのかもしれない。レッスンを担当してくださったのは、S店の店長さんだった。

 久し振りに骨盤コースのレッスンを受けたためか、とても新鮮だった。とは言え、やはり普段受けているリラックスコースのレッスンなどよりは疲労感が激しかった。そして、久し振りに取るポーズが多かったせいか、以前は取れていたのにどこか身体をかばって取れなくなってしまっているポーズがいくつかあった。

 レッスン後、ゆっくりとシャワーを浴びて、カウンセリングに備えて着替えをした。カウンセリングのときに着るヨガウェアをスタジオで借りることもできるのだが、レンタル料が掛かるので、レッスン用ヨガウェアのほかに、カウンセリング用ヨガウェアを別に持参したのだった。

 カウンセリングのときに、東京から来られたトップインストラクターから教わったいくつかのストレッチを再現した。どうもきちんと理解していないところがあったようで、うまく実践できていないところもあった。

 これからは、カウンセリングに指名料が発生することになるそうで、
「指名料なしで一年間延長しませんか?」
とトップインストラクターにさらっと言われた。私は、話の流れの中で、思わず、
「はい」
と答えてしまった。しかし、ちょっと待てよ。また三十万円くらい掛かるのだろうかと不安にもなった。

 やはり、懸念していた通りだったようで、またしても高額のチケットを購入することになってしまった。私は、「まあ、いいか」と思いながらも、格安の回数券だけでレッスンを受けていた頃のことを懐かしく思い出していた。

 一年延長したからか、カウンセリングの時間を十分ほど延長してくださった。カウンセリングを終えて、着替えを済ませたあと、新しいカウンセリングの申し込みをした。かなりの金額である。それでも、確かにトップインストラクターの導きは素晴らしい。それだけは確実に言える。ただ、スタジオの雰囲気が、以前とは違うものになって来ていることも事実だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 高額のチケットを購入しても、トップインストラクターのスケジュールと合わせなければならず、なかなか活用できていません。高額チケットに有効期限がなければいいのですが、有効期限のあるチケットなので、かなりもったいないですね。このあたりは、今後、強気にならなければならないと思っています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 'The Who Shop'でDalekのTシャツを買う | トップページ | イギリス人は、雨の日でも本当に傘をささないのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/66610379

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六四〇回目):

« 'The Who Shop'でDalekのTシャツを買う | トップページ | イギリス人は、雨の日でも本当に傘をささないのか? »