« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018.05.30

映画『スガラムルディの魔女』

ホットヨガ(六三一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またしばらく更新期間が空いてしまいました。更年期障害のため、やはりいろいろなことに対して腰が重くなってしまっています。ホットヨガのレッスンの記事の回数を修正する予定でしたが、前後の記事のリンクを修正したり、記事のタイトルを修正したりするエネルギーがなく、結局挫折してしまいました。もはや、回数など気にしません。(苦笑)先日の週末は、ガンモも仕事が休みだったので、自宅でのんびりと映画鑑賞をしました。面白い作品をいくつか鑑賞したので、映画のレビューをお届けしたいと思います。


Las_brujas_de_zugarramurdi

 私はヨーロッパの作品が大好きなので、U-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンドでヨーロッパの作品をたくさん鑑賞できることは喜びだ。

 スペイン映画の本作を鑑賞し始めたとき、とあるサイトで交流しているトルコ人の学生さんのことを思い出した。彼はスペイン映画が大好きらしい。本作を鑑賞しようと決めたのも、何となく本作を鑑賞したことを彼に報告したい気持ちもあったと思う。

 邦題から想像すると、どうやら魔女の話のようだ。しかし、どういうわけか、主人公らしき男たちが強盗をするところから物語が始まる。果たして、強盗と魔女がどのように結びついて行くのだろうか。そんなことを思いながら鑑賞を進めて行くと、強盗をして逃亡中の彼らが魔女伝説の地として有名なスガラムルディに足を踏み入れることになった。さあ、これから一体何が起こるのか。

 一言で言ってしまうと、これまで観たこともないような作品だった。意外な展開に仰天し、強く惹きつけられ、最後まで目が離せなかった。もともと外国人は日本人よりもはっきりとした感情表現をするが、魔女たちの感情は更にはっきりしている。その性格の激しさに圧倒される。おそらくだが、逃亡中の男たちは、彼女たちの持つ性格の激しさをどこかで刺激してしまったのだ。そこから、「追う側の魔女たち」と「追われる側の人間の男たち」に分かれてしまった。魔女の館に忘れ物さえしなければ、人間の男たちは穏便にスガラムルディを離れることができたかもしれないのに、あろうことか、地雷を踏んでしまったのだ。

 どういうわけか、本作に登場する男たちは情けなく描かれている。魔女たちと血縁関係にある男でさえ、ひ弱な存在として描かれている。唯一、強盗の主犯格の男だけが勇気ある存在として描かれていて、魔女の一人が彼に惚れ込んでいる。主犯格の男は、魔女の持つ激しさに対して対等でいるようにも見える。そういうところが、魔女から見ると魅力的に映っていたのかもしれない。

 魔女が実在するとしたら、やはり本作のように、男たちを情けない存在に変えてしまうのだろうか。魔女を描いた作品で、こんなにも楽しめるとは思いもしなかった。トルコ人の学生さんに、いい報告ができると思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 魔女の持つ激しさ、パワーがふんだんに描かれています。とても自由な発想で創られた作品だと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.05.23

ホットヨガ(六三一回目)

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m これからお届けするホットヨガの記事は、本来であればもう少し前に公開するはずの記事でした。しかし、記事の公開順序を間違えてしまい、しばらく未公開のままでした。レッスンの回数が現在公開中の記事とかぶってしまいますので、この記事を公開後に調整したいと思います。(と思いましたが、ちょっと難しいので、回数だけ変更します)それでは、ホットヨガ(六二六回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けた二本目のレッスンは、六十分のスタンダードコースのレッスンだった。良くお話させていただく若いインストラクターがレッスンを担当してくださった。水素水を補給しているときに、そのインストラクターがレッスンを担当してくださることがわかったので、
「今日は絶不調なので、休みながらレッスンを受けますがよろしくお願いします」
とお伝えしておいた。インストラクターは、
「呼吸をしながら、無理しない程度に頑張りましょう」
と言ってくださった。

 レッスンの参加者は十三名だった。私はレッスンを受けながら、更年期の症状が少しずつ緩和されて行くのを感じた。最近の傾向では、寒い日には更年期の症状がひどくなっている。ホットヨガで身体が温まったことにより、症状が緩和されたのだろうか。不思議なことに、二本目のレッスンだというのに、一本目のレッスンのときよりもたくさん身体を動かすことができた。とは言え、疲労感はある。そのため、無理してポーズを取ったりせずに、休みたいときには休みながらレッスンを受けた。

 このレッスンの直後に行われる最終レッスンの予約を入れていた人が多かったのか、最後までレッスンを受けずに途中退出される方が多かった。私は、後列でレッスンを受けていたのだが、気が付いてみると、後列で残っているのは私一人だけだった。

 レッスン後、ゆっくりとシャワーを浴びて、すっぽんぽんになって体重計に乗ってみたところ、確かに痩せていた。何と、カウンセリングを受け始めてから一番痩せていたのだった。

 ここのところ、お腹を引っ込めるポーズはすっかりさぼっていたので、今の状況にお腹を引っ込めるポーズを加えれば、もっと痩せられるのではないだろうか。そんな期待を持って、S店のスタジオをあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私の場合、痩せたように見えるのは、むくみが解消されているからだと思います。そして、しばしば体重が変わるのも、むくみがあるときとないときで差が出ているからだと思います。要するに、むくまない状態を保つことができれば良いということですね。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.05.20

映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』

オフィスの冷房と闘うの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m オフィスの空調は、係の人にお願いして調整していただきました。そのおかげで良く眠れるようになりました。やはり、足を冷やしてはいけませんよね。ところで、イギリスのヘンリー王子とアメリカ人女優のメーガンさんの結婚式のライブストリーミングを鑑賞し、感動でいっぱいになりました。二人がものすごく愛し合っているのが伝わって来たからです。メーガンさんのお母さまがお一人でひっそりと控えめに参列されていましたね。お父さまは手術を受けられた直後なのだとか。参列席にジョージ・クルーニーの姿があったのも見逃しませんでした。キャサリン妃はどこかクールなイメージがあるのですが、メーガンさんはとても温かみのある人だと思います。ヘンリー王子も気さくな方なのだとか。日本だと、「結婚式のときぐらい、髭をそりなさい」などと言われてしまうのでしょうね。お二人の未来に乾杯したいと思います。


What_we_do_in_the_shadows

 本日鑑賞したばかりの作品のレビューを書いてみたいと思う。本作もまた、U-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンドで鑑賞した。

 あるヴァンパイアが棺の中から目覚まし時計を止めて起き上がるところから本作は始まる。起き上がると言っても、まるで宙に浮くように移動する。そうした発想からしておかしい。シェアハウスに住んでいるヴァンパイアたちは、みんな個性の強いヴァンパイアたちばかりである。

 そんなヴァンパイアたちをレポートするという一風変わったドキュメンタリータッチの作品となっている。ニュージーランドの作品なので、彼らが話す英語がKiwi English(キウイ・イングリッシュ = ニュージーランドの英語)なのだろう。私はあまり良く知らないが、少し癖のある英語だと思う。英語圏でない人が英語を流暢に話しているように聞こえるからだ。

 それはさておき、そもそもシェアハウスに住んでいるヴァンパイアをドキュメンタリーにまとめる目的で撮影していること自体、ユニークだ。人間の住むシェアハウスではなく、ヴァンパイアの住むシェアハウスなのである。

 当然、ヴァンパイアなので、彼らはかなりのご高齢である。実際は、ヴァンパイアに襲われたときに、人間としては一度死んでしまっているが、ヴァンパイアとして生き続けているわけなのである。

 他のヴァンパイアたちとは外れた行動を取る者、何故かそのシェアハウスで好かれてしまう人間、オオカミたちとの確執など、実にコミカルに描かれている。そして、予測した通りのラストだった。彼らは決して裏切らない。シリーズものにして欲しいくらい面白かった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 久し振りに楽しいホラー映画を鑑賞しました。彼らは銀や太陽の光、十字架が苦手なのですね。そのあたりの特性がコミカルに描かれている作品です。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.05.17

オフィスの冷房と闘う

ホットヨガ(六三〇回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまた更新期間が空いてしまいました。GABAを飲んでいても、やはり更年期は辛いです。ほてりを抑える漢方薬の効果が薄れて始めていることに加え、ここ三日くらいは、不眠に悩まされています。先日の週末は、ガンモと一緒に山梨県と静岡県に出掛けていました。山梨県のキャンプ場に一泊したあと、カングージャンボリーに参加して、静岡県の伊東にあるハトヤグループのホテルに宿泊しました。大浴場にある水槽の中では、大きな海ガメが泳いでいました。夕食のときにはショーもあり、大いに昭和を感じさせてくれました。撮影した写真を編集して公開したいのですが、どうやらそのエネルギーが不足しているようです。公開したい写真はたくさんあるのに、困ったものです。


 静岡から帰って来てから、どういうわけか、夜、眠れなくなってしまった。横になっても一時間ほどで目が冷めてしまうのである。一日の睡眠時間がわずか二時間という日もあり、これでは身体が持たないと感じていたときに気が付いたのは、オフィスの冷房が私の頭を直撃しているという事実だった。先日、オフィスで席替えを実施した際に、オフィスの冷房の冷気が降り注ぐ席に引っ越してしまったのだ。そのために、足が冷えて眠れなかったようだ。

 そこで、オフィスの冷房対策を練ろうと、インターネットで情報を検索してみたところ、百円グッズを駆使したオフィスの冷房対策という記事を見付けた。何と、私が書いた記事ではないか。

 そう言えば、ずっと以前に、今と同じオフィスの別の階で、同じような状況に直面していたことを思い出した。この記事を書いたときには、同じオフィスの別の階にある別会社で働いていたのだった。そのときと同じことが、今まさに起こっているのである。(記事に貼り付けられている写真は、「ガンまるコム」という自宅サーバを復旧させていないため、表示されません)

 帰宅した私は、応急処置として、冷え切った足首にカイロを貼った。それだけで、かなりマシになって来ている。あとはオフィスでの根本的な対策が必要である。ひとまず、厚手のパーカを持参して、そのパーカのフードをつけた状態で仕事をすれば、冷気から身を守ることはできる。そして、足首は引き続きカイロで守るか、やはり冷気を通さないサポーターを巻いたほうがいいと思っている。これらの方法でしばらく様子を見てみようと思っている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m オフィスの冷房対策について調べていて、まさか自分が過去に書いた記事を見付けることになるとは思っていませんでした。「歴史は繰り返される」という言葉がふと頭に浮かびました。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.05.10

ホットヨガ(六三〇回目)

「だって、私の人生なんだもの。」の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m もう五月だというのに、またまた急に寒くなりましたね。私は昨日、寒かったので、ノースリーブの中綿ジャケットを着て出勤しました。しかし、職場のロッカーにそのジャケットを残したまま帰宅してしまったところ、帰りはとても寒かったです。皆さんも、気温の変化にはくれぐれも注意してくださいね。それでは、ホットヨガ(六二九回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けたのは、六十分のスタンダードコースのレッスンである。レッスンを担当してくださったのは、東京のG店から来られたカリスマインストラクターである。

 カリスマインストラクターが来られることは、S店から届くメルマガで知らせてもらえるようになっているのだが、そのメルマガの中で、カリスマインストラクターを表現する内容がとにかくすごい。ホットヨガのインストラクターの中でも、頂点に立つくらい素晴らしいインストラクターであることをうかがわせる。私も以前、東京のG店のスタジオや京都のK店のスタジオで、そのカリスマインストラクターのカウンセリングを受けたりレッスンを受けたりしているので、その凄さは実感している。突出しているのは確かだ。

 レッスン開始時間になっても、カリスマインストラクターはまだカウンセリングを担当されていたようで、レッスンの開始時間が十分ほど遅れた。レッスン開始の少し前に、S店の店長さんがスタジオに入って来られ、そのカリスマインストラクターの凄さを語ってくださった。カウンセリングを受ける人たちの骨の一本一本まで矯正するアドバイスができる方らしい。

 私は以前、カリスマインストラクターのレッスンを受けたときに、魔法がかかるようなレッスンだと感じていたので、今回も魔法がかかるのを楽しみにしていた。

 カリスマインストラクターがスタジオに入って来られると、参加者全員がカリスマインストラクターの言葉に包まれ、スタジオの中に溶け込んで行くようなレッスンが始まった。カリスマインストラクターの発言はとてもゆっくりで、それらの一言一言が心の中に染み渡るような感じだった。以前の記事で、カリスマインストラクターの導きが催眠術のようだと表現したことがあるが、今回もその通りだと感じた。言葉を端のほうまで広げ、聞く人が理解できるようにしてくれているようだった。

 レッスンでは、個別で行うカウンセリングとは違い、全体に向けた言葉を使うので、それらの中から自分に合った方法を見つけて欲しいと言われた。

 カリスマインストラクターが午前中に、アクティブコースのレッスン(ホットヨガのレッスンの中ではかなりきついコース)を担当されたそうだが、レッスンの参加者がこてんぱんにやられ、最後はカリスマインストラクターと目も合わせずに帰って行ったそうだ。こてんぱんにやられるとは、カリスマインストラクターの言う通りにレッスンを受けていると、普段のレッスンと比べて相当きつく感じるということである。

 スタンダードコースのレッスンということで、本来は星三つくらいのレッスンなのだそうだが、カリスマインストラクター曰く、「星五つくらいになりますよ」とのことだった。

 私は、一本目のレッスンを受けたときは、更年期による倦怠感や疲労感が激しく、身体が思うように動かなかったのだが、今回のレッスンを受ける頃にはすっかり回復していた。そのため、怯むことなくレッスンに臨むことができた。

 とは言え、私自身がこてんぱんにやられたわけではなかった。取れないポーズもあったため、休んでいたからだろうか。

 とにかくひとつひとつの言葉を大切にし、スタジオ全体に届くようなレッスンだった。

 レッスンのあと、カウンセリングに余裕があるとのことだったが、ガンモが自宅で待ってくれていたので、シャワーを浴びて帰宅したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ホットヨガと言えば、今月はまだ一度もレッスンを受けていませんね。今週末もガンモとお出掛けする予定なので、レッスンを受けるのはもう少し先になりそうです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.05.06

「だって、私の人生なんだもの。」

2018年のゴールデンウィークの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ガンモとの合流を果たし、四日の深夜に兵庫県の我が家に帰って来ました。十連休はあっという間に過ぎて行き、とうとうゴールデンウィークの最終日となってしまいました。皆さんは、ゴールデンウィークを楽しく過ごせたでしょうか。私は、楽しかっただけに、明日からまた仕事が始まるのかと思うと、少々気が重いです。(苦笑)


 つい先日、性同一性障害を持つイギリス人とチャットをする機会があった。プロフィール写真を見て衝撃を受けた私が、彼女に話し掛けたのだ。

私 :きれいですね。私よりも女性らしいです。
彼女:あは、ありがとう。だって、私の人生なんだもの。
私 :あなたの生き方に心を揺さぶられました。私もあなたのように生きたいと思います。でも、それは、私が男になりたいという意味じゃないけど・・・・・・。(笑)
彼女:当然よ。だってあなたは私と同じ女性なんだもの。私との違いは、私が間違った肉体で生まれたことだけよ。

 彼女はとても自分らしく輝いていた。彼女のような生き方を選択することは、どこの国であれ、とても勇気の要ることだと思う。心の中では自分らしく生きたいと思っていても、時には周囲がそれを許容しない場合もあるかもしれない。それでも彼女は、自分が間違った肉体で生まれたことを訂正する道を選んだ。彼女が自分らしく生きることを選択することで、他の人たちの人生をも変えることになってしまったかもしれないが、それでも自分らしく輝くということは本当に素晴らしいことなのだと、彼女の生き方を見て思うのだ。

 その後、彼女は私がオンラインのときにときどき話し掛けてくれるようになった。これからもっと交流が深くなるかどうかはまだわからないが、もしそうなったら、もっといろいろな話を聞いてみたいと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 社会生活を送っていると、自分らしさを押し殺してしまうことも多いですが、自分らしさを表現することは、私たちにとって、最低限、必要なことなのではないかと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.05.04

2018年のゴールデンウィーク

ホットヨガ(六二九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今朝、私は実家をあとにして、実家の最寄駅まで父に自家用車で送ってもらい、普通列車に乗り込みました。四国内で行われるとあるイベントに参加したあと、迎えに来てくれるガンモと合流して、兵庫県の我が家に帰宅する予定です。


 今年のゴールデンウィークは一足早めに休暇を取って、ガンモと一緒に四国内のキャンプ場でキャンプをすることから始まった。あいにくキャンプ場は風が強く、ワンポールテントのポールを一本破損させてしまったが、風に強い、別のテントを持参していたので、そのテントで二晩を過ごした。

 キャンプ場が広いので、ガンモはドローンを飛ばすために新品のドローンを持参していた。しかし、風が止んだ二日目に、いざドローンの箱を開けてみると、ドローンの羽が付属していないことがわかってしまった。もとから入っていなかったのか、それともガンモが箱を開けたときに何かにくっついて、そのままどこかに置き去りにしてしまったのか、それはわからない。そのキャンプ場で飛ばすために、新たなドローンを購入したガンモは、すっかりしょげ返っていた。

 二泊三日のキャンプのあとは、日帰り温泉に浸かり、私の実家に一泊し、父と一緒にご飯を食べた。ガンモは翌日、仕事の待機要員だったため、カングーを運転して独りで帰宅した。

 その翌日、私は小学校時代からの友人宅でおしゃべりを楽しんだ。この日までは天候に恵まれていた。

 しかしその翌日は、松山まで出掛けて行くことになっているというのに、天候が崩れてしまった。それでも、実際はそれほど天候の影響を受けることなく、松山に住む友人と一緒に楽しく過ごすことができた。

 そして、その翌日である昨日は、実家での残りの一日をのんびり過ごしたというわけだ。実家に滞在中、もう少し映画鑑賞ができるだろうと思っていたのだが、なかなかそうも行かなかった。わずかに残されたゴールデンウィークの休暇中に鑑賞しておきたいものだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m やはりゴールデンウィークは、出歩く人が多いですね。普段の様子を知りませんが、今、乗車している電車もかなり混んでいます。多くの人たちが移動する時期なのでしょうね。皆さんも、残りの休暇を思い切り楽しんでくださいね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »