« 会話が面白くなる瞬間 | トップページ | ガンモの肋骨が折れたはなし »

2018.04.19

ホットヨガ(六二八回目)

会話が面白くなる瞬間の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 鹿児島で噴火があったというニュースが飛び込んで来ました。噴火した場所の近くにお住まいの方もいらっしゃるかもしれませんが、どうか気を付けてくださいね。大きな地震に噴火と、日本はなかなか厳しい状況にありますね。それでも私たちは、自然の美しさや自然から与えてもらったものを忘れることはできないでしょう。それでは、ホットヨガ(六二七回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けたのは、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンである。以前は、リラックスコースのレッスンのあとにライトコースのレッスンというレッスンスケジュールだったのだが、最近はライトコースのレッスンが肩凝り解消ヨガのレッスンに変わっている。そのため、私にとって、二本目のレッスンとして受けるのは少々きつい。しかし、週末にまとめてレッスンを受けている私としては、この時間帯の組み合わせでレッスンを受けるのが最も都合がいいのだ。

 さて、今回のレッスンの参加者は九名で、レッスンを担当してくださったのは、発声方法のきれいなインストラクターだった。

 この日の私は、更年期障害の症状が少しあったので、途中でレッスンについて行けなくなり、ヨガマットの上でしばらく休むことになった。一日にレッスンを連続で二本も受けるのは、そろそろ体力的にきつくなって来ている。しかし不思議なことに、以前ほど暑さは感じなくなっていた。おそらく漢方医が処方してくださっている漢方薬が良く効いていることに加え、スタジオ内の温度が高くならないようにインストラクターが気遣ってくださったのと、GABAのおかげで自律神経が整って来ているからではないかと思っている。

 とは言え、私にとっては、肩凝りは解消したいものの、取れないポーズの多いレッスンであることには変わりがない。逆にこのレッスンで取るポーズが本当に肩凝りを解消してくれるのであれば、いつま経っても私の肩凝りがひどいままであるということは、肩凝りが解消されるようなポーズをちゃんと取れていないということでもあるわけだ。

 何とか最後までレッスンを受けて、シャワーを浴びた。受付で、久し振りにお目に掛かった懐かしいお二人と話をした。リラックスコースのレッスンを担当してくださったインストラクターには、イグアナのポーズのときに胸がつぶれそうになって痛かったので、以前、相談させていただいたことがあった。今回のレッスンのとき、私もそのことを思い出していたのだが、インストラクターもそのことを思い出してくださっていたようだった。

 翌日もレッスンにお誘いくださったのだが、その日はガンモと一緒に過ごす日と決めていたので、レッスンには参加できないとお伝えした。とにかく、久し振りにお二人にお会いできてうれしい一日だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 肩凝りを解消したいのに、肩凝り解消ヨガのコースは私の宿敵なのです。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 会話が面白くなる瞬間 | トップページ | ガンモの肋骨が折れたはなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/66353302

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六二八回目):

« 会話が面白くなる瞬間 | トップページ | ガンモの肋骨が折れたはなし »