« ホットヨガ(六二二回目) | トップページ | 海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』 »

2018.03.01

イギリス人とソウルメイト

ホットヨガ(六二二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は風がとても強かったですね。今朝は四時半過ぎに目が覚めて、強風のために大きく揺れるテントの中で、今にも吹き飛ばされそうになる不安を抱えながら、何とか支度を整えて家を出ました。皆さんがお住まいの地域でも、風が特に強い地域もあったのではないでしょうか。それに加え、さきほど沖縄で震度五弱の地震があったようですね。沖縄にお住まいの皆さん、お怪我などはありませんでしたでしょうか。自然を受け入れながら生きて行くのもなかなか大変ではありますが、別の側面を見るチャンスでもあるのだと、前向きにとらえることができたらいいですね。


 英会話のレッスンのときに、ソウルメイトを信じているかどうか、イギリス人英語講師に聞いてみた。イギリス人英語講師は、「興味深い質問だね」と言いながら、「僕は、自分と似ている人間は、世界中に五十人いると信じているからね」と答えた。イギリス人英語講師によれば、ソウルメイトの概念は、イギリスでは当たり前のこととして存在しているようだ。私は、日本ではそれほどポピュラーではないのだと説明した。

 ソウルメイトは「似ていること」が大前提のようで、やはり共感ベースの関係を築くらしい。イギリス人英語講師には、過去に付き合っていたガールフレンドでソウルメイトだと思った人がいたそうだ。現在のイギリス人英語講師は既婚者だが、その奥さまとイギリス人英語講師は、ソウルメイトだと思っていたガールフレンドよりも固い絆を結んでいるのは間違いない。奥さまはむしろ、ツインソウルに近いのではないかという気がしている。

 私は、自分の夫(ガンモ)がソウルメイトだと思っているとイギリス人英語講師に話した。やはり、どうしてソウルメイトだとわかったかと聞かれたので、私は夫(ガンモ)に出会ってから、とにかく心の底からたくさん泣いたことと、ガンモと一緒に過ごしているときの前世も思い出したからだと答えた。イギリス人英語講師には、どのようにして前世を思い出したかとか、思い出した前世の内容も聞かれたので、瞑想CDを使って前世に退行し、自分が高いところから落ちて死んで行く瞬間に、ガンモと離れ離れになることが悲しくてたまらなかったと答えた。退行催眠に当てはまる英語がわからなかったので、瞑想CDで代用した。

 イギリス人英語講師は、私の下手な英語に熱心に耳を傾けてくれた。ただ、「前世」については、自分の脳の半分のロジカルな部分が受け入れてはいないが、もう半分の仏教的な部分(日本に住んでいるため)が受け入れようとしていると言っていた。

 おそらくイギリスには、ソウルメイトという単語がもともと存在しているのだと思う。しかし、日本におけるソウルメイトは、まだまだ外国から入って来た言葉であり、概念であるように思う。それに加えて、愛に対する日本人独特の照れから、日本人男性にソウルメイトの話題を振っても、イギリス人英語講師のようにまじめに答えてくれる人は少ないのではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 心の奥底から込み上げて来るような涙をイギリス英語でどう言うのかわからなかったので、イギリス人英語講師に尋ねてみたところ、"floods of tears"や"river of tears"、"oceans of tears"の表現を教えてもらいました。なかなか表現が大げさではありますが、しっかり伝わりますね。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(六二二回目) | トップページ | 海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/66446170

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス人とソウルメイト:

« ホットヨガ(六二二回目) | トップページ | 海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』 »