« 海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』 | トップページ | 母なる自然を愛すること »

2018.03.05

ホットヨガ(六二三回目)

海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 仕事帰りにお届けしています。週末はいいお天気に恵まれましたが、今日はあいにくの雨でしたね。あまりにも暖かかったので、薄着で家を出て来てしまったのですが、帰りはさすがに寒いです。皆さんも、この時期の気温の変化に注意して、体調を崩さないよう気を付けてくださいね。それでは、ホットヨガ(六二二回目)の続きをお届けしたいと思います。


 カリスマ性のあるトップインストラクターのレッスンを受けたあと、ほわーんとしながらロッカールームでくつろいでいると、京都のK店のインストラクターがトライアルレッスンの方を連れてロッカールームに入って来られた。ご案内が終わったようなので、
「K店の方ですよね?」
と話し掛けてみると、
「覚えてくださってました?」
と会話が始まった。そう、十月に東京から別のトップインストラクターが来られたときに、興業主のように働いていらっしゃった京都のK店の店長さんだった。このあとのレッスンを担当してくださるというので、
「お願いします」
と言った。

 続いて受けたレッスンは六十分のスタンダードコースのレッスンで、レッスンの参加者は九名だった。何と、先ほどのカリスマインストラクターの半分である。レッスンを担当してくださるインストラクターのことを思うと、何だか複雑な気持ちだった。

 一本目のレッスンのときも、二本目のレッスンのときも、レッスン中に一度もスタジオの外に出ることなくレッスンを続けることができた。ただ、漢方薬が効いて、暑さはそれほど感じなくなって来てはいるものの、途中で身体が思うように動かなくなってしまった。更年期のだるさが出てしまったのである。そのため、レッスンが終わる少し前には、ヨガマットの上に横になっていただけだった。

 レッスンを終えたあと、大阪のM店のトップインストラクターから三本目のレッスンをお誘いいただいていたのだが、とても参加は無理だと思った。

 そのあと二時間後にカウンセリングの予約を入れていたので、いったんスタジオを出て、どこかで時間を潰してまたS店のスタジオに戻って来るか、それともロッカールームで記事の下書きをしながら静かに待つかを決めなければならなかった。しかし、思うように頭が回らず、決断を下すことができなかった。もう、なるようになれと思いながら、ロッカールームに戻り、まずは扇風機の風に当たって、身体を冷やしながら記事の下書きをした。

 その後、シャワーを浴びて体重計に乗ってみたところ、カウンセリングを受け始めてから、これまでで一番痩せていた。もちろん、人生で一番痩せていたというわけではない。最近、カウンセリングで教わったポーズを取るのをサボっていたのに不思議である。

 シャワーを浴びると、カウンセリングの時間まであと一時間だったので、カウンセリングの時間まで、そのままロッカールームで待つことにした。しかし、ありがたいことに、カウンセリングの時間が繰り上がったと連絡を受けたのだ。私は踊る心で、カウンセリングが行われる受付前に足を運んだ。

 私のカウンセリングシートはS店のスタジオに保管されていたので、まずはそれらを確認してからのカウンセリングとなった。その中には、そのトップインストラクターのカウンセリングを東京のK楽坂店で受けたときのものも含まれていた。

 東京のトップインストラクターは、手が上がらないという私の悩みに応えてくださった。トップインストラクターの言う通りに両手を上げてみると、何と、私の両手がきちんと上に上がったではないか。これは驚くべきことだった。私のリアクションが面白かったらしく、トップインストラクターや受付のスタッフが笑っていた。

 トップインストラクター曰く、私は自分の肩の一部しか使っていないらしい。そのため、肩の老廃物が流れていないそうだ。

 私はいろいろ考えた。精神世界に目覚めた人がいるように、ヨガの世界にも目覚めた人がいるのだ。そういう人たちがトップインストラクターになっている。

 トップインストラクターのカウンセリングはとても贅沢な時間だった。カウンセリングを終えて、スタッフ全員に見守られながらS店をあとにした。私が持っているものが珍しかったらしく、S店のスタッフの間で、蛇の指輪やカメのピアス、カメのマスコットなどに話題が及んでいた。

 既にその日のレッスンはすべて終了していた。そのため、私が早めに帰宅すればスタッフも帰宅できるのかと思い、
「じゃあ、皆さんもお仕事を上がってください」
などと言うと、
「まだこれからお客さんが来るんですよ」
と言われた。なるほど、東京から来られたトップインストラクターなので、予約が取れずに遅い時間にカウンセリングの予約をしている人もいらっしゃるのだろうと思った。

 クリスマスの前だったからなのか、年賀状を書くのに忙しかったからなのかわからないが、いつもの土曜日よりもレッスンを受ける人たちの数が少ない気がした。そんな谷間の時期にじっくりカウンセリングを受けることができて良かったと思う。私はトップインストラクターに、
「またK楽坂店にも行きたいです」
と言った。そして、多くのスタッフに見送られる中、S店のスタジオをあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 何だかとても贅沢な時間でした。このあと、トップインストラクターの言う通りに肩を動かしていたところ、肩の老廃物が少し流れたように思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』 | トップページ | 母なる自然を愛すること »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/66190969

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六二三回目):

« 海外ドラマ『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~ シーズン1』 | トップページ | 母なる自然を愛すること »