« クレジットカードが悪用された | トップページ | 二〇一八年の初夢は母の夢 »

2017.12.30

二〇一七年総括

クレジットカードが悪用されたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いよいよ二〇一七年も残すところあと二日となりました。年末年始の休暇に入っている方もいらっしゃるかもしれませんね。私も、二十八日まで仕事をしたあと、納会に参加して、一年の仕事納めをしました。今年は、春頃に原因不明の熱を出して二日ほど予定外の休暇を取りましたが、それ以外は病欠することなく元気に働くことができました。もちろん、キャンプや旅行のために、病欠以外の予定休もたくさん取得しました。一年間、元気に働くことができたこと、また、どこに出掛けて行っても無事に帰宅できたことに感謝したいと思います。ガンモは年末年始に仕事が入っているため、兵庫県の我が家に残りますが、私は年末年始を実家で過ごすため、現在高速バスの中にいます。皆さんも、有意義で楽しい年末年始をお過ごしくださいね。本年もガンまる日記をご愛顧くださいまして、ありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。m(__)m


 今回は、二〇一七年の総括を綴ってみたいと思う。

 今年を一言で表すとしたら、「とにかく仕事が忙しかった」の一言に尽きる。二十三時過ぎに帰宅して、〇時過ぎに就寝し、翌朝は五時に起きてまた仕事に出掛けるという日々がしばらく続いた。睡眠時間が少ないため、いつも身体が疲れていて寝不足だったように思う。現在は残業規制の関係でそのような状況からは解放されているのだが、短時間で成果をあげなければならない分、結局のところきつい状況になっている。

 勤務先企業との相性についても考えさせられた一年だった。何となく、私自身がどこにも属さずに、どこか浮いてしまっているような気がしてならなかった。おそらく、長く働いていた以前の企業とのギャップを感じ続けていたからだと思う。仕事の進め方が大きく異なるために、一緒に働いている人たちの考え方が理解できず、衝突することも多かった。

 しかし、こんな私の気持ちを一体誰が理解できるだろうか。仕事のことは口外してはならないという決まりがあるため、以前の職場の人たちに話すこともできず、悶々とした日々を送っていた。今、一緒に仕事をしている人たちが、味方なのか、はたまた敵なのか、区別がつかない状態が続いていたのだ。

 しかし、最近になって、ほんの少しずつではあるものの、ようやく彼らが考えていることがわかりかけて来た。今まで深い霧の中にいたが、その霧が晴れかけて来たといったところだろうか。

 仕事の辛さを通じて強く感じたことは、自分が持っているものを引き出してもらえずに、私が持っていないもの、これまで特に意識していなかったものを次々に要求されるのは非常に辛いということだった。何故なら、仕事においては、私が持っているものではなく、相手が要求して来るもので評価が下されるからだ。

 その一方で、同じプロジェクトメンバーの一人と何でも言い合えるようになった。ただ、私にとって、相手は味方なのか敵なのか、まだ量りかねている。というのも、同じプロジェクトの中では名コンビのように扱われてはいるものの、相手が私の中から引き出そうとするのは、私がもともと持っているものではないことも多いからだ。しかも、私が最初に意図したものとはまったく異なる受け取り方をされてしまったり、時には私を見下しているのではないかと思える発言も多く見受けられるからだ。それらは毎回ジョークのように表現され、他のプロジェクトメンバーも味方につけて巻き込んでしまおうとするので、私はいつも戦っているような気持ちになってしまうのだ。とは言え、名コンビと思われるような出会いがあったのは喜ぶべきことなのかもしれない。

 プライベートでは、夏休みにガンもと二人でドイツのミュンヘンとオーストリアのウィーンを旅行した。成田からの飛行機が大幅に遅れ、一時はどうなることかと思ったが、何とか切り抜けることができた。

 また、この一年に参加したコンサートは、比較的前の方の席(前から二列目が二回、前から五列目が一回)で鑑賞することができた。これらは、大殺界の辛い時期に体験したいくつかの光の一つである。更に、コンサートの前にお友達とのとても充実した時間を持てたことも、私にとっての大きな実りだった。

 そして、この一年で、私の意識はこれまでよりも一層イギリスへと向かった。週に一度の英会話のレッスンは相変わらず楽しく、イギリス人講師との相性もいい。普段、考えていることや物事の好き嫌いがとても良く似ているので、時おり発覚する違いがかえって刺激になる。また、英語学習法も、これまでのリスニング中心の学習方法から、ライティング、スピーキングへとシフトして来た。「ガンまる日記」でもご紹介して来たが、楽しいサイトにも出会った。最近は、英文を書いて、イギリス人に読んでもらい、おかしな表現を直してもらうのが楽しくて仕方がない。これからも、もっともっとイギリス人の心を理解したいと思っている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 仕事が辛くても、プライベートが充実していた一年でした。来年は、仕事も充実した一年だったと言いたいですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« クレジットカードが悪用された | トップページ | 二〇一八年の初夢は母の夢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/66217918

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇一七年総括:

« クレジットカードが悪用された | トップページ | 二〇一八年の初夢は母の夢 »