« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017.12.13

ホットヨガ(六一三回目)

リュックの中身を一部ご紹介しますの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 先日、仕事帰りに人身事故のためにJR神戸線がしばらく運転を見合わせるという状況に遭遇しました。JR線以外の私鉄線による振り替え輸送(JR線の定期券を持っている人が、その定期券を提示することで、同等区間の私鉄線に乗車できる)も行われていたのですが、私鉄線の駅に降りても、JR線の最寄駅の駐輪場に自転車を停めているため、JR線の運転再開を辛抱強く待ち続けました。私は三ノ宮駅からの乗車だったので、三ノ宮駅に停車中の電車の車内で待つことができたのですが、途中の駅で待っていた方たちは、寒い中、ホームでずっと待っていたようです。とても寒い日だったので、途中の駅から乗って来られた方たちがとても気の毒に思えました。


 十月二十一日土曜日、ホットヨガの京都店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。この日は東京からトップインストラクターが来られることになっていたので、漢方医の診察を受けたあと、阪急電車に乗って、京都まで出掛けたのである。東京から来られるトップインストラクターというのは、かつて東京のG店で私のカウンセリングを担当してくださったトップインストラクターである。

 こんな時期に台風が接近中で、あいにくの雨だった。京都店のスタジオは、私が知っているだけでも引っ越ししたり、別の支店ができたりと、数年ごとに移転を繰り返している。一番最初に足を運んだのは、確か京都四条店のスタジオだった。その後、京都駅前店のスタジオができた。あとは烏丸のあたりにもスタジオを構えていたことがあった。今回は、そこからの引っ越しになったようだ。

 レッスン開始の数時間前に京都に着いてしまったので、まずはスタジオの周辺を徘徊した。近くに錦市場があり、たくさんの外国人で賑わっていた。雨の日にこれだけの観光客がいるのだから、天気のいい日にはもっと混雑するのだろうと思った。

 昼食におばんざいのバイキングを食べたあと、スターバックスで時間を潰してから、新しくなった京都店のスタジオに足を運んだ。受付で会員証を差し出すと、見知らぬスタッフが応対してくださった。
「京都店のスタジオを初めて利用されますか?」
と尋ねられたので、
「こちらのスタジオは初めてです」
と正直に答えると、
「では、ご案内します」
と言ってくださった。

 案内されたロッカールームは、想像していたよりも狭かった。引っ越しをしたのだから、てっきりこれまでよりも広いところに引っ越したのかと思ったていのだが、そうではなかった。どう考えても、以前の京都店のスタジオのほうが広いのだ。そう言えば、普段、私が通っているS店のスタジオも、狭いところに引っ越ししたのを思い出した。

 しかも、通路とも思えるところにロッカーがあり、どこで着替えればいいのか迷ってしまった。私は、誰か人がやって来る度に自分の荷物を持って、他の人の邪魔にならないようにした。それだけではない。ロッカールームにはソファがなかった。休んだり、荷物を出し入れするためのワークエリアがないのだった。

 着替えを済ませてロッカールームを出ると、東京から来られたトップインストラクターが、一生懸命、会員さんにポーズのアドバイスをされているのが見えた。どうやらそこは、プライベートレッスン用のスタジオのようだった。なるほど、もしかしたら、この部屋を作るためにスタジオの引っ越しをしたのかもしれないと思った。

 レッスンは二階のスタジオで行われた。レッスンの参加者は十名で、レッスンを担当してくださったのは、京都店のインストラクターだった。とても堅実なレッスンだったと思う。

 レッスンを終えたあと、何と東京から来られたトップインストラクターがスタジオに入って来られて、ワンポイントアドバイスをしてくださった。そのときに、ゴールデンウィークに京都店でレッスンを担当されたときにカウンセリングされた方の顔を覚えていらっしゃったようだ。

 そして、ふと私のほうをご覧になり、
「どこかでお会いしましたね」
と話し掛けてくださったので、私は、
「G店です」
と答えた。ギャグだと思われてしまったのか、レッスンに参加されている方たちから、どっと笑いが起こった。

 ワンポイントアドバイスは、ロジカルでとてもわかりやすかった。どうしてそのようなポーズの取り方をするのかをちゃんと説明してくださるのだった。

 ワンポイントアドバイスを終えて、ロッカールームに戻ると、スタッフが声を掛けてくださり、
「良かったらポーズを見ていただくこともできますが、いかがですか?」
とお誘いくださった。私は、
「はい、お願いしたいです!」
と申し出た。何と、先ほどのレッスンに参加された方たちの中で、私を含めて二人しか候補者がいなかったので、贅沢な感じになった。おそらく、一時間後のレッスンを担当されることになるので、あまりたくさんの方たちにアドバイスできないのだろうと思った。

 東京から来られたトップインストラクターはとても魅力的で、さばさばしていて人懐っこかった。私にも気安く話し掛けてくださった。ポーズのチェックをしてくださることに同意して、最初に名乗りを上げた方に丁寧にアドバイスをされていた。私の順番が回って来たのは、次のレッスン開始の十五分前だった。

 私は、去年の夏に、東京のG店でカウンセリングを担当してくださったことへのお礼を言った。そのとき、インストラクターにとっても印象的な出来事があった日だったので、
「ああ、あのときの・・・・・・」
と、覚えてくださっていた。その印象的な出来事は、今は心配ない状況なのだそうだ。それを聞いて安心した。

 私は先日、別の東京からのトップインストラクターのプライベートレッスンを受けたときに判明した、ポーズを取っているときにいつもあばらが出てしまうことについて相談させていただいた。すると、トップインストラクターは、ただちにこういうポーズを取ると良いと教えてくださった。それが、私が普段、まったく意識していないポーズだったので驚いた。普段からそういう位置で身体を動かしていないことが問題なのかもしれないと思った。

 アドバイスを受けている間に、スタッフが入って来られ、
「そろそろレッスンの準備を・・・・・・」
とおっしゃった。しかし、東京から来られたトップインストラクターは、
「十分前に何かすることあるんだっけ?」
とおっしゃった。スタッフが、
「着替えとか・・・・・・」
とおっしゃると、
「着替えなんてすぐにできるよ」
と東京から来られたトップインストラクターがおっしゃったので面白かった。

 どうやら、東京から来られたトップインストラクターが担当してくださる新しいプランがあるらしいのだが、私は、
「他のインストラターのチケットを二種類も購入しているので、金銭的に余裕がありません」
とお断りしてしまった。

 そして、そのトップインストラクターが担当してくださる次のレッスンに臨んだのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m カリスマ的なインストラクターはいらっしゃるもので、今回お目に掛かったトップインストラクターがまさしくそのカリスマ的なインストラクターです。気取らずにざっくばらんなところが人気なのだと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2017.12.10

リュックの中身を一部ご紹介します

ホットヨガ(六一二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 東京の有名な神社で、女性宮司が実の弟に殺害されるという、とんでもない事件が起こりましたね。富岡八幡宮へは、私も足を運んだことがあります。もちろん、殺害された宮司さんのことは知りませんが、あまりにも衝撃が強過ぎたのか、宮司さんが私の夢に出て来ました。今年の後半になってから、大きな殺人事件が起こっているのが気になります。多くの人たちにとって、忘れられない年になりそうですね。


 私の通勤用リュックは、いつもたくさんの荷物でパンパンになっている。大きなリュックを背負っているので、職場の人たちの間では、遭難しても二~三日はしのげるのではないかとか、これから山登りに出掛けるのかとか、いろいろな憶測が飛び交っている。それらの憶測に対し、私はいつも「いいえ、違います」ときっぱり答えている。というのも、一言ではなかなか説明し難いからだ。そこで、今回の記事では、私のリュックの中に入っている複数冊の手帳についてご紹介したいと思う。

 これからご紹介する複数冊の手帳は、ほとんどが三百円均一の3COINSで購入したものである。何故、3COINSの手帳を愛用しているかというと、英語学習に都合が良いからだ。

 現在、持ち歩いている手帳は、以下の八冊である。

Schedule2018_0

 八冊のうち、下段にある三冊は百円均一のお店で購入したものだが、それ以外は、3COINSで購入したものである。

 この手帳は、英会話のレッスンを受ける前に、イギリス人講師と話すネタを英作するために使用している。もともとはウィークリータイプの手帳なのだが、この手の手帳は、左側に新しく覚えたい語句を書いて、右側に長い英文を書くことができるので、英語学習にはもってこいなのだ。

Schedule2018_1

 こちらが、ウィークリータイプの手帳を実際の英語学習に活用している例である。左側のウィークリースペースは、自分の知らない単語や表現などを書き出しておくのに使用している。また、右側の自由スペースには、覚えたい表現を英英辞典などから書き写している。

Schedule2018_3

 こちらは、言語交換パートナーとのSkypeセッション用ノートである。日付を書く欄があるので、そこに話す予定の日付を書き、話す内容をあらかじめ英作しておく。もちろん、話す相手は日本語を学習しているので、すべてを英語では書かないようにしている。

Schedule2018_2

 こちらは、類義語手帳である。英語を学習する上で、類義語を使い分けるために活用している。左側のウィークリースペースに類義語を並べておき、ネイティヴスピーカーたちから教わった内容を記入している。右側の自由スペースには、まとめの文を記入している。

Schedule2018_4

 そして、こちらが類義語の例文集である。類義語を的確に使い分けるために、左側のウィークリースペースに例文を集めて記入しておくのだ。

Schedule2018_6

 こちらは、YouTubeで英語学習の動画を公開しているイギリス人講師から学び取った内容を記録しているノートである。いわば、イギリス人講師によるYouTubeの英語学習の動画は、私にとっては講義であり、これは講義の内容を記録したノートだというわけだ。

Schedule2018_5

 そして、これが最近、使用している私自身のスケジュール帳だ。今年は、Paperblanksの一日一ページのどっしりと重い手帳をしばらく愛用していたのだが、どうも使い勝手が良くないので、3COINSで来年度のスケジュール帳が発売された今年の十月からこちらに切り替えたのである。

Schedule2018_7

 とは言え、これはPaperblanksの一日一ページが重くて使いにくいと感じてしまっただけの回避策であり、来年度のスケジュール帳としてこのまま使い続けるつもりはない。来年のスケジュール帳としては、以下を購入している。


というわけで、来年からは、これら複数冊の手帳に加え、この手帳が新たに仲間入りするというわけなのである。

 他にもタブレットや筆記用具や英会話のレッスンを受けるときのノート、サプリメントや漢方薬などもあり、私のリュックは常にパンパンなのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m EDiTの一日一ページは、以前、使用したことがあるのですが、その頃はPaperblanksの上質な紙に思い入れがあったので、一年ほど使用して、すぐにPaperblanksに戻ったように思います。果たして、今回もそのような道を辿るのかどうか、今のところはまだわかりません。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2017.12.06

ホットヨガ(六一二回目)

HiNativeが面白いの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 本格的に寒くなりましたね。ゆうべ帰宅したら、テント内の気温は四.八度でした。半袖Tシャツの上にヒートテックもどきを着て、その上からセーターをかぶり、更にジャケットも着て、着る毛布を羽織ってもまだ寒かったので、とうとうこの冬初の人型シュラフをその上に重ねたらようやく暖かくなりました。人型シュラフは、購入したときからものすごくサイズが大きいことが不思議で仕方がなかったのですが、重ね着しても大丈夫なように、大き目に作られていたのだとわかりました。この冬、大活躍しそうな予感です。ちなみに、テントの中で電気製品は使えますが、暖房は使用していません。それでは、ホットヨガ(六一一回目)の続きをお届けしたいと思います。




 せっかくS店のスタジオに来たのだから、通常のレッスンも受けておきたいと思い、朝一番に行われる六十分のベーシックコースのレッスンを受けた。カウンセリングが浸透して来たからか、レッスン前にポーズを取っている人が多かった。

 レッスンの参加者は九名で、レッスンを担当してくださったのは、大阪のM店のトップインストラクターである。プライベートレッスンを受けてからすぐのレッスンだったので、いつもよりも身体が軽かった。

 ただ、プライベートレッスンは常温で行われたので、汗を掻くこともなかったのだが、ビギナーコースのレッスンは通常のレッスンなので、スタジオ内はいつものホットヨガ用の温度設定だった。そのため、レッスンが始まるとすぐに汗が出て来た。

 昔々、そのまた昔、まだ神戸店のスタジオがあった頃、今はもう交流のなくなった派遣仲間も神戸店のスタジオでレッスンを受けていた。私がホットヨガのスタジオに通い始めたのは、彼女の影響だと言っても過言ではない。その派遣仲間が、現在の六十分のベーシックコースの前身である六十分のビギナーコースのレッスンを受けていた頃に、「そろそろビギナーコースのレッスンでは物足りなくなった」と言った。彼女の方がホットヨガの先輩だったので、彼女はやがて六十分のビギナーコースのレッスンを卒業して、別のレッスンへと流れて行った。のちに、私もかつての彼女と同じように、「ビギナーコースのレッスンでは物足りないな」と思うようになった。それからというもの、いろいろなコースのレッスンを受けて来たものだった。

 しかし、あれから十年以上経った今、思うのは、「ビギナーコースのレッスンでは物足りない」などと思えるほど、私はヨガを極めてはいなかったということだった。カウンセリングを受ければ、ヨガが、本当はもっと深いものだったと気付くきっかけになる。そのことを知らなければ、私はヨガに対してただの通りすがりと同じなのだと思った。

 とは言え、更年期障害のある私にとっては、常温でレッスンを受けるのと、ホットでレッスンを受けるのとでは大きく違うことがわかった。レッスンを受けるスタジオがホットの部屋になった途端、ヨガそのものが辛い修行のようになってしまうのだった。暑さのために、スタジオから逃げ出したい気持ちでいっぱいになるのだ。そのために、レッスン中に集中力を失ってしまっているとも言える。これから一体どうすればいいのだろうか。ホットの部屋でヨガをする辛さを実感したレッスンだった。

 レッスンを終えたあと、レッスンを担当してくださったインストラクターが、「頭の上で合掌するポーズが以前よりも取れていましたね。胸も開いてました」とコメントしてくださった。何を隠そう、直前のプライベートレッスンで教わったばかりだったのだ。

 シャワーを浴びて受付に行くと、今後のプライベートレッスンについて、受付のスタッフが、私が現在持っているチケットを確認してアドバイスしてくださった。その内容について、私は少し考えたいと回答した。

 スタジオを出ると、ちょうどお昼どきだったので、ご飯を食べて買い物をしてから帰宅したのだった。ちなみに、この日、ガンモは仕事だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m やはりカウンセリングはすごいですね。インストラクターも、通常のレッスンでは伝え切れないことがたくさんあるようなので、カウンセリングをする側にとっても、受ける側にとっても実りのあるものになっているようです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2017.12.03

HiNativeが面白い

ホットヨガ(六一一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 先週はキャンプに出掛けていましたので、この週末はどこにも出掛けずに、ガンモと二人で自宅でまったり過ごしました。自分の好きなことができる時間がたっぷりあって、自由に過ごせるのはいいですね。この週末は、特に英語学習に力を入れました。普段の日も、英語学習の時間は毎日欠かさず設けているのですが、この週末は特に気分が乗っていました。(笑)今日は、そのあたりのことについて書いてみたいと思います。


 先日、YouTubeで公開されているイギリス人の英会話講師(もちろん、私の英会話の講師ではない)の動画を見ていたところ、面白い英語学習ツールがあることがわかった。

 外国語の学習を進めて行く上で、わからないことが浮上したときに、ネイティヴスピーカーに気軽に質問できるサイトらしい。早速、HiNative | 全ての外国語学習者のためのQ&Aサービス。にアクセスしてみた。

 登録に必要な項目を入力してユーザ登録を行うと、トップページに表示されたのは、日本語を学んでいる外国人の方たちからのいくつもの質問だった。外国人の方たちにとって、日本語はかなり難しいようで、これまでにも言語交換を通して様々な質問を受けて来た。良く聞かれるのが、「私が」と「私は」の違いである。また、動詞の活用方法や助詞の使い方にもかなり悩むようだ。

 HiNative | 全ての外国語学習者のためのQ&Aサービス。で、日本人に向けて問い掛けられている質問は、日本人にとってはやさしいものが多いので、私もいくつかの質問に答えてみた。質問に対する答えを書くときは、英語で書いたり、日本語で書いたりもする。私の場合、どちらの言語で答えるかについては、相手が日本語についての質問をするときに、どの言語を使っているかによる。日本語で質問されれば日本語で答え、英語で質問されれば、日本語の意味だけを訳して英語で答えている。

 中には、なかなか面白い質問もあったので、いくつかご紹介したい。

Microwave

はて、「電子フンジ」とは? 私の知らない物理の世界で使われている単語なのかと思ったが、どうやらカタカナの「フ」と「レ」を読み違えてしまっているらしく、「電子レンジ」の間違いだったようだ。そのような間違いにいち早く気付いて回答を書いている方がいらっしゃり、すごいと思った。

Suke

「~すけ」で終わる名前は、現代ではそれほど多くはないと思うのだが、芸名には多いのかもしれない。

Danna

はて、「だんな意味」とは? と最初は思ったが、こちらはすぐに気が付いた。「どんな意味」の間違いだろう。

 このように、なかなか傑作の質問も多いことから、私たちにとっては当たり前のことであっても、外国人の方たちにとっては、思うように正解にたどり着くことができずに悶々としてしまうようだ。

 その一方で、私自身も「うーん」とうなってしまうような難問をぶつけて来られる日本語の上級学習者たちもいる。今のところ、そういう質問はスキップしているのだが、いずれは答えられるようになりたいと思っている。

 さて、私も初日に二つほど質問を書き込んでみたところ、すぐにご回答いただいた。私が学習しているのはイギリス英語なので、イギリス人のネイティヴスピーカーが私の質問に答えてくださった。英語をひとくくりにせずに、どの国の英語を学習中であるかを選択できるのも魅力の一つだと思った。

 このサイトを使ってみて思ったことは、外国人の方たちが私たちに質問して来るような内容も、私がイギリス人に尋ねたくなるような内容も、そこに住んでその国の言葉を話している人たちにとっては、ごく当たり前の内容であるということだ。ということは、外国語を学んでいる人たちも、その言語が使われている国に住んでその国に馴染めば、おのずと言語を理解できるようになるのだろう。しかし、子供の頃から時間を掛けて少しずつ学ばずに、大人になってからにわかに外国語の学習を始めるので、その言語を話す国の子供ならば、とっくに理解しているはずのことが理解できていないのである。そうした内容を、その言語を話している国の人たちに直接質問できるというのは、とても魅力的なサイトだと思うのだ。これからも、どんどん活用して行きたいと思っている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 外国人の方からの、日本語に関する質問に答えるときに英語を使うと、英作文の勉強にもなり、一石二鳥です。どういうわけか、あるアメリカ人からの質問に答えたところ、そのあとも延々と質問され続けていますが、それさえも英語学習の一環として楽しんでいます。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に


| | トラックバック (0)

2017.12.01

ホットヨガ(六一一回目)

ストレスチェックを実施してみたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまたしばらく更新期間が開いてしまいました。仕事のほうは少し落ち着いているのですが、次なる締め切りを目指して頑張らなくてはならなくなりました。今度もまた、かなりシビアな状況ですね。老体に鞭を打ちながら頑張ります。


 十月七日土曜日、朝の八時半から、ホットヨガのS店のスタジオで、東京から来られているトップインストラクターのプライベートレッスンを受けた。プライベートレッスンは、九十分もの間、トップインストラクターを独り占めできるという大変贅沢なレッスンである。その分、レッスンの料金も目が飛び出るほど高い。また、通常のレッスンと同じスタジオで行うので、スタジオの数が少ないS店のスタジオでは、通常のレッスンが行われない時間帯に行われている。

 プライベートレッスンで、トップインストラクターから一つ一つのポーズを教わった私は、今まで全く違うポーズを取っていたことがわかった。私の身体の癖は、肩に力が入りやすく、あばらが出てしまうことと、肩甲骨が広がっていないことである。これらの癖が、ほんの少し意識を変えるだけで改善された。やみくもにレッスンを受けるのではなく、このポーズは一体何のためにあるポーズなのかを普段から意識しながらレッスンを受けたほうが良いと思った。

 リラックスコースのレッスンのときに取っている「揺れる吉祥のポーズ」も、今まで私が取っていたものとはまったく違うポーズだったことがわかった。インストラクターから教わった内容は、とにかく驚きの連続だった。プライベートレッスンのチケットはかなり高額だったが、購入して良かったと思った。レッスンの最後にシャバアサナを取ったのだが、いつもと違う感じでとてもリラックスできた。

 レッスンを担当してくださったトップインストラクターはユーモアに溢れた方で、プライベートレッスンのお話が出たときに、私がカメリュックを持っていることに興味を持ってくださり、「では、次回、お会いするときには、必ずカメリュックを持って来てくださいね」と言われていた。しかし、私はそのことをすっかり忘れてしまっていた。すると、トップインストラクターはひどくがっかりされ、「何のために東京から来たかわからないじゃないですか」などと笑いながらおっしゃった。本当に面白い方だと思った。私は、「次回、お目にかかるときには必ずお持ちします」とお約束した。

 それだけではない。私のマニア気質もすっかり見抜かれていて、「まるみさんは(実際に呼ばれたのは私の苗字)他のところ(他のヨガスタジオや会員制のスポーツ施設)ではうまく行かないでしょう」とまで言われてしまった。それはすなわち、私が現在通っているヨガスタジオのスタッフもまた、マニア気質の人たちが揃っているということなのだった。私は、確かにそうかもしれないと思い、短時間のうちに本質を見抜かれたようでおかしくなった。

 こうして、九十分はあっという間に過ぎて行った。実に中身のある充実したレッスンだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 英会話もプライベートレッスンで、ついにヨガまでプライベートレッスンを受けてしまいました。他の人に遠慮することなくいろいろ質問できるのはいいですね。本当に贅沢なレッスンでした。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ