« キームゼー鉄道と西側の島めぐり(3) | トップページ | ホットヨガ(六〇七回目) »

2017.11.02

「新居を構えました」

キームゼー鉄道と西側の島めぐり(3)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 高知でのプチ台風キャンプは、なかなかワイルドな経験になりました。他に利用客がいなかったので、誰にも気がねすることなくキャンプができたのは良かったのですが、やはり雨がたくさん降っていたので、美しい自然を満喫することができませんでした。高知でのキャンプを終えたあとは、お友達と会って少し話をして、イベントにも参加して、高知のホテルに一泊しました。月曜日は休暇を取っていたので、兵庫県にある自宅に帰る前に、愛媛にある実家に少しだけ顔を出しました。母のお墓参りもしました。盛りだくさんな週末でした。


 私たちが高知に滞在していたとき、関西地方にも台風が来ていたようだ。しかし、前回の台風ほど大規模ではないと聞いていたので、すっかり油断していた。

 高知から帰宅して、ルーフバルコニーのテントを確認したところ、またしてもテントの上にかぶせていたブルーシートが見事に剥がれしまっていた。幸い、ガンモがブルーシートをロープで固定してくれていたので、今回も飛ばずに済んだようだ。

 ただ、残念なことに、テントの骨が折れて、テントがくしゃっと情けなく変形してしまっていた。それはもはや、住める状態のテントではなかった。テントは前回の台風でかなりのダメージを受けていたために、今回の台風に耐えられなかったようだ。

 変形してしまったテントを見て、私は途方に暮れた。しかし、こんなこともあろうかと、前回の台風のあと、これまでのテントと同型の新しいテントを購入していた。いよいよそれを使うときがやって来たようだ。


FIELDOOR ワンタッチテント 5人用ヘキサゴンタイプ 幅305cm×奥行240cm×高さ145cm ダークブラウン (紐を引くだけの簡単設営!)

 ひとまず、ガンモと一緒に新しいテントの梱包を解いて、ルーフバルコニーの別の場所に広げた。そして、その夜から新しいテントで寝るようになった。初日はまだ、テントの上にブルーシートをかぶせることができなかったので、テントの薄い生地だけで夜を過ごしたところ、かなり寒かった。

 幸い、高知から帰った翌日もガンモが休暇を取っていたので、新しいテントにブルーシートをかぶせてもらい、古いテントを引退させた。まだ新しいテントへの引っ越しが完了してはいないのだが、必要なものがあれば古いテントに取りに行くという形で、新しいテントでの生活が始まった。

 通常、テントというものは常設ではなく、必要なときに設営して使うものである。私たちのようにテントを常設させていると、テントの寿命はおよそ一年くらいで尽きてしまうようだ。

 古いテントが崩壊してしまったのは残念だが、テントの中で寝ているときに崩壊しなくてまだ良かったのかもしれない。この三連休の間に、新しいテントへの引っ越しを完了させたいと思っている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 新しいテントの中には、まだものがあまり入っていないので、とても広いです。(笑)このヘキサゴンテントは、かなり大きくて丈夫なので、これからテント生活をされる方にお薦めします。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« キームゼー鉄道と西側の島めぐり(3) | トップページ | ホットヨガ(六〇七回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65992559

この記事へのトラックバック一覧です: 「新居を構えました」:

« キームゼー鉄道と西側の島めぐり(3) | トップページ | ホットヨガ(六〇七回目) »