« ホットヨガ(六一〇回目) | トップページ | ホットヨガ(六一一回目) »

2017.11.26

ストレスチェックを実施してみた

ホットヨガ(六一〇回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ゆうべ、二泊三日のキャンプから帰宅し、四連休最終日の今日は自宅でのんびり過ごしています。今日の体調は良好です。ところで、最近、火事が多いですね。今日、実家の父と電話で話をしたのですが、私の実家方面でも、最近、消防車のサイレンの音が良く聞こえているそうです。特にお年寄りの火の扱いには、十分注意してあげてくださいね。


 派遣会社から、仕事のストレスチェックを実施するようにとの案内が届いたので実践してみた。何だか痒いところに手が届かないようないくつもの質問に答えた結果、以下のような診断結果が得られた。

あなたのストレス状態は「D」で高いです。

ストレス反応
不安感が見られます。
疲労感が見られます。
抑うつ感が見られます。

ストレス要因
仕事量に対する負担感が高いです。
仕事の性質(注意を要するなど)に対する負担感が高いです。
仕事のコントロール度が低いです。

影響要因
同僚からのサポートがうまく得られていないようです。
上司からのサポートが得られているようです。
仕事への満足度がやや低いです。

アドバイス

ストレス反応
不安感が大きい場合、一つの考え方にとらわれるのではなく、柔軟な考え方を身につけたり、趣味や友達との雑談でリフレッシュしたりするなどの工夫も必要です。また不安を感じると身体が緊張するため、腹式呼吸もお勧めです。
疲労を軽減するためには、できるだけ睡眠時間を十分に確保するよう努めましょう。半身浴やマッサージ、ストレッチなど適度な運動も効果的です。肉・魚・卵・豆腐・牛乳などのタンパク質やレバー・緑黄色野菜などのビタミン類は疲労回復に効果があると言われていますので積極的にとるようにしましょう。
抑うつ感が継続すると判断力や決断力などが低下し、何事にも無気力になってしまう恐れがあります。その場合は早めに産業医やカウンセラー、外部医療機関などに相談しましょう。

ストレス要因
仕事の優先順位付けや効率化、簡素化などに加え、形骸化した仕事の見直しなどを行いましょう。必要に応じて上司などへ相談するなど、一人で抱え込もうとせず、率直に支援を求める勇気も時には必要です。その際には、できるだけ、どの業務が負担が高いのかを具体的に示して相談するようにしましょう。
仕事の質が複雑で、高いプレッシャーを感じるような場合は、同じような立場の同僚や友人との意見交換、または先輩から経験談をきいてみるなどし、そこから独自のストレスコントロールをみつけていくことが大切です。また自分がリラックスする時間を意識的に設けてオンとオフの切り替えをすることも重要です。
仕事の裁量が少なくストレスを感じている場合、改善や工夫ができる余地はないかを考え、上司に相談や提案を行い、裁量を広げていくような試みも必要です。
仕事の振り返りや、将来ありたい姿を考えるなど自分を見つめる時間を設けることで、更なるステップアップを図ることもできるかもしれません。

影響要因
今後も何か困ったことがあったら、抱え込まずに上司に相談するなど、日常からコミュニケーションを多くとり、現在の良好な関係を保ってください。
同僚からのサポートを得たい場合、日頃からコミュニケーションをとり、信頼関係を築いておくことが理想的です。時には食事に行って雑談するのもいいですし、「困った時はお互いさま」と自ら同僚をサポートするという姿勢も必要でしょう。共同作業として行わなくてはならない業務に対して同僚が協力的でない等の場合は、上司も含め仕事の役割分担などについて共通認識をとる必要があります。

 この診断結果を診て、正直言って、的が外れていると思った。質問内容から、私が仕事で抱えている問題の根本を引き出せていないので、このような診断結果になったのだと思うが、一言で言って、このような診断プログラムは、複雑な事情には対応できていないと思った。例えば、

抑うつ感が見られます。

これは、更年期の症状に対応できていないために、更年期障害から来るやる気のなさがこのような判定になっているのだと思われる。

必要に応じて上司などへ相談するなど、一人で抱え込もうとせず、率直に支援を求める勇気も時には必要です。その際には、できるだけ、どの業務が負担が高いのかを具体的に示して相談するようにしましょう。

 私は決して、一人で抱え込もうとしているわけではなく、長年の業務経験から蓄積されたものがあり過ぎて、それらが他の人たちにはなかなか伝わりにくいことが問題なのだと思っている。他の人たちに伝えるためには、膨大な資料を作成しなければならない。しかし、そのような資料を作成する余裕もない。

 私が抱えている仕事の問題の根本原因は、私以外の人たちが、まだ業務内容に詳しくなく、私自身の仕事の負担が非常に大きいことと、私がこれまで働いていた職場とは仕事の進め方が大きく異なるために、引き継がれた業務の内容と、現在の仕事の進め方がマッチしていないことにあると思っている。しかし、それらの複雑な背景が診断結果の解決策には現れていない。現実はもっと複雑なのだ。

 とにかく、今の仕事が軌道に乗るまでは、まだまだ時間が掛かりそうである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 質問に一つ一つ答えていると、このような診断結果になりました。(苦笑)抱えているストレスの度合いを計ることはできても、的は大いに外れていますね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(六一〇回目) | トップページ | ホットヨガ(六一一回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/66088313

この記事へのトラックバック一覧です: ストレスチェックを実施してみた:

« ホットヨガ(六一〇回目) | トップページ | ホットヨガ(六一一回目) »