« 映画『消えた声が、その名を呼ぶ』 | トップページ | タロットカードのようなステンドグラスが美しい、ゴシック様式の聖ローレンツ教会 »

2017.10.02

ホットヨガ(六〇三回目)

映画『消えた声が、その名を呼ぶ』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m もう十月になりました。今日はあいにくの雨ですね。アメリカのラスベガスで銃の乱射事件があったというニュース記事を読みました。ホテルからコンサート会場に向けて乱射したようですが・・・・・・。アメリカでは、時々このようなことが起こりますね。犯人が何を思っていたのか、まったくわかりません。とにかく言葉がありません。亡くなられた方たちの魂が光に包まれ、苦しみから解放されることを祈ります。さて、ドイツ・オーストリア旅行の旅行中、持参したパソコンがタブレットだったので、写真の編集が思うようにできませんでした。帰国してからいくつか旅行記を編集しましたので、よろしければご覧ください。⇒ まるみの旅行記


 八月十四日月曜日の仕事帰り、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分のライトコースのレッスンを受けた。八月は、帰省や夏休みの旅行の予定がたくさん入っていたので、月五回のレッスンを達成できそうになかった。運良く、お盆の間はほとんどの方たちが休暇だったため、仕事はそれほど忙しくはなかった。そこで思い切って、仕事帰りにレッスンを受けて帰ることにしたのだ。

 夏休みの旅行の準備もまだ終わっていなかったので、できれば夕方の一本早い時間帯のレッスンを受けたかったのだが、いなかのオフィスは、まちのオフィスのようにホットヨガのレッスンを受けるのに便利な場所にはないため、少し残業してからS店のスタジオに向かうとなると、どうしても最終レッスンを受けることになってしまうのだった。

 今回受けたレッスンは、六十分のライトコースのレッスンで、レッスンを担当してくださったのは、大阪のM店のインストラクターだった。レッスンの参加者は六名だった。

 結論から言ってしまおう。ライトコースのレッスンは、私が通っているホットヨガのレッスンの中でも最も緩いレッスンのはずである。それなのに、大阪のM店のインストラクターの手に掛かれば、ライトコースのレッスンがアクティヴコース並のレッスンになるほどきつくなるのだった。

 私は普段、ライトコースのレッスンは余裕で受けているのだが、今回のレッスンは、イギリス英語風に言うとbloodyきつかった。一つ一つのポーズが長く、息が荒くなってしまったのである。

 同時に暑さも感じていたため、汗がタラタラと出て来て、途中で逃げ出したい気持ちでいっぱいだったのだが、何とか最後まで踏ん張ってレッスンを受けた。

 山の日を含む三連休の間に何となく体重が増えていたように感じていたのだが、レッスン後に体重計に乗ってみたところ、増えてはいなかった。どちらかと言えばセーフである。

 レッスンを終えると、ロッカールームでしばらく扇風機の風に当たった。涼しくてとても気持ちが良かった。

 実は、ここ最近、カウンセリングを受けてもカウンセリングシートを受け取っていなかったので、受付のスタッフにリクエストしておいたところ、帰りにちゃんと渡してくださった。何と、カウンセリングシートが三枚も溜まっていた。これではカウンセリングの復習ができないではないか。何はともあれ、何とか旅行前にカウンセリングシートを受け取ることができて良かった。

 受付のスタッフと少し踏み込んだ話をした。精神世界もお好きなのだそうだ。また、いろいろな話ができるといいなと思っている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この日が八月度の四回目のレッスンでした。このあと、夏休みの旅行に出掛けて、帰国してからはまたまた超多忙な毎日に突入してしまいましたので、この日が八月の最終レッスンとなり、月五回をとうとう達成できませんでした。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『消えた声が、その名を呼ぶ』 | トップページ | タロットカードのようなステンドグラスが美しい、ゴシック様式の聖ローレンツ教会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65664700

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六〇三回目):

« 映画『消えた声が、その名を呼ぶ』 | トップページ | タロットカードのようなステンドグラスが美しい、ゴシック様式の聖ローレンツ教会 »