« タロットカードのようなステンドグラスが美しい、ゴシック様式の聖ローレンツ教会 | トップページ | ホットヨガ(六〇四回目) »

2017.10.10

わずか十五分の魔法

タロットカードのようなステンドグラスが美しい、ゴシック様式の聖ローレンツ教会の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 三連休の頃から、暑さがまたぶり返しましたね。今夜も暑いので、Tシャツを脱いで、テントの入口を開けて、扇風機をブンブン回しています。これでまた急に寒くなったら、自然は私たちに意地悪をしているとしか思えません。あと少し、夏の残り香を楽しみましょう。


 買いだめしていたダイソーの天然ヘナがほぼ底をついてしまった。生産を中止してしまったのか、もはやダイソーに行っても入手することができない。そのため、しばらく白髪染めをしないまま放置していたところ、髪の毛がすっかり三色になってしまった。もともとの地毛と天然ヘナに染まった毛、それから白髪である。これでは、三色丼ならぬ三色毛である。

 あるとき、ガンモが私の髪の毛を見てつぶやいた。
「もう、天然ヘナでは間に合わないんじゃないか?」
実のところ、私も同じように感じていた。最近は、天然ヘナをしても、思うように染まらないことが多かった。どうしても、白いところが染まらずに残ってしまうのである。
「ビゲンとかそういうのに変えたら?」
とガンモは私に言った。
「確かに」
と私は答えた。

 そもそも白髪染めに天然ヘナを使い始めたのは、化学物質から子宮を守りたいためだった。しかし、子宮全摘手術を受けた私には、もはや守るべき子宮はない。それならば、そろそろ化学染料に切り替えてもいいのかもしれないと思った。

 それから間もなくして、私は薬局で化学染料を買って来た。ついに敗北したような気分になった。化学染料の説明書を読んでみると、何と十五分で白髪が染まるという。天然ヘナをしていた頃は、夜のうちにペタペタと泥遊びのように塗り込んで、そのまま朝までシャワーキャップをかぶって時間が経つのを待っていたというのに・・・・・・。すなわち、白髪を染めるのに数時間掛かっていたわけだ。そんなケアを続けていた私には、十五分という数字はカルチャーショックだった。

 ひととおり説明書を読んだあと、化学染料を早速使ってみた。十分掛けて塗り、そのあと十五分放置するだけで良い。天然ヘナは、粉を溶いてからしばらく置いて、そのあと塗り込む。そんな手間も一切不要なのだ。ただ、化学物質が使用されているため、パッチテストを行ってから本格使用するように書かれている。私は、そのステップを省略した。

 化学染料を塗る十分(十分以内に塗り終えた場合は、十分待つらしい)プラス十五分は、父と電話で話をしている間に過ぎて行った。父との電話を切ったあと、私は化学染料を洗い流した。臭いはやはりきつく、化学染料らしい臭いがした。

 洗い流したあと、鏡を見て驚いた。「黒い!」天然ヘナでは白髪が多く残っていたというのに、たった十五分で濃いこげ茶に染まっていたのだ。これは喜んでいいものかどうか、とても複雑な気持ちだった。

 仕事から帰宅したガンモに見せたところ、
「きれいに染まってるけど、頭のてっぺんがまだ白い」
と言われた。どうやら、自分では気づかなかった部分が染まっていなかったようだ。しかし、十五分で手軽に染められるならば、またしばらくして染めれば良い。

 白髪が完全には染まらなかった天然ヘナと比べると、この化学染料は優等生ということになるのだろうか。何と表現したらいいのかわからない。きれいに染まってうれしいはずなのに、もっと不完全に染まって欲しかったと思うのは、不完全な天然ヘナに妙なあたたかみを感じていたからかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ほんの一部を残して、見事に「一色に」染まりました。それなのに、不思議とうれしい気持ちにはなりませんでした。まるで、レコードを聴いていた状態からCDに切り替えたときのような寂しさを感じています。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« タロットカードのようなステンドグラスが美しい、ゴシック様式の聖ローレンツ教会 | トップページ | ホットヨガ(六〇四回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65901031

この記事へのトラックバック一覧です: わずか十五分の魔法:

« タロットカードのようなステンドグラスが美しい、ゴシック様式の聖ローレンツ教会 | トップページ | ホットヨガ(六〇四回目) »