« キームゼー鉄道と西側の島めぐり(1) | トップページ | キームゼー鉄道と西側の島めぐり(2) »

2017.10.18

ホットヨガ(六〇五回目)

キームゼー鉄道と西側の島めぐり(1)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 最近、ガラケーでは表示できないサイトが増えて来ました。サービスが終了してしまったサイトも多いですし、セキュリティがらみの問題でアクセスできないサイトも多くなりました。そろそろスマートフォンに切り替えなければならないのだろうかとも思うのですが、愛用しているフルキーボード付きの携帯電話にとことん惚れ込んでいるため、どうしても機種変更したくないのです。小さなキーボード付きのWindowsタブレットPCを持ち歩いていますが、やはり文字の範囲選択が大変なストレスになっています。愛用している小さなノートPCのようなガラケーをいつまでも使い続けたいのですね。


 九月十日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。私にとっては、およそ三週間振りのレッスンである。

 実は、前日の土曜日にレッスンの予約を入れていたのだが、ガンモの仕事が休みだったので、予約していたレッスンをすべてキャンセルした。日曜日のこの日、ガンモは朝から仕事に出掛けて行ったので、私も午前の早い時間帯にレッスンを受けたいと思ったが、この日はSkypeセッションの予定が入っていたので見送った。ところが、諸事情でSkypeセッションが延期になった。延期になった時点で、午前中のレッスンを受けようかとも思ったが、普段、なかなかレッスンに通えないので、一度に二本のレッスンを受ける必要があった。しかし、一日にレッスンを二本受けようとすると、その時間からではお昼の時間帯にまたがってしまうため、諦めた。お昼ご飯を食べずにレッスンを受けるのは、お腹が空いてしまってレッスンに集中できない。かと言って、午前中にもレッスンを受けて、お昼ご飯を食べてから再びレッスンに臨むとなると、着替えを二セット持参する必要がある。それは荷物が増えてしまって大変だ。しかも、午前中に行われていたレッスンは九十分のベーシックコースのレッスンだったため、迷うことなく見送った。更年期障害のほてりがある私にとって、九十分間もの間、暑いスタジオの中で過ごすのは、拷問のようなものだからだ。よって、いつものように午後からレッスンを受けることにした。

 久し振りに訪れたS店は、活気に満ちていた。若いエネルギーが羨ましい。私と同世代の人で、更年期障害の悩みを抱えている人はいないのだろうか。最近、また身体を動かすのを億劫に感じることが多くなった。何かをしようとしても時間が掛かる。身体がなかなか動き出さないのだ。目もパッチリ開かない。困ったものだ。私の小学校時代からの同級生も、何をするにも腰が重く、夜の早い時間からいつの間にか寝てしまうと言っていた。私も似たようなものである。

 さて、リラックスコースのレッスンは、久し振りに受けるレッスンとしては最適だった。それでも疲労感は激しく、レッスンの途中で二回ほどスタジオの外に出て休んだ。何をするのも疲労感が伴い、腰が重くなるのだ。広島弁で言うと、「たいぎぃ」である。とは言え、汗は大量に出て来た。

 レッスンの参加者は九名で、レッスンを担当してくださったのは、S店のインストラクターだった。あまりにも「たいぎぃ」状態だったのか、レッスンの内容をほとんど記録できていなかった。

 何とかレッスンを終えて、涼しいロッカールームでこれを書いている。「たいぎぃ」のを振り切って、このあともう一本、レッスンを受ける予定である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 更年期になると、「たいぎぃ」状態に加えて、ひどく眠くなります。先日、朝の通勤電車の中で寝てしまい、目覚めたときには電車が折り返す少し前でした。あのまま気づかずに寝てしまっていたら、間違いなく遅刻していたと思います。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« キームゼー鉄道と西側の島めぐり(1) | トップページ | キームゼー鉄道と西側の島めぐり(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65773627

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六〇五回目):

« キームゼー鉄道と西側の島めぐり(1) | トップページ | キームゼー鉄道と西側の島めぐり(2) »