« まだまだ日本語脳の私 | トップページ | キームゼー鉄道と西側の島めぐり(3) »

2017.10.27

ホットヨガ(六〇六回目)

まだまだ日本語脳の私の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 納品を控え、バタバタしています。ようやく仕事を上がって電車に乗ったところです。この週末はガンモと一緒に出掛けます。旅先でお友達に会えるのも楽しみです。皆さんも素敵な週末をお過ごしくださいね。それでは、ホットヨガ(六〇五回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けたのは、六十分の肩凝り解消コースのレッスンである。レッスンの参加者は七名で、レッスンを担当してくださったのは、発声方法のきれいなインストラクターである。

 私にとって、その日の二本目のレッスンだったからか、ウォーミングアップの段階で既に汗が大量に吹き出していた。しかも、疲労感も激しい。更年期によるものなのか、それとも、久し振りのレッスンだったからなのかは、このときまだわからなかった。しかし、間もなく私は、それが、というよりも、普段の更年期による疲労感が、肩凝りによるものだと確信した。

 というのも、ウォーミングアップのストレッチを行っているときに、首のコリを和らげるストレッチを実施したところ、私の中から重いものがすーっと抜けて行ったからだ。実は、これと同じことが最近、起こったばかりだった。仕事をするにも身体が重く、どうしようもないと感じていたときに、たまたまオフィスに持ち込んでいた肩凝り解消グッズを使って肩の凝りをほぐしたところ、一瞬にして楽になったのだ。その日は英会話のレッスンの日だったというのに、体調が優れないままレッスンを受けるのはどうかと思っていたところ、肩凝り解消グッズのおかげで楽になったのだ。それと同じことが、肩凝り解消コースのレッスン中にも起こったというわけである。

 とは言え、私の身体からは大量の汗が出ており、それ以外の疲労感があったことも事実だ。そのため、何度もスタジオの外に出て休んでいたところ、インストラクターが声を掛けてくださり、ブロックに座れば楽なので使ったらどうかと勧めてくださった。

 私は、インストラクターからブロックをありがたく受け取り、スタジオに戻った。そして、座るときはブロックの上に座り、ヨガマットの上に寝るときはブロックを枕にして仰向けになった。これがものすごく楽チンでやみつきになりそうだった。

 ブロックのおかげで何とか最後までレッスンを受けたあと、シャワーを浴びた。もう一度、体重計に乗ってみると、少し痩せていた。誰もいなかったので、思い切ってバスタオルを取り、スッポンポンになって計ってみたところ、ヨーロッパに行く前よりも少し痩せていた。ドイツのホテルもオーストリアのホテルも、朝食はビュッフェ形式だったので毎日お腹一杯食べていたのだが、太ってはいなかった。そうだとすると、私が受けているカウンセリングの内容は、リバウンドしないということになるのだ。ものすごいカウンセリングである。

 さて、着替えを済ませて受付に行き、受付のスタッフに、現在の月五回の契約を月二回に変更できるか尋ねてみた。スタッフ曰く、回数の変更はできるが、月二回のコースはないそうで、最低でも月三回のコースになるそうだ。しかも、私が月会費制会員に移行したタイミングが良かったらしく、現在の価格で月に三回のレッスンに通っても、私が契約したときの価格で月に五回のレッスンに通っても、ほぼ同じ金額になってしまうのだそうだ。「それなら、今の月五回のまま頑張って通っていただくのがいいですよ」とスタッフに言われた。

 私は何につけても、そうしたシステムを理解することに無頓着で、ものごとの仕組みなどをアバウトにしか把握していないところがある。ホットヨガのシステムが回数券制から月会費制に変わったときも、スタッフに何度説明されても、そのシステムのことが良く理解できなかった。普段からあまりこだわりを持っていないために、説明を受けても頭に入らないのかもしれない。

 ちなみに、月会費制会員から回数券の会員に戻ることはできないそうだ。何故なら、もはやレッスンを受けるだけの回数券は販売されていないからだ。

 それに加え、東京のインストラクターのチケットを購入したことがどのように影響するのかを尋ねてみた。私は十月に東京のインストラクターのプライベートレッスンを受けることになっている。プライベートレッスンは、トップインストラクターを九十分もの間、独占できるのだそうだ。そのため、回数券が何と一気に十五枚も消費されてしまうという。何と十五枚! 一枚の金額は良くわからない。確か、これまでの回数券よりもかなり割高だったはずだ。そして、私が購入したチケットで、三回のプライベートレッスンを受けられるのだそうだ。

 というわけで、仕事が忙しくても、月五回会員のまま継続することにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ブロックの上に座ったり、枕にしたりするのはとても気持ちがいいですね。百円ショップでも発泡スチロール制のブロックが売られていますが、ヨガスタジオにあるような密度の高いブロックではないようです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« まだまだ日本語脳の私 | トップページ | キームゼー鉄道と西側の島めぐり(3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65774280

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六〇六回目):

« まだまだ日本語脳の私 | トップページ | キームゼー鉄道と西側の島めぐり(3) »