« ホットヨガ(五九六回目) | トップページ | ユーレイルパスを活用して鉄道の旅を楽しむ(1) »

2017.09.02

ドイツで食べたサンドイッチ

ホットヨガ(五九六回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 旅行から帰って来てから初めての週末となりました。ちょうど一週間前の今頃は、帰りの飛行機に乗っていたと思います。母の命日が近いので、本当は帰省したかったのですが、帰国した翌日からハードな仕事が再開してしまいましたので、帰省は今度の三連休に見送ることにしました。この週末は、ガンモと一緒にゆっくり身体を休ませる予定です。とても涼しく、心地よい風が吹いています。明日も一日、のんびり過ごします。


 今回の旅行で食べたサンドイッチをご紹介しておきたい。

 日本でサンドイッチと言うと、サンドイッチ用の薄手の食パンにハムやレタス、トマト、チーズ、卵などを挟んだものをイメージするのではないかと思う。ヨーロッパにも、その手のサンドイッチはあるにはあるのだが、どちらかというと、サンドイッチ用の薄手の食パン以外のパンにハムや野菜、チーズ、きゅうりなどを挟んだサンドイッチが主流である。

撮影した写真はこちら:

Lrg_11277824
ドイツで食べたサンドイッチ

 日本には良くあるコンビニがヨーロッパにはほとんどないので、サンドイッチを購入しようと思ったら、たいていは駅校内にある売店かスーパーなどで探すことになる。サンドイッチの価格は一つ三.五ユーロ(約四五〇円)くらいから五ユーロ(約六四〇円)くらいだろうか。日本で売られているサンドイッチの価格と比べると、割高に思えるかもしれないが、それだけに、結構ボリュームがあるのだ。昼食に一つ食べただけでも満足感があり、夜までしっかり行動できるのである。

 ドイツに滞在中、私たちはいろいろなサンドイッチを食べた。時には、昼もサンドイッチ、夜もサンドイッチという日もあったくらいだ。日本にいるのと同じような感覚で、サンドイッチと一緒についついサラダを買ってみたりもするのだが、サンドイッチがボリューム満点なので、サラダを食べら切れなくなるくらいだった。

 夏のヨーロッパは日本と違い、気温も低く湿度も低いので、パンがべチャっとしないのが良い。カラっとした空気の中でカラっとしたおいしいサンドイッチを食べる。これがヨーロッパの醍醐味でもある。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 滞在中は、サンドイッチばかり食べていたために、後半はご飯が恋しくなってしまったのですが、日本の生活に戻ると、今度はサンドイッチが恋しくなりました。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(五九六回目) | トップページ | ユーレイルパスを活用して鉄道の旅を楽しむ(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65743264

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツで食べたサンドイッチ:

« ホットヨガ(五九六回目) | トップページ | ユーレイルパスを活用して鉄道の旅を楽しむ(1) »