« ホットヨガ(六〇一回目) | トップページ | 不思議なシンクロ現象 »

2017.09.17

敬老の日の前に思う

ホットヨガ(六〇一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 日本全国が台風十八号の影響を受けている、あるいはこれから受けることになるだろうと思います。私は今、愛媛県にある実家に帰省していますが、川は増水し、かなりの暴風雨となっています。川が氾濫した地域もあるようですね。氾濫した川の近所にお住まいの方たちの無事をお祈りしています。私自身はかなり久し振りに実家で台風を経験することになりますが、今回の台風はかなり規模が大きいと感じています。皆さんもくれぐれも台風情報に注意して、地域の皆さんと連携して、身の安全を確保してくださいね。


台風というと、私の住んでいる地域では、もう何年もの間、仕事中か寝ている間に通り過ぎてくれることが多かった。すなわち、私が住んでいる地域には、それほど大きな台風の被害は出ていなかったとも言える。しかし今回の台風は、いつもよりも勢力が強いと感じる。しかも、仕事中や寝ている間ではなく、多くの人たちが移動する三連休中に日本列島を縦断しようとしているのである。

フェリーはもちろんのこと、空の便も欠航が相次ぎ、JR線もあちらこちらで運休しているため、三連休中の移動に大きな打撃を与えているようだ。実家で父と一緒にテレビを見ていたときにも、鹿児島まで帰りたいが、飛行機が欠航しているので、高速バスで移動できるかどうか調べているところだといういう男性がニュースのインタビューに答えていた。

 そんな状況の中、心強いと思うのは、父がいろいろなことに気が付き、冷静に対処してくれていることだ。以前、地震があったときも、父は家の中の障子や戸をすべて開けて回ったと言っていた。理由は、地震によって家に歪みが発生した場合、障子や戸が開かなくなることがあるからだそうだ。

 また、テレビのニュースで台風の状況を見て、普段は緩く閉めている車庫のシャッターをしっかり閉めたり、雨戸を閉めたり、勝手口付近にある窓を閉めたりと、てきぱきと台風に立ち向かう準備をしてくれた。そして、暴風雨が更にひどくなると、私のいる二階の部屋に懐中電灯を持って上がって来てくれた。万が一、停電してしまったときのための準備だと言う。

 そう言えば、子供の頃は、台風が来ると、しばしば停電していたのを思い出す。台風に備え、予めろうそくなどを用意していた記憶もある。今でも、一部の地域で台風の影響による停電が発生することもあるのだろうが、私自身、そういう感覚をすっかり忘れてしまっていた。しかし、私よりもずっと長く生きている父は、過去の記憶を的確に手繰り寄せ、自然災害のときにどのような対応をすればいいか、ちゃんと引き出して行動しているのだ。

 敬老の日の前に思う。お年寄りは、まさしく生き字引であり、これまで切り抜けて来た様々な困難を通じて得た貴重な知識と知恵を私たちに伝えてくれる有り難い存在なのだ。明日は、そんなお年寄りたちに感謝の気持ちを伝えたいと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m お年寄りは、過去の経験から着実に行動できる人たちなのでしょうね。経験者の口から語られる知識と知恵には、説得力があります。明日は、そうしたお年寄りたちの尊い経験からの導きに感謝する日にしたいと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(六〇一回目) | トップページ | 不思議なシンクロ現象 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65802091

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日の前に思う:

« ホットヨガ(六〇一回目) | トップページ | 不思議なシンクロ現象 »