« 忘れていた言葉 | トップページ | ホットヨガ(五九一回目) »

2017.08.03

海外ドラマ『ドクター・フー シーズン9』

忘れていた言葉の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 月曜日の夜に、東京から無事に帰宅しました。大きな台風が接近しているようですね。最近の日本は、自然災害に見舞われ易くなっています。日本に接近している大きな台風が勢力を弱めてくれるか、大きくそれてどこにも影響がないように落ち着いて欲しいものです。


Doctorwhoseason9

 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン9』をインターネットで鑑賞した。今回、利用したのは、日本語の字幕は表示されないものの、英語の字幕は表示されるという海外の動画サイトである。英語学習にはとてもいいサイトなのだが、英語の字幕を読むのが追い付かないことがあるにもかかわらず、再生のスピードを遅く調整できないのが難点だった。むしろ、そうした環境のほうが英語学習には適しているのかもしれないが・・・・・・。

 さて、シーズン9では、シーズン8のときにぎくしゃくしていたピーター・カパルディ演じるドクターとコンパニオンであるクララの関係がより濃厚になっていると言える。むしろ、特別とも言えるほどの絆にまで発展していた。いや、クララに対するドクターの執着心を感じるほどである。しかし、残念なことに、クララはこのシリーズで引退してしまうのだ。

 死別してしまった恋人のダニーとクララが、夢の中で再会するシーンがとてもいい。二人はとても愛し合っていたはずなのに、クララがダニーとの別れをあっさり受け入れてしまっただけに、本当は長く引きずっているのではないかと思っていたからだ。それだけに、泣ける。

 それにしても、ドクターとクララは一体何で結ばれているのだろうか? 十一代目ドクターとエイミーのような男女の友情なのだろうか。私は、ドクターがクララに片想いしているように見えてしまった。

 シリーズ8ではぎくしゃくしていたはずの二人の関係がシリーズ9で一気に改善されたのは、自分の中にある好意を相手に対してオープンにしたことも影響しているように見える。実際、ドクターがクララに対する好意をオープンにするシーンも見受けられた。このような手法は、日常生活にも応用できることなのかもしれない。程度の差はあるにしても、相手が好意を示してくれると、それが潤滑油になり得るということだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m やはり、『ドクター・フー』は面白いですね。近々、十二代目ドクターを演じているピーター・カパルディも引退し、十三代目ドクターは何と女優さんが演じることに決まっているそうです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 忘れていた言葉 | トップページ | ホットヨガ(五九一回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65561025

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドラマ『ドクター・フー シーズン9』:

« 忘れていた言葉 | トップページ | ホットヨガ(五九一回目) »