« ホットヨガ(五九五回目) | トップページ | ホットヨガ(五九六回目) »

2017.08.31

YORKSHIRE TEAの本来の味を味わう

ホットヨガ(五九五回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は、夏休みの旅行から帰って来て初めての英会話のレッスンの日でした。イギリス人講師に旅先でのいろいろなことを報告しました。旅先でのことをいろいろ質問されるだろうと思い、あらかじめ伝えたいことを英作しておいて、それを読み上げました。そして、いくつかの助言いただきました。今回の英会話のレッスンの中で、これから書く「水」の話も出て来ましたので、一緒に触れて行きたいと思います。


 YORKSHIRE TEAを買ってみたの記事にも書いた通り、私は普段、YORKSHIRE TEAを愛飲している。今回のミュンヘン、ウィーン旅行にもYORKSHIRE TEAを持参した。いつもは日本の軟水でYORKSHIRE TEAを飲んでいるのだが、実はYORKSHIRE TEAは硬水に合うという話を聞いていたので、ドイツとオーストリアの硬水を使ってYORKSHIRE TEAを入れてみることにした。

 最初に書いておくが、私たちは普段、日本では水道水をほとんど飲まないのだが、海外に出掛けると何故か水道水を飲むようになる。一般的には、私たちとは逆の人たちが多いのではないかと思う。何故なら、日本の水道水は海外の水道水よりも安全だと言われているからだ。それにもかかわらず、私たちが海外で水道水を飲む理由は、やはりわざわざ飲み水を買うのが面倒だというのが大きな理由である。

 実際、ホテルの朝食レストランでは、紅茶のティーバッグを浸すのに必要なお湯を水道水から取っていた。調べてみると、今回、私たちが訪れたドイツやオーストリアは、水道水を飲んでも安全な国らしい。

 ミュンヘンのホテルの水道水でYORKSHIRE TEAを作ってみたところ、確かに日本の軟水で飲むよりもおいしかった。コーヒー派のガンモにもそのYORKSHIRE TEAを勧めたところ、普段は紅茶をほとんど飲まないガンモが、「これはめちゃめちゃおいしい」と言ってくれた。紅茶の葉と水にも相性があり、その相性が最適の状態でおいしい紅茶が出来上がったというわけだ。

 とは言え、やはりヨーロッパの水道水には癖がある。もちろん、イギリスの水道水も然りである。ホテルの水道水をケトルに入れて沸かすと、ケトルの底に白いものが溜まって来たり、また、沸いたお湯の中に膜のようなものが浮かんで来たりもする。そんな水道水だから、決しておいしくはない。

 そこで、今日の英会話のレッスンのときに、ヨーロッパの水の話題を持ち出したところ、イギリス人講師から、「何故、日本の水はおいしいのに、イギリスの水はおいしくないと思う?」という質問を受けた。その質問に対し、私がすぐに答えを見出だせないでいると、イギリス人講師は、「次回のレッスンまでにお互い、答えを探しておこう」と提案してくれた。

 しかし、その直後に私ははたとひらめいた。「日本には山があるので水がおいしくなるけれど、イギリスには山がないので水がおいしくないのでは? 私もイギリスで列車に乗って移動しましたが、どこを見渡しても山はありませんでした」と言った。すると、イギリス人講師は、「イングランド全域を列車で回ったの?」と笑いながら言ったので大爆笑になった。まるで、「イギリスにも山があるんだよ」と言いたげだったが、苦し紛れに「スコットランドには山があるけどね」と言っていた。イギリスに高い山がないために水がおいしくないという私の考えは、あながち的外れではないように思う。

 ちなみに私の見解を、より科学的な視点で書いているサイトを見付けた。:日本には軟水が多く、ヨーロッパには硬水が多い理由

 こちらのサイトによると、何と、イギリスの水道水よりもドイツの水道水のほうが硬度が高いようだ。今になって思えば、ミュンヘンに着いた初日にホテルの水道水を飲んだあと、お腹が痛くなってしまったのは、水道水の硬度が高かったからかもしれないと思う。とは言え、書きたかったのは、YORKSHIRE TEAの本来の味を味わうことができたということだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 硬水との組み合わせで飲んだYORKSHIRE TEAは本当においしかったです。おいしいYORKSHIRE TEAを飲むためにも、またヨーロッパに行きたいです。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(五九五回目) | トップページ | ホットヨガ(五九六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65730380

この記事へのトラックバック一覧です: YORKSHIRE TEAの本来の味を味わう:

« ホットヨガ(五九五回目) | トップページ | ホットヨガ(五九六回目) »