« ペンギンの家族 | トップページ | ホットヨガ(五九二回目) »

2017.08.10

海外ドラマ『Flowers Season1』

ペンギンの家族の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日も暑かったですね。今年の暑さは異常なほどです。明日から夏休みだという方がたくさんいらっしゃるかもしれませんね。夏休みでどこかにお出掛けの方は、どうか想い出に残る楽しい夏休みをお過ごしください。私たちは、お盆の間は出勤して、その後、少し遅めの夏休みを取る予定です。そのため、明日から二泊三日の予定で帰省します。夏休みは五年振りにガンモと二人で海外旅行に出掛けます。今、そのための準備をしているのですが、スーツケースの中から、今更誰にもあげられないような懐かしいお土産が出て来て楽しかったです。(笑)


Flowers

 ロンドン在住の大学生に教えてもらった動画サイトで本作を鑑賞した。日本語の字幕は表示されないが、英語の字幕が表示されるというサイトである。

 本作に関して何の予備知識もなかった。私はただ、そのサイトでイギリスのドラマか映画を鑑賞したいと思い、検索したところ、たまたま本作を見付けて鑑賞し始めたというわけだ。何気なく第一話を鑑賞したところ、あまりにも個性の強い登場人物たちにたちまち惹き付けられた。しかも、一話の長さがわずか三十分弱なので、帰宅時間の遅い平日でも楽しむことができた。

 自分でも何故、こんなに強く惹き付けられたのか良くわからない。ジャンルとしてはdark comedyに分類されている本作の登場人物たちは、何かしら問題を抱えていて、誰もが思い通りにならない人生を送っている。しかも、誰一人として静かに生きていないところが魅力的なのかもしれない。

 また、どこかで見たことがあるような、ないような、日本人らしき俳優さんも出演されているので、一体誰だろうと思っていたところ、何とこの俳優さんが本作の監督でもあり、脚本も書いているWill Sharpe氏だった。彼はロンドンの生まれだが、子供の頃は東京に住んでいたという。そして、出身大学はあの名門大学のケンブリッジなのだそうだ。

 彼は海外ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シーズン1~シーズン3にも出演していたようだが、私も鑑賞したというのにすっかり忘れてしまっていた。あまり個性の強いキャラクターを演じていなかったからかもしれない。ロンドン在住の大学生に聞いてみたところ、彼はイギリスでは有名な俳優さんなのだそうだ。

 ちなみに、普段の彼はきれいなイギリス英語のアクセントで話すのに、本作ではわざわざ日本人独特の英語のアクセントで話している。

 とても魅力的な作品だったからか、作者であるWill Sharpe氏から芸術的な刺激を受けた気がする。何故、こんなにも完璧に、登場人物たちに苦悩を与え続けるのだろうと、彼の天才的な才能を応援したくなった。まだ若い彼が、これからもっともっと大物になってくれることを期待しつつ注目したい。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m このドラマはイギリスではヒットした作品のようです。作者でもあり監督でもあるWill Saharpe氏は、やはり同じケンブリッジで相棒とも呼べる友人と出会っているようです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ペンギンの家族 | トップページ | ホットヨガ(五九二回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65648360

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドラマ『Flowers Season1』:

« ペンギンの家族 | トップページ | ホットヨガ(五九二回目) »