« 待てば海路の日和あり | トップページ | ホットヨガ(五八一回目) »

2017.07.05

地震を知らない外国人たち

待てば海路の日和ありの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日は台風が来るとのことで警戒していましたが、私が住んでいる地域では、台風と呼べるほどでもない規模で通り過ぎてくれました。皆さんがお住まいの地域でも、大きな被害が出ていないことを祈ります。台風が来ることさえ知らなかった私は、出勤し初めて台風が来ることを知り、驚いた次第です。それにしても、まるで梅雨であることを急に思い出したかのようにたくさん雨が降っていますね。降り続く雨が引き起こす災害に注意したいものです。


 ロンドン在住の大学生との、週に一度の言語交換による交流が続いている。彼との会話はいつも楽しい。アメリカ在住の大学生との言語交換による交流も、いったんは途切れていたものの、久し振りに連絡があり、細々と続いている。もちろん、二人と話すのは、それぞれ別々のタイミングである。私の場合、できるだけ会話を円滑に進められるように、Skypeセッション用のノートを作り、予め会話のネタを書き込んでおくようにしている。

 会話の時間は、それぞれ一時間半程度である。ロンドン在住の大学生とは、初回に三時間話したので、それなりに相性はいいのだと思う。

 少し前に、日本で震度五の地震が続いたときに、地震の話をした。彼らに、「これまで地震を体験したことある?」と尋ねてみたところ、ロンドン在住の大学生からも、アメリカ在住の大学生からも、「これまで一度も地震を体験したことないよ」という答えが返って来て驚いた。二人とも、近いうちに日本に来ることになっているので、日本で地震を体験したときに戸惑わなくて済むように、災害対策について書かれた外国人向けのPDFファイルを送付しておいた。

 アメリカに滞在したことのあるかつての仕事仲間によると、アメリカでは、「地震が起きたら、日本人に倣(なら)え」と言われているそうだ。そう、私たち日本人は、地震の経験が豊富なだけに、地震に対する心得がある。そのため、アメリカでは、地震のときに日本人がどのように行動するかを見て、それに倣うのが良いとされているようだ。

 とは言え、これまで一度も地震を体験したことない外国人が日本に来ていきなり震度五レベルの地震を体験するのは恐ろしいだろうと思う。私でさえ、震度四までしか体験していないというのに。

 私は、日本では、職場で避難訓練が行われていると彼らに話した。おそらくだが、彼らが日本に来て所属する場所においても避難訓練が行われるはずなので、彼らが実際に地震を体験する前に避難訓練に参加できるよう願っている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 地震を体験したことのない外国人は、地震大国日本でどのように過ごしているのでしょうか。もしかすると不安に思うのは最初のうちだけで、実際に住み始めてみると、日本の環境にどんどん馴染んで来るのかもしれませんね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 待てば海路の日和あり | トップページ | ホットヨガ(五八一回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65484918

この記事へのトラックバック一覧です: 地震を知らない外国人たち:

« 待てば海路の日和あり | トップページ | ホットヨガ(五八一回目) »