« 映画『愛を複製する女』 | トップページ | ホットヨガ(五七七回目) »

2017.06.04

日本を再発見する

映画『愛を複製する女』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 早いもので、六月になりました。皆さんのお住まいの地域でも、先日、大雨が降りましたでしょうか。私の住んでいる兵庫県でも、雷とともに大雨が降りました。夜十時過ぎのことで、私はまだ、電車に乗って仕事から帰宅途中だったのですが、ちょうど自宅の最寄駅に着いた頃に小降りになって来たので、レインポンチョをかぶって帰宅しました。まだ雷は収まっていなかったようで、空はときどきピカピカと光り、遠くのほうでガラガラと音を立てていました。自宅にいたガンモは、ルーフバルコニーに降り注ぐ大雨を見て、とにかく驚いたそうです。テントは、雨対策をしてあるので無事でしたが、その日は竜巻注意報も出ていたので、ビクビクしながらテントで過ごしました。(苦笑)


 イギリスでは、先月、マンチェスターにあるコンサート会場で、テロによる爆破事件が起こったばかりだというのに、今度はまたしてもロンドンがテロの標的になった。ロンドンでは、三月にも国会議事堂付近でテロが起こったばかりだったが、今回はロンドン橋付近で複数のテロ攻撃が起こったそうだ。

 これだけテロが多いと、テロに対する警戒体制もしっかりしている。十年近く前に私たちがロンドンを訪れたときにも、大観覧車のロンドン・アイやミュージカルを上演している劇場の入口で、手荷物検査を受けた。そのことをロンドン在住の言語交換パートナーに話すと、「ごく普通のことだよ」と言われた。また、そうした検査が日常的に行われているからこそ、最近は、自動車で歩行者に突っ込むといったテロ活動が行われているのかもしれないとも思う。

Ukpolice

 これはロンドン警視庁のTwitterに投稿された画像である。テロに遭遇したときの心構えとして、「安全な場所へ逃げなさい」、「携帯電話をサイレントモードにして、バイブも切りなさい。できれば、バリケードで自分を防御しなさい」、「安全が確認できたら、999を呼び出して警察に通報しなさい」と書かれている。このような投稿からも、ロンドンがかなり緊迫した状況にあることがうかがえる。

 ところで、ロンドン在住の大学生とは、およそ週に一度のペースでSkypeセッションを実施している。夏に涼しいロンドンからは考えられないことだが、今、ロンドンはとても暑いそうだ。しかし、日本のようにエアコンが効いているわけではないので、暑さをしのぐ術がないそうだ。

 ロンドン在住の大学生とは、テロのようなシリアスな話題に触れることもあるのだが、普段は無邪気な話題がほとんである。もうすぐ日本に来て働くことになっている彼は、とにかく日本が大好きで、自分が刺激を受けた日本の文化やかつて食べたことのある日本の食べ物を次々に報告してくれる。

 先日は、お弁当箱の話になり、「日本のお弁当箱には区切りがある」と言われ、一瞬、何のことだかわからなかった。日本のお弁当箱の画像が送付されて来てようやくわかった。確かに日本のお弁当箱には区切りがある。一方、イギリスの一般的なお弁当には、サンドイッチとフルーツを詰めるようだ。お弁当箱を見てみると、確かに区切りがない。

 私は、日本のお弁当箱は、他のおかずと味が混ざらないように区切りがついているのだと答えた。イギリスのお弁当の場合、それぞれの食べ物が独立しているため、一緒に入れてしまっても味が混ざりにくいのだろう。これまで、日本のお弁当箱やコンビニなどで売られているお弁当に対し、当たり前のように接して来たので、区切りがあることを意識していなかった。こんなふうに、外国人と話をすることで、日本を再発見しているところだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 外国人は、日本人にとっては既に当たり前になってしまって気付かないことを気付かせてくれます。そうすることで、日本を再発見することに繋がっているように思います。日本の文化や食べ物を喜んで受け入れてくれるので、毎回、とても新鮮です。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『愛を複製する女』 | トップページ | ホットヨガ(五七七回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65364325

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を再発見する:

« 映画『愛を複製する女』 | トップページ | ホットヨガ(五七七回目) »