« 決して溶けることのない、冷たい冷たい氷 | トップページ | 映画『愛の囚人』 »

2017.06.23

ホットヨガ(五七九回目)

決して溶けることのない、冷たい冷たい氷の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 小林麻央さんの訃報を聞いて、職場のトイレで静かに泣きました。本当に残念で悲しいことです。今、日本中の人たちが同じ気持ちだと思います。深刻な病気で闘病中の有名人が、自分の病状を明かしながらブログを発信して行くことについてもいろいろ考えさせられましたが、彼女の綴る文章はいつもポジティヴで温かいものでした。ブログを通して、姉妹の仲の良さ、子供さんたちとの関係や海老蔵さんとの夫婦関係などが見えて来ました。みんな麻央さんに出会えて幸せだったと思います。麻央さん、ありがとう。どうか安らかに眠ってください。それでは、ホットヨガ(五七八回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて二本目のレッスンは、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンだった。レッスンを担当してくださったのは、発声方法のきれいなインストラクターである。レッスンの参加者は十二名だった。

 ゴールデンウイークに、東京から何人かのインストラクターが京都のK店のスタジオに来られるという。東京で私のカウンセリングを担当してくださったインストラクターが二名とも来られるというのに、そのとき私は旅行中なのでレッスンには参加できない。とても残念である。

 それはさておき、二本目のレッスンだからか、ウォーミングアップの段階で、汗がタラタラ出て来た。すっかり身体が温まっているようである。

 やはり二本目は少しきつい。暑くなったので、レッスン中に二回ほどスタジオの外に出て休んだ。そのうち一回は、カウンセリングの申し込みと、三本目のレッスンの申し込みだった。やはり四月にスタジオに来られるのは今回で最後になるので、月五回の会員としては、五回分のレッスンをすべて消化しておきたいと思ったのだ。そして、願わくばカウンセリングも受けておきたかった。

 有り難いことに、カウンセリングは、少し遅い時間になってしまうが予約を取ることができた。私は安心してスタジオに戻り、レッスンを続けた。二回目にスタジオの外に出たとき、ときどきお目に掛かる会員さんも一緒にスタジオの外に出られていて、「暑いですね」と会話をした。

 これまで、肩凝り解消ヨガのレッスンは、お腹の贅肉が邪魔でポーズを取り辛くなっていたのだが、カウンセリングを担当してくださっているトップインストラクターのおかげでお腹の贅肉が少し凹んで来たため、以前よりもポーズを取り易くなって来た。とても有り難いことである。私はトップインストラクターを信じて着いて行けばいいのだ。

 さすがに同じレッスンウェアのまま三本のレッスンを受けるのは気が引けるので、三本目のレッスンの前にキャミソールだけ着替えてレッスンに臨んだのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 四月は、休日に一日三本のレッスンを受けなければ、月五回のレッスンを達成できなかったのでした。一日三本のレッスンは、これまでに例のないことでした。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 決して溶けることのない、冷たい冷たい氷 | トップページ | 映画『愛の囚人』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65187041

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五七九回目):

« 決して溶けることのない、冷たい冷たい氷 | トップページ | 映画『愛の囚人』 »