« 映画『リリーのすべて』 | トップページ | 日本の大学生 vs 海外の大学生 »

2017.05.18

ホットヨガ(五七五回目)

映画『リリーのすべて』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 最近、モバイルバッテリーを持ち歩くようになりました。私はガラケー使いなので、携帯電話に関してはモバイルバッテリーが必要な状況には陥らないのですが、通勤に持ち歩いているミニノートパソコンの電池切れ対策用に購入しました。幸い、ミニノートパソコンは電池切れを起こすことなく活用できているのですが、愛用しているヘッドフォンステレオが電池切れになってしまい、ついに出番となりました。これは便利ですね。


 三月二十六日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分の肩凝り解消コースのレッスンを受けた。この日を三月の最終レッスンに選んだのは、大阪のU店の店長さん(今は店長さんではない)がS店に来られるというので、カウンセリングを受けるためだった。

 受付には、大阪のU店の店長さんだったインストラクターと、大阪のM店のインストラクターがいらっしゃった。

 レッスンを担当してくださったのは、発声方法のきれいなインストラクターである。レッスンの参加者は十一名だった。

 今回のレッスンでは、最初から顔にほてりを感じていた。レッスン中も顔から汗がタラタラと流れていた。レッスン中も暑かったので、二回ほどスタジオの外に出て休んだ。

 レッスンの前に体重計に乗ってみたところ、昼食を食べたあとだというのに体重は増えていなかった。ということは、昼食の分を差し引くと、痩せていることになるのだ。
 レッスンの後半は、前屈するポーズが多いのでほとんどお休みさせていただいた。

 私自身、ホットヨガを何か辛いことをする修行のように感じているのではないかという気がしている。英会話のレッスンもほぼ六十分だが(場合によっては、それよりも長いこともある)、毎回、楽しくレッスンを受けていて、あっという間に時間が過ぎてしまう。それに対し、ホットヨガはあと何分でレッスンが終わるのだろうと、いつも時間を気にしてしまっているように思う。それは、スタジオ内が暑いことが更年期の症状に良くないために、早く暑い状態から自分の身体を解放したいためだと思われる。もし、ホットではなく常温のヨガならば、英会話のレッスンのように、あっという間に時間が過ぎてしまうのかもしれない。また、英会話のレッスンはOne to Oneすなわちマンツーマンのレッスンだが、ホットヨガはグループレッスンなので、そこにも違いがある。

 レッスンのあと、カウンセリングを受けることになっていたので、ロッカールームで少し涼んでから、カウンセリングが行われる受付付近に出向いた。

 今回のカウンセリングでは、胸を張って一ヶ月の報告ができたので良かった。そして、ようやく次のステップに進めることになった。

 その後、次のステップに進むための道具を百円均一のダイソーで仕入れたあと、ちょうど仕事を終えたガンモと落ち合って、一緒に帰宅したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m カウンセリングを受けて「毎日実践します!」と約束したことがちゃんと守れると、気持ちがいいものですね。カウンセリングで受けるアドバイスが、生活パターンにマッチしたものであるということも重要な気がします。最初の課題は、毎日実践できるものではなかったので、毎日実践できる課題であることが大事なのだと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『リリーのすべて』 | トップページ | 日本の大学生 vs 海外の大学生 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65069252

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五七五回目):

« 映画『リリーのすべて』 | トップページ | 日本の大学生 vs 海外の大学生 »