« ホットヨガ(五六四回目) | トップページ | ホットヨガ(五六五回目) »

2017.04.15

踏み込んでくれたことに感謝

ホットヨガ(五六四回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 熊本地震から一年が経過しました。被害に遭われた方たちに、改めてお見舞い申し上げます。突然発生した大災害で大切な方を亡くされた方たちもたくさんいらっしゃることと思います。大災害ではないにしても、私自身も母を亡くしているからか、そういうニュースを目にすると、心が深くえぐられる想いです。一年や二年では、悲しみは癒えないでしょう。でもいつか、故人との新しい関わり方が見付かるのではないかと思っています。さて、私は今、ガンモと一緒に鹿児島県の奄美大島に来ています。日中は夏のように強い日差しが照り付けるので、顔や腕がすっかり焼けました。今日、一日、キャミソールで過ごしたのですが、私以外にキャミソールを着ている人はいませんでした。(苦笑)


 今、私が働いている職場では、以下のような形で、座席が数人ごとに向かい合わせに並べられている。

 □□□□□□□
 □□□□□□□

 先日、私はその向かい合わせの席の狭間に、団扇(うちわ)を落としてしまった。団扇ごときで騒ぐこともないのだが、それは通常よりも分厚く大きな団扇で、街角などで宣伝のために無料で配られているものではなく、お金を出して購入したものだったので、それなりに思い入れも強かった。更年期障害のほてりのために、他の人たちよりも仕事中に暑いと感じることの多い私は、その団扇を重宝していたのだった。

 私が、落とした団扇を諦め切れずにもがいていると、一緒に仕事をしている左隣の方が気に掛けてくださった。事情を説明して相談に乗ってもらったが、机を動かすには力のいることだったので、すぐに解決には至らなかった。私は一人で机を動かしてみようと試みたのだが、固定されているためか、思うように机が動かず、四苦八苦していた。右隣に座っている人も一緒に仕事をしている人なのだが、ご自身の作業に集中していたのか、私が慌てふためいていてもまったくの無関心だった。

 しばらくすると、私の後ろの席に座っている方が声を掛けてくださり、何と、机を動かすのを手伝ってくださった。その方は、以前、一緒に仕事をしていた方である。その方のおかげで机が大きく動き、私は机と机の間に手を伸ばして、無事に団扇を取ることができた。

 この出来事を通して思ったのは、困っている人に対し、実に的確な距離まで歩み寄り、手を差し伸べてくれる方がいる、ということだった。おそらく、私の左隣の人は、私自身が悩んでいる状態から主導権を握り、力を使って机を動かすことに対する戸惑いがあったのだと思う。それに対し、私の後ろの席に座っている人は、そこまで一気に歩み寄ってくださったわけである。その歩み寄りが、今回はとても有り難かった。

 特に職場では、友人関係を築いているわけではないので、誰かが困っているとしても、私自身もどこまで踏み込んでいいものか悩むことがある。しかし、今回の場合は明らかに、踏み込んで欲しいと望んでいた領域に踏み込んでもらえて良かったと思えるのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私にとっては、三人の性格の違いがとても良くわかる出来事でもありました。(苦笑)そして、私自身も他者を受け入れる余裕を持ちたいと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(五六四回目) | トップページ | ホットヨガ(五六五回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/65154011

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み込んでくれたことに感謝:

« ホットヨガ(五六四回目) | トップページ | ホットヨガ(五六五回目) »