« 爆笑英会話レッスン | トップページ | 能動的な生き方と受動的な生き方 »

2017.04.28

ホットヨガ(五六七回目)

爆笑英会話レッスンの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ここのところ、少し肌寒いですね。今朝、テントの中で目覚めると、テント内の気温が十一度でした。気温の変化に注意したいものですね。さて、いよいよゴールデンウィーク目前となりました。私は九連休なので、前半は実家に帰り、後半はガンモと出掛けます。どうか皆さんも、有意義なゴールデンウィークをお過ごしください。


 二月十一日土曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。一本目は六十分のリラックスコースのレッスンだった。

 家を出る前から更年期障害の症状がひどく、動きたくない状態だった。それでも、平日にはレッスンを受けられないことを思うと、週末にまとめてレッスンを受けるしかない。そのため、ちょっと無理をして自宅の最寄駅に向かった。ところが電車が遅れていたため、S店のスタジオの最寄駅に着いたのは、レッスン開始の十分前だった。更年期障害の症状がひどく、急ぎたくても急げない状態だったが、何とかS店のスタジオに着いた。レッスンに備えて着替えをしていると、レッスンを担当してくださるインストラクターが、
「間もなくレッスンが始まりまーす」
と、ロッカールームの出入口の扉から声を掛けてくださった。しかし、そう言われても私は急ぐことができず、レッスンの開始時間を少し過ぎてからスタジオに入った。

 レッスンを担当してくださったのは、発声方法が美しいインストラクターである。レッスンの参加者は九名だった。

 私は空いているヨガマットに腰を下ろしたのだが、どういうわけか、呼吸の音がものすごく大きい人がすぐ近くにいて、気になって仕方がなかった。しかし、呼吸の音がはっきりと聞こえるものの、そのような呼吸をされている方が一体誰なのか、確信が持てなかったので、スタジオ内をさりげなく見渡したりしてしまった。その方の呼吸の音(とりわけ、息を吐く音)がインストラクターの声よりも大きかったため、最後までレッスンに集中することができなかった。あとでわかったことだが、どうやら私のすぐ隣のヨガマットでレッスンを受けていた方の呼吸の音だったようだ。

 しかし、その方のおかげで一つ気が付いたことがあった。それは、私自身の呼吸よりもその方の呼吸のほうがずっと長かったことだ。私の呼吸が短く、そして浅いのは間違いない。そのことがはっきりとわかった。

 更年期障害の症状は、レッスンが終わる頃には落ち着いていた。やはり、身体を動かすと効果があるのは間違いないようだ。しかし、更年期障害の症状があると、動作がのろくなり、身体を動かすことをひどく億劫に感じてしまうので困ったものである。

 レッスンを終えたあと、ロッカールームで三十分ほど休んで、次のレッスンに臨んだのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 急ぎたくても急げないのは、なかなか辛いものです。同世代でも、更年期の症状がまったくない人がいるので、うらやましい限りです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 爆笑英会話レッスン | トップページ | 能動的な生き方と受動的な生き方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64879374

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五六七回目):

« 爆笑英会話レッスン | トップページ | 能動的な生き方と受動的な生き方 »