« Ministry of Silly Walks | トップページ | ホットヨガ(五五六回目) »

2017.02.16

ホットヨガ(五五五回目)

Ministry of Silly Walksの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日はずいぶん暖かいですね。朝、とても寒かったので、厚着をして来たのですが、朝と同じ服装では暑く感じられます。これが春の訪れだといいなと思います。


 十二月七日水曜日の仕事帰り、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分のスタンダードコースのレッスンを受けた。水曜日は定時退社日なのだが、仕事が立て込んでいると上がり辛い。ホットヨガのレッスンを受ける日も、英会話のレッスンを受ける日も、定時で仕事を上がりたいので、毎回、ちゃんと仕事を上がれるかどうかヒヤヒヤしてしまう。

 それでも、今回は何とか定時で仕事を上がり、晩御飯を食べてからレッスンに臨んだ。

 レッスンを担当してくださったのは、これまで一度もお目に掛かったことのないインストラクターだった。どこかよその支店のインストラクターなのだろうか。とても堅実なレッスンだった。ちなみに、レッスンの参加者は八名だった。

 レッスンはとても気持ちが良かったのだが、レッスン中、スタジオが一度も換気されることがなかったので、私は不安になり、レッスンの途中でスタジオを飛び出した。スタジオ内が暑くなっていたため、熱を取り込んでしまったのか、レッスンの翌日の仕事中、暑くてたまらなかった。身体に熱が残っていたようだ。私の抱えているほてりは、ホットヨガの熱が残っているためだったのだとほぼ確信してしまった。

 シャワーを浴びて着替えをするときに、替えのブラジャーを忘れてしまったことを思い出した。朝、レッスンの用意をしていたときに、既にそのことに気付いていたのだが、時間がなかったのでそのまま家を出た。仕事に着て行った服を帰りにも着れば、ノーブラでも隠せそうな気がしたからだ。

 暑さのために早めにスタジオを飛び出したので、ゆっくりシャワーを浴びることができた。それにしても私はいつも荷物が多い。これは一体どうしたものか。リュックの中に入っているのは、いろいろなことを書き綴るノート(スケジュール帳や英語関係のものがほとんどである)と飲み物や薬、サプリメントなどだ。これだけでリュックがいっぱいになる。しかも、これだけでは足りずに、お弁当箱やヘッドフォン型のMP3プレイヤーを入れるトートバッグまで持ち歩いている。ホットヨガのレッスンがある日は、これらに加えてスポーツバッグ大の手提げ袋が仲間入りするので、とにかく大荷物だ。おまけに、レッスン後は身体がひどくほてっているので、スタジオの外に出るまでは、コートを手に持っておかなければならない。ああ、困ったものである。

 スタジオは暖房が効いていて暑いので、私はいつも、エレベータで一階に降りてから、まずはショールを羽織る。暑いので、とてもコートを着る気にはならない。そしてそのまま、S店の最寄駅までトボトボ歩くのだ。そのとき、ノーブラであることを他の人たちに気づかれないように、ショールで隠しながら歩いたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ホットヨガとほてりの関係性を調べるには、私自身がホットヨガを始めた時期とほてりを感じ始めた時期を突き合わせてみればいいですね。近いうちに「ガンまる日記」の過去ログで調べてみたいと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« Ministry of Silly Walks | トップページ | ホットヨガ(五五六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64595476

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五五五回目):

« Ministry of Silly Walks | トップページ | ホットヨガ(五五六回目) »