« ホットヨガ(五五二回目) | トップページ | 映画『もうひとりの息子』 »

2017.01.22

「全体」の中に溶け込んだ母

ホットヨガ(五五二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。トランプ氏がアメリカ大統領に就任しましたね。私は政治のことは良くわかりませんし、アメリカについても詳しくは知らないのですが、オバマ氏には人間としての魅力を強く感じていました。ものごとの本質を見ることのできる人で、その人柄には、愛がにじみ出ているような気がします。しかし、トランプ氏には、オバマ氏に感じたような魅力を感じません。ものごとの本質をとらえていないために、力を入れなくてもいいところに力を入れようとしているように思えます。それでも、アメリカではこういう大統領のほうが好まれるのですね。トランプ氏は軍事力拡大を推進するのではないかと懸念されていますが、トランプ氏の政策が世界的に大きな影響を与えないことを祈ります。


 私の母は、三年半前に肺がんのために他界した。母を亡くした悲しみはとても深く、母のことを思い出しては良く泣いていたものだった。今でもその悲しみがなくなったわけではない。しかし、この「ガンまる日記」の中でもときどき触れているように、今は亡き母との別の関わり方を見出している。

 良く、親しい人を亡くした人に対し、「故人はいつまでもあなたの心の中にいる」とか「故人は空の上のお星様になって、ずっとあなたを見守ってくれてるんだよ」などといった慰めの言葉をかけたりする。私が見付けた亡き母との関わり方は、それらと似ているところもある。

 最近になって、肉体を持って生きている人と、既に肉体がなくなってしまった人の違いが何であるのかが少しずつわかるようになって来た。肉体を持って生きている人には、肉体という物理的な境界がある。私たちは他者を区別するとき、相手の顔や声で識別する。そう、肉体を持って生きている人には、境界があるが故に、他者との区別が存在している。その境界は、全体と自分を分ける境界でもあり、同時に他者と自分を分ける境界であったりもする。そして、その境界が存在するために、時には孤独を感じたりもする。しかし、肉体がなくなってしまった人には境界がない。どのようになるかというと、おそらく精神世界で言うところの「一つ(ワンネス、あるいは全体)」の中に溶け込んで行くのではないかと思うのだ。

 肉体を持って生きている人には、それぞれの自由意思があるが、既に肉体がなくなってしまった人には、全体の中に溶け込んでしまっているが故に個別の意思がない。肉体が魂の入れ物なのだとすると、その入れ物がなくなってしまうことで全体の中に溶け込み、吸収されたと解釈できる。反対に、人が肉体を持って生まれるということは、全体の中からいったん分離して、他者との間に境界線を持つということなのではないかと思う。

 何故、このように感じるようになったかというと、亡き母の意思を感じられなくなったからだ。しかし、私自身の解釈に過ぎないが、それこそが母が成仏できたということなのではないかと思うようになった。反対に、巷で報告されている心霊現象などが事実だとすると、幽霊や亡霊などは、まだ全体の中に溶け込んでいないと解釈することができる。

 肉体を持って生きている人の中にも、覚醒した人のように、全体の中に溶け込んでいることを常に意識し続けている人もいる。それは、全体の中に溶け込んでいることがとても心地よいことを知っているからだと思う。それを思うと、亡くなった人がいつまでもこの世に未練を持つということはないのではないかと思えて来るのだ。 

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 理想としては、肉体を持っている人であっても、肉体がなくなってしまった人であっても、同じように付き合うことができたらいいと思うのですが、私自身の中に境界が存在してしまっているため、なかなかそうは行かないものですね。今の考え方、感じ方がもう少し進化したら、この続きを書いてみたいと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« ホットヨガ(五五二回目) | トップページ | 映画『もうひとりの息子』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64794091

この記事へのトラックバック一覧です: 「全体」の中に溶け込んだ母:

« ホットヨガ(五五二回目) | トップページ | 映画『もうひとりの息子』 »