« 映画『ぼくを探しに』 | トップページ | 「全体」の中に溶け込んだ母 »

2017.01.18

ホットヨガ(五五二回目)

映画『ぼくを探しに』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日は阪神大震災が発生した日でした。神戸市では、午前十時に一斉にエリアメールが配信されました。私のはガラケーなので音が鳴りませんでしたが、仕事中にあちらこちらでスマートフォンが音を立てて鳴っていました。実際に阪神大震災が起こったときには想像もできなかった光景かもしれませんね。阪神大震災で亡くなられた多くの魂に黙祷を捧げたいと思います。


 十一月九日水曜日の仕事帰り、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分のスタンダードコースのレッスンを受けた。そう、体幹を鍛えるコースだ。十九時二十分からのレッスンだったので、晩御飯を食べてからレッスンに臨んだ。

 レッスンを担当してくださったのは、発声方法が美しいインストラクターである。今度、発声方法を本格的に勉強されたことがあるのかどうか、インストラクターに尋ねてみようと思っている。

 どういうわけか、今回はあまり汗が出なかった。確か、前回のレッスンもあまり汗が出なかったと記憶している。

 興味深いと思ったのは、レッスンに参加されている方たちはみんな、座位のポーズを取るときにお尻のお肉を掻き分けて座っているということだった。そのほうがポーズを取りやすいことを既にご存じなのだ。そして、そうすることによって、多くの方たちの骨盤が、きれいに立っているのを目の当たりにしたのだった。

 レッスンを終えてシャワーを浴びた。不思議なことに、レッスンのあとも扇風機の風に当たりたいとは思わなかった。あまり身体がほてらなくなっているのだろうか。そうだとしたら、とてもうれしいことである。

 ただ、着替えを済ませたあと、暖房の効いたロッカールームで上着を着る気にはなれなかった。やはり暑いのだ。そのため、いつものように薄着のままエレベータを降りて、一階で上着を着た。

 受付にいらっしゃったインストラクターが、
「先日のカウンセリングいかがでしたか?」
と尋ねてくださったので、
「爆笑カウンセリングでした」
と答えた。カウンセリングそのものよりも、笑っている時間のほうが長かったかもしれない。時間も長くなってしまったので、最後だったから次の人がいなくて良かったものの、スタッフの皆さんが早く帰宅したいのではないかと気になったのだとも答えた。カウンセリングの内容は、とても初歩的なものだったので、恥ずかしくて言えなかった。ホットヨガのレッスンを受け始めて既に十年以上が経過しているというのに、私はまだまだ初心者なのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 暖房の効いた部屋でコートを羽織ることができる人たちは、体温調節ができているのだと思います。更年期に入ると、エストロゲンが減少することにより、体温調節などを司る自律神経に問題が出てしまうのですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『ぼくを探しに』 | トップページ | 「全体」の中に溶け込んだ母 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64467076

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五五二回目):

« 映画『ぼくを探しに』 | トップページ | 「全体」の中に溶け込んだ母 »