« 映画『もうひとりの息子』 | トップページ | イギリス人が使う略語 »

2017.01.28

ホットヨガ(五五三回目)

映画『もうひとりの息子』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日は漢方医の診察を受けたあと、薬局で処方された漢方薬を受け取りました。そのとき、顔見知りの薬剤師さんが、「以前はホットフラッシュがあるとおっしゃってましたが、最近はどうですか?」と尋ねてくださったので、「おかげさまでずいぶん落ち着いて来て、冬を感じられるようになりました」と答えました。薬剤師さんには、「確か以前はもっと薄着でしたもんね」とも言われました。実際、その通りで、以前の私は、毛糸のセーターやカーディガンなんて一生着られないのではないかと思っていたくらい上半身に熱を持っていたのです。しかし、この冬にセーターを何枚か買い、今ではもう手放せなくなりました。もちろん、暖房の効いた部屋でそれらを着るのはまだまだ暑いのですが、漢方薬のおかげで、暖房の効いていないところではセーターやカーディガンを着られるようになったのです。


 十一月十六日水曜日の仕事帰り、ホットヨガのS店のスタジオで、六十分のスタンダードコースのレッスンを受けた。最近、定時退社日であっても、確実に仕事を上がれる状況ではないので、仕事を終えてすぐのレッスンよりも、一時間ほどあとに始まるスタンダードコースのレッスンを受けるようになったのだ。

 エレベータを降りて受付に行くと、カメリュックファンのインストラクターが声を掛けてくださった。
「今日はカメのリュックじゃないんですね」
と言われたので、
「ええ。今日は仕事だったので、また休みの日に背負って来ます」
と答えた。

 まちのオフィスと違い、いなかのオフィスではラフなスタイルでの出勤がOKなので、この夏の終わり頃、私は久し振りにインドの神様Tシャツを着て出勤した。インドの神様Tシャツでの出勤がOKということは、カメリュックももちろんOKなのだが、実はカメリュックは容量が小さいので、荷物があまり入らないのだ。そのため、カメリュックを背負ってレッスンに行けるのは、休日のみなのである。

 さて、レッスンを担当してくださったのは、カメリュックファンのインストラクターだった。レッスンの参加者は十一名だった。

 ところで、私が通っているヨガスタジオでは、オリジナルのヨガウェアが販売されるようになった。そのヨガウェアを購入してレッスン中に着ている方もいらっしゃる。ちょっと胸の辺りが大胆なヨガウェアである。

 レッスン中、スタジオの中が暑く感じられ、二回ほどスタジオの外に出て休んだ。二回目は、一回目にスタジオの外に出てからそれほど時間が経っていたわけではないのだが、どうにもこうにも暑さに耐えられなくなり、スタジオを飛び出したのだ。おそらく、更年期のほてりがある私には、こういう瞬間が良くないのだろうと思う。やはりホットヨガが、更年期のほてりを加速させてしまっているように思う。

 シャワーを浴びて受付に行くと、いつもレッスンを担当してくださるインストラクターがいらっしゃった。ヨガウェアの話と天然ヘナの話をした。天然ヘナの話になったのは、このとき私が髪を切って天然ヘナをしたばかりだったからだ。天然ヘナは臭いがあるので、週末しかできないという話をして、S店のスタジオをあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m まさしくその天然ヘナをしながら、今もこの記事を書いています。(笑)今日は冬にしてはいくぶん気温が高いので、良く染まってくれることを期待しています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 映画『もうひとりの息子』 | トップページ | イギリス人が使う略語 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64502648

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五五三回目):

« 映画『もうひとりの息子』 | トップページ | イギリス人が使う略語 »