« 海外と日本の違い | トップページ | ホットヨガ(五四三回目) »

2016.11.13

阿寒湖畔の格安キャンプ場に一泊する

海外と日本の違いの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。今日もアメリカ在住のネパール人の大学生とたくさん話をしました。やはり一番の話題となったのは、トランプ氏がアメリカ大統領に選ばれたことでした。彼は、オバマ氏の政治には満足していたようです。聞くところによると、ご年配の方たちがトランプ氏に投票したのだとか。「日本には、トランプ氏を支持する人がいますか?」と聞かれましたが、私はわからないと答えました。そう言えば、最近、とある外国人が書いた人員募集の広告に、「年齢、性別は問いません。トランプ氏を支持する人であってもかまいません」と書かれているのを見て、笑ってしまいました。それほど人気のない人が何故、アメリカ大統領になったのか、さっぱりわかりませんね。(苦笑)それでは、十一年振りに足寄(あしょろ)を訪れるの続きをお届けしたいと思います。


 足寄をあとにした私たちが向かったのは、利用料金わずか六百四十円の阿寒湖畔キャンプ場である。近くに観光施設があるためか、キャンプ場を利用する人たちは、キャンプ場と同じ施設内にある駐車場料金が無料になるのだそうだ。

 阿寒湖畔キャンプ場は、森の中にあると言っても過言ではないのだが、すぐ近くに国道があり、また、アスファルトで整備された駐車場も目の前にあるので、日常と非日常が隣り合わせになっている不思議な空間である。

 オートキャンプ場ではないので、キャンプ場にあるリヤカーに荷物を積み込んで、テントを張りたい場所まで運んだ。と言っても、テントを張る場所のすぐ近くにカングーを停めたので、それほど苦労はしなかった。キャンプ場も決まった区画があるわけではなく、早い者勝ちで好きな場所を選ぶことができた。

 すぐ隣の区画では、若い男女がテントを張っていたのだが、男女二人が寝るにしてはテントが小さ過ぎるのではないかと思っていたところ、その日、テントに残ったのは女性だけだった。どうやらソロキャンパーの女性のために、付き添いの男性が手伝っていただけのようだった。

 リヤカーから荷物を降ろしたあと、私たちはてきぱきとテントを張った。早めにキャンプ場まで移動することができたので、思い通りの場所にテントを張ることができた。私たちがテントを張り終える頃には、他の利用客が続々とやって来た。

 そして、テントを張り終えた私たちは、近くにある観光施設へと向かったのだった。

※スライドショーが表示されなくなってしまいました。撮影した写真は、阿寒湖畔の格安キャンプ場に一泊するをご覧ください。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 利用料金が格安である上に、区画も選び放題なので、早めに行くといい場所が確保できるキャンプ場だと思います。ただ、国道がすぐ近くにあり、とある観光施設も近いので、自然を感じることに集中することはできないかもしれません。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 海外と日本の違い | トップページ | ホットヨガ(五四三回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/64487049

この記事へのトラックバック一覧です: 阿寒湖畔の格安キャンプ場に一泊する:

« 海外と日本の違い | トップページ | ホットヨガ(五四三回目) »