« 「拾って来た家」を見学する(1) | トップページ | 言語交換にも相性は存在する »

2016.09.21

ホットヨガ(五三三回目)

「拾って来た家」を見学する(1)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m かなりの雨量をもたらした台風が去って行きました。台風の被害が大きい地域にお住まいの皆さんにお見舞い申し上げます。九月の台風は、どうしても避けられないものなのでしょうか。いくつかの国際便の飛行機も飛ばなかったようです。今は、台風が去って行った静けさを味わいましょう。


 七月三十一日土曜日、東京にあるホットヨガのK楽坂店のスタジオで、六十分のローホットベーシックのレッスンを受けた。通常のレッスンが三十八度の室温で行われるのに対し、ローホットは、スタジオの温度が三十五度に設定されている。

 今回は、大阪のU店の店長さんの大変有り難い取り計らいで、K楽坂店の店長さんのカウンセリングを受けられることになっていた。

 一年前にK楽坂店のスタジオでレッスンを受けたときに、スタジオにたどり着くまでに迷いに迷ってしまったので、今回は早めにホテルを出た。そのおかげで、K楽坂店のスタジオの最寄駅である飯田橋駅に着いたのはレッスン開始の四十五分ほど前だった。

 私は余裕でK楽坂店のスタジオに向かったのだが、地下鉄の構内に入るとまたわからなくなってしまった。そこで、ガラケーからホットヨガのサイトにアクセスして地下鉄の最寄の出口を確認すると、すぐに見付かった。

 入口の扉を開けて、あたかもK楽坂店のスタジオに通い慣れているかのように振る舞いながら、シューズ袋に靴を入れた。受付を済ませ、ロッカーの鍵を受け取った。一年前に利用しているので、ロッカールームの場所は覚えていた。

 しかし、「ロッカーはこんなに細かったっけ?」と、いつも荷物の多い私はうらめしそうにロッカーを見詰めた。大阪のU店と同じくらい細長いロッカーだったからだ。

 着替えを済ませて水素水を補給し、レッスンが行われるスタジオに入った。K楽坂店にはスタジオが二つあり、今回は小さいほうのスタジオでレッスンを受けることになっていた。一年前は確か、大きいほうのスタジオでレッスンを受けたはずだ。

 いったんスタジオに入ったものの、本当にカウンセリングを受けられるのかどうか不安になったので、やはり確認しておいたほうがいいと思い、受付に出向いた。そして、店長さんのカウンセリングを受けることになっているのだが、どこで待機したらいいのかを確認させていただいた。すると、スタッフが「確認しておきますので、レッスン後に受付にお越しください」と言ってくださった。

 K楽坂店のスタジオでは、朝早くからレッスンが行われていて、私が参加したのは九時五十分からのレッスンだったが、その前に九時半からのレッスンもあった。休日の朝の早い時間にレッスンを受けると、そのあとの時間を有効活用できるのでとても有り難い。

 レッスンの参加者は十八名で、レッスンを担当してくださったのは若手のインストラクターである。発声するのが楽しそうなインストラクターだった。

 私はレッスン中、とにかくたくさんの汗を掻いた。K楽坂店では、水素水飲み放題の場合は規定以外のボトルには水素水を補給してはいけないことになっていたので、規定の水素水ボトルのみを使用した。そのため、水素水が足りなくなると、レッスン中に補給しに行った。

 レッスンは、関西地方で受けるレッスンとほぼ変わりなかったのだが、シャバアサナのときに頭を向ける方向が関西地方のスタジオとは反対だった。関西地方のスタジオでは、シャバアサナのときに頭をスタジオの後ろ側に向けて仰向けになるのだが、K楽坂店のスタジオでは、頭を前の鏡のほうに向けて仰向けになるのだった。

 レッスンを終えたあと、受付に行くと、店長さんがいらっしゃった。カウンセリングの話もちゃんと認識してくださっていた。ただ、他の方のカウンセリングの予定も入っているので、先にシャワーを浴びて待っていてくださと言われた。

 覚えてくださっていたのかどうかわからないが、一年前にレッスンを受けたことを話すと、わかってくださっていた。

 シャワーを浴びて着替えを済ませたあと、少しだけロッカールームで待機した。K楽坂店のシャワーは、シャワーヘッドに停止ボタンがあるのでとても便利だった。また、冷房の補助のためか、サーキュレーターが低いところでくるくると回っていた。

 指定された時間に入口付近まで行き、カウンセリングを受けた。まず、カウンセリングシートを書き、続いて、立ったときの姿勢について、アドバイスを受けた。私はやはり、胸を張り、肋骨を開き過ぎているので、背骨を伸ばしてみぞおちをふーっと落とし、骨盤を根本から起こすようにすれば良いそうだ。

 骨盤を立てるには、まずはお腹をへこませて背中を後ろに追いやって、そこから起こして行くのだそうだ。仰向けに寝たときに背中が空いているのはダメだとも言われた。

 店長さんはとてもきれいな方であり、気さくな方でもあった。あれこれ教えてくださって、またまた目から鱗の連続だったのだが、店長さんの教え方があまりにも上手で魔法のようだったので、カウンセリングを受けている間中、私はずっと笑っていた。K楽坂店のスタジオにレッスンに通っていらっしゃる方たちは幸せだと思った。私は、教わっていることを聞き漏らさないように、自分がカウンセリングを受けているときの動画を撮って欲しいと思ったほどだった。

 カウンセリングシートは、カウンセリングを受けたあと、その場で受け取るのだが、店長さんはとてもお忙しい方なのですぐには書き上がらないだろうと思い、翌日、同じく東京のG店でレッスンを受けることにしていたので、G店にFAXで送付していただくようお願いしておいた。何だかとても贅沢で楽しいカウンセリングだった。カウンセリングを担当してくださったK楽坂店の店長さんと、この場を繋いでくださった大阪のU店の店長さんに大感謝である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m K楽坂店の店長さん曰く、「U店の店長さんがこのようなカウンセリングの場を設けてくださったのは、特別待遇ですよ」とのことでした。(笑)確かに、大変お世話になっています。m(__)m

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

« 「拾って来た家」を見学する(1) | トップページ | 言語交換にも相性は存在する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/63991580

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五三三回目):

« 「拾って来た家」を見学する(1) | トップページ | 言語交換にも相性は存在する »